182日目の景色
スポンサードリンク

ヤフーニュースに掲載された記事

2015年1月19日ヤフーニュースに、個人投資家の山本一郎さんという方の記事で、「YouTuberが儲からなくて大変らしいですね」と題して掲載されました。そして、1/23現在、ヤフーニュースの個人アクセスランキング(国内)で堂々一位のアクセスを確保している状況です。TwitterやFacebookなどでもかなり拡散しており、非常に注目度が高い記事になっています。

その記事によると、2015年新年明けたと同時に、YouTuberたちの広告収入が目立って下がっており、中には赤字に転落する者すらいるとのことです。そして、さまざまな情報ソースから原因の諸説を掲載しているのがわかります。主に、GoogleAdSense報酬が、これまで1アクセス0.1円くらいの報酬になるといわれていたのが、今では0.025~0.05円程度まで落ちていることが原因であり、YouTubeは広告料が下がっていることに対して、公式な見解を発表していないため、さまざまな憶測が観測されているというのです。

その中には、YouTubeの利用者の大半が小学生だといった不可解な説まで飛び出していることなどもあるようです。そして、結論としてはYouTuberの時代は終わったのではといったもので、まさかのYouTuber秒速で消える論に発展しているわけです。

スポンサードリンク


本当にYouTuberが稼げなくなっているのか?

では、本当にYouTuberたちの報酬が激減しているのでしょうか?

私は、YouTubeからの報酬は主にリスト集めに使っていてAdSense報酬はあまり狙っていないので、明確にはいえませんが、2014年12月のAdSense報酬は2.69ドル、2015年1月の報酬は1月22日現在で0.72ドルです。(確かに、激減している!そもそも額が小さいですが、、)。その報酬に対するアクセス数は、2014年12月のアクセス数は2,756アクセス、再生時間は5,452分、2015年1月22日までのアクセス数は2,638アクセスで再生時間は4,321分となっています。ほぼ同じくらいのアクセス数でこの違いなので、間違いなく広告報酬自体が下がっていることがわかります。ちなみに、12月は1アクセス11円くらい(1ドル≒120円として計算)、1月は0.03円となっています。※ちなみに私の場合、アクセス数自体が少ないので誤差が生じる可能性は非常に高いので、統計情報としてはあまり当てになりません。また、1アクセスあたりの単価が高いのは、私の動画はターゲットが明確でニーズも絞ってかなり濃いアクセスを集めているため、一般的なYouTuberとは単価が違ってきているのだと思いますが、いずれにせよこのデータを統計情報として利用するのはよくないです。


その原因は一体何か?真相は?

以上のことから、実際にAdSense広告料が低下しているは間違いないでしょう。

なぜそういったことが起こるのかを考えると次のようなことが言えます。

※YouTubeの視聴者の大半が小学生だからというのはデマです。なぜなら、実際に私の動画を見ている人の多くが25~35歳の男性だからです。もしかしたら、親のアカウントで見ていると疑う方もいるかもしれませんが、すでにこのサイトでアップしているような動画がメインなので、小学生が見てもまったく面白くないので、視聴者が小学生というのは「嘘」ということがわかると思います。

YouTuberが儲からない


じゃあ、一体原因は何かということになるのですが、AdSense広告の単価が低下していることが理由として考えられます。AdSense広告は、AdSense報酬を稼ぐアフィリエイターからすればAdSense報酬なのですが、広告主からするとアドワーズ広告に分類されます。アドワーズ広告は、さまざまなキーワードやターゲッティングによって、オークション形式で広告料が決まってきます。そのため、出稿数が多い時は広告料が高くなり=AdSense報酬が高くなり、出稿数が少ないときは広告料が安くなる=AdSense報酬が安くなるということができます。(このあたりは、PPC広告を一度でも出稿したことがある方はわかりやすいと思います。)


で、実際に12月というのは、年末はあるしクリスマスはあるしで、ビジネス的にはものすごい大きな稼ぎ時で、逆に1.2月というのは全体的に閑散期にあたります。このような状況から、アドワーズ広告の出稿数が減って、広告料が一時的に減少している可能性は高いです。

あとは、そもそもリスティング広告自体が減っているのかもしれません。AdSense広告が減少する理由としてはこの2つが原因として考えられますが、正確なことはある程度のスパン情勢を見守ってみないとわかりません。なので、現状のところ、原因は定かでないと結論づけるしかありません。


以上のことから、YouTubeのAdSense報酬が今後収益の柱となれるかどうかは、判断できないといってよいでしょう。

ただし、私のサイトアフィリエイトのAdSense報酬は、通常とかわらないので、AdSenseという報酬形態自体はしばらく大丈夫なのは間違いなさそうです。


YouTuberは、秒速で廃れるのか?

じゃあ、YouTubeビジネスはもう終わりか、というとそれは間違いなく違います。

むしろYouTubeビジネスは間違いなくこれから伸びていきます。

なぜなら、動画は今後間違いなくWeb広告の主流になるからです。

そして、その主な媒体としては、YouTubeが世界的に見て間違いなくNo.1です。


なので、YouTubeを使えば今でもこれからでも、間違いなく多くのアクセスを稼ぎ、しっかりとキャッシュポイントを作ればお金を稼ぐことができるでしょう。現実に私も2014年11月からYouTubeをはじめてすでにアフィリエイト報酬は10万円を突破しています。


また、今YouTuberが劇的に増えている状況なので、アクセスを稼ぐために、YouTube上で勝ち残れる動画を作る必要も出てくるでしょう。しかし、心配には及びません。ほとんどのYouTuberが作る動画はクオリティが低い上に、アクセスをしっかりと取る戦略を知らないからです。また、逆に知っていても、95%の人が正しく実行しないからです。

 

あなたにリスクは一切ありません。

ぜひ、YouTubeの基礎基本をインストールしてみてください。

 

※ランドオブハンモックYouTuberは、商品の提供を終了することになりました。今後、ランドオブハンモックYouTuberは、永遠に手に入りません。もし、内容等に興味のある方は、下記フォームからご一報ください。
お問い合わせはこちらからお願いします。

関連ページ

スポンサードリンク