182日目の景色ブログ

アフィリエイターとして突き抜けて見た 人生とお金とビジネスの話

お金よりも関係性を重視すべきか?

   

お金より暖かな関係

お金と家族とどっちが大切なのよ!!

ドラマでよく見かける、仕事中毒の夫に奥さんが投げかける悲痛な叫び。ある人がTwitterでアンケートをとったところ、数百の回答のうち、実際にこんな風に、仕事と家族(あるいは恋人)とどちらが大切かと問われたことや、問うたこと、あるいは似たようなシチュエーションに出くわしたことがある人は、全体のおおよそ3分の1程度に満たないものでした。

全体の3分の1という数字が、大きいのか小さいのかということはなかなか判断が難しいところだと思います。3分の2の人は、仕事と家族の優先順位の狭間で苦痛経験をしたり、見たり聞いたりしたことがないということなのです。しかし、一方で3人に1人は、夫か自分か家族か、いずれかが「家族よりも仕事を大切にしているように見える」ような行動を選択していることになります。

家族を幸せにするために仕事をしているのか?

家族のための仕事

多くの人に、あなたは何のために仕事をしているのですか?と聞くと、家族を食べさせるためとか、家族を幸せにするなど、ほとんどの人が、家族のために仕事をしていると発言します。しかし、一方で先ほどのアンケート結果からもわかる通り、3分の1くらいの人は、家族のためにしている仕事を優先して、家族が仕事の犠牲になっているように感じているわけです。

かたや家族のために一生懸命仕事しているのに、かたや家族は仕事ばかり優先して家族を大切にされていないと感じているわけです。

非常に悲しい行き違いがそこにあると思います。

確かに、仕事をする目的の一つは家族を養うことであったり、家族を幸せにするためだったりするでしょう。実際に仕事をしなくては収入を得ることができないので、仕事をしなければ家族を食わせることができません。収入がなくては、子ども達に満足いく教育を与えることもできないし、価値のある経験のうちお金の多くかかることは体験させてあげることができません。(価値のある経験のすべてがお金がかかるわけではなく、お金がなくても価値ある経験をさせることはできます。ただ、お金があるとより多くの価値ある体験はさせて上げられるし選択肢は確実に広がります)

つまり、仕事をしなければ、家族を本当の意味で満足いく家庭を築くことはできないということができます。

仕事優先の弊害

仕事優先の弊害

一方で、仕事を優先するあまり、家族と過ごす時間があまりにも少ないと、非常に大きな問題が起こることも事実です。特に子どもは、共に過ごす時間の長さと愛情を伝える時間が比例するわけなので、自分が愛されている、大切にされていると感じる機会が、共に過ごす時間と比例することになるのです。

愛情をたくさん受けて育った子は、情動面の安定性が築きやすくなったり、自己愛を育むことがしやすかったり、自尊感情をしっかりと持つことができやすくなると言われています。

父親の関与はあまり大きな影響を及ばさないという研究結果もありますが、夫がいない状態で子育てをするとどうしても母親への負担が大きくなるために、父親が家庭にいることは母親の安定性による子育てへの関節的な影響力から、子育てについても非常に大きな影響があると思います。

家庭におらず、仕事をするということは、その時間において、家庭にいることよりも、仕事を優先していることになります。つまり、家庭よりも仕事を優先にしている、大切にしているということになります。

それは、どれだけ弁解しようとも、どれだけ口で仕事をするのは家族のためなんだと言おうとも、避けることができない事実です。行動は、どんな言葉にも増して大きな大きな影響を及ぼします。

いくら言葉で「仕事よりも家族が大切だよ」と言っていたとしても、誕生日パーティが企画されているのに、急な仕事で参加できなくなったとしたら、誕生日ではなくても、大切な日が事前にわかっているにも関わらず、仕事の予定を入れられるとしたらば、家族はどう感じるでしょうか。

きっと、口では仕事よりも家族が大事だとは言っているけれど、本当は仕事のほうが大切なんだろうなと思うに決まっています。

本当の目的は何?

  • あなたは、何のために働いているのでしょう?
  • もっと言うと、あなたは何のためにお金を稼ぎたいと思っているのでしょう?
  • さらに突っ込んで考えると、あなたは、何のために生きているのでしょう?

お金を稼ぐ目的は?

きっと、あなたは幸せに生きたいと願って生きており、あなたにとっての幸せは、もちろん一部には仕事を通して社会貢献することだったり、使命を全うすることだったりすると思います。

しかし、一方で、あなたにとってもっとも大切な人・事は何かというと、自分と自分の家族であるはずです。仕事は、あなたにとっての人生の一部であり、あなた自身の存在の核となる事項ではあると思いますが、すべてではないと思います。

たくさんの先人達が、死ぬ間際に、もう一度人生をやり直せるとしたなら、どうしますか?といった問いになんと答えると思いますか?

  • もっとたくさん働けばよかったと言うでしょうか?
  • もっとたくさんお金を稼げばよかったと言うでしょうか?
  • もっと忙しい毎日を送るべきだったと言うでしょうか?

きっと、あなたにもわかりますよね、これらはすべてNo!!だと。

そうなんです。多くの人が死ぬ間際後悔すること、人生をやり直すとしたらどうするかというと、もっと人生を冒険しておけばよかったとか、家族を大切にして家族との時間をもっととっておけばよかったといったことなのです。

あなたが本当の意味で幸せを感じられるのは、仕事の達成感もひとつあるかもしれません。しかし、一番充足できる瞬間は、大切な存在を大切にすること、大切な人から大切にされることではないでしょうか。

そうであるならば、あなたが今すべきことは何でしょうか?

そうです、大切な人を大切にすることです。仕事に流されないようにしましょう。仕事を言い訳に仕事を優先するという「楽」をしないようにしましょう。

家族のために仕事を優先しないことは、非常に勇気がいるし大変なことなのです。それは仕事を優先するよりもよっぽど困難なことなのです。けれども長期的には、あなたとあなたの家族を幸せに導くのに非常に有効になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

あなたが優先すべきは、仕事ではなくて、大切な人との関係性なのです。

 - 人間関係