アフィリエイトでうまくいかない

質労働時間250時間で、得た報酬は58円。こんな仕事やってられなくて辞めた。好きだったビールが嫌いになって、見るだけで吐き気がするようになった。ネットビジネスでの副業は、徒労感だけが残った。

これは、Yahoo!ニュースに取り上げられたSPA!の記事を簡単にまとめたものです。記事の詳細はこちらから全文を読めますので、興味ある方はご覧ください。

アフィリエイトに本気で250時間もかけて取り組んだのに、58円しか稼げず、サーバー代やドメイン代、取材費などのマイナスが大きいまま、ネットビジネス辞めた人の話です。大好きだったものが嫌いになることも含めて、非常に残念な結果と言えるでしょう。

ネットビジネスは稼げない?

ネットビジネスは稼げない?

この記事で取材を受けた人が体験しているとおり、アフィリエイトなどのネットビジネスを副業で取り組んでお金を稼ぐというのは、決して簡単なことではありません。

ネットビジネスは、やったらやっただけお金が稼げるものではなく、それこそ200時間以上作業して、ほとんどお金を稼げないのは、はっきり言って、

当たり前

のことで、日常茶飯事に起こることだと思います。むしろ、250時間ぽっち働いて、お金を稼げるようになる人のほうが少ないのではないでしょうか。

では、この記事で取材を受けた人が言うとおり、アフィリエイトをはじめとしたネットビジネスは決しておいしいものではなくて、割に合わない副業なのでしょうか。

やることやっても、成果が出るのは一部の人で、それらの人は運がよいから稼げているだけで、誰でもが稼げるようになる性質のものではないのでしょうか。250時間働いて58円しか稼げないような非効率的なビジネスなのでしょうか。

アフィリ取り組んだ事例

私は、2012年6月から副業でアフィリエイトに取り組んで、2018年5月現在おおよそ6年の間、アフィリエイトでお金を稼がせてもらっています。2013年からは専業のアフィリエイターとしてアフィリエイトをメインの収入源として生活してきました。2014年の4月には法人化して、今に至っています。

※上の動画は、私の2014年までの自己紹介を描いたものです。ぜひご覧ください。

アフィリエイトのスタート

2012年当初は、私はシングルファザーで、小学1年生の息子を起こして登校させる必要があったので、毎朝3時から6時半までが私の作業時間でした。あとは、働いて帰ったら子供とご飯を食べて風呂入れて21時半には一緒に就寝。仕事が休みの日で子供が学校の日や友達と遊びに行っている間は、アフィリエイトに取り組んでいました。

ネットのことは右も左もわからない素人だったので、それこそ、朝う○ちしている間も、本業のサラリーマンをしている昼休みに弁当を食いながらも、隙間時間を見つけては知識を取り入れてきました。

当時借金もあって月給は14万円、貯金0円だったので、本当に必死で無我夢中で、取り組みました。そしてその結果、比較的早い段階で収益を上げることができました。

人の半分以下の労働時間になった

この間、プライベートでは、2012年冬から付き合ってくれていた彼女と2013年春から息子と3人暮らすことになり、彼女は2013年秋からうつ病になってしまいます。

そして紆余曲折を経て、2015年に結婚して2018年5月に子供を授かります。その間、確かに、一生懸命仕事もしましたが、基本的に家族を大切にすることを主にしていきてきました。家事と育児は基本的にすべて私が担いながら、十分な睡眠と旅行や日常的に遊びにいくような生活を実現しました。

2016年〜は、長男の習い事を週7で送迎もしました。妻の妊娠中は毎日1時間ウォーキングの時間も取りました。今年2017年次男が生まれてからは、ほとんど仕事せず、セミリタイア状態で子育てを楽しみました。

今春は息子の私学への進学と入寮がある中、自宅を2ヶ月空けて、現在はセカンドハウスで過ごしています。

時間に対する報酬が大きくもできる!

このように、ほんのわずかな労働時間である程度の報酬を得て、家族のために時間を使うことができたのは、すべてアフィリエイトのおかげでした。

アフィリエイトがなければもっと労働時間を費やすことが必要だったはずですし、子育てや子供の進学、家事などをすることはできなかったと思います。

つまり、私からすれば、アフィリエイトほど、時間単位の報酬が多く発生する仕組みはありません。私はネットビジネスは、いつでもどこでも取り組めて、最小の時間で、最大の報酬を得られる非常に優れたビジネスだと思っています。(もちろん、完璧なビジネスではなくて、それなりにデメリットもありますが)

これらの詳しいことは、秋山慎也の自己紹介ページと上の動画をご覧ください。(この動画は2013年に作成していますのでその後のことは描かれていません。)

稼げる人と稼げない人の違い

稼げる人と稼げない人の違い

ある人は、「ネットビジネスは250時間で58円しか稼げなず徒労感しか残らない副業だ」と言うのに対して、私は「ネットビジネスは非常に効率のよい最高のビジネスだ」と言っています。

この違いはいったい何なのでしょうか。

私には特別なスキルや技術があったり、あるいはいかさまをするなど非合法な活動、ずるをして稼いでいるのでしょうか?

いいえ、違います。

私はそもそもネットに疎く、特別なスキルのない状態で業界に入ってきました。そして、本当に真っ当に、正々堂々この仕事をしています。そこには一点の曇りもありません。

じゃあ、何が違うのか。

副業でネットビジネスに取り組んだ結果、稼げるようになる人と、稼げるようにならない人の違い。それは、ズバリ言ってしまうと、次の通りです。

サラリーマンのような時間給的な考え方を手放して、起業家として成果報酬的な考え方にシフトすること。

これにつきます。

どういうことか、時間給的な考え方と、成果報酬的な考え方とは何かを定義した上で、詳しく解説していきます。

時間給的な考え方とは

時間給的な考え方

時間給的な考え方とは何かというとずばり、サラリーマンのような雇われ人的な考え方です。

どれだけ働いたらいくらお金がもらえるというような考えが根底にあります。この究極の形態が、パートやアルバイトのように、時給で働くことです。時給で働くというのは、時間あたりいくらという報酬の形でお金をもらうことで、完全に時間を切り売りすることになります。

一方で、一般的なサラリーマンは、完全に時給というわけではなく、一ヵ月の中で一定の裁量時間の中で報酬はいくらという形で雇用されるケースが多いと思います。しかし、根底はやはり労働することでお金をもらう以上、時間給的な働き方といえると思います。

つまり、企業に時間を提供して、その間で企業のために仕事することで、対価として報酬をもらうということです。極論を言えば、そこで売上があがろうと上がるまいと関係ありません。

雇用されるということ

なぜなら、サラリーマンは雇用されているからです。時間を提供することでお金をもらっているからです。仮に売上を上げることを目的として雇用されていても、売上を上げなくてもお金をもらえる。逆にたくさん売上を上げても直接的には報酬は増えない。これが通常の雇用されるというものです。

基本的に企業で働くということは、ある仕事を分業して個人ではできないレベルの仕事をすることになり、分業するということは、直接的に売上に関わる人とそうでない人に別れることになります。

なので、サラリーマンの場合は、営業マンであっても自分の給料の他に、直接的に売上をあげない分野の仕事に従事する人の経費を含めて、売り上げる必要があることになります。それが仕事になりますので、単純に売上をいくらあげたかで、直接的に報酬が変わることはありません。

会社として作った売上、利益に対してどれだけ貢献したかでボーナスをもらうことが一種に成果報酬になります。

成果報酬的な考え方とは

成果報酬的な考え方とは

ところが、アフィリエイトなどのインターネットビジネスの場合は、いくら作業しても、作業しただけではお金をもらうことはできません。なぜなら、誰もあなたのを雇っているわけではなく、あなたが事業主体として活動しているからです。

なので、どれだけ作業しようと、どれだけ働こうとまったく関係なく、「作業」や「働いた」成果として売上が上がった時だけ、お金が対価としてもらえることになります。労働量や労働時間に対してお金をもらうのではなくて、売り上がった成果に対してお金がもらえるということになります。

時間だけでなく経費も同様

また、基本的にはその売上をあげるために、経費をどれだけ使おうと全く関係ないのも特徴です。経費や仕入れ、費やした時間や労働量、これらがどれだけであっても、もらえる報酬は売上に対してもらえるということになります。

アフィリエイトであれば、あなたが作成したサイトやメルマガからアフィリエイトリンクがクリックされて物が売れたり、資料請求がなされた対価として売上が派生したり、AdSenseであれば、クリックがなされると売上があがることになります。

アクセスを集まるために、どれだけ記事を作ろうと、PPC広告やFacebook広告を打とうと、もらえる報酬は売り上がった「お金のみ」になります。

アフィリエイトで成果を出すには

アフィリエイトで稼ぐには

このように、お金が生まれるメカニズムが、時間給的な働き方と成果報酬的な働き方とでは、全く異なります。アフィリエイトは、副業であろうとなかろうと、一個人事業主として働くことになりますので、完全成果報酬型で働くことを意味します。

だから、そこにどれだけの労力をかけようとも、世の中に価値を提供して売上を上げなければ一銭も稼げないのです。

サラリーマン的な考え方が、ほんのちょっとでも残っていると、「これだけ働いたのにお金にならない」「どれだけ働いたらお金が得られるんだろう」みたいに、働いた量と報酬を比較してしまうのです。

もちろん、ある面で時間あたりの報酬を計測するのは重要です。私も、一定以上報酬をもらえない仕事は一切しません。なぜなら、私は1時間あたり30,000円の仕事をすると決めているからです。それ以下の仕事はしないわけです。

時間あたりの報酬は?

ところが、アフィリエイトを始めた当初に、時間当たりの報酬を計算すると全くつじつまが合わなくなります。なぜなら、アフィリエイトは、仕組みを作って仕組みが働くことでお金を得る仕組みだからです。

すでに私の例でおわかり頂いたように、アフィリエイトは最初は全くお金になりませんが、一度仕組みができてしまえば、そこから先は、半不労所得的に報酬を得ることができるようになります。

なぜなら、あなたが作ったサイトが勝手にお金を稼いできてくれるからです。なので、あなたがアフィリエイトサイトを作るのに費やした時間は、短期的には全く価値が生まれませんが、長期的にみると、しっかりと継続しさえすれば、続ければ続けるほど、大きな価値を作ることになります。

私のサイトも、毎月たくさんのお金を稼いできてくれています。そこに費やした時間はその後そんなに多きくは増えませんので、時間が経過する毎に、当初作業した時間の付加価値が高まることになります。

このカラクリを知っているのと知っていないのとでは、副業としてアフィリエイトに取り組む価値とモチベーションが全く変わってくることになるでしょう。

時間給的な考え方から成果報酬的な考え方へ

時間給的な考え方から成果報酬的な考え方へ

ぜひあなたも、時間給的な考え方を捨てて、成果報酬的な考え方を持って取り組んでみてください。

「ここまでやってもダメか」と思って、「いや待てよ、もっとがんばってみよう」と奮起して、それでも売れなくて、挫けそうな中歯を食いしばって取り組んだ先に、「ほとんど作業しなくても自動的に収益が上がる仕組み」が待っています。

もちろん、そうなってからもある程度は作業しないと売上は下がりますが、売上があがるようになるまでの作業の5〜10%くらいの労力で済みますので、非常に楽になります。まだ見ぬ、理想の生活のために、今、がんばってください。

※フリーランスのライターなどの場合は、時間給ではなくて、作成した成果物に対して報酬をもらうことになります。なので、時間給的な考えと成果報酬的な考えの中間点で取り組むことができるといえると思います。副業についての詳しいことは、副業ランキングを合わせてご覧ください。