182日目の景色
スポンサードリンク

マーケティングにおいてもっとも大切なポイント

ーケティングにおいてもっとも大切になる概念を紹介します。

あなたは、このマーケティングの基礎概念をしっかりと理解し、実践していただくことで、一生食いっぱぐれなくビジネスを安定的に推移させていくことができるようになります。アフィリエイトにおいてこの概念をしっかりと理解できないことは、アフィリエイトがビジネスではなく、小遣い稼ぎになってしまうことを意味しています。

基礎の中の基礎としてしっかりと押さえるようにしてください。


まず、マーケティングとは売り上げを上げるシステム=仕組みだと理解してください。

マーケティングとは何か?で詳しく解説しています。

マーケティングシステムがしっかりと機能しているかは次の公式の各ポイントを把握することにあります。


見込み客 × 成約率 × LTV

※LTVとは、ライフタイムバリューのことで、一人の顧客が売上を提供してくれる金額になります。

この各数値をしっかりと管理していくことで、ビジネスは安定することになります。

たとえば、いつもよりも見込み客数の増加が少ない場合は、見込み客を増加させる必要があります。

また、いつもよりも成約率が低い場合は、成約率を上がるための改善をする必要があります。

さらにLTVが低ければ、もっとあげるようにすることが必要になります。


アフィリエイトにマーケティングを取り入れる場合

では、アフィリエイトにおいて見込み客とは何か、成約率とはないか、LTVとは何かを解説したいと思います。

基本的にアフィリエイトとは集客システムです。

市場の見込み客の人たちが求める情報を提供して、その解決策として広告主の商品を売るために、広告主のサイトへ誘導し、広告主のサイト内で成約しやすいようにしていくことです。そのため、一般的なアフィリエイターにとっては、次のような公式が成り立ちます。


アクセス×クリック率×成約率


これが、アフィリエイト報酬を決める公式となります。

先のマーケティングの公式と少し違ってきますよね?


そうなんです、アフィリエイトは集客して顧客を作るプロセスなので、マーケティングシステム全体の中でいえば、上記の公式の中の見込み客×成約率というところまでしか行いません。マーケティングの目的は、顧客を得ることです。顧客を獲得して、顧客に満足感を提供して、収益をえるというところまでを行います。※ここで注意して頂きたいことは、顧客を得ることであって売上をあげることではないということです。


ところがアフィリエイトの場合は、アフィリエイトリンクをクリックしてしまうと、広告主のところにいってしまい、成約するのは広告主のサイトで成約するため、顧客を作ることはできません。つまり、顧客を作る手伝いはできるけれど、アフィリエイターは顧客を得ることができないわけです。

なぜなら、アフィリエイトというものがマーケティングシステムのうちの集客システムであるからなのです。


以上のことから、真剣にビジネスとして取り組む場合は、どうやってアフィリエイターが顧客化しながらアフィリエイト報酬を得ていくかを探っていく必要が出てくるわけです。※このあたりの深い部分についてはまた改めてお伝えします。

スポンサードリンク


目的に合わせて管理すべき点を考える

もし仮に、あなたがアフィリエイターとして自由に生活していくことを求めていて、月収100~250万円程度を稼げればいいやと思っているのであれば、上記マーケティングの公式を理解する必要はありません。アフィリエイターとして価値のあるコンテンツを配信して、集客し、広告主の元へアクセスを流して、広告主のサイトで成約しやすくなるよう情報提供していけば、必然的に月収100~250万円程度は稼げるようになるからです。

本質的なコンテンツSEOを展開してけば、長期間にわたってサイトは上位表示することになり、あなたのサイトに途切れなくアクセスを呼び込むことができるので、一度しっかりとしたコンテンツを作ってしまえば、あとは、週1~3回程度、1~2時間コンテンツを追加したり、メンテナンスしたりするくらいの作業量で、毎月100~250万円の不良所得を得ることができるようになります。


そして、その際に管理すべきポイントは先にあげた数式です。

アクセス×クリック率×成約率

この各数値を毎日か、最低週一回計測するだけで、常にビジネスの状況を把握することができます。


これらのうちのどれかの数値が下がっている場合、どうして下がったかを検証して、数値を元に戻せるように修正すればOKです。あなたは不労所得を得続けることができるようになるでしょう。ちなみに、先にあげて週1~3回、1~2時間の作業というのは、こういった微調整のための時間です。


もちろん、いうまでもないかもしれませんが、このような不労所得を得られるようになるためには、最低半年間死にものぐるいでサイト作成をすることが必要になります。


また、本格的にアフィリエイターとしてビジネスを拡大していきたい場合は、アフィリエイトリンクをクリックしてもらう前にすべき点が出てきます。その場合、管理すべき数値が、マーケティングの公式に当てはまることになります。

見込み客 × 成約率 × LTV


自身の商品は持たなくても、継続的に見込み客に対して、関係性を作っていくことで、一度アフィリエイと報酬を得るだけではなく、繰り返し売上を上げることができるようになります。こういったマーケティングシステムを導入すれば、あなたは月収250万円~1,000万円くらいにまで飛躍させることが可能になってきます。

関連ページ

スポンサードリンク