182日目の景色
スポンサードリンク

お金がないから副業するしかない

副業するかしないか

在副業をしている人の多くは、「お金がなくて本業の収入が増える見込みが薄いこと」を理由に、やむなく副業をしている人たちです。私も2012年隠岐の島にUターンして、隠岐観光協会の臨時職員として月給14万円(手取りじゃないです、支給です)で働きはじめた時は、副業するしかないと思いました。


そして、アフィリエイトをはじめて3ヶ月で初報酬半年で10万円稼ぐことができるようになりました。苦手なパソコンでの副業で、この短期間でこの成績を残せたことはなかなかよかったほうではないかと思いますし、運が良くて、いろいろとラッキーが重なったとも思っています。でも、ただ単にラッキーだっただけではありません。


毎日ほぼ休みなく、午前3時に起きて6時半までかけて記事を2~3記事アップして、仕事の隙間時間や昼飯の間に、SEOなんかの情報を収集して、かなりタイトに頑張ったことは間違いありません。当然のことですが、仕事が休みの日は、一日中作業をしていました。


つまり、副業とはいえ、かなりのレベルで頑張り続けたということができます。時間にするとこうです。


初報酬が発生する3ヶ月目まで。

  • 一日3時間×30日×3ヶ月=270時間
  • 週休2日制度だったので、月に8日程度はプラス8時間。
  • 8×8日×3ヶ月=192時間
  • 270時間+192時間=462時間

合計、460時間程度は作業をしました。


正直、460時間も作業をして、たった数千円しか稼げませんでした。


そこからさらに半年間かけて、月に10万円稼げるようになりました。
つまり、460時間×2=920時間で、ようやく月に10万円稼げるようになったのです。しかし、その後は、同じペースで仕事をして、月収70万円くらいまでには収入が増えました。


副業しても本業は怠けるな

私はこんな感じで、かなり副業をがんばりましたが、本業だっておろそかにしていたわけではありません。本業は本業で、しっかりとやりました。出張もいきましたし、早出、残業、一切文句なくやり遂げて、正直職員の中でも結構期待されていたと思います。


私がなぜ本業もおろそかにすることはなかったかというと、やはり給料を頂いている以上、給料以上の働きをすることは、私たちの義務だと思うからです。これは、サラリーマンだろうが起業家だろうが、関係ありません。人として、どういう心構えで活きているかという「在り方」の部分です。本業もしっかりとやった上で、本業も頑張る、この心構えが重要です。


お金がなくて副業をしても結果が出ない人は、副業をやり始めたら本業をおろそかにしてしまったり、本業が忙しくて本業に集中している時は、副業ができなかったりします。つまり、どちらかにしか注力することができないため、本業も副業もどちらともおろそかになって結果が出ないのです。


副業をやるなら、本業も副業もどちらも本気で集中して取り組まないと結果なんて出ません。もし、それが出来ないのでしたら、副業なんてやるべきではないです。なぜなら、本業も副業も中途半端になって結果が出ないので、意味がないからです。


そして、そういった「給料を頂いているのだから感謝して、頂いている給料以上の働きをしようという気持ちがない人」が、ビジネスでうまくいくわけありません。副業をやるということは、会社の傘の下で働くことから離れて、自分ひとりの力をもって市場で戦うことを意味しています。つまり、何の信用もない仕組みもない経験もない状態で、一個人の力が試されることになるわけです。


結果を出すには、そういった誠実な姿勢が必須になるのは当たり前のことですが、特に結果を継続しようとすれば、「在り方」というのは必然的に重要になります。(だって、広告がよければ1回は売れるかもしれませんが、商品が劣悪だったら2度と人は買わなくなるのと同じです。)


逆に、本業をいくらがんばっても、副業にも注力できなければ、お金を稼ぐことはできません。副業をはじめる場合、ほとんどの人が0ベースからスタートするので、一定の売上げがありやり方が確立された「企業へ就職して働く」とは、全然違うからです。0の状態から、集客、セールスして収益を出すのは、思っている以上に大変なことです。(逆にサラリーマンとしての仕事がいろいろな人に支えられて成り立っていることがわかります。)


副業やるなら本気の本気で仕事して、ようやく、収益を出せるかどうかといったレベルなので、覚悟しておいてください。よ~く考えて頂けたら、それもうなずけるはずです。なぜなら、あなたが副業として取り組む仕事は、基本的にはすでに本業として取り組んでいる人がいる仕事です。その本業で取り組んでいる人は、あなたよりキャリアも豊富でスキルもあり、労働時間も長いです。そんな市場に、あなたは副業で、0から参入するわけなので、よほどがんばらないと結果なんて出ないなんてことは容易に想像できますよね。少なくとも気概で、既存の本業の人に勝てないで、「どうやって結果を出しましょうか」というところです。


なのでもし、あなたが副業に取り組むとしたならが、本業も本気でやった上で、副業に全力を傾けてください。


副業をするべきか、しないべきか

かなり厳しい現実をお話してきましたが、私があなたに言いたいことは、「副業は難しいよ!」とか、「副業をやらないほうがよいよ!」とか、ネガティブな話ではありません。


むしろ私は、そもそも副業としてアフィリエイトに取り組んだからこそ、今幸せな人生を歩むことが出来ているように、アフィリエイトをはじめとした副業で成果を出して人生を変える人が増えることは非常に喜ばしいことと思っています。


しかし、一方で副業は、巷の情報商材が言うような「ワンクリックでお金稼ぐとか」「簡単に利益をが出せる」そんなものではないということをお伝えしたいところです。先にもお伝えしましたが、副業は、本業をしっかりと本気で取り組んだ上、本業と同じレベルで取り組み続けないと収益を出すことは難しいということをお伝えしたいです。


逆にそれができるなら、きっとあなたは副業で成功して、人生を変えることができるので、ぜひ副業をすると決めて頑張って欲しいと思います。


でももし、「そんなにがんばれない」とか、「どうしたらそんなに頑張れるのか」と思われるようでしたら、副業しないほうがよいと思います。結果なんて絶対に出せないからです。


そもそも、なぜ副業しないといけないと思ったかというと、今の収入に満足いかないからだと思います。収入に満足いかず、お金がないという悩みを抱えているのなら、解決策は副業だけではないはずです。収入を増やすにはいろいろと方法がありますし、収入を増やさないまでも支出を減らすことができたら、家計からすれば、収入を増やすのとまったく同じ効果を得ることができます。→詳しくは、本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法をご覧ください。


ぜひ、その辺りも踏まえて、副業をするかしないか、決めて頂けたらと思います。

関連ページ

スポンサードリンク