182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイトにはさまざまな商材があります。

ASPイメージ図フィリエイトの種類について考える際には、媒体による分類とは別に商材によって分類することがことができます。
細かく分類すると1,000以上の種類にわかれてしまいますので、ここでは大きなカテゴリとして3つに分けたいと思います。
一つめが、物販アフィリエイトで、もう一つが情報商材、最後がアドセンス広告です。
それぞれの詳しい特徴については、下にまとめたいと思います。

 

物販型アフィリエイトについて

A8netやバリューコマース、TGアフィリエイト、楽天やamazonなどがこれにあたります。
物販型のアフィリエイトは、一般企業が広告手段として活用するもので、企業が欲しい成果=商品の売買や問い合わせ、見積もり依頼などを扱うものです。
楽天やアマゾンなどは実に多くの商品の中から好きなものを選べますし、さまざまなASPをのぞくと知っている商品からまったく知らない商品まで、生活につかうほとんどの商材を扱うことができます。
そういう意味では、非常にやりやすい分野といえると思います。
例えば、もしあなたが食通であれば、グルメ関係のブログかHPを作成して、たくさんあるグルメ商品を一つずつセルフアフィリエイト(自己購入してアフィリエイト報酬をもらうもの)して、レポートするのも一つでしょう。また、もし今している仕事が不動産関係であれば、不動産の選び方のようなサイトを作って、資料請求を獲得するのも一つでしょう。
あなたにとって関連性が深くて、その話題を深堀できるものやいろいろな分野と関連付けして広げられる商材を扱っていくことで、成果を作りやすくなると思います。
ただし、例えば楽天アフィリエイトやアマゾンアフィリエイトの場合、商品の1%程度しか報酬になりません。
仮に、10,000円の商品があなたのアフィリエイトリンクを通って売買されたとしても、100円の報酬しかえられません。
一方で、太陽光発電の資料請求やクレジットカードの申し込みなどは、一件数千円~1万円以上まで高額な報酬をもらえますが、制約を作ることが難しいのが現状です。
以上のような特性を理解しながら、あなたに合う商材を見つけていただけたらと思います。

スポンサードリンク

 

情報商材アフィリエイトについて

一言で情報商材といってもさまざまなものがあります。ASPもいろいろな会社がありますが、もっとも大きな会社で信頼できるASPは、インフォトップというASPです。
情報商材は、人が知らないノウハウや情報を販売するもので、「ワンクリックで月収100万円稼げます」とか「働かないでお金持ちになる方法」とか、さまざまなものが取り扱われています。ほとんどが誇大広告といってよいくらい詐欺まがいの商材が多いですが、さまざまなツールや本当に深刻な悩みを抱えているけれど対処する方法がない問題の答えを与えるものなど、非常に有益なものも少なからず存在します。また、一部のスーパーアフィリエイターたちの中には、お金を稼ぐための高額な塾を販売している人もあり、中にはメールアドレスの登録と引き換えに無料レポートや動画を提供する人がいて、そのオファーを成約することで数百円~1,000円程度の報酬を得ることもできたりします。情報商材は、人間の根源的な欲求を満たすと思われるような商材を扱っていることが多いことと、一件あたりの報酬が高額に設定されているため、非常に稼ぎやすいということができます。
ただし、これまでの歴史的に基本的に信頼を得られていない怪しいビジネスという認識が広く根付いているので、集客した人に販売するのは難易度が高いということができるでしょう。また、しっかりと確認した商材を紹介しないと誇大広告な商材を紹介して信頼を失うということも起こりえます。
そのため、情報商材の販売で稼いできた人たちは、本を書いたりテレビに出たりできるだけ信頼性をあげる工夫をしています。
いろいろな側面を知っていただけたら幸いです。

 

アドセンス広告について

アドセンス広告は、主にHPやブログなのどの媒体にコードを設置すると、ユーザーにあった広告がランダムに表示され、クリックされるとその広告によって定まった広告料が支払われる広告です。無料ブログなどで掲載されているものです。
どんなサイトであっても集客することができて、きちんと読まれさえすれば、一定割合で広告がクリックされて報酬があがる非常に稼ぎやすいアフィリエイトになっています。
何よりも商材を選ぶ必要がなく、売り込む必要もないので、好きなことをサイトで表現することができます。
また、その広告コードはユーザーのサイト閲覧履歴を分析して、その人が興味のある分野の広告を表示する仕組みになっているのも非常によいところです。
ただし、その分野にもよりますが、概ね1クリック数十円程度なので、高額な報酬を得ようとするとたくさんのアクセスを呼び込む必要があるというデメリットもあります。

 

成果をあげているほとんどのアフィリエイターは、物販と情報商材とアドセンスをうまく使い分けて取り組んでいます。
ちなみに私の場合は、物販アフィリエイトで全体の8割程度、アドセンスで2割程度を稼いでいます。
あなたにあった種類を見つけられることを祈念しています。

 

 

関連ページ

スポンサードリンク