182日目の景色
スポンサードリンク

182日目の景色運営者情報をまとめてあります。

182日目運営の思い
2012年6月12日に太陽光発電サイトをseesaaブログで開設して、私のアフィリエイト人生ははじまりました。32歳パソコンスキルはほとんど0という状態からのスタートです。


使用するパソコンは、当時からさかのぼること3年前にPCデポで2.5年落ちで約3万円で買った、今はなきSOTEC製デスクトップです。ノウハウもない、スキルもない、スペックもない、何もない状態でした。


Uターンしてきた当初は、観光協会の臨時職員という立場で、息子と一緒に21時半に就寝してAM3時に起きてから、6時に母の手伝いで洗濯物を干す6時までの間と休みの日に作業をするという副業からのスタートとなりました。正直、パソコンにはうとくてうまく活用する自信はありませんでしたが、他に選択肢はなかったので、「やるしかない」そう思いました。


32歳どん底自信喪失の始まり

そのときは、今、このサイトを作っていることなんて夢にも思っていなかったです。

バツ一にもなれない(まだ前妻との籍は切れていませんでした)小学一年生の男の子持ちの、実家に居候する、臨時職員月給144,500円、貯金はなし、借金の残債600万円の32歳、なんともいえない非常になさけない状態でした。

  • もう夢も希望も絶たれたのか。
  • これからどう生きていったらいいんだろう。
  • アフィリエイトって本当に稼げるようになるのか?
  • 借金を返しきることはできるのか?
  • そもそもこの島に馴染むことができるのか?
  • 友達や仲間はできるんだろうか?

不安と心配だらけのスタートでしたが、私はあきらめ切れませんでした。なんとかこの状況を打開して、夢を再度追い求めたい。自己実現を果たしたい。愛する息子のために、みちしるべになっていきたい。かっこいい父親として、背中で語りたい。「人生は楽しいんだ。思い描いたことはすべて実現するんだ」と。しかし、現実はそんなにあまくありません。

スポンサードリンク


苦しい思い、八方ふさがりな状況

  • 自己破産したくない。
  • 夢を追いかけたい。
  • お金の苦労から開放されたい。
  • 親や子供にこれ以上迷惑かけたり不憫な思いをさせたくない。
  • 一から島に根付いてやっていくにしても、これまで積み上げた経験は無駄にしたくない。
  • 迎合はしない。
  • 孤立しても、一人であっても、絶対に自己実現してみせる。
  • たくさんある恩を裏切ってのUターン。これが報いか?

ぐるぐると脳内をたくさんの思惑が巡りました。これから、2012年4月9日に大学時代から通算14年間東京で働いてきて、前妻と離婚することを決めて隠岐の島にUターンした32歳の私が、いろいろ悩み模索した中で、アフィリエイトにドメインを定めて走り出したときの一部始終です。


これが、182日目の景色への階段・初日の話です。まるで、うさんくさい情報商材のセールスレターにあるような、ありふれた話ですが、完全に実話です。今は状況が改善したので、言えるのですが、正直、毎日不安で仕方なかったですし、本当に苦しい日々でした。

関連ページ

スポンサードリンク

182日目の景色運営者情報記事一覧

アフィリエイトでお金をたくさん稼ぎまくっているけれど、お金を稼ぐことが目的になっている人が多い。私は、あるときトップアフィリエイター交流会で、現在アフィリエイトでものすごく成功している人がたくさんいる食事会に招いて頂きました。私の10倍も20倍も稼いでいる人が、ざらにいる交流会でした。10名ほどのこじんまりした会で、多くの人と交わりを持ち詳しくお話を聞くことができ、とてもためになった交流会でした。...

少年時代のこと私は、1980年島根県の沖合い70kmに浮かぶ島、隠岐の島で生まれました。父はタクシードライバー、母は専業主婦をしている家庭の長男でした。とても内気な子で、自分に対する自信はなく、いじめられっこでしたが、とても我慢強い面はありました。小学生までは、野山を駆け回り、活発に遊びまくっていました。野球大好き、将来はプロ野球の選手になるために、毎日壁に向かってボールを投げていました。小学3年...

182日目の景色|秋山慎也自己紹介|社会人になるまでからの続き大学を卒業後、好きだった「京都」か「東京近郊」で住んで働くことができるというテキトーな理由から、株式会社おたべという京都と千葉に支店をもつお菓子メーカーに就職しました。個人経営でしたが、トヨタ生産方式を導入するとてもよい経験を積んだ仕事でした。ただし、私は元来細かな作業などが苦手なため、製造ラインの管理者としては不適だということが見えて...

夫と出会って鬱になりました2004年3月26日、私は念願の隠岐の島町民になりました(当時は、隠岐の島町は、西郷町と五箇村と都万村と布施村に分かれていて、そのうちの西郷町民となりました。一番大きな町で人口18,000人ほどでした)。私は大阪府門真市生まれの大阪府門真市育ち、近畿大学を卒業してすぐ島で就職活動をして、父の生まれ故郷である隠岐の島に移住してきました。どうして、隠岐に移住してきたのか私は、...