182日目の景色
スポンサードリンク

状況に応じて変わる取り組む順番

フィリエイトを始める予定でいらっしゃる方は、どのアフィリエイトから始めるかは、非常に重要な問題になります。なぜなら、各アフィリエイトとも根本的な部分こそ同じですが、必要となるスキルで異なる部分があるからです。

また、場合によっては外注するなどお金で補える部分もあるため、あなたのおかれた状況によって、取り組みはじめるところを検討するとよいと思います。しかし、どういう目的であれ、アフィリエイトに取り組み始めようとされる方であれば、現状そんなに多くお金を所持しているとは考えにくいので、ここの推奨通りに行うとよいでしょう。


アフィリエイトで成果を出す仕組み

取り組む順番を考えるに当たって、アフィリエイトで成果を上げるポイントを考えることが必要です。

とういうのも、私がアフィリエイとで収益をあげるには取り組む順番があるという理由は、この成果があがる仕組みにポイントがあるからです。


アフィリエイトで稼ぐ収益は、次の公式に基づくことになります。

集客×成約率×LTV=収益

※LTV=ライフタイムバリュー=一人の顧客が生涯かけてもたらする報酬


これは、かけ算なので、各項目の数値が最低でも1以上でないと収益はあがりません。

しかし、インターネットビジネスにおける報酬があがるまでのステップにもなっています。

そのため、この順番通りに取り組むことが必要になります。

※この公式はインターネットビジネス普遍の公式なので、確実に押さえておいてください。

スポンサードリンク


インターネットビジネス不変の原則

インターネットビジネスにおいては、悩みを持った人が悩みを解決したり、手に入れたいものやことを調べたりします。

Google検索やQ&Aサイトで調べたり、価格コムなどのサイトで調べたりします。

そのニーズをどういう形でか拾って、自社メディアに呼び込み、悩みを解決して、サービスやものを提供することで報酬が上がります。

この段階で得た顧客をメルマガという形でコミュニケーションをとって信頼関係を取って、アップセル、クロスセルすることで収益をどんどん増やします。


つまり、この収益があがるために、顧客が踏む順番を表現したのが、先の公式でもあるのです。

集客×成約率×LTV=収益


基本的にアフィリエイとというのは集客と成約率の一部を役割として担いますが、自分の運営する媒体をブランディングすることで、顧客化してLTVを大きくすることもできるようになります。なぜなら、アフィリエイトの場合、基本的に成約するのは広告主のサイト上であるからです。そのため、顧客化するためには、アフィリエイトしようとする商品の前ステップとなる安価あるいは無料のレポートなど簡易な商品を準備して、顧客化し、その後アフィリエイトする方法を実施することで、繰り返しアフィリエイトリンクを顧客に提供することができるようになります。このあたりは、マーケティングのカテゴリで詳しくお伝えします。


取り組むべき順番

以上のことから、アフィリエイトで取り組むにあたっては、次の順番を踏むことをオススメします。

  1. 集客をメインとしたアフィリエイト
  2. 成約率を高めることをメインとしたアフィリエイト
  3. LTVを最大化することをメインとしたアフィリエイト

そうなると、最終的にはさまざまなアフィリエイト手法を複合的に活用することで収益を最大化できますが、次の方法を順番に経ることがオススメとなります。

  1. サイトアフィリエイト
  2. YouTubeアフィリエイト
  3. メルマガアフィリエイト
  4. SNSアフィリエイト

ただし、ビジネスに活用できるお金がある方は、メルマガアフィリエイトからはじめても大丈夫です。

なぜなら、広告を使って集客できるようになるからです。

しかし、当然広告をかけて費用をかけるとリスクをかかえることになります。

なので、基本通りの順番で取り組むことが重要です。


※いきなりメルマガアフィリエイトをはじめようと思っても、メルマガには集客方法が限られるので、読者を集めることができません。また、SNSは基本知り合いとつながっているだけであり、マーケティングに詳しくないと見込み客とつながることは難しいです(TSUを除く)。また、YouTubeアフィリエイトをはじめる場合、文字ベースのランディングページを組み合わせると効果的なので、サイトアフィリエイトの実績があると有利になります。


以上のことから、この順番に取り組んで頂きたいと思います。

現実に私のこの順番に取り組んでいますし、そうでなかったらこんなにうまくいかなかったと思います。

関連ページ

スポンサードリンク