182日目の景色
スポンサードリンク

記事作成時に注意すべき2つの観点

込み客のニーズを丸裸にして、クリックしやすいキーワードで記事タイトルを決めたら、次はいよいよ記事のライティングに入ります。ここでは、ロングテールでさまざまなキーワードからアクセスを爆発的に増やし、ユーザー視点にたった記事を作成することで、アフィリエイト報酬を爆発させる記事の作成方法を紹介します。ここで紹介する手法を学ぶことで、あなたは高額なアフィリエイト報酬をゲットすることができるようになるでしょう。

確実に押さえておいてください。

記事を作成する時には、次の2つの点に注意しなければいけません。

  1. ユーザーがアフィリエイトリンクをクリックせずにはいられなくする
  2. SEO上有利になる記事構成にしておくこと

これは、アフィリエイトの基本である、アクセスを集めて広告主のアフィリエイトリンクをクリックしてもらうことで収益があがるということに一致します。この基本をどれだけ守るかで、アクセス数もコンバージョン率もまったく異なったものになってきます。アフィリエイト報酬をしっかりと得続けるためには、SEOにおいて上位表示をしてアクセスを集め、集まったアクセスに対して適切な情報を提供することで信頼関係を構築し、ユーザーにとって有益で、かつあなたの望む行動=アフィリエイトリンクをクリックして広告主のサイトでコンバージョンすることを呼びかける必要があります。

ユーザーは、あなたのサイトに訪問して、該当ページですべての用件を済ますこともあれば、他のページも見た上で用件を済ますこともあります。それは、ユーザーの要求とあなたのサイト作成方法によって変わってきますので、ここで紹介するライティング方法は、しっかりとマスターされるようにしてください。


ちなみに、SEOにおいて最も大切になるのは、記事タイトルですが、ロングテール集客を狙う場合には、記事の中にちりばめられたさまざまなキーワードによってアクセスを稼ぐことになります。そういう意味で、一つの記事において、より深く、より濃い内容を、必要十分なだけ盛り込むことを意識してみてください。


大切なことは、繰り返しになりますが、アクセス数を増やすことと、アクセスを換金することです。

そのために、ユーザーの信頼を得ることが必要であり、ユーザーの信頼を得るためには、ユーザーが求める答えを記事に盛り込まなければなりません。また、ユーザーにアフィリエイトリンクをクリックしてもらうために、しっかりと解決策としての商品を紹介しなければいけませんし、ユーザーが迷わないよう反論処理をすること、何をすればよいかを明確にしなければいけません。


そして、Googleのクローラーがしっかりと記事を読み込めるよう、きれいなHTML言語で記事を作る必要がありますし、hタグなどを正しく使う必要があります。そして、できるだけたくさんの関連するキーワードを使って「正しい文章」を各必要があります。

スポンサードリンク


記事の構成

記事の構成は、新聞記事と同じようにしてください。※下記画像を参照ください。

アフィリエイト記事の構成図
記事は、大見出し、中見出し、小見出しと書いていって、それぞれの中身を解説するようにします。

基本的には、AIDAの法則に則って記事を書いていき、適宜hタグにキーとなるキーワードを入れるようにします。

※AIDAの法則とは、文章構成の方法の一つで、次の順番に文章を並べることを指します。つまり、Attention(注意) ユーザーの注意を引く、 Interest(関心) ユーザーに商品を訴求し関心を引く、 Desire(欲求) ユーザーに商品への欲求を駆り立てる、Action(行動) ユーザーに行動を起こさせる

各見出しの下には、最低200文字程度の文章を配置して(トータルで1,000文字以上)、ロングテールで集客を目指します。

文章内で出てくるキーワードについて、その場で解説できるものはその場で解説し、ある程度深く解説することが必要な場合は、別ページで解説記事を作り、参照リンクを設置しておきます。参照リンクによってユーザーはあなたのサイトを巡回することができるようになり、信頼関係を深くすることができるようになります。

この記事で、アフィリエイトリンクを紹介して購入まで導けるのであれば、最後にコールトゥアクションで、アフィリエイトリンクを設置すればよいですし、もしその記事だけでは不十分であれば、次の記事に誘導するようにしてください。現在は、すべての記事がランディングページになる可能性があり、どのページも離脱ページになり得るので、必ず一話完結で記事は作成してください。

※あまりにもアフィリエイトリンクが多い場合は、パンダアップデートにひかかったり、自動ペナルティを受けるリスクがあるので、最大でも1ページ内のアフィリエイトリンク数は、1個までにしてください。できたら、意識的に集客用コンテンツと、キラーコンテンツ(アフィリエイトリンクをクリックしてもらうためのクロージングページ)をわけて作成するようにして、集客用コンテンツにはアフィリエイトリンクは設置せずに、キーラーページに誘導してアフィリエイトリンクをクリックしてもらうように誘導してください。

※たとえば、私の運営「太陽光発電」サイトでしたら、タイナビという一括見積もりサービスのアフィリエイトリンクをクリックしてもらうために、さまざまなキーワードで作った集客ページから、サイト内のさまざまなコンテンツを周遊できるように配置して、最後にキラーページに誘導するように設計されています。(http://thaiyo.biz/ を参照ください。)


記事のライティング方法

記事の作成は、次の手順を踏んで行ってください。

以前作成したサイト構成図に即して、記事タイトルにあったキーワードで、作成します。サイト構成図を作った際に出てきた検索数の少ないキーワードをhタグのいずれかに入れることにします。
まずは、h1~6までを決めます。※サイト構成を決める~戦略的情報サイトのつくり方

次に、各見出しに書いてある内容を文章にして記述します。

h1~h6までで見出しが収まらない時には、h2~h6を繰返して活用するようにします。

記事にする内容は、あなたが書きたい内容の本やサイトを参考にして、まとめるとよいでしょう。

※ちなみに、本や他のサイトの内容をまる写しするのは著作権違反になりますし、SEO上不利になりますので、絶対にしないでください。今後のこともあるので、必ず得た知識をあなたの言葉に置き換えて、活用するようにしましょう。また、何かの文章を引用する必要がある場合は、引用した文章を引用タグで囲むようにします。

この時、意識するべきなのは、記事タイトル=ユーザーのニーズを元に、ユーザーがこの文章を読みたいと思うようアテンションの部分で注意を引いて、次に興味関心を引く提示をして(解決策の提示)、その解決策としての商品なり情報なりを手に入れたいと欲求を引き起こし、最後にアフィリエイトリンク(他の記事をクリックするように誘導)をクリックしたくなるように構成します。

ただし、集客用の記事の場合は、わかりやすく情報をまとめるだけでもOKですが、必ずAIDAの法則に従い、最後は次のアクションを提示するようにしてください。

また、文章はできるだけ短くまとめ、簡単な言葉で、だれでもわかるような言葉で表現するようにしましょう。目安としては小学5年生がわかるような文章で書くことが理想です。

こうして、あなたの記事は、ユーザーの心をわしづかみにしてアフィリエイトリンクをクリックせずにはいられなくなるでしょう。

 

関連ページ

スポンサードリンク