182日目の景色ブログ

アフィリエイターとして突き抜けて見た 人生とお金とビジネスの話

【本音】サイト売買契約締結しての感想

   

サイト売買契約書

日、2017年3月30日付けで契約した太陽光発電のアフィリエイトサイト(2012年開設し運用してきたサイト)の売却、決済が完了しました。年感おおよそ300万円〜400万円程度アフィリエイト報酬を稼ぎ出すであろうサイトで、売買金額は350万円で売却しました。売却先は、産業用太陽光発電所を6カ所経営していて、今後太陽光発電事業に乗り出したいという事業者さんです。

サイトの売却によって利益を得るのは初めての試みでしたので、「これからサイトを売却して収益を得たい人」や「アフィリエイトをやってみたい人」にアフィリエイトサイトの最期を想像して頂くのに参考になれば、と思い顛末をまとめてみたいと思います。

※このページは、ビジネスマンとしてというよりは、秋山慎也という一個人として、あるいはアフィリエイターという職業人としての赤裸々な本音も掲載しています。なので「マウスをカチカチックリックするだけで月収100万円稼いで世界中を旅して回りたい」と夢を見られている方の希望をくじくかもしれませんので、そういった類いの方はご覧になられないで下さい。←よくあるクリックさせるための常套句としてではなくて、本音の話で、です。

どうしてサイトを売却したのか

太陽光発電アフィリエイトは、私がアフィリエイターとして初めて大きな収益を出した事業です。今の私があるのは、2012年6月12日に太陽光発電のメリットデメリットというSeesaaブログを開設して、成果を出すことができたおかげです。なので、正直強い思い入れと感謝はあります。

Seesaaブログで一定の収益を稼いだ後は、無料ブログではできることが限られるし、多少なりとも資金が出来たので、パソコンを新調しSIRIUSというソフトを買って、独自ドメインを取得してアフィリエイトサイトを作ることにしました。それが、今回売却した太陽光発電のサイトです。

独自ドメインで太陽光発電サイトを開設してからは、一時リンクを購入したり、スパムリンクを張ったりして、ロングテールでアクセスを集めまくり、そのサイトだけで一時月収150万円を超えるまで成長しました。しかし、2014年の7月だったかにペナルティを食らって、アクセスががた落ちし、折しも太陽光発電バブルもはじけてしまい、最近では月におおよそ30万円〜40万円程度しか稼げなくなっていました。しかし、それでも毎日2,000UU程度のアクセスは安定してあり、私のビジネスにおいては非常に大切な収入源でした。

AdSense報酬

※これは、月毎のAdSense報酬をまとめたものです。報酬としては、AdSense報酬の他に、ASPからのアフィリエイト報酬がありますが、画面がうまくキャプチャできないので、エクセルでダウンロードしたもののキャプチャを下記にまとめます。

ASP報酬の推移その他個別の報酬もありますので、このサイトから私が得た報酬は、2,300万円以上ということになります。我ながら素晴らしいと思います。

太陽光発電サイト月間アクセス推移

※こちらは、2013年3月31日〜2017年3月31日までの月間アクセス数の推移です。

当然、このまま所持して、運用していけば、年に数回メンテナンスをして、古くなった情報を書き換えるだけで、年間300〜400万円程度は安定して稼ぎ続けることができたと思います。ただし、本当に更新頻度が少なかったのと、300弱程度も記事があったのですべてを常に管理することはできていなかったので、将来的にはアクセスが少しずつ減っていくことが予想されました。

太陽光発電サイトへの思い

私は、サイトに掲載している情報の信頼性を担保するため、太陽光発電アドバイザーの資格を取得して運用していました。なので、情報の質については、非常に自信を持って運営していましたが、一方で、太陽光発電アドバイザーは「私の天職ではない」という思いがありました。

太陽光発電自体は興味がありましたし、いくつか現場を取材したこともあります。また、太陽光発電サイトを作るきっかけになったのは、以前いた職場で大変お世話になった、太陽光発電業者の相談役の方と懇意にさせて頂いていたからでもあります。

ですが、恩人の太陽光発電業者は太陽光発電事業から撤退してしまいましたし、現場にほとんどでることのない太陽光発電アドバイザーでは、そのうち知識と経験がおいつかなくなるという思いもありました。また、私のミッションは、「自分のことを大好きという子供を増やすこと」にあり、そのために「自分らしい自分らしい自由で豊かで幸せな人生を送る大人を増やすこと」です。太陽光発電の普及ではありません。

なので、太陽光発電に対してのモチベーションも正直下がっている状態だったため、記事の更新、サイトのメンテナンスも進めることができなかったのです。そして、ダラダラ所持してアクセスを減らし続けたり、逆に古くなりすぎた情報を発信し続けることで、サイトの信頼性を損なう恐れがあるとしたならば、それは非常に残念なことだと思いました。

これまで、最低月に30万円以上、よい時には150万円以上稼ぐビジネスをこのサイトは担ってくれて、みちしるべ株式会社の大切な事業となってくれたのに、このままでは事業の価値が下がってしまう。サイトの価値が徐々に毀損していく。そう思ったのです。

サイトの売買自体は、おおよそ1年分の収益相当が売買価格として相当だと聞いていたので、大体300〜400万円くらいになるなと想像していました。そして、2年持ち続ければ、倍の収益がたたき出せるので、正直経済的な合理性だけを見れば、トータルでは売却は収益の最大化にはならないとわかっていましたが、それでも、サイトの価値を下げてしまうよりは、もっとアクティブにサイトを運営してくれる方に買ってもらって、たくさん更新してもらうのがよいと思い、サイトを売却することにしました。

サイトからのASP報酬については、緩やかに減り続けていましたが、逆に、AdSenseは関連記事広告の登場で、飛躍的に収益が上昇していたので、正直、「売却してしまうのがもったいないな」と後ろ髪を引かれる思いを持ち続けていたのは、契約が完了し、決済が済むまでずっと変わることはありませんでした。

サイト売却までの流れ

当初「サイトレード」というサイト売買の仲介業者さんと「サイトキャッチャー」という業者さんに依頼しました。

しかし、売りに出してから1年間は多少反響はあるものの交渉がまとまることはなく、売りに出していたことをすっかり忘れていた、ここ1ヶ月くらいのところで問い合わせが1件来て来ました。そして、2月中旬にSkypeをして、いろいろとヒアリングされた結果、翌日中までに購入の申し込みをする予定と言われました。

そうしたら、なんと、そのSkypeをした当日の夜に、太陽光発電サイトに掲載している問い合わせフォームから、別件で購入したいと申し出が来たのです。Skypeをした方が、320万円で交渉してきており、仲介手数料が30万円かかるとのことだったので、350万円即決ならいいですよとメールを返すと、なんとanalyticsやサーチコンソールなど一切見ずに、購入しますと申し出を頂きました。

よくよく聞くと数年前から私のサイトをご存じの会社さんで、私のサイトをご覧になられた上で、太陽光発電投資に参入して太陽光発電所を6カ所も運用している方だったので、analyticsなどを見なくても大丈夫とのことでした。そして、今後太陽光発電のポータルサイトへと進化させたいというビジョンを頂いたので、私も納得して、その会社さんに売却することにしました。

サイト売却が決まっての感想

これまで約4年半運用してきて、私のアフィリエイターとしての活動を支えてきてくれたサイトがあっさりと現金に変わって、350万円を手に入れて感じたことを最期にまとめたいと思います。これまで長く解説してきたので、最期は箇条書きでシンプルにまとめます。

  1. スッキリして前向きになった
  2. 本当によかったのかという気持ちがちょびっと
  3. 一時金が手元に入ることは爽快
  4. 引き継ぎは若干面倒
  5. これからも当サイトに発展してほしい

大体こんなところです。

引き継ぎについての一番面倒なところは、過去4年半で実施したさまざまな施策で、現在に影響を及ぼしているものをしっかりと伝えないといけないことです。つまり、記憶の旅に出ないといけないということです。

かなり忘れている部分もあって、後から後から、あれもあったこれもあったと出てくるので、そこはとても大変だなと思いました。しかし、先にもまとめたように、一時金に変わったのと断捨離ですっきりしてやるべきこともグッと減ったので、前向きに行動的になれていると思います。

もし、放置状態のサイトがあって、そこにモチベーションがわかないけれど、もっと何とかすれば、お金が多く稼げるのに、、、こんな風に思っているのでしたら、サイトの売却を検討してみてもよいのではないかなと思います。

 - マーケティング