182日目の景色
スポンサードリンク

何はともあれ、まずは副業ランキング

サイトでは、副業を「本業のように本気で取り組むという観点、すなわち「仕事」としての性質」と、「今の収入にほんの少しだけ添える程度の小遣い収入としての性質」の2つに分けて考えています。それは、一言で副業といっても、月に数十万円以上稼げるものと、月に数千円~数万円程度しか稼げないものとでは、そもそも取り組むべきものが異なるからです。


このページでは、どんな副業があって、それぞれどんな性質を持っているのか解説して、ランキング形式で表示しています。まずは、ランキングの結果だけを先にご覧頂き、その上で詳しい内容についての解説をご覧下さい。初心者がしっかりと稼げるかどうかという点からのおすすめ度合等含めて、ランキング形式にしてあります。


仕事としての副業ランキング 小遣い稼ぎのための副業ランキング
  1. アフィリエイト
  2. YouTuber
  3. クラウドソーシング
  4. アルバイト・パートタイムジョブ
  5. 情報販売
  1. ポイントサイト
  2. アンケートへの回答
  3. 商品モニター

多岐にわたる副業

パソコンで副業する女性

の中には、たくさんの副業があります。よく見かけるのは、ネットで稼ぐ方法の一種でアフィリエイトや転売などですが、サラリーマンをやりながらコンビニで働くのも副業のひとつですし、ライターとして副業で活躍される方もいます。
私がクラウドワークスやランサーズなどで記事の作成や動画作成をお願いする方のかなりの割合が、副業でやっているくらいです。


このように、ひとことで副業といっても、今の世の中たくさんの種類があるので、もし副業をお考えなのでしたら、あなたにあった副業を選ばれることをオススメします。各副業毎にメリットやデメリットも解説していますので、どれがあなたに適合するかをご覧頂けたらと思います。

そして、それらを踏まえて、オススメの副業をランキング形式で掲載して、その理由を記載したいと思います。中には、こんな副業もあるんだ、と驚かれるようなこともあるかもしれません。


どんな副業があって、各特徴は?

  • アルバイト、パートタイムジョブ
  • AirBNB
  • 治験
  • アフィリエイト
  • クラウドソーシング各種
  • YouTuber
  • ネットで手作り販売
  • せどりや転売
  • データ入力(内職)
  • 輸出ビジネス
  • ドロップシッピング
  • FX
  • ネットワークビジネス
  • 情報販売ビジネス
  • チャットレディ

まだまだ種類はあるかもしれませんが、私が知っている副業は上記です。それぞれの簡単な特徴や適正をお伝えしたいと思います。


アルバイト、パートタイムジョブ

普通に就業時間外や休日にコンビニやファミレス、倉庫内作業や風俗、キャバクラなどで時間給で働くことを指します。時間給で働くので、1時間当たりの収入はサラリーマンで働く本業よりも少なくなることが多いですが、深夜の仕事は比較的時給は高めですし、OLの中には、キャバクラや風俗で本業以上に稼いでいる人も多くいます。


これらの仕事は、安定的に給料としてお金を稼げるというメリットがある反面、副業禁止のサラリーマンや公務員の方だと副業がバレるリスクがあります。また、残業や休日出勤などが突発的に入る仕事をしている方だと、バイトやパートと本業の仕事の板挟みに合う可能性があるので、現実的ではないでしょう。


また、本来は「仕事をしていない時間」に「他の仕事」をするわけなので、肉体的、精神的な疲労が蓄積されることになるので、本業に支障をきたす恐れもあるので、よほどの事情がない限りはオススメできません。また、万が一、取り組まれる場合には、短期間だけにしておいたほうが無難でしょう。


コンビニなど深夜のバイトで、場所にもよりますが、時給900~1,200円程度、風俗だと出来高ですが1日に数万円平均程度、キャバクラなどで、時給数千円程度が目安となると思います。


AirBNB

AirBNBは、今流行っている民泊の一種です。自宅の一部やセカンドハウスをAirBNBというサイトを通じて、宿泊客に貸し出すもので、お客さんが泊まるスペースのある方にはオススメです。


ただし、基本的にはどんなお客さんがやってくるかわからないので、怖い側面もありますし、そもそも、宿泊者に貸し出すだけのスペースを確保するのも少々難あり、といったところでしょう。


ちなみに、現在では、わざわざAirBNBでお金を稼ぐためにワンルームマンションなどを借りてお金儲けをしている人もいます。その場合は、稼働率をしっかりと予測しながら運用しないと赤字になるリスクもありますので、きちんとノウハウを学ぶ必要はあるでしょう。


場所にもよりますが、稼げる金額は、1泊当たり数千円から高くても1万円程度なので、家賃相場が安くて需要の多い、福岡や大阪などではビジネスになる可能性は高いです。


治験

まだ、発売されていない医薬品を試験的に投与されて、人体実験に自分の体を提供するものです。もちろん、認可前とは言っても、基本的には、モルモット等での実験は済んでおり、「安全だろう」と思われる医薬品だけしか使わないので、健康に対するリスクはそんなに大きくないと思われます。所要時間は、数時間で済むものから、何泊かしないといけないものまでさまざまあり、報酬は数千円~数万円と幅広いです。


ただし、私としては、自分の体を人体実験に使って、リスクが低いとは言え健康被害を被る可能性があることでお金を得るのは、どうかなと思いますが、治験に参加してくれる人がいなければ、有用な薬も生まれないわけなので、なんとも言えないところです。


単発の仕事も多いので、スケジュールを合わせやすく、サラリーマンでも対応できると思いますが、主に首都圏での通いが多いので、済んでいる場所によって制限があります。


アフィリエイト

これは、当サイトがアフィリエイトのやり方を解説したサイトなので、詳しく語るまでもありませんが、インターネット上でホームページやブログを作ったり、twitterやFacebookなどのSNSを活用して、広告を発信して収益を得るビジネスです。


完全出来高性なので、収益が出るか出ないかは、あなたの作業次第になりますが、収益が出始めると半不労所得状態で、月に100万円以上青天井でお金を稼ぐことができます。


ただし、当初3ヶ月~半年は、1日1時間以上も収益が0の状態で作業をし続ける必要があるので、しんどい人にはしんどいと思いますが、作業は時間も場所も選ばないので、アフィリエイトで人生を逆転させた私としては、すべてのサラリーマンにお勧めしたい副業です。


ちなみに、テクニックややり方については、ある程度ノウハウがまとまっているので、あとは誰でもできるノウハウを、どこまで気長に継続できるかが、勝負になると思います。


クラウドソーシング各種

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトを通じて、記事の製作や動画編集、ロゴ製作などを請け負うものです。クラウドソーシングは、作業を外注したい企業と作業で収益を上げたい人をマッチングしてくれるサービスです。その内容は多岐にわたり、特に記事製作などのライティング系は、やろうと思えば誰でもできるのでオススメです。


いわば、仕事した分だけ、報酬をもらえる仕組みで、仕事は単発の案件もあれば、継続案件もありますので、クリエイター系の方にオススメです。納期やボリューム、内容等も案件によって交渉可能で、請け負うかどうか、逆に発注してもらえるかどうかは、交渉次第なので、やりやすいと言えばやりやすいですが、安定的に仕事を獲得していくためには、精力的に活動する必要があるでしょう。

というのも、クラウドソーシングサイトには、本業の人もたくさん登録していて、条件のよい案件だと競争が激化するからです。


ライティングでだいたい1文字0.5円~数円程度、その他案件も企業に発注した場合の金額の50~80%程度の報酬であとは交渉次第になっています。

文章書くことやデザインが好きな方で、リスクを取りたくない方にオススメです。


スポンサードリンク


YouTuber

今はやりのYouTubeに動画をアップロードして広告収入を得る方法です。YouTubeの場合、1再生当たり0.1円程度の収入が不確定で発生します。いろいろと条件をクリアしないといけませんが、誰かを楽しませる動画を作りたい方に向いている副業です。


顔出ししてもしなくてもよいですし、中にはゲーム実況で相当稼いでいる人もいます。誰でもできるので、当然競争は激しく、通り一辺倒のやり方ではお金を稼ぐことはできませんが、しっかりと差別化して、ユーザーの求める動画を継続的にアップロードしていけば、ある程度まとまった収入を得ることができるようになるでしょう。


アフィリエイトに比べて、成果が出るまでのスピードは速いですが、成果が安定するまでのスピードではアフィリエイトのほうが早いので、得手不得手があると思います。また、動画編集がほぼ必須になるので、その当たりを根気強く学べるかどうかもひとつの問題といえます。


ネットで手作り販売

自分で洋服やアクセサリーなどを作って、ヤフオクやヤフーショッピングなどで販売する業務です。何かを作って売るわけなので、旧来からあるやり方ですが、ネットが普及して、オンラインモールに無料で出店できたり、オークションにかけれたりできるので、商品を作ることができる人にとっては将来性もありますし、自分のペースで出来るので非常に有効な方法と言えます。

ただし、売る物がなければ出来ないのと、出品したからといって希望額で売れるわけではない点に注意が必要です。


せどりや転売

ブックオフなどの古本屋さんやその他リアルなショップやネットショップなどで安く仕入れてきて、Amazonやヤフオクなどで仕入れ値より高く販売して、利益を上げる方法です。

この方法で、

収益を上げている人は非常に多くありますが、薄利多売なのと仕入れにコストがかかりリスクが高い

のがネックです。


また、エンドユーザーが買えるところで購入して、他のエンドユーザーが買えるところで転売するわけなので、いつかはなくなるビジネスモデルではないかと思っています。


大量に仕入れて大量に販売し続ける必要がありますが、外注を使うことで省力化はできるらしいので、興味のある方は検討してみられるとよいと思います。多い人だと月に数十万円利益を得ているみたいです。※ということは、売上げで数百万円、仕入れで、、、


データ入力(内職)

テープ起こしや住所禄へのデータ入力などいわゆる昔からある内職です。在宅で時間を選ばず取り組めるというメリットがある一方で、報酬が非常に安く時給換算で数百円以下になってしまうこともあるので、注意が必要です。


また、いわば出来高性の在宅アルバイトみたいなものなので、やった分だけ安定してもらえるのは魅力的と思います。しかも会社にバレにくいので、アルバイトやパートは難しい人にはよいかもしれません。


輸出入ビジネス

「海外で安く売っている商品で日本で高く売れる商品」をネットで購入して転売したり、逆に「日本で安く売っている商品で海外で高く売れる商品」をネットで転売するビジネスです。カメラのレンズなどさまざまなものがあります。


ただ、海外での取引になるので、商品の受け渡しと決済で若干リスクがあるのと、為替の影響を受けることに注意が必要です。このモデルでお金を稼いでいる人はけっこういて、月に数百万円稼いでいる人もいるらしいです。


情報収集を余談なくして、外国語で交渉できるひとにとってはオススメできる方法です。


ドロップシッピング

在庫は持たずにネットショップのオーナーになって収益をあげるビジネスモデルです。アフィリエイトと違って、販売するのはあなたとなり、発送と決済はドロップシッピングの会社になります。


従って、仕入れ値は決まっている状態で、販売価格を自由に設定できるというメリットがありますが、そもそも選べる商品に偏りがあったり、同じ仕入れ値なので、同じドロップシッピング出品者との差別化が難しかったりと、現状取り組む人は少ない状態です。


FX

果たして副業と呼んでよいかはわかりませんが、FXでお金儲けをしようという情報商材はたくさんあるので取り上げてみました。FXは、為替取引によって利益を得るビジネスモデルというかマネーゲームのようなものです。的確に情報源を押さえて、為替市場の開いている間、パソコンにへばりついてFXしている人の中には、短期間で億万長者になった人が多いのは事実です。


一方で、レバレッジをかけるので、一瞬で証拠金がなくなってしまうリスクがあったり、判断を誤ったりすると膨大な損失を被るリスクが内包しています(レバレッジとは、例えば100円で10,000円取引できるようにするものです。この場合、円相場が1円上がれば100円儲かりますが、1円下がると100円の損失を抱えることになり、これ以上円相場が下がったら実際に投資した金額を下回るため、ロスカットといって自動決済されてしまい損失が確定することになります)。


従って、FXでお金を稼ぐことはできますが、平日日中サラリーマンの仕事をお持ちの方は、流れについていけないと思うので、あまりオススメできません。なぜなら、市場環境は、急激に変化することがあるからです。


ネットワークビジネス

食品の容器として使われるタッパーから始まった連鎖販売ビジネスです。歴史的にはネットビジネスなんかが出てくる随分前から、アムウェイやらニューウェイズやらニュースキンやらミキプルーンやら、さまざまな会社が取り入れており、かなりメジャーなビジネスモデルです。


実際に、ネットワークビジネスでお金を儲けた人を私もたくさん知っていますが、知り合いに商品を紹介してディストリビューターという連鎖販売組織に入れることで、収益を上げていくビジネスモデルなので、成功するのは、かなり人を選ぶと思います。


一般にネットワークビジネスのイメージは悪くて、友達を失うイメージがありますが、適切に活動していけば友達を失うことなく取り組むことは可能でしょう。ただし、そう簡単には収益はでないと思います。相当修行することが必要となります。


情報販売ビジネス

自分の開発したさまざまなノウハウを販売することで収益を上げるビジネスモデルです。今詐欺のような情報を販売している人が横行しているのでイメージは悪いですが、私はさまざまな情報商材を購入して、ビジネススキルを磨いてきました(主に海外の有名なマーケターの商材です)。


よい情報は高く売ることができますし、誠実に事実だけを告げて販売すれば、顧客に感謝されるので、とてもよいビジネスモデルだと思います。また、情報販売自体は安価に設定しておいて、マンツーマンのコンサルティング指導を高額で販売するケースもあり、原価が必要ないということも手伝って高収益なモデルということができると思います。


ただし、ネットで自分の商品を販売するわけなので、セールスレターやセールス動画作成のスキルを身につけないといけないので、アフィリエイトなど他の副業で成果を出してから取り組んだほうが効果的だと思います。また、自分に独自のノウハウがなければ、商品は生まれないので、アイデアも必要となります。


秋山認定勝手に副業ランキング

ということで、以上さまざまな副業を紹介してきましたが、気になるものはあったでしょうか。


もしかしたら、私が認知していない副業もあるかもしれませんが、主なものは上記と考えてよいと思います。また、不動産投資や投資などは副業ではないので、排除してあり、そんなに大きく稼げないモデルや継続性の少ないものは、以下に小遣い稼ぎとして副業とわけて列挙してみました。


ということで、いよいよ秋山慎也が実際に試してみて、オススメできると思う副業ランキングを紹介したいと思います。


情報販売

自分のビジネスを持てるし、収益ももっとも大きく稼ぐことができ、ビジネスを拡大しやすいビジネスです。しかし、先にもお伝えしましたが、あなたが固有のスキルやノウハウを持っている必要があるのと、販売スキルを持つ必要があるので、難易度が高いため、5位にしました。あるいは、お金がある人であれば、特定のスキルがある人と組んで、プロモーションできる人と組んでプロモーションすれば、最短で高額の収益を得られますので、かなりオススメです。
お金や人脈がある人、スキルのある人には1番手でオススメです。


アルバイト・パート

時間を切り売りすることが必要ですが、もっとも安定してお金を稼げる副業です。アルバイトやパートはさまざまなものがありますし、登録制の単発派遣の場合、週末だけ稼ぐことも可能です。


将来独立したいわけではない人や、副業で得られる収益は少しでよい方や休みが安定している方にとっては一番オススメです。一方で、先にもお伝えしたとおり副業禁止の会社や休みが不安定な方には向かない副業になります。


クラウドソーシング

クラウドソーシングは、よい報酬を求めれば競争が激しく仕事を取ることが難しいですが、ライティング等で誰でもできる作業を、自分のペースで取り組むことができて、納品物に対して成果が確定されるので、多くの方に非常にオススメな副業です。


時間がない方でも取り組めますし、しっかりとクライアントを満足させる仕事が出来れば継続的に仕事を得ることも可能になります。ただし、大きく稼ぎたい方は、相当の仕事を獲得する必要があるので、時間的に厳しい側面が出てくるでしょう。また、普通にサラリーマンと同じように自分が働いて対価としてお金を得る方式なので、ずっと楽にはならないという意味で、3位にしました。


YouTuber

そして、2位はYouTuberです。YouTuberは、YouTube上に動画をアップして、再生回数や広告のクリック数に比例してお金を稼ぐことができるようになります。


実際にお金を稼げるようになるまでは、ほぼ無報酬でたくさんの動画を作る必要がありますし、なかなかヒットする動画も生まれないと思いますが、あなたが自分の個性をしっかりと出して、ユーザーを満たす動画を発信しつづければ、いずれかなりの収益を安定して稼げるようになります。


ただし、得られる収益単価が、通常のアフィリエイトよりは控えめになっているので2位としました。サイトアフィリエイト等に比べると初報酬までは早いですが、ずっと動画をあげ続けなくてはいけないので、2位ということになります。


アフィリエイト

いよいよ、トップ1位なのですが、なんとなくお察しのとおり、アフィリエイトで決定しました。基本的にサイトアフィリエイトとメルマガアフィリエイト、SNSアフィリエイトはまったく異なるジャンルですが、副業という大きなくくりでのランキングなのと、アフィリエイトやるなら、これらを相互連携しながら取り組むのがベストなので、アフィリエイトという大ジャンルでランクインさせました。


ランキング1位にした理由は、誰でもほぼお金をかけることなく、好きな時間で好きなペースで取り組めるビジネスであるにも関わらず、青天井でお金を稼ぐことができることです。


ただし、最低でも3~6ヶ月以上は無報酬のまま地道に記事更新等を行う必要があるので、収益をあげられるようになるまでがかなり、しんどいです。でも、そのしんどい期間を過ぎて一定以上の収益をあげられるようになれば、今度はそれを増やすのは簡単です。


すでに一定の収益を生み出す仕組み=アフィリエイトサイトやメルマガやSNSページなどがある状態なので、さらにプラスオンする仕組みをそれまでと同じ要領で作ればよいだけだからです。


このように、初報酬までが厳しいという点を除いては、アフィリエイトは現状、副業の中でもっとオススメできるものとなっています。また、アフィリエイト活動の中で、ダイレクトレスポンスマーケティングの能力を身につけられるので、幅広くその後のビジネス展開に応用することができるのも強みです。


別枠小遣い稼ぎランキング

最後に、副業と言えるほど収益は稼げないけれど、やったら必ずお金を稼げる方法を紹介します。ビジネスとは呼べないものが多いので、ここでは小遣い稼ぎというジャンル紹介します。

ポイントサイト

いろいろな怪しいサイトが多いポイントサイトですが、クレジットカードを発行したり、買い物したりで収益を得られる仕組みです。手間はほぼ0で、数万円なら収益を得られるので、ぜひ取り組んでみて下さい。


詳しくは、モッピーで小遣い稼ぎをする方法をご覧下さい。※やり方によっては、継続的に数万円以上収益を上げられますが、現実的には難しいと思います。


アンケート回答

これは、アンケートに回答することで数円から数十円分のポイントをためて、一定以上貯まったら換金するものです。とても簡単なのですが、大きく稼ぐことは難しいので、小遣い稼ぎ枠に入れました。ただ、手間も極めて小さいので、2位にランクインです。


商品モニター

商品のモニターとして、実際に商品を使ってみてアンケートに答えて、報酬を得るものです。とてもおいしい小遣い稼ぎですが、そんなにたくさん案件がないため、たくさんは稼げないという理由で3位にしました。


不要品のオークション販売

家にある使わないけれどまだ使えるものなどをヤフオク等で転売することで利益を得る方法です。誰でも気軽に取り組めますが、不要品はいつかなくなりますし、思ったよりも値段がつかないこと、発送ややりとりの手間が発生することから、小遣い稼ぎの4位にしました。

なお、売る物を仕入れてオークションで転売する副業は、副業の中のせどり・転売カテゴリに含めました。


以上、副業について詳しく書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?あなたに合う副業が見つけることを祈っています。あるいは、本業のほうに集中する決断でもよいと思います。あなたらしく自由で豊かで幸せに生きて頂けたらなと思います。

関連ページ

スポンサードリンク