182日目の景色
スポンサードリンク

ビジネスにいて売上を増やす方法は3つだけ

ジネスを営む者にとって、大きな目的の一つは事業による収益を増やすことです。

収益は、売上を増やすか支出を減らすかでしか増やすことができません。

支出を減らすにしても、人件費や広告費、テナント費用、光熱費など必要なものを削ると売上を減らすことにつながりますので、支出を減らすのは無駄な部分程度しかありません。なので、基本的に収益を増やすにあたり、支出を減らすより売上を増やすことのほうが効果的ということができます。

※そもそも売上が増えない限り、収益の絶対数を増やすことができません。売上が1,000万円なら収益は1,000万円以上にはならないのです。


では、売上を増やすためにはどうしたらよいか、ということですが、実は売上を増やす方法は、たった3つしかありません。どのようなビジネスモデルであっても、売上を増やすためのはこの3つの方法のいずれか、あるいはそのいずれもを実施することが必要になります。


聞いてしまえば、当たり前のことですが、「何のためのその施策をするのか」ということを常に頭においてさまざまなマーケティング的な施策をしていくことで、はじめて効果的なビジネス展開をすることができるようになります。なので、そんなの当たり前だよと思わずに、しっかりと押さえておくことをオススメします。

スポンサードリンク


売上を増やすための3つの方法とは

  1. 顧客数を増やす
  2. 一取引あたりの金額を増やす
  3. 一顧客あたりの取引回数を増やす

この3つになります。(論理的に考えてこれ以外存在しえない)

まずは、あなたのビジネスにおいて、これらの数字がどうなっているのかを把握する必要があります。(アフィリエイトの場合は、厳密にいうと顧客というのは、広告主になりますが、広告主数は、自分で調整できます。なので、ここでいう顧客というのは、広告主に変わって集客するユーザー数で計測することが適切です。単にアフィリエイト報酬を得るだけだと顧客は増えないので、基本的にアフィリエイトの場合は、絶対にメルマガをやるべきなので、メルマガ登録数で計測するのが正解と思います。)


では、どうやってこれらの数値を管理するかという点ですが、次のことをするとよいです。


  1. 顧客数を数える
  2. 取引の回数を数える
  3. 取引の回数を顧客数で割る

こうすることで、売上を増やすための必要となる方法の各係数を計ることができるようになります。

現状あなたのビジネスにおいて、顧客数が500人、一年間の平均的な取引回数が2回、取引単価が10,000円だったとします。この場合仮に各数値を10%ずつ増やすとどうなるかですが、次のようになります。


現状

500人×2回×10,000円=10,000,000円


各数値が10%アップした場合

550人×2.2回×11,000円=13,310,000円


なんと33%も売上が増える計算になります。

あとは、あなたのビジネスモデルによって、あるいはあなたの強みや弱みを元にどの数値を増やすことがもっとも効果的か、あるいはどの数値を増やすための施策がもっとも早く結果を作るか優先順位を決めて取り組んでいけばよいだけとなります。


各数値を増やす方法をまた別のページで解説していきますので、その各施策を確実に実施されることをオススメします。

関連ページ

スポンサードリンク