182日目の景色
スポンサードリンク

SEO上もっとも大切になる記事タイトル

SEO対策を考える上でもっとも大切になる概念は、記事タイトルです。

記事タイトルに、検索ワードが含まれていると上位表示しやすいからです。

記事タイトルとは、その記事を表現するものであり、検索結果に太字で出るもので、ブラウザのタブに表示されるものです。少し詳しく言うと、HTMLの中のヘッドセクションにおいてタイトルタグで囲まれたものです。必ずしも記事の中に記事タイトルが表示されているとは限らないことも押さえておきましょう。

以下の例を見てみてください。

記事タイトルとは何か


このように、記事タイトルとはSEO対策上最も重要で優先順位の高いものであると同時に、検索結果に表示される=人の目について、最終的に検索者が「サイトを訪問するかどうかを決める」もっとも大切な要素のひとつであるということができます。


クリック率=アクセス数にも影響を与える

先にも述べたとおり、記事タイトルは、検索順位に影響を及ぼすだけではなく、クリック率=検索結果において検索者が訪問しようと思うこと、に非常に大きな影響を与えます。通常であれば、検索順位が1位であれば40%くらいのアクセスをとれ、2位以下だと10%くらいになりますが、記事タイトルが優れていれば、仮に検索順位が1位になれなくても20%以上のアクセスを呼ぶことができたり、あるいは仮に検索順位が1位であっても10%くらいしかアクセスを呼べなかったりするわけです。

そのため、記事タイトルは、アクセスを集める上において本当に大切になるので、記事タイトルを制する者はアクセスを制するといっても過言ではないくらい大切なことになります。記事タイトルが実際にニーズと合致しているかどうかを検証するには、Webマスターツールを使います。Webマスターツールを見れば、何回表示されて平均掲載順位が何番で、何%クリックされているかを見ることができるからです。

記事タイトルの善し悪しを計る方法

※【参考】平均的な掲載順位ごとのクリック率

平均的な掲載順位とクリック数の関係

こちらのデータは、オーガニックサーチでのものです。

SEO関係において信頼できるサイト、http://www.sem-r.com/news-2011/20110510072219.html からの転載です。

スポンサードリンク


よい記事タイトルの7つの条件

上位表示したいキーワードを含み30文字以内の文字数にする

これは、検索結果に表示されるタイトルが大体30文字以内であることから定めたものです。ちなみに、検索結果に表示される記事タイトルの文字数は環境によって異なりますが、30文字以内でしたら表示される確率が極めて高くなります。なお、記事タイトルに含むサイトタイトルはその限りではありません。つまり、記事タイトルは、「30文字以内の文字+|サイトタイトル」となります。記事タイトルが30文字以上になることによってSEO上不利になることはありません。


記事の内容を反映したものであること

いくら注意を引く記事タイトルであっても、記事の内容と合致していなければ、検索エンジンからも嫌われますし、訪問者からも嫌われます。記事タイトルは、記事の内容をしっかりと反映して端的にまとめたものすべきでしょう。


役に立つことがわかる文章であること

検索行動をする人のほとんどが、何かしらの情報を得るために検索活動をしています。

なので、そのキーワードで検索行動をしている人が、どういった意図で検索しているかを想像しながら、その意図を満たす記事タイトルにするとよいでしょう。


わかりやすい文章で記載する

小難しいワードではなく、わかりやすい平易な文章で書くようにしましょう。

意味が分からなくては、クリックしようと思わないからです。

また、あまりにも難しいサイトは誰もみたいと思いません。


何だろうって思う内容にする

あなたも経験したことはありませんか?

ついついクリックしたくなる記事名。

たとえば、私の場合でしたら「いなかっぺマーケターがたった1ヶ月で売上を3倍に増やした方法」というように、検索行動者がどういったことが書いてあるのだろう?と気にしてしまうような内容にするとよいでしょう。


インパクトのあるキーワードを入れる

これは、人の欲求を刺激するキーワードをいれて、注目を得る方法です。

人が強烈に抱く欲求に、性欲やお金儲け、女性でしたらダイエットや美しさがあります。

それらを刺激するキーワードをタイトルに入れるとクリックされやすくなります。

ただし、あまりに性的な色の濃いキーワードにするとGoogleによってアダルトと判断されて検索順位が上がりにくくなるので注意しましょう。

たとえば、「挿入」や「不労所得」などのキーワードを入れて、記事を作る感じです。


具体的な数値を入れる

たとえば、「ダイエットして重量を減らす方法」よりも「3ヶ月ダイエットして、体重を10キロ減量する方法」にしたほうがクリックされやすくなります。より具体的な情報を求めている人が多いからなのと、ありきたりな記事タイトルより、より個性的であることが望まれるからです。


興味を引きやすい記事タイトルをつける裏技

このように、注目されやすい記事を作るために有効な裏技を紹介しておきます。

ひとつは、簡単にキャッチコピーの作り方を学べる本を買うことです。

→私のオススメは、「キャッチコピー力の基本 ひと言で気持ちをとらえて、離さない77のテクニック」http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/dp/4534047347/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1423103990&sr=8-1&keywords=%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E5%8A%9B%E3%81%AE%E5%9F%BA%E6%9C%AC がオススメです。


あともうひとつは、ホッテントリーメーカーです。http://pha22.net/hotentry/

これは、はてなブックマークというブックマークサイトで、ホットエントリーした記事を参考に自動で記事タイトルを生成してくれるもので、私はちょいちょい活用させて頂いております。このホッテントリーメーカーで作った記事のひとつが、お金がないをぶっ殺せ!!などがあげられます。


以上、記事タイトルは非常に重要な要素になりますので、ぜひ参考にしてよい記事タイトルを作ってください。

関連ページ

スポンサードリンク