182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイトはさまざまに分類されます。

アフィリエイトの種類
と言でアフィリエイトといっても、その種類は千差万別です。
例えば、楽天で売っている商品を扱うような物販、それをブログやHPで紹介したり、ツイッターやフェイスブックなどSNSで紹介したり、あるいは情報商材といわれるものをメルマガやYoutubeで紹介したり、実に千差万別でさまざまです。
ここでは、たくさんあるアフィリエイトの種類のうち、媒体によっての分別を紹介したいと思います。
※このページでは、たくさんの専門用語(例えばリスティング広告やムーバブルタイプ))

 

複合的な媒体を活用することが大切

ただし、成果をあげているアフィリエイターはここで紹介するさまざまな媒体をそれぞれの特性を生かしてフル活用しているのが実情です。
が、基本的にはそれぞれのアフィリエイターに得意分野があるのも実際のところです。
例えば私はアフィリエイト報酬のほぼすべてをサイトアフィリエイトからいただいています。
ほとんどメルマガアフィリエイトをすることなく、サイトアフィリエイトに特化してやってきました。
その収益を最大化するために、HTMLサイトを作ったり、独自ドメインのブログ(ワードプレス)を活用したり、無料ブログを使ったりしています。さらに集客の裾野を広げるために、ツイッターやフェイスブック、Google+などのSNSやはてなブックマークなどのSBMを活用したりしています。何もひとつの媒体にとらわれる必要もない一方で、複数の媒体を活用していたとしても、すべての媒体でアフィリエイトリンクを貼る必要もありません。

スポンサードリンク

 

サイトアフィリエイト

アフィリエイトでもっともポピュラーな媒体に、Webを使うことがあげられます。私もこのカテゴリに属するアフィリエイターです。
HTMLを組んで静的なHPを作ったり、独自ドメインを取得してワードプレスやムーバブルタイプなどのCMSを入れてブログを運営したり、無料ブログを使ったりする手法です。
サイトアフィリエイトは、やろうと思えば0円で、かかったとしても月数百円程度ではじめることができ、サイトは記事を作ったら作った分だけ蓄積されるので、時間をかければ誰でもお金を稼げることができるアフィリエイト手法であるといえます。
しかし一方で、リスティング広告で広告費がかかるか、SEO対策を講じて狙ったキーワードで上位表示させねばならないなど、集客するのにお金か技術が必要になってきます。また、SEO対策は成果が出るまで一定以上の時間を要するために、期間限定のものなどで成果を作るには向かないということができます。
※スマホアフィリエイトや携帯アフィリエイトも大きくわけるとサイトアフィリエイトに含まれます。
※現状スマホサイトは、PCサイトの検索結果と同じなので、厳密にはスマホ向けのサイト作りは工夫すべき点がたくさんありますが、厳格に区別する必要はなさそうです。
※一方で携帯アフィリエイトは、いわゆるガラケー向けでアルゴリズムがよくわからないため、ここでは記さないことにします。

 

メルマガアフィリエイト

主に情報商材のアフィリエイトでポピュラーな手法で、メルマガにアフィリエイトリンクを設置することで成果を出します。
まぐまぐのような無料のメルマガスタンドを活用したり、メルマガ配信サービスを使ったり、独自ドメインを取得してメール配信ソフトを活用したりする手法です。
読者が付けば、期限がある旬の商材(特に今は無料オプトインという情報商材の無料登録によって収益を上げるモデルが多い)を紹介するのに適していますし、メルマガを発送したら大体どれだけの収益になるかもわかりやすいです。
読者が配信を解除するまでは、継続的に「こちらから」「無料で」広告を打つことができるのができます。
また、基本的には直接メールを送るので、サイトアフィリエイトにおけるSEO対策のようにアルゴリズムによって検索順位が急激に変化して集客数が劇的に減少するというリスクがないというメリットがあります。
一方で、メルマガを配信する先=読者を確保するのが非常に難しいという特徴があります。

 

YoutubeやSNSやSMB

いわゆるSNSを活用してアフィリエイト報酬を稼ぐ手法です。
まれにツイッターやフェイスブック、Youtubeだけで稼いでいる人もいますが、ほとんどがサイトアフィリエイトやメルマガアフィリエイトと併用する人が多いです。なぜなら、SNSの運営をしている会社の規約や規定、方針によって広告規制がかけられたりするからです。また、一般的にSNSは、交流を目的としたものなので、営業活動はしにくいということあげられます。
しかし、Youtubeは、第二の検索エンジンといわれるくらい利用者が増えていますし、SNSも無視できない利用者数です。
これらのメディアは、ある面副次的な利用の仕方をするのがよいのではないかなと思います。

 

詳しくは、このサイト内のさまざまな場面でお伝えしていきますが、しっかりとやることを絞って順番に取り組んで頂けたらよいと思います。
基本的には、どの媒体も使っていく必要はあるので、まずサイトから入るのか、メルマガから入るのかを決めたらよいと思います。
ただし、私はサイトアフィリエイトを中心なので、サイトアフィリエイトからはじめるのをおススメします。
もちろん、このサイトに書いてあるほとんどのノウハウは、本質的なことなので、媒体問わず活用することができます。

関連ページ

スポンサードリンク