182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイターの前に一人の人間として悩み苦しむもの

アフィリエイトと選択理論
アフィリエイトで収益を上げて、プロアフィリエイターして生計を立てていくのに、
どうして選択理論が関係あるのでしょうか?

 

選択理論のページを見ていて、どうしてなのか疑問に感じられた方も多いのではないでしょうか?

 

確かに、アフィリエイターであることやアフィリエイトという仕事と選択理論という心理学は、
一見関係のないことのように感じると思います。

 

実際に何か関係があるのか、といわれると関係ないといえばないと、いうことができます。

 

選択理論なんて知らなくてもアフィリエイトで稼いでいる人もたくさんいるからです。

 

むしろ、アフィリエイターとして稼いでいる人で、選択理論を知っている人のほうが少ないかもしれません。

 

でも、私たちはアフィリエイターである前に、一人の人間であることを忘れてはいけません。

 

アフィリエイトは孤独な仕事です。

 

もちろん仲間と力を合わせえて活動することも出来ますが、
少なくとも個人的に成果を出すまでは、一人で黙々と作業を積み上げなければいけません。

 

と同時に、誰かとかかわりをもって生きていかなくてはいけません。

 

人間だからです。

 

そんな環境に身をおくことになるからこそ、重宝するのが選択理論心理学というわけです。

 

スポンサードリンク

 

選択理論を活用するとどうなるのか?

この世に生きる人間が抱く悩みの90%が人間関係の悩みといわれています。

 

人間関係といわれてぱっと思いつくような、誰かとあなたの関係や、
親子関係はもちろん、兄弟関係や友人知人、職場での人間関係など、
人間の悩みは、とにかく人間関係から生まれてくるといわれています。

 

例えば、お金の悩みにしても、紐解いてみると人間関係の悩みだったりするわけです。

 

それは、次のように考えた末にたどり着いたことです。

 

お金がなくて困っているとします。

 

どうして、お金がなくて困っているかと分析してみると、ほとんどすべての人が、
明日食うものが得られないから困っているのではないことにわかります。

 

人によっては、「欲しいものを変えないから」困っていたり、
「お金が足らなくて、質の悪いものを買わなくてはいけないから」困っていたり、
「子どもに習い事をさせられないから」困っていたりするわけです。

 

さらに、一歩踏み込んで考えてみると、「それでどうして困っているのか」分析すると、
「よいものが欲しい」のは、良いものを使っていることで、誰かの印象をよくしたいとか、
誰かからこう思われたいとか、誰かに何々言われたくないからといったようなことが根底にあります。

 

つまり、行き着くところは人間関係になることが多いというわけです。

 

では、人間関係をよくするのに、どうして選択理論が役立つかというと、
選択理論は、人間がどういうメカニズムで行動を選択するのかを明確にしているからです。

 

そして、その理論を活用して、どうしたらよりよい人間関係を構築できるのかのアイデアと
実践的なスキルを教えているからです。

 

悩んでいる人の生産性は低い

なぜ悩むことがよくないのかというと、悩むことで人は生産性を下げてしまうからです。

 

モチベーションが下がりやすくなりますし、気が散るので集中力が低下します。

 

結果、アフィリエイトの作業効率が低下してしまうわけです。

 

当然、作る情報の質も低下しますし、そもそも作業量が多くならないので、
結果を出すまでに時間がかかるようになり、それがアフィリエイトという仕事への不審をふみ、
最終的に継続しなかったりするのです。

 

集中力を高め、短い時間に集中してよい情報を作るために、
私たちは悩みから解放して、より幸せでコンディションが良い状態で作業をすべきなのです。

 

あなたも経験があると思いますが、集中して何かの作業に取り組んでいるときと、
集中力が欠けているときでは、同じ作業をするのでも、こなせる作業の量が違うことになります。

 

また、そこで作られるものの質もまったく違ってくるのがわかるでしょう。

 

アフィリエイターの場合は、記事を作成したり、紹介文を書いたり、コンテンツを作ったりすることが仕事で、
その仕事に対する報酬としてお金を得るものではありません。

 

コンテンツを作成して、世の人の目にとまり、共感してくれた人が、紹介した製品やサービスを購入することで、
報酬としてのお金が手に入るものなのです。

 

そう考えると、お金を稼いでいるのは、アフィリエイターの作業自体ではなく、
アフィリエイターが作業した結果作られたコンテンツだということになります。

 

つまり、普通の何かしらの労働に対してお金が支払われる場合は、
労働の質が低下した場合、その場限りの報酬の減額で済むのですが、
アフィリエイターに場合は、作られたコンテンツが世に出て、多くの人の目につく限り、
質が低下した仕事の影響を受けて報酬を下げることになってしまうのです。

 

つまり、質の低い仕事が及ぼす影響が甚大だということになります。

 

だから、悩みをなくして、集中力を向上させることで、質の高い仕事ができるように
選択理論を活用して、人間関係をよりよくしていただきたいと思います。

 

結局コンテンツを見ているのは人

さらに、最終的にあなたが作ったコンテンツを見るのは人なわけなので、
選択理論はコンテンツ作りのための基礎理論としても役立てることができます。

 

選択理論心理学は人間学なので、人のことを細かく分析しています。

 

人の行動の源泉や欲求を解説しているわけです。

 

そういう観点から考えると、そもそもアフィリエイターという職業が、
世の人の問題や課題を解決したり、価値を提供してりする媒介をすることなので、
対象となる世の人のことを知ることはきわめて重要といえるでしょう。

 

以上のことから、私はぜひ、選択理論を学ばれることをおススメします。

 

182日目の景色は、よりよい人間関係を得ることによって、手に入れることができるのです。

関連ページ

スポンサードリンク