182日目の景色
借金問題を相談する

金を相談したいと考えている方には、どうにか借金の苦しみから逃れたい、借金を整理したい、その際の費用を安く抑えたい、多重債務で過払い金がないか知りたい、誰にもバレずに借金を解決したいなど、様々な思いや疑問があると思います。そこで、借金の相談するときの基準と借金問題を安く解決する方法について紹介します。


実際に私も借金では相当苦しみましたし、誰にも知られずに何とかしたいと思って、もがき苦しんだ思いがあります。なので、ぜひこの記事を読んで、誰に相談したらよいか、明確にして頂けたらなと思います。


こんな借金問題は必ず解決できる!一人で悩み苦しみ必要はない!


  • 家族に内緒の借金を作ってしまい誰にもバレずに解決したい
  • 手持ちがかなり少ないけど相談できるところはあるか心配
  • 多重債務で借金総額がかなりの高額
  • 消費者金融と10年以上取引があるけど過払い金はあるの
  • 職場まで取り立てにこないか不安でたまらない
  • 返済生活の日々に金銭的にも精神的にも疲れ果てた
  • 借金取り立てが厳しく苦しみから開放してほしい
  • 闇金に手を出してしまって追い詰められている
  • どうにか借金を減額できる手段を教えてほしい
  • 家族の作った借金のしわ寄せが自分にきた


など、上記のほかにも数々の問題がありますが、ほぼすべての借金問題は確実に解決できます!もう一人で借金問題を悩み苦しむ必要はありません。借金問題をいち早く解決ためには専門家に相談することが問題解決の第一歩となります。一歩踏み出して行動を起こすことで新たな人生が待っています。


スポンサードリンク


借金問題を解決するためには債務整理に強い専門家に相談!

借金した理由は人それぞれですが、辛く苦しい借金問題から抜け出して幸せな生活を送りたいと考えるのは皆さん同じです。しかし、お金に関する法律や制度は難しく、業者との交渉や正確な借金額の把握など、自分だけでは対処が難しいのが実情です。借金問題を解決するためには、債務整理に強い専門家に相談して、借金解決への最適なサポートやアドバイスを受けることが大切です。


債務整理に強い専門家は、主に「弁護士」と「司法書士」がありますが、債権者との交渉から訴訟までの制限、対応可能な債権額(弁護士:制限なし・司法書士:140万円以下)など、借金問題の解決を本人の代理人として一任できるのは弁護士となりますので、140万円を超える借金でお悩みの方は弁護士への相談が必須となります。


もちろん、専門家に相談したからと言って依頼しなくてはいけないというわけではありませんし、専門家への相談はハードルが高いものでもありません。顧問契約を結ぶのは、自分が本当に安心して依頼できる、信頼のおける弁護士を選ぶことが大切です。


無料相談を利用する!無料相談を利用できる事務所と相談方法

ただでさえ、借金返済で苦しんでいるのに、たとえ借金問題を解決するためとはいっても、できる限りお金はかけたくないものです。そこで気になるのは、専門家への相談費用ではないでしょうか。


実は、借金の相談で無料窓口を提供している専門家は非常に多いです。無料相談の方法には、専門家の事務所に直接訪問してマンツーマンで相談すること以外にも、電話やメールで相談できる事務所も多くあります。相談内容は、借金の減額や債権者との交渉、自分に最適な債務整理方法の確認、過払い金請求など、借金に関することであればどんな内容でも問題ありません。


現在では、全国に借金問題を専門に取り扱う弁護士や司法書士などの専門家が数多く存在していますし、インターネットサイトで無料相談を受け付けている専門家を簡単に探すことができます。また、法的トラブル解決の窓口として国が設立した法テラス(日本司法支援センター)も借金問題の無料相談を受け付けています。いずれにしても、相談してみた結果この専門家に依頼したいと思えば、そのまま依頼へと進めることもできます。


スポンサードリンク


誰にもバレずに弁護士に借金の相談をできるの?

借金問題は職場だけではなく、たとえ家族であってもその事実をバレたくないものです。もちろん、誰しもが弁護士に相談するときは、誰にも口外せずに秘密を守れる根拠をしっておきたいと思います。安心して何でも正直に話せる相手であることは相談するときにとても大切なポイントです。


弁護士は、弁護士職務基本規定の第23条(秘密の保持)によって「弁護士は、正当な理由なく、依頼者について職務上知りえた秘密を他に漏らし、又はりようしてはならない」と依頼者や相談者から受けた内容を他に漏らしてはいけないことが義務付けられています。


また、弁護士は刑法第134条によって、もし秘密を漏らしたときは6ヶ月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処すると定められています。このため、借金を弁護士に相談しても、職場はもちろん、たとえ家族であっても秘密は約束されますので、相談する際は安心して全てを打ち明けてください。


無料相談を行うことで得られるメリット

弁護士や司法書士への相談はハードルが高いものと勘違いしている方も少なくありませんが、決してそんなことはありません。筆者である私自身も実際に弁護士の無料相談を利用したことがあるのですが、そのときの印象は、とても腰が低く、問題に真剣に寄り添ってくれる心強い味方であると感じました。

専門家への無料相談を利用することで得られる大きなメリットとして、個別の案件から最善の道を模索して、相談者それぞれに最適な解決策を的確に見極めてくれることからゴールへの道筋が見えてくることもそうですが、精神的な負担がかなり軽減されて日常生活がとても有意義になることと借金解決や仕事等に専念することができるということも大きなメリットです。


スポンサードリンク


相談する際に用意しておきたいもの

借金を相談するときは、どれだけの借金があって、何社くらいから借り入れしているのかを明確に伝えることでスムーズに相談がすすむことになります。相談する際に用意しておいた方がいいものには次のようなものがあります。


債権者と自分との間で取り交わした借金の貸借契約書

  • 借金の引き落とし口座に指定している通帳
  • サラ金カード
  • 振込明細書
  • 家計収支表
  • 身分証明書(運転免許証・パスポート・保険証など)
  • 印鑑

借金を相談する際は、債権者との取引額や取引相手、借金総額がわかる資料を用意して相談することが大切ですが、中には、どこにいったか分からない又は紛失したというものもあると思います。また、借金の相手が闇金の場合は、契約書はもちろん領収書などもないことがほとんどです。


借金の証拠がないと借金問題は解決できないのかと思うかもしれませんが、闇金を含め借金の証拠がなくても借金問題は解決できます!ただし、証拠書類があったほうがスムーズであることは間違いありませんので、できる限り用意しておくようにしてください。


なお、家計収支表は、毎月の収入と支出を把握し、借金返済に充てられる金額を割り出すために必要とされているものですが、なければ作成してもかまいません。


スポンサードリンク


借金問題を解決するには専門家への依頼が必要になるケースがほとんど

専門家からの最適なサポートやアドバイスを受けることで、問題解決への道筋が見えてきたとしても、肝心の借金問題を解決するためには専門家に依頼する必要が出てくるケースがほとんどです。


当然のことながら、相談無料を利用したとしても、実際に依頼して契約する場合は、別途、依頼費用が必要になります。これは法テラスを利用する場合も同様のことです。


つまり、相談自体は無料でも専門家と契約して案件に取り掛かってもらうためには、ある程度の費用が必要になるということです。とは言え、専門家に依頼することで借金を減額出来たり帳消しにできたりするケースがほとんどですので、結果的にはかなりお得です。


実際に依頼するときの費用・報酬の相場は次のようになります。


着手金…1社あたり3~5万円
成功報酬金…1社あたり2万円以下(商工ローンは原則5万円以下)
減額報酬…減額に成功した金額の10%以内
過払い金報酬…回収できた返還額の20%(訴訟の場合は25%)

着手金とは成功の有無にかかわらず専門家との委任契約を取り交わした時点で発生する費用です。成功報酬金とは問題が無事解決した場合に発生する報酬金ですが、弁護士は日弁連により一定の基準が設けられています。減額報酬とは減額できた金額から算定する報酬金で、過払い金報酬とは回収できた過払い金額額から算定する報酬金です。


実際に依頼するときの費用を抑えるポイント

借金問題が原因でギリギリの生活を送っているので金銭的に余裕がないという方は非常に多いと思います。このため、借金問題を解決する場合に費用を少しでも抑えたいと考えるのは普通のことです。


費用を少なく抑えるポイントは、無料相談に加えて、「着手金無料」であることと「分割払い」に対応している専門家に依頼する!ということです。着手金無料ならまだしも、分割払いに対応している専門家は少ないのではと思うかもしれませんが、借金問題の専門家には分割払いに対応しているケースも多くあります。


分割払いに対応している専門家を利用することで、費用面にもかなりの余裕が生まれてきます。実際にあった例を紹介すると、消費者金融5社から借り入れがあり、合計1,000万円の借金を抱えていたKさんが弁護士に依頼して任意整理を行い、利息制限法に基づいて引き直し計算をした結果、1,000万円あった借金が700万円減額できて、残り300万円とりました。


このケースでは、弁護士への依頼費用や報酬を合計して100万円程度がかかったのですが、結果的に減額700万円-100万円=600万円は借金が減ったということになります。この成功例では、月々の返済が大幅にダウンすることになりますので、減額した月々の返済額だけで、毎月支払う弁護士費用を支払っても十分におつりがきます。


さらに、専門家への依頼費用に過払い金報酬があるように、消費者金融と10年以上の取引きがある場合や複数社から一定期間以上の取引きがあった場合、利息制限法に基づいて引き直し計算を行うことで、今までに支払った過払い金から借金が大幅に減額されたり、反対に過払い金が借金額を上回り手元にお金が帰ってくることもあります。


借金相談についてのまとめ

借金問題を本気で解決したいと考えるのであれば、依頼の有無にかかわらず、まずは専門家への相談から始めてみることが大切です。その後に費用の工面や依頼の必要性などを考えても遅くはありません。しかしこれだけは言い切れます。借金の相談は早ければ早いほど効果は大きいです。相談せずにそのまま放っておくと借金額が膨らみ、最終的には給料や家、車などの資産の差し押さえられることもあります。もちろんこの場合は、家族にもバレてしまい、取り返しのつかないことになるかもしれません。まずは、専門家に相談して借金解決への手立てを教えてもらうことからはじめてみましょう。

【女性でお金を借りるのに抵抗がある人へ限定記事】

注目!女性がお金を借りる?それってはしたないこと?をご覧ください。

関連ページ