182日目の景色ブログ

アフィリエイターとして突き抜けて見た 人生とお金とビジネスの話

アフィリエイトでセミリタイアして子育て

   

育児のためにアフィリエイトでセミリタイア

2017年5月28日23時56分、私の2人目の息子が生まれました。あとでお話しますが、とても大変な思いをしてここまで来たので、新しく生まれた子には、長男よりももっとゆとりを持って、温かい環境で子育てをしようと決めていました。

次男が生まれてから今日まで、おおよそ一ヵ月とちょっと、私はほとんど仕事をせず、妻と一緒になって子育てをしてきました。子どもと妻が退院してからもっとも大切になる最初に一ヵ月をこうやって「仕事をセミリタイア状態」で、育児と家事に専念できたことはとてもよい経験となりました。とても楽しかったし、妻と息子にとってとても良かったと思っています。(これは、直接的に面倒を見た次男だけではなく、長男にとってもよかったはずです。この理由ものちほど、、)

私がこうやって、子育てに専念できたのは、完全にアフィリエイトのおかげです。私がアフィリエイトに取り組んでいたので、作成していたサイトが、私が育児をしている間も、アクセスを集めてアフィリエイトリンクをクリックさせて、広告主のページでのセールスを手助けしていたおかげで、収入を得ることができたからです。この記事でその理由とカラクリを解説しています。

※リタイアではなくてセミリタイアと表現したのは、永久的にリタイアするつもりはないからそう呼んでいます。

※私の現在の生活スタイルは、こうです。朝6時半に起きて朝食を作り長男と食べる。7時45分に長男を送り出して、少しゲームをして遊ぶ。8時過ぎに妻と次男が起きてきて、私が妻の朝食を準備して、妻が朝食を食べる間、次男の面倒を見て遊ぶ。

そこから布オムツの洗濯をしたり、家事をしたりして、お昼を迎え、昼食を作って食べる。

午後は、少し昼寝をした後沐浴をして、夕方は長男を習い事に連れて行って夕食の準備。空いた時間で乾いた洗濯を取り込み掃除をして、たまにパソコンをいじったり遊んだりして、夜は妻と交代で次男の面倒を見る。こんな生活です。

セミリタイアした理由

セミリタイアの理由

私の自己紹介動画をご覧になられた方はおわかり頂けると思いますが、私は今回の結婚が2回目の結婚です。今回生まれた男の子は次男というくらいなので、2番目の子どもです。ただ、今回生まれた男の子は、2回目の結婚相手である現在の妻との間にできたはじめての子どもになり、長男は前妻との間にできた唯一の子になります。(→お金がない状況・秋山慎也の自己紹介

私は、2012年4月に離婚して東京から隠岐の島にUターンしてきました。2012年に離婚するまでの間、2006年1月に長男が生まれてからずっと、前妻は育児につまずきまくり、私は東京でサラリーマンをしていたので、長男にはかなり辛い思いをさせてきました。

仕事が休日の日には、かなり子育てをしていましたし、仕事の合間や職場から帰ってから(かなり遅い時間ですが)など、できる範囲では育児をしてきた自負はありましたが、それでもサラリーマンしながら育児をするにはかなり制限があります。(それは、今回セミリタイアして子育てしてみて、本当によくわかったことでもあります。)

発狂している前妻が泣きわめく電話の後ろで、0才の長男が泣いていたことが何回あったか。前妻が育児を放棄して、私が0時に帰宅した時に長男がまだ遊んでいて、翌日私の仕事の出発時間に出かけざるを得ないこともありました。長男のことを思うと、本当に胸が苦しくて張り裂けそうです。この心の痛みは、今も昔も変わりません。

長男にできなかったから今度こそ

長男にできなかったから今度こそ

私は、父親が直接的に育児をすることが、子どもにとってどこまで有効かは知りません。むしろ、母親がゆとりを持って育児をすることさえできれば、正直父親はあまり関与しなくてもよいのではないかとさえ思っています。

しかし、私は育児に取り組みたいと思って、仕事をセミリタイアしました。JC他あらゆる会合もすべてキャンセルして、育児しています。

じゃあどうして、父親はあまり意味なくても、育児に参加するかというと、妻に育児のゆとりを与えるためと、妻に楽しく育児をしてもらうためです。そのために、私が育児家事をしっかりと楽しむことが重要だと思ったのです。

どれだけしっかりとした妻であろうと、初めての子どもが生まれたら、何歳であっても母親一年生です。何が正しいかわかりませんし、最初は戸惑うことばかりだと思います。また、どうしても子育ては1人でやるには、大変なところもありますので、2人で楽しく取り組むことで、戸惑いつまずくことを回避できるわけです。

こう思ったのは、やはり長男に辛い思いをさせてしまったことが大きな要因です。

長男に十分に安心な生育環境を準備してあげることができず、心に傷を負わしてしまったからです。もちろん、離婚してからは、安定した家庭を提供しました。本気で長男のために時間を使い、たくさんよい経験を提供できたと思います。その甲斐もあってか、長男は本当によい方向に育ってくれていると思います。

だからこそ、次男には最初からよい環境を提供したかったのです。温かくて、安心できる幸せな家庭という環境です。そのために、私はセミリタイアして、育児に専念しています。結果どうかは、今後わかると思いますが、間違いなくよい結果につながると思います。

またそれは、十分大切にしてあげることができなかった長男にとってもよいことだと思いました。次男が大切にされる姿を見て、自分も大切にされている実感を感じているので、小さい時に感じられなかった部分を癒やせると思うのです。

どうやってセミリタイアしたのか

どうやってセミリタイア?

では、具体的にどうやってセミリタイアすることができたのか、簡単に解説していきたいと思います。先にもお伝えしましたが、私が育児のためにセミリタイアできているのは、完全にアフィリエイトのおかげです。

私が取り組んでいるのは、アフィリエイトの中のサイトアフィリエイトと呼ばれるものです。(アフィリエイトについては、182日目の景色本サイトをご覧下さい。)

なぜ、アフィリエイトをしていると仕事をセミリタイアして育児ができるかというと、少し語弊があるかもしれませんがアフィリエイトで成果を出すと不労所得を得られるからです。

不動所得と聞くと楽して稼げるように聞こえる人もあるかもしれません。確かに、私は現在、働かずに育児ばかりして収入を得るわけなので、楽して儲けているように思えるでしょう。実際に2017年6月は、サイト売却後だったのですが90万円ほど報酬を得ています。

なぜ、仕事をしないでも報酬を得られるのかというと、私が働かずに育児をしている間、私が作ったホームページが休み亡く働いてくれているからです。

ほとんどの人はアフィリで稼げない

稼げないほとんどの人

こう聞くとやっぱりアフィリエイトは不労所得が稼げるから楽なんだと思う方もあると思いますが、それは少し違います。

確かにサイトアフィリエイトは、サイトがさまざまな需要のあるキーワードで検索上位に表示されればアクセスがあり、一定の割合で広告がクリックされて成約して自動的に不労所得が発生します。

しかし、その状態にサイトを作り込むのは、アフィリエイターです。アクセスが集まるようになって、そのアクセスから広告料が発生するまでの間、最低でも3ヶ月〜半年は無報酬の中、毎日1~3時間休まず作業を積み上げる必要があります。しかも、それを実行したからといって稼げるようになる保証はどこにもないのです。

半年間毎日3時間作業をして、3000文字の記事を180記事作成したのに、月に10万円も稼げない、そんなことなんてざらにあるのです。(※ただし、ほとんどの人がそもそもこの作業が続きませんが)

なので、アフィリエイトは非常に厳しい世界でもありますが、逆にいうと、たったそれだけのことで、月収100万円をほとんど不労所得状態で稼げる方法も、他にはないと思います。(サラリーマンは、月に30万円の報酬をもらうのにどれだけ時間を使うでしょう??)

以上のことから、アフィリエイトは私は非常によいシステムだと思いますし、セミリタイアして育児ができたことに心から満足しています。なので、私と同じような生活をしたいと思われる方はぜひ、アフィリエイトをやってみて、本気で取り組んで頂けたらと思います。→アフィリエイトのやり方については、アフィリエイト講座をご覧下さい。

 - お金