182日目の景色
スポンサードリンク

完成!お金を使わない生活マニュアル

お金を使わない生活マニュアル
お金がない人で、収入を簡単には増やすことができない人が経済的な不安と問題を取り払うには、お金を使わない節約生活をすることが必要になります。でも、節約生活って禁欲的で苦しいイメージがあったり、やろうと思っても続かなかったり、何をどうしてよいか分からなかったり、実行するに当たって、さまざまな問題点があることが多いです。


ここでは、そんなあなたに、「いますぐ・簡単に・超効果的で・長期的に」成果を出し続けることができる、支出を減らす生活をする方法をお教えていきます。この「お金を使わない生活マニュアル」は、長期的に活用していただけますので、保存版として書き上げました。ブックマークしておくか、プリントしておくなど、いつでも何回でも目を通せるようにしておいて下さい。


お金がない時の3つの対処法

お金がない時の3つの対処法
お金がない状態にある人が問題を解決するには、次の3つの方法のうちどちらかを選ぶ必要があります。解決策は、この3つ以外に方法はありません。


  1. 支出を変えないで収入を増やす
  2. 収入を変えないで支出を減らす
  3. 収入を増やして支出を減らす

お金がないというのは、収入と支出の差が非常に小さくて貯蓄が少ない状態か、マイナスになっている状態(収入よりも支出が多いも含む)を指します。また、貯蓄が少ない状態というのは、収入が突然ストップした際に半年生活していけるだけの蓄えがない状態を指します。このお金がない状態を回避していくには、収入を増やすか、支出を減らすか、そのどちらともを実行するか、しかないわけです。


このページでは、これらの解決策のうち、収入を変えないで支出を減らす方法について解説していきます。極論を端的にいうと、できるだけお金を使わない生活をするということです。お金を使わない生活というのは、支出を極限まで減らして、最低限の消費で生きていくことを指します。


こんな方にオススメ!お金を使わない生活マニュアル

こんな方にオススメ!お金を使わない生活マニュアル
私は、このサイトで、収入を増やす方法や支出を減らす方法など、さまざまな角度から解説していますが、このお金を使わない生活マニュアルは、次のような人に適していることになります。


  • 収入が増える見込みのない人
  • 収入を増やす努力をしたくない人
  • 自分を変えることができない人
  • 収入を増やすことで得たいことやもの、したいことがない人
  • 今にほぼ満足していて経済が楽になればそれで良い人

お金を使わない生活を送るということは、根本的には支出を減らすということになり、支出を減らすということは消費活動を抑制することになるので、消費によって欲求充足する癖のある人には、我慢を強いることになり、大きなストレスを招くことになります。


その結果、無理にお金を使わない生活をすると、一時的には支出を抑制できても、ダイエットにおけるリバウンドのように、長期的にはストレスからより大きな消費活動を呼び起こすリスクもあるため、長期的な観点から、できるだけ我慢が少ない方法を選択することが大切です。


このお金を使わない生活マニュアルでは、そういった長期的にアンバランスを引き起こす、かえって状態を悪化させてしまうような方法ではなくて、しっかりと腰を据えて取り組むことで、状況がどんどんよくなるような方法をお伝えしていきます。


また、誰でもいつからでもどこでもどんな状況にあっても実行できるような取り組みやすさも重視していますので、今すぐ誰でもが取り組んで頂けるようになっています。


しかし、いずれにせよ、収入を増大させることができる人は、支出を減らしながらも収入を増やしたほうがより快適に生きることはできますので、現状の生活に満足しておらずさらに快適に生きたい人や収入を増やす見込みがある人で、自分を変えられる人は収入を増やすための取り組みをされることをオススメします。


※どうして「自分を変えられる」ということが必要かというと、今の収入は今のあなたが作っている最善の結果であるため、今より多い収入を得るためには、より多くの価値を社会に提供しなければならず、より多くの価値を社会に提供するためには、より多くの価値を与えられる人間に変わる必要があるためです。
この当たりの詳しいことについては、副業をはじめて今より豊かな人生を歩む方法に詳しく書いていますので、興味ある方はご覧下さい。


前置きが長くなりましたが、いよいよ、お金を使わない生活マニュアルの本編である、「お金を使わない生活方法」の内容に入っていきたいと思います。


まずは、固定費を見直そう!

固定費をみなおそう
お金を使わない生活を実施していくのに、もっとも効果的でかつすぐに取り組むべきことは固定費の見直しです。固定費というのは、毎月固定的にかかってくる生活資金になり、家賃や住宅ローン、水道光熱費や携帯電話代やネット代などの通信費、学費や税金や社会保障費、生命保険代金、自動車保険、火災保険代金などが該当してきます。
※支出には、固定費と変動費があり、固定費は用途と金額がわかりやすいので見直ししやすく効果が高いと言われています。


この固定費の見直しについては、こちらのお金を節約する方法で詳しく解説していますので、参考にして下さい。


※これら固定費のうち、特に簡単にかつ大きく支出を減らせるのは、携帯代金と生命保険代金になります。また、例えば、フレッツ光など固定のネットを引いていて、普段自宅であまりネットをしない人などは、フレッツ光やNTTの固定電話などをいっそのことやめてしまうのもひとつです。


やっかいな変動費を見直そう!

変動費をみなおそう
固定費を見直したら、次は変動費を見直していきましょう。変動費というのは、支出のうち、毎月支払う金額が変わる支出のことを言います。変動費には、食費や交際費、交通費や遊興費などがあげられます。


変動費は、各家庭によって最低必要額も毎月の支出額も全然違います。また、最低支出額で生活していくことが、長期的に最適かというと、そうでもないことがあります。例えば、食費を抑えるために、毎食カップラーメンばかり食べているとどうなるでしょう?おそらく短期的には問題なくても、長期的には免疫系統がおかしくなって、医療費が膨大にかかる上に、健康的で楽しく生活出来ず、仕事もままならなくなってしまうでしょう。


なので、長期的に見て、よいお金の使い方、配分をしていくことが必要になります。また、先にもお伝えしたとおり、節約にばかり気を取られるあまり、人生を楽しむという点にお金を一切使わなければ、フラストレーションがたまってダイエットにおけるリバウンドのように返って高額な出費を強いられるケースも出てくると思います。さらには、家庭が自分一人ではなく、奥さんや子どもさんなどがいる場合は、旅行などをして家族の思い出を作ることも非常に大切になります。


これらの一見、短期的に観ると痛い出費のように見えるような支出も、人生においては必要で、長期的にみるとある面出費を抑えないほうが効果的なこともあるわけです。


変動費を見直すステップ

では、どうやって変動費を見直せばよいかというと、次の3つのステップ踏むことで効果的な変動費の使い方をすることができるようになります。


  1. 家計簿をつける
  2. 各変動費を色分けする
  3. 変動費の支払い基準を作る

まず、一番大切になることは、実際にどれくらいの変動費を毎月遣っているかを検討することです。何事も現状を把握できないで、問題を発見して解決することはできません。一番簡単な方法として家計簿をつけてみてください。今から、1ヶ月~3ヶ月くらいもつければ十分です。


家計簿をつけるのが面倒だ、あるいは過去チャレンジしたが続かなかったという方は、支払い時に必ずレシートをもらう癖をつけてください。で、レシートがでないところでは買い物をしないと決めて下さい。で、1ヶ月かあるいは1週間などキリのいいときにレシートを家計簿にまとめると、根気の無い人でも簡単に家計簿をつけることができます。


次に、家計簿をつけたら、各項目の中で、「絶対にいるお金」「できたらいるお金」「なくてもいいお金」の3つの出費を分類していきましょう。


  1. 「絶対にいるお金」
  2. 「できたらいるお金」
  3. 「なくてもいいお金」

で、分類した出費のうち、「なくてもいいお金」については、今後出費の際に節約できる部分になります。なので、家計簿を元に出費を色分けしたら、「なくてもよいお金」は何があったかを観て、今後、同じようなことを繰り返さないよう、基準にしていきます。


そして、今後買い物をする際には、これは「絶対にいるお金」「できたらいるお金」「なくてもいいお金」の3つの出費のうちのどれだろうか?と自問していくことです。で、なくてもいいお金は使わないだけで、出費はかなり減らすことができます。


※ただし、注意点があります。先にもお伝えしましたが、例えば適度な遊興費や旅行などは、「なくてもいいお金」ではなくて「できたらいるお金」になります。この基準は、計画的に遊ぶお金やでかけるお金など、計画的な行動についての出費は「できたらいるお金」となり、逆に突発的に思いつきや衝動的に行動してしまう場合、人から急に誘われていくような遊興費や旅行などは、「なくてもいいお金」になります。


この変動を抑制するためには、分析して基準を作っていくことが必要になりますので、慣れるまでは少し時間がかかりますが、家計簿をつける分析の段階から、お金を使う際に、これは「絶対にいるお金」「できたらいるお金」「なくてもいいお金」の3つの出費のうちのどれだろうか?と自問するだけでかなり出費を抑えられますので、ぜひ試してみてください。


最後になりましたが、このお金を使わない生活マニュアルがあなたの人生をよりよいものに変えていくことを心から祈念しています。

関連ページ

スポンサードリンク

関連ページ

「お金が欲しい」が抱えている3つの問題点とは?
お金がない原因・理由は何か?
お金がない問題を解決する方法
お金がないけれど幸せに生きることはできるのか?
本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法
お金がない人が貯金を増やすためのたった一つのシンプルな方法
お金がない浪費家の人とは別れるべきか?
彼氏にするならお金がある人がいい?
彼女にするならお金がない人がいい?
お金がないときのデートはどうしたらよい?
お金がない人との付き合い方
レールに乗らない人生はお金がない人生になる?
手元にお金がない時、どうしますか。
お金がない!そんな時はどう過ごす?
お金がないけど結婚したい。できますか?
いくらあっても邪魔にならないからあるだけ欲しい
いかにお金を使わずに暮らすか
どうやったらお金が貯まるの?
大ピンチ!本当にお金がない!こんな時どうする?
お金が足りない時はどうしますか?
債務整理するとどうなる?-自己破産・個人民事再生・任意整理
お金がない、どうしよう、、、あなたに授ける7つの解決法
お金がないけど幸せに生きられる?
借り入れとうまく付き合う方法
お金借りるならプロミスがよいと言われる5つの理由
絶対にバレたくないならモビット一択
生命保険で支出を減らす
初心者向け解決法
女性がお金借りるのは?
金融商品投資でお金増やす入門
お金持ちになる方法
で、どこからお金借りたらよい?
お金を貯める方法
お金がないOLが今すぐ不自由なく生きる方法