182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイトでお金を稼ぐためにずばり必要なこと

アフィリエイトでお金を稼ぐポイント

フィリエイトでお金を稼いでいる人と稼いでいない人とでは何が違うのでしょうか?
アフィリエイトでお金を稼いでいる人とそうでない人との違いをさらに、もう一歩踏み込んで考えると、3種類の人に分けることができると思います。

  • アフィリエイトでお金を稼げない人
  • アフィリエイトでお金を稼いだ経験がある人(過去、今、未来)
  • アフィリエイトでお金を稼ぐことができ続ける人

この3者にはいったい、どんな違いがあるのでしょうか?
あなたは、どのタイプに属したいですか?

スポンサードリンク


アフィリエイトでお金を稼いでいる人・いない人の違い

世の中には、たくさんのノウハウがあふれています。
特にアフィリエイトなどインターネットビジネスの世界では、お金を稼ぐことのノウハウを販売する人が多く、さまざまなノウハウにあふれています。おおよそ90%のノウハウが価値のないものですが、ごく一部とても有益なものもあります。それは、ビジネスとして成り立つスキルやノウハウ、知識やマインドセットを教える教材です。
しかし、ほとんどの人がその見極めをすることができません。
なぜならば、まだアフィリエイトでお金を稼いだ経験がないからです。
また、逆にアフィリエイトでお金を稼いだことがあったとしても一時的な結果であったりすれば、当然本質を見極めることができないため、どうして稼げたのかがわからないまま終わるというケースもあります。あるいは、ある裏技的なノウハウを実践した結果、お金を稼ぐことができてしまったならば・・・。もっとも悲惨な結果になるでしょう。
つまり、お金を稼ぐためには裏技的なテクニックやノウハウが必要であり、そういったものがあればお金を稼げるんだという誤った信念を持つようになるのです。結果、本当の意味で、お金を稼ぐことができなくなります。
トップページでもお伝えしましたが、お金を稼ぐために楽して儲かる裏技はあるかもしれませんが、継続的に稼ぎ続ける裏技なんていうものは存在しないのです。


アフィリエイトで継続的にお金を稼ぐための本質

それは、自然の理=原理原則に則って、裏ワザを負うのではなく王道のビジネスを志すことにあります。つまり、世の中の役に立つ情報を発信することで、広告収入を得られるようになるということです。 当サイトは、あくまでも本質にこだわってお伝えします。
一過性の稼げる裏ワザや詐欺のような特殊な事例などではなく、ずっとお金を稼ぎ続けることができるような本質的な部分だけです。

もちろん、テクニックやスキルやノウハウは大切になります。
テクニックやノウハウがあることでより短時間に、あるいはより少ない労力でよりたくさんお金を稼ぐことができるようになるでしょう。
でも、テクニックやノウハウはあくまでも本質を抑えているからこそ、役立つ枝葉の部分になるのです。

継続的に成果を作る人というのは、原則に生きている人ということができます。
後ほど紹介する原理原則を知っている人が、継続的に稼ぐことができる人ということです。
一方で、一時的に稼ぐことができる人というのは、裏技ノウハウやスキルのみがある人ということができます。
また、稼ぐことがまったくできないという人は、原理原則からかけ離れている人、ということができるでしょう。


自然の理=原理原則とは

自然の理とは、公然の理のことであり、自然界の法則であり、何年たっても変わることのない真理のことです。

例えば、重力の法則=ものは下に落ちるとか、慣性の法則とか、1+1=2とか、原因と結果の法則などです。われわれ人間の生き方やビジネスのスタイルについても同じことが言えると思います。
例えば、私たちが幸せに生きるためには、周りの人と良好な人間関係を構築しなけらばなりません。良好な人間関係を継続するためには、自分の思い通りに相手をコントロールしたり、批判したり罰したりすることをやめ、相手を肯定して受け入れて、健全に意見の交換をすることが必要になります。
これらは自明のことでしょう。

多くの人がその原理原則・自然の理を知っていながら、ほとんどの人は実践はしないのです。
(本当は、実践はしないというより、実践できないといったほうが正しいかもしれません。だって、人が喜ぶことをしましょうとか、来た時よりも美しくって誰でも知っている当たり前のことですが、ほとんどが人が嫌がることをしたり、ゴミを路上に捨てたりします。)

だから、離婚率は高く、不幸感から自殺する人もたくさんいるわけです。
でも、だれだって小さいときから思いやりを接して、相手の望むことをしてあげるように教わっているのです。
そして、小さいときにはできたいたことが、大きく育つにしたがって、できなくなってくるのです。これまでと違った当たり前、価値観を作っていってしまうのです。

いかに原理原則は簡単で効果抜群なことであるにも関わらず、実践し続けるのは難しいかがわかるでしょう。

ビジネスについても同じです。

見込み客が求めているものを、見込み客が欲するときに、正当な価格で提供して喜ばれていれば、成功しないわけないのです。
でも、資金繰りが厳しいからすこし高めに値段設定したり、面倒だからアフターフォローをしなかったり、断られるのが怖いから売込みをかけなかったりするから、売れないわけです。
これらは、すべて原理原則から外れて、自己の利益だけを考えた結果生じたことということができます。
本当は自己の利益を求めるなら、利他の行動を選択すべきなのに、利己的な行動を選択してしまうわけです。

そういう意味では、原理原則・自然の理を実践することはきわめて難しいともいうことができます。


アフィリエイトでお金を稼ぐために必要な3つのこと

自然の理に即して考えるならば、アフィリエイトはビジネスであり、ビジネスには成功する原理原則があります。
詳しくは、ビジネスとは何かをご覧いただきたいですが、結局世の中の必要性を満たすことが大切になるのです。
つまり、社会に価値を提供していくこと=お金を稼ぐことということができると思います。
それは、アフィリエイトであろうと飲食業であろうと、公務員であろうといわゆる「仕事」であるならなば、「ビジネス」であるならば、普遍的な事柄で、古今東西いつだって変わることのない真理ということができます。
そして、ビジネスに必要になる原理原則がこれです。

マインド×スキル×ナレッジ=ビジネスでの結果
各項目のがレベルアップすればするほど、掛け算なので飛躍的にビジネスでの成果は大きくなります。
ビジネスで結果を作るために必要になるすべての事柄です。


それぞれを簡単に説明すると下のようになります。

  • お金を稼ぐために必要なマインド=考え方・心構え
  • お金を稼ぐために必要なスキル=価値を作るスキル・集客スキル・人を動かすスキル
  • お金を稼ぐために必要なナレッジ=取り扱う業界の専門的な知識、知恵

それでは、ひとつひとつ概要を見ていきましょう。


ビジネスでお金を稼ぐためのマインド

マインドとは、心構え・考え方、物事の捉え方のことをさします。
一番最初に来ているのは、何よりも大切であり、すべての土台となるところであるからです。
継続的にお金を稼ぎ続けるためには、マインドの成長は絶対的に必要な項目になります。

どれだけ優れた知識やスキルを持っていても、例えば「お客様のため」という考え方がなければ、継続的に収益を得ることはできません。
なぜなら、お金をくれるのは価値を提供する相手=お客様であり、お客様が喜ばなければお金は作れない=価値を作ることはできないからです。

ビジネスは、価値をつくることであるという基礎的な考え方の欠如は、裏技的なノウハウを追いかける人たちに共通してかけているところです。
だから、どれだけ「今」羽振りがよくて繁盛している人であっても、将来的に継続していくかどうかは、その会社や人の姿勢を見ればわかってしまうのです。

やはり、長くお客様に支持されて繁栄していく会社や人やサービスには、理由があるというわけです。
それは、スキルや知識などではなく、普遍的な価値観、考え方が根底にあるということです。


心の強さとい意味でのマインド

また、心という部分では、打たれ強くて逆境にあっても負けない強い心、ピンチであっても動じず、常にハイパフォーマンスを作ることができる心が必要です。
人は、感情の生き物です。
感情に行動が大きく左右されます。
心理学の世界になりますが、感情はコントロールしにくいとされています。
だから、人の人生は感情によって導かれるといわれるわけです。

また、行動は感情に影響を受けてしまいます。
そういうことから、よりよい行動を選択していくには、感情に焦点を当てず目の前に起こる出来事に対する意味づけ=解釈の力=物事の捉え方を、変えたりコントロールしたりする必要性がでくるわけです。 詳しくは、マインドについて書いたカテゴリを参照いただけたらと思います。


ビジネスでお金を稼ぐためのスキル

スキルというのは、技術のことをさします。
ビジネスは、お客様へ提供する価値=商品やサービスを、できるだけたくさんの人へ知らせて(=集客して)、たくさん購入してもらう(=人を動かす)ことが必要になります。つまり、ここでいうスキルというのは、次の原理原則を表現しているといえます。

価値創造力 × 集客力 × 営業力 = 収益力

価値創造力というのは、社会に価値を作ることができる力=提供する価値を作る力、商品力、サービス力のことをさします。
集客力とは、できるだけたくさんの人に「価値」を伝えることのできる力、アポイントをとったり、リストを収集したり、HPへのアクセスを集めたりする力をさします。できるだけたくさんの人へ情報を伝える力のことです。
営業力というのは、対面営業だけではなく文章で人を動かすコピーライティングや電話で人を動かすトークスキルなども含みます。


アフィリエイトにおける各スキルの具体例

アフィリエイトにおいては、それぞれ以下のように具体化することができます。


価値想像力とは

価値創造力とは、商品選定能力、サイトやメルマガのコンテンツ構築能力をのことです。
アフィリエイトは、基本的な価値という意味では商品をもちません。
広告主の商品を取り扱っていくからです。
そういう意味では、商品自体ではなく商品を選ぶことと、選んだ商品と周辺情報をまとめてサイトを作ったりメルガマがにしてコンテンツとして情報を発信する力が価値創造力にあたります。


集客力とは

集客力とは、SEOスキルとキーワードマーケティングスキル、SNS活用スキルをさします。
集客力とは、アクセスを集める力、つまりSEO対策スキルやメルマガリスト収集能力、SNSでの情報拡散スキルなどです。
どれだけたくさんのアフィリエイトリンクへのクリックを作るか、そのためにどれだけ自分のサイトへのアクセスを増やしたり、メルマガ読者を増やしたりすることができるか、この点にかかっているといえます。


営業力とは

営業力とは、コピーライティング力ということができます。
アフィリエイトの基本は、HPに書くことやメルマガに書くことでアフィリエイトリンクをクリックしてもらい広告主のサイト内で成約していくことです。その精度が高ければ高いほど収益も大きくなります。
例えば、10,000アクセスにつき1成約するのと、100アクセスにつき1成約するのとでは、その力には100倍もの開きがあるわけです。
アフィリエイトの場合、HPやメルマガを通して成約を作っていくわけなので、文章や写真、動画を使って人の心を動かし、購入という成果を作っていく必要があります。そういう意味で、営業力=コピーライティング力ということができるでしょう。
コピーライティングというと、キャッチコピーを作る力という意味で捉えたり、あるいは、広告の文章を思い描いたりする方もいると思いますが、私は動画や写真、文章やデザインなどすべてを含めて成約を高めるために必要な総合力をコピーライティング力というふうに定義しています。
各項目ともそれぞれのページで詳しく解説しているので学ぶことをおススメします。


アフィリエイトでお金を稼ぐためのナレッジ

ナレッジというのは知識のことです。
知識というのは、例えばあなたがクレジットカードのアフィリエイトをしようとしているならば、金融に関する知識やクレジットカードそのものに関する知識、各発行会社のサービスの違いといったような各業界の専門的な知識をさします。
アフィリエイトの場合、あなたは基本的に広告する立場にあるため、その道のプロ=広告主、に比べると専門知識が浅くなりがちです。
しかし、もし本当に成果を作りたいのであるならば、専門的な知識は必須になります。
なぜなら、最終的には広告主のサイトで成約するとはいえ、しっかりと顧客を興味付けして顧客のニーズを汲み取り顧客の疑問を解消して信頼を得るからこそ、あなたが設置したアフィリエイトリンクをクリックして広告主のサイトで成約するからです。

つまり、アフィリエイトするなら、取り扱う商品のプロになることが必須ということができるでしょう。
あるいはプロとはいわないまでも、一定以上の知識は勉強して正しくてためになる情報を提供するようにしないといけません。
例えば、私はこれまで太陽光発電関連のアフィリエイトで収益をあげてきましたが、「太陽光発電アドバイザー」という資格まで取得しました。これは、当然サイト訪問者の信頼を得るためでもありますが、専門的な知識をつけるために自分に課したノルマでもあったわけです。
といっても、太陽光発電アドバイザーの試験自体はそんなに難しいものではないのですが・・・(笑)


できるとわかるの違い

以上がアフィリエイトでお金を稼ぐために必要になるすべてのことの概要です。
次から詳しくその内容を見ていってください。
ちなみに当サイトに書いてあることをすべて実践できるようになれば、あなたは確実にアフィリエイトで食っていくことができるでしょう。
しかも、一時的なものではなく生涯にわたってです。
そして、アフィリエイトだけではなく、インターネットビジネス全般で、どんな分野に進出したとしても成功すること以外道はなくなるでしょう。
それは、ここに書いてあることが本質だからです。

ただし、当サイトに書いてあることが「わかる」のではなく、「できること」が必須です。
「わかる」と「できる」では、まったく意味合いが異なります。
わかっているつもりの人はいくらでもいますが、ほとんどの人はまったくできません。 つまり、心からわかっているのではなく、文章の意味がわかったレベル、わかったふりをしているレベルということができるでしょう。
さあ、182日目の景色をいっしょに眺めましょう。

関連ページ

スポンサードリンク