182日目の景色
スポンサードリンク

お金がなければ、理想は実現できない

代社会で幸せに生きていくためには、ある程度のお金を稼ぐことは非常に大切なことになります。たとえば、どれだけ深く愛し合った二人でも、結婚となるとお金が関係性を壊してしまうこともあるのです。たとえば、結婚をして甘い新婚生活が待っていると思いきや、「お金がない」という問題。夫婦といえど「他人」。しかも生活に対する価値観も違います。お金がなくても「愛」があればなんとかなる!と実際に、そう甘くはありません。気づいたら毎月赤字で貯金が出来ない!とこともなりかねないわけです。

もちろん、お金はすべてではないので、お金があれば幸せ、お金がなければ不幸というわけではないですが、多少お金があったほうがやはりより幸せは感じられるものです。

※たとえば、たまには高級なホテルでディナーを食べるとクオリティの高いサービスを受けられて幸せな気分になれます。これは、そこらの安い居酒屋では決して得られない満足です。


貯金が増えない理由

  • 若い時のままの感覚でお金を使ってしまう。
  • お給料まで足りなくなったら貯金を崩してしまう。
  • カード払いなどの用途不明金が多い。
  • 家賃が収入の割合以上の金額になっている。
  • 何にいくら使っているかわからない

上記のことが一つでも当てはまっていたら、生活を改革しなければいけないかもしれません。

収入が少なくても貯蓄が1000万円の家庭は存在します。

が一方で、年収が高くても貯金が少ない家庭もあったりします。

必ずしも貯金額と収入は比例しないのが実際のところなのです。


では、貯金が増える人と増えない人は一体何が違うのでしょうか


  1. 収入-貯金=生活費
  2. 収入-生活費=貯蓄

この違いだったのです。

つまり、1.の場合は貯金を優先しているのに対して、2.の場合は、生活費を優先しているということになります。

結果、1.の場合はどんどん貯金が増えていくのに対して、2.の場合は貯蓄が全然貯まらないということになります。

それは、そうですよね、現代のように広告にあふれている時代に生きていると、私たちは単に生きていくだけでどんどんお金を消費することになるわけなのですから。なので、給料をもらったらまずは貯蓄をして、余ったお金で生活することが必要になるということです。


貯蓄が1000万円以上ある家庭のほとんどは収入-貯金=生活費の方程式で生活しています。

財形貯蓄や銀行定期預金や郵便局の定額貯金の利用して、お給料になったら各家庭で決まっている貯蓄額を決めてお給料日と同時に各口座に振り込む方法を使っているのです。

残りの金額を生活費として範囲内でやりくりしていると自然にお金が貯まる家計の仕組みが完成します。


しかし、収入-生活費=貯金だと、お金があるだけ使ってしまうので、月末にお金が残ってない!ということが起こります。

これでは、いくら収入が多くてもいつまでも「お金がない」状態から抜け出せないのです。

スポンサードリンク


お金がなくても貯金を増やせるシンプルな方法

以上のことから、お金がなくても貯金を殖やすための唯一のシンプルな方法とは、

収入-貯金=生活費

ということです。


そして、いったん貯蓄してしまえば、お金をつかえない状況を作ればよいということになります。

そうすれば、毎月の生活は、収入から貯蓄を差し引きした分で生活せざるを得なくなり、結果、計画的に貯金を増やすことができるようになるのです。

では、どのようにして収入-貯金=生活費を実現していくか、具体的な方法を解説しておきましょう。


まず、収入が入ってきたら、お金をいくつかの通帳にわけることをオススメします。

それぞれ、何のために使うお金かをはっきりさせるために分類するわけです。

たとえば、次のようにします。

※毎月の手取り給料が25万円で、貯金を50,000円仮定します。

用途 口座 金額 備考
貯蓄用口座(守り) 定期預金 20,000円 キャッシュカードを廃棄する
資産運用口座(攻め) 証券会社 10,000円 株式等で運用する
資産運用口座(リスクヘッジ) 証券会社等 10,000円 ゴールドの積み立てなどをする
レジャー用貯蓄口座 普通預金など 5,000円 一時的な費用のための貯金
冠婚葬祭用貯蓄口座 普通預金など 5,000円 何かあったときのための貯金

 

このように、純粋の貯蓄を殖やすためのお金と、守るためのお金、そして万が一のトラブルに備えて流動的な貯蓄と、余興のための一時的な貯蓄など、性質によっていくつかの口座に分散してお金を振り分けるとよいでしょう。冠婚葬祭のお金はいつ必要になるかわかりません。毎月5000円貯めると年間6万円は貯まります。使わなければ家電を新しく買い替える費用にできるので、普段から意識しておくと、いざ!という時に役に立ちますし、貯金を崩さなくてもよくなるので、モチベーションを維持することもできます。


毎月の貯金は収入の10% 年間貯蓄は年収の15%を目標に

インターネットの掲示板で「何万円貯蓄したら良いでしょうか?」の質問をよく見かけます。

どの家庭も職業や年収は異なります。

隣の芝生ばかり見ても参考になりません。

最低は収入の10%は毎月貯金できるようにしましょう。

共働きの家庭は収入の20%~30%を目標にするとバランスが良いですよ。


そのためには、先ほどのように口座をわけて、生活することが大切です。そして、収入-貯金で生活することを意識してください。


そうすることで、あなたはできる範囲の中で、あなたのライフスタイルを一切変えることなく、あなたの望む貯金を作ることができるようになるでしょう。

※運用の件については、また別途の記事でご紹介します。

 

関連ページ

スポンサードリンク

関連ページ

「お金が欲しい」が抱えている3つの問題点とは?
お金がない原因・理由は何か?
お金がない問題を解決する方法
お金がないけれど幸せに生きることはできるのか?
本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法
お金がない浪費家の人とは別れるべきか?
彼氏にするならお金がある人がいい?
彼女にするならお金がない人がいい?
お金がないときのデートはどうしたらよい?
お金がない人との付き合い方
レールに乗らない人生はお金がない人生になる?
手元にお金がない時、どうしますか。
お金がない!そんな時はどう過ごす?
お金がないけど結婚したい。できますか?
いくらあっても邪魔にならないからあるだけ欲しい
いかにお金を使わずに暮らすか
どうやったらお金が貯まるの?
大ピンチ!本当にお金がない!こんな時どうする?
お金が足りない時はどうしますか?
債務整理するとどうなる?-自己破産・個人民事再生・任意整理
お金がない、どうしよう、、、あなたに授ける7つの解決法
お金がないけど幸せに生きられる?
借り入れとうまく付き合う方法
お金借りるならプロミスがよいと言われる5つの理由
絶対にバレたくないならモビット一択
生命保険で支出を減らす
初心者向け解決法
女性がお金借りるのは?
金融商品投資でお金増やす入門
お金持ちになる方法
で、どこからお金借りたらよい?
お金を貯める方法
お金を使わない生活マニュアル