182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイトで確実に稼ぐ手法

アフィリエイトで確実に稼ぐ方法

フィリエイトで確実にお金を稼いで行くには、自分専用の独自ドメインを取得してサイトを開設し、たくさんの質の高い記事を作って、長期にわたって運用していくことがもっとも効果的な方法となります。しっかりとユーザー(市場)のニーズを組んで、価値を与えるページを的確に作り続ければ、確実にに収益を上げることができます。


※独自ドメインとは?

独自ドメインとは、例えば、私のサイトで言えば「182th.com」のように、オリジナルのドメインのことです。ドメインとは、インターネット上の住所のような役割を果たし、独自ドメインの他に、無料ブログなどで使われるサブドメインなどがあります。サブドメインは、独自ドメインに付随して作るころができるもので、独自ドメインの前に文字を加えたもので、独自ドメインに従属するものです。無料ブログには、サブドメイン型とサブディレクトリ型にわかれますが、その違いについては割愛させて頂きます。


※どうして独自ドメインか?

SEO上は、ドメインの強さ(被リンクの数や質、運営年数、インデックス数などによって評価されます)が非常に大きな役割を果たします。通常、独自ドメインよりは、無料ブログなどのドメインの一部を借りるサブドメインのほうがドメイン力は強いですが、サイトの構造調整に制限があったり、突然のサービス停止のリスクや広告運用の自由などにおいて、自分で自由になる独自ドメインのほうが圧倒的に有利になります。また、検索結果には、同一ドメインは、2つまでしか表示されないため、サブドメインでは、上位表示できないキーワードが出てくる可能性があります。そのため、アフィリエイトをやるなら、独自ドメインを取得することが必須になってきます。また、費用についても、ドメインとサーバー併せて、年間コストは1万円程度しかかかりません。


アフィリエイトでお金が稼げるカラクリ

アフィリエイトでお金を稼いでいくためには、まず、あなたが広告したい商品を欲する人に、あなたのサイトを訪問してもらう(=アクセス数=ユニークアクセスとも言います)必要があります。Googleアドセンスの場合だと、アクセスさえ集まり、適切に広告が配置してあれば、Googleのほうでサイト訪問者のニーズにあった広告を自動で配信してくれるので、一定割合で広告がクリックされるため、アクセス数に比例してクリック報酬を稼ぐことができます。


しかし、アドセンス報酬はASPアフィリエイトに比べると報酬が小さくなりがちなので、大きく稼ごうと思えば、単にアクセスを集めるだけでは稼げません。また、アドセンスで大きく稼ごうと思うと、大量のアクセスを集めなければならず、大量のアクセスを集めようとすると、競合の厳しいキーワードで上位表示するか、人気ブロガーのように、芸能人的な人気者になったり、社会的な物議を醸すような記事をかかなければならず(俗に言う「バズる」「炎上」)、無理が生じたり、難易度が飛躍的に上がったりしてしまいます。


ちなみに、私の場合は、人気なブロガーではありませんし、炎上するような記事を書くこともできませんし、そんなに大量なアクセスは集まっていません。また、以前はビッグキーワードで上位表示して、アクセスを大量に集めたこともありますが、ビッグキーワードで上位表示するには、無理(ペイドリンクなどの無理なSEO対策など)が必要となり、結果、Googleからペナルティを食らって収益ががた落ちするなど、ジェットコースターのように不安定な毎日を過ごすことが必要になりました。なので、今はそういったビッグキーワードを狙うのをやめて、小さなキーワードでいろいろなニーズを拾い集め、毎日、2サイトで概ね2,000程度の人に安定的なサクセスを得ていて、安定的な収益を作り出しています。


このように大量のアクセスを集めることよりも、もっとピンポイントでユーザーの悩みを知り、ユーザーの悩みを解決するようなコンテンツを作って、濃いアクセスを集めることで、大きく稼ごうとするほうが、圧倒的に難易度が下がりますし、誰でもできる方法になります。また、収益の安定化にもつながりますし、何度でも繰り返すことができるので、再現性を上げることもできます。


そこで、あなたに提案したい手法が、ロングテールSEOによるアフィリエイトです。


ロングテールSEOによるアフィリエイトとは

ロングテールマーケティングイメージ画像

※イメージ画像は、http://aicon-corp.jp/service/seo-semblanding/longtail.html より転載

ロングテールとは、日本語に直訳すると「長いしっぽ」という意味で、インターネットマーケティングの手法の一つです。Amazonなどが取り入れている戦略なのですが、販売機会の少ないような商品をたくさん扱って販売することで、売上げの全体を多くする仕組みのことです。ちなみに、Amazonの場合、例えばハリーポッターのような超メジャーな本ではなく、あまり知られていないようなマイナーな本の売上げが全体の9割を占めているとのことです。


これをSEO対策に応用した考え方が、ロングテールSEOです。


ロングテールSEOによるアフィリエイト手法

ロングテールSEOイメージ画像

※イメージ画像は、https://www.dm-s.co.jp/service/net/longtailseo.html より転載


ロングテールSEOとは上記の図で説明されるように、ビッグキーワードを狙わずに、ビッグキーワードとあらゆる別の言葉を組み合わせることでできる、月に数回しか検索されないような複合キーワードで上位表示する記事をたくさん作って、トータルのアクセスを増やそうということです。


例えば、私の運営している太陽光発電サイトの場合、ビッグキーワードは「太陽光発電」になります。月間数百万回検索されています。次に、考えられるのが、「太陽光発電 デメリット」のような2つのキーワードの組合せです。これは、ミドルキーワードと言って、月間数万回程度検索されています。そして、さらに単語を組み合わせて、「太陽光発電 デメリット 環境」と3つ組み合わせてみます。すると月間検索回数は数十回のロングテールキーワードの完成です。


このロングテールキーワードで検索する人は、あまりいませんが、逆にこのキーワードをテーマに記事を作る人も少なくなるため、競合しにくくなります。つまり、あまり無理なSEO対策をしなくても、比較的簡単に上位表示できるということになります。そして、このキーワードは、「太陽光発電」よりも、「太陽光発電 デメリット」よりも、具体的なので、ニーズも強く成約しやすいということができます。なぜでしょう。少し考えてみましょう。


例えば、「太陽光発電」と単体キーワードで検索する人は、「太陽光発電って何だろう?」って考えていたり、たまたまテレビや知人から太陽光発電ってよいよと聞いたので、気になって調べる人などが想定されます。つまり、まだ太陽光発電については全然詳しくなくて、ニーズもまだまだ薄い人ということができるわけです。


次に、「太陽光発電 デメリット」と検索する人は、太陽光発電にどんなデメリットがあるのだろう?とか、太陽光発電にデメリットはないんだろうか、と考えて検索する人になります。この段階の人は、先ほどの単体キーワードで検索する人よりも少しだけ太陽光発電に詳しくて、メリットや簡単な仕組みは理解している状態で、導入しようかどうか検討をしはじめている人と想定できます。デメリットが気になるということは、太陽光発電のよい面はある程度知っていることが前提に含まれているからです。なので、「太陽光発電」という単一キーワードで検索する人よりも圧倒的にニーズが明確ですが、まだまだ抽象的です。


ところが、「太陽光発電 デメリット 環境」と検索する人は、太陽光発電のいくつかのデメリットを知った上で、特に環境へのデメリットを知りたいと思って検索している人と、想像することができます。この段階の人になると、ある程度太陽光発電に詳しくなっている状態で、このデメリットが克服できたのなら、より具体的に太陽光発電を検討したい(つまり、太陽光発電アフィリエイトのキャッシュポイントである見積もり依頼をする)というニーズに非常に近いため、ASPアフィリエイトの収益に直結することになります。そして、非常に具体的なので、記事も書きやすいでしょう。


ロングテールSEOアフィリエイト5つのポイント

これらのことから、ロングテールSEOによるアフィリエイトは非常に有効ということができます。このロングテールSEOを取り入れるメリットをおさらいすると、次の5つあるということになります。

  1. 上位表示しやすいこと
  2. 具体的なキーワードなので記事を書きやすい
  3. ニーズがピンポイントで成約率が高い
  4. たくさん記事を書く必要があるので結果ドメインが育つ
  5. 競合ができにくいのでアクセス数が安定する

私は、これまでアフィリエイトに取り組む中で、いろいろな経験をしましたし、本当にたくさんの失敗をして、回り道をして、試行錯誤してきましたが、現状、このロングテールSEOによるアフィリエイトは非常にメリットが大きいと思っています。さらに突っ込んでいくと、ロングテールキーワードというのは、本当に無数にあり、このキーワードを拾っていくとしたならば、数百記事を書いてもまだまだ足りないくらいです。なので、市場として飽和することはありませんし、最近アフィリエイト市場に進出した小学館などの超強烈な強豪と競合することもありません。


月に数十回検索されるようなキーワードで検索する人は、ビッグキーワードと違って底堅く、安定的に存在するので、アクセス数も安定しますし、従って収益も安定することになります。無理なSEO対策をしなくて済むので、Googleの出しているガイドライン違反をするような無理なSEO対策を考える必要がなく、ガイドライン違反をしていなければ、ペナルティを食らう心配がないので、精神的にも楽ですし、アクセスの急降下に悩むこともありません。


このように、ロングテールSEOによるアフィリエイトは、初心者の方から、上級者に至るまで、あらゆる段階の「アフィリエイトで成果を出すことを求める人」にとって非常に有効な戦略になるということができます。また、現在稼いでいるアフィリエイターのうちのかなりの部分が、この手法を取り入れています。逆に、ビッグキーワードで上位表示してお金を稼いでいる人は、常にGoogleとの戦いをしていますし、人気ブロガーになるのは、とても大変なことです。なので、これからアフィリエイトをはじめるあなたにとっては、このロングテールSEOによるアフィリエイトは、最適な手法ということができるでしょう。

関連ページ

スポンサードリンク