182日目の景色
スポンサードリンク

インターネットマーケターの実と虚

の中を見渡すとたくさんのインターネットマーケターがいるのがわかります。

あちらこちらで年齢問わずたくさんのマーケターがいるのです。


あなたは何者ですか?と問われた時に、何と名乗ろうがその人の自由です。

インターネットマーケターというのも、資格や名乗るための基準なんてないので、「私はインターネットマーケターです」と名乗った瞬間に、だれでもインターネットマーケターだということができます。しかも、自己申告で名乗った者勝ちなので、誰しもが名乗った瞬間に、「正真正銘のインターネットマーケター」だということができるわけです。

※Webマーケターだったり、Webコンサルタントだったり、インターネットマーケティングコンサルタントだったり、類似の名前はいくらでもありますが、どれもこれも同じことです。


また、インターネットマーケターの中には、さまざまな知識を持っていて、あたかも筋が通っているように聞こえることを言っている人や、難しい専門用語を並べ立てて、一般の人が「すごいなぁ」と思うようにするひとや、腕を組んだ写真をランディングページのトップに入れて難しい表情をしてみたり(インターネットマーケターとは関係ありません笑)、いろいろな人がいます。


確かに、だれでもインターネットマーケターとなのることができ、皆インターネットマーケターなのだとは思うのですが、そもそもインターネットマーケティングって何か、そもそも何のためにすることなのかということを考えると、最終的には売上を上げてビジネスを長期にわたって安定化したいための一つの手法として存在するのだということを忘れてはいけません。


つまり、インターネットマーケティングは、長期にわたって安定した売上をビジネスに与える手法を指すわけで、そういう意味では、インターネットマーケッターとは、インターネットを活用して、長期的に安定した売上を提供するスキルをもった人間ということができるわけです。


そう考えると、ホンモノのインターネットマーケター=長期にわたって成果を出している人というのは、そんなに多くないことがわかります。なぜなら、インターネットビジネスで本当に実績を残している人は、全体の2%しかいないわけです。なので、どれだけ偉そうなことを言っても実績をあげていなければ自称インターネットマーケターでしかなく、ホンモノにはなれないということになります。

スポンサードリンク


ホンモノのマーケッターとなる方法

これらのことを考えると、ホンモノのインターネットマーケターになるのは、自分でビジネスを起こして成果を作るか、誰か他の人のビジネスに関与してインターネットを活用して売上を上げ続けるしかないということができます。しかし、基本的に他の人のビジネスに関与するのは難しいので、自分でビジネスを起こしてインターネットで成果を上げるしかありません。※サラリーマンの方だったら自社でも大丈夫です。

いろいろ出回っている教材や、通信講座、専門学校でどれだけマーケティングを理論を学んだところで、真のマーケターにはなれないのです。なぜなら実績が作られないからです。実際のリアルなビジネスの世界では、本当にさまざまなことがケースバイケースで起こり、ほとんどが常に想定外の事柄なのです。教科書に載っているような机上の空論とは違うものなのです。つまり、リアルなビジネスにおいては、常にいつも想定外であり、「基本」をベースに「理論」を応用して、対応することが大切になるわけなので、ホンモノの力というのは実践からでしか学ぶことができないわけです。


以上のことから、ホンモノのインターネットマーケターとしてのスキルを手に入れるためには、実践を積むしかないわけです。※ただし、私は教材などで学ぶことを否定しているわけではありません。基礎基本の理論を学ぶことは大切ですが、それ以上に実践によって実績を上げることが大切になるということができるわけです。


アフィリエイトはノーリスクで実績を詰める

そんなインターネットマーケティングのスキルを磨くのに当たっては、アフィリエイトは最高のフィールドとなります。失敗しても損失はほとんどありませんし、大きな初期投資もいりません。自分で商品を準備することも必要ありませんし、サラリーマンをやりながら副業で開始することもできます。ウィンドウズXPでも大丈夫ですし、ダイヤルアップでも何とか取り組むことができます。もちろん、うまくいかなければ、そこに投じた時間だけロスすることになりますが、厳密にいうとうまくいかない経験は自分の肥やしになるので、失敗とは異なります。

 

また、アフィリエイトは自分の力でなんとか「アクセス」を集めて、コンテンツによってユーザーに「行動」を促せるようになる必要があります。そのプロセスの中でさまざまな課題に直面して、問題を解決することを体験します。誰にも頼らず、自分の力ひとつでそのすべてを一通り実践するわけなので、やはり「力」「スキル」を養えるわけです。
しかもサラリーマンであれば、どうしても会社の責任に守られた中で取り組むので成長が遅くなりがちですが、アフィリエイターの場合は自己責任で情報発信をして結果自分の利益として報酬を得ることができますし、何か問題が発生したらすべて自分の力で責任を負って解決することが必要になります。
なので、ある面非常に慎重になりまし、ある面成果を出すための最短のルートを探し出しますので、成長を遂げるのが早くなります。サラリーマンをやめてアフィリエイターとして独立した場合は、自分の人生が自分のスキルに100%乗っかってきますので、嫌でも自分が追い込まれ一気に成長するチャンスをつかむわけです。

 

自分一人だけの力で稼ぐ力を養える

このようにアフィリエイターとして成果を出すと、インターネットマーケターとして必要な、マインド、ノウハウ、スキルのすべてを得ることができるようになるのです。それはあなた自身の骨となり血となって培われる本当のスキルということができます。

インターネットビジネスで成果を出している人の中には、さまざまな手法を持っている人がいます。FacebookやTwitterなどのSNS系で成果を出せる人や、アメブロを使って成果を出している人、検索エンジンからの集客専門でSEO業者として食っている人、PPC広告を運用している人やYouTube動画で食っている人など、実にさまざまな人がいます。


アフィリエイトをやればこれらすべてを身につけることができるかというとそうではありません。


もっとも早く、もっとも効果的に、もっとも大きく成果を作ることができるという点にフォーカスしたスキルを得ることができるようになります。また、それらさまざまに存在する手法が、単に手法の違いであって根本的に同じものであることがわかるようになり、さまざまな情報に惑わされなくなります。結果、ますます収益を大きくあげることができるようになるのです。


ホンモノのインターネットマーケターへの道

ホンモノのインターネットマーケティングの力をつけるためにアフィリエイトを実践されることをオススメします。

インターネットマーケティングの力があれば、将来にわたり安定した収入を稼ぐことができるようになりますし、スキルを磨けば本当に大きな「今はまだ想像がつかないような」報酬を稼ぎだすことが夢でなくなるからです。そのためには、このサイトをしっかりと読みこんで自分の血肉としていってください。


※またすでに独立して収益を出している方は、即マーケティングについて学ぶべきです。ビジネスを所有している人にとってホンモノのマーケティングスキルの有無は未来の明暗をわけることだからです。長期にわたり売上を安定させて収益を右肩上がりに確定させるには、絶対にマーケティングの知識と技能は必須になります。当サイトでしっかりとまとめてありますので楽しんでご覧ください。

関連ページ

スポンサードリンク