182日目の景色
スポンサードリンク

SEO対策は、無敵の集客スキル!検索エンジン最適化のコツ

SEO対策イメージ
客には、さまざまな手法があります。
例えば、リスティング広告、SNS集客、メルマガ集客、リンク広告出稿・・・。
要するに、サイトへの訪問者を増やすことが集客なわけです。
復習になりますが、アフィリエイト報酬は次の式で表すことができます。

アフィリエイト報酬=集客数×成約率

つまり、成約率が一定だとすれば、集客数が増えれば増えるだけアフィリエイト報酬は増えるわけです。

 

では、どうやって集客数を増やしていけばよいでしょう。

SEO対策イメージ

さまざまにある集客方法の中で、何を選ぶのが効果的ということができるでしょう?

これには、いろいろなやり方があってもよいと思います。
扱う商材やHPの構成、ネームバリューや認知度、コピーライティングのスキルや商材の報酬などによっても、最適な集客方法は変わってきます。
このように一概には言えませんが、アフィリエイトにおいて私がもっともおススメしているのは、SEO対策です。

スポンサードリンク

 

SEO対策とは何か?

SEO対策とは、グーグルやヤフーなどの検索エンジンで、ユーザーがあるキーワードで検索行動をしたときに、検索結果として上位に表示するように対策していくことをさします(詳しくは、当カテゴリ内の記事でご説明します)。
上図で記載しているSEO対策エリア=オーガニック検索部分で、より上位に表示していくということです。
一度は聞いたことはあると思いますが、SEO対策でビジネスしていくには、特定のキーワードにおいて、最低でも10以内に入る必要があります。
なぜなら、11位以降は次のページになってしまうため、クリックされる確率が極端に低くなってしまうからです。
各順位で一般的なクリック数が決まっています。当然、検索結果に出てくるサイト構成によっても変動するのですが、キーワードの検索数と順位で大体のアクセス数を読むことができるようになるのも利点といえるでしょう。

 

アフィリエイトにおいては、SEO対策がもっとも効果的といえるでしょう。

アフィリエイトは、広告主サイトへのアクセスを送り成約することで報酬を得る行為です。
そういう意味からすれば、広告サイトの広告、ということができると思います。
リスティング広告でアクセスを買うことで集客することも可能ですが、基本的には費用対効果があまりあわないケースが多いです。
なぜなら、同様のキーワードでもともとの広告主もリスティング広告を出稿していることが多いからです。
そういう意味では、「ある意図をもって特定のキーワードで検索行動をしてくる方」をターゲットとして、広告主では手が届かないさまざまなキーワードで上位表示して集客することは、もっとも費用対効果が高くなるといえると思います。
検索するユーザーの意図が明確であるため、それに対する答えとしてサイトを構成することで、成約率が高くなるからです。
これをロングテールSEO対策といいます(別記事にて詳細を解説します)。
また、SNSは不特定多数に広告できますが、パイ(友達の数)が限られるか、フェイスブックページなどをつくって「いいね!」を獲得するには費用がかかるけれど、対象は特定しにくく成約率が落ちることがデメリットになります。
そのほかの手法においても、やはり広告費はどうしても避けて通ることができません。
ところがSEO対策については、当然お金をかけて対策することもできますが、スキルがあればお金を一銭もかけずに対策をとって、半永久的に集客し続けることもできます。
以上のことから、アフィリエイトにおける集客には、SEO対策を断然おすすめしたいと思います。

 

SEO対策スキルをつけるためにはどうしたらよいか?

では、どうやってSEOスキルを身につけていけばよいでしょうか?
実は、SEO対策と一言で言われますが、これは非常にある面難しい性質をもったものです。
というのも、別途記事でしっかりと紹介していますが、検索順位を決定する要素というのは、約200項目あるといわれており、それはGoogleによって非公開にされているからです。
ただ、グーグルから出されるガイドラインやさまざまな発表がなされます。
また、これまでの蓄積された経験則からいろいろな人がデータを公開して今日のSEO理論が作られています。
当然、世の中にあふれるSEO情報は、玉石混交でたくさんのデマにあふれています!!
そして、一時的に順位があがるけれど長続きしない、いわゆるスパムと呼ばれる手法(ブラックハットSEOとも呼ばれます)から、Googleのガイドラインに即した正当なSEO対策手法(ホワイトハットSEO)などさまざまなものがあります。
一時的に見るとブラックハットSEOのほうが、目先上位表示力が強く見えるときがあったり、ホワイトハットSEOではまったく上位表示しなかったり、いろいろなケースがあるため、混乱を極めているのが現状です。
また、ペンギンアップデートやパンダアップデート、ハミングバードなどGoogleは、さまざまに検索順位を決める要素=アルゴリズムの改変を行っており、特にここ数年の順位変動の激しさは目を見張るものがあります。
以上のように、SEO対策が非常に複雑で難しいといわれる要因としては、SEOによる上位表示がそれだけお金を生む強力な仕組みであること、検索エンジンのアルゴリズムが非公開であることがあげられるでしょう。

 

以上のことから、このカテゴリでしっかりとSEO対策の本質を抑えて頂けたらと思います。
SEO対策は非常に複雑怪奇で難しく感じられることが多いですが、実はそんなに難しいわけでもないシンプルなものであるともいうことができます。

 

182日後の景色を一緒に見られるよう旅路を先へと進めましょう。

 

関連ページ

スポンサードリンク

SEOスキル|狙ったキーワードで上位表示する検索エンジン最適化記事一覧

SEO対策を学ぶためには、どうしたらよいのでしょうか?世の中には、SEO対策について、いろいろなことを言う人がいます。こうしたらいい、ああしたらいい。中には、言っている人同士で、相反する主張があり、どれを信じていいかわからなくなることもあるでしょう。SEO関連の本を読んでも、正直、言っていることがテンでばらばらで、どれを信じてよいのかわからないと思いますし、5年前のSEOと、今のSEOはまったく違...

アフィリエイターが自分のブログやサイトなどにアクセスを呼ぶために実施するSEO対策。ロングテールで対策するにしても、少し無理してでもビッグキーワードで対策するにしても、あるいは複合キーワードで競合の弱い部分を攻める場合にしても、忘れてはいけないポイントがあります。SEO対策を講じて上位表示をすることは非常に大きな効果を得ることができます。ビッグキーワードで上位表示した場合、毎日何百、何千ものアクセ...