182日目の景色
スポンサードリンク

SEO対策を学ぶ方法は、正しい情報を得ることからはじまります。

SEO対策を学ぶ方法
SEO対策を学ぶためには、どうしたらよいのでしょうか?

 

世の中には、SEO対策について、いろいろなことを言う人がいます。

 

こうしたらいい、ああしたらいい。

 

中には、言っている人同士で、相反する主張があり、
どれを信じていいかわからなくなることもあるでしょう。

 

SEO関連の本を読んでも、正直、言っていることがテンでばらばらで、
どれを信じてよいのかわからないと思いますし、5年前のSEOと、今のSEOはまったく違っていたりします。

 

※もちろん、SEOの本質というものがあり、変わっているのは枝葉の対策の仕方だけで、
根本的なところは変わらないので、本物のSEO本では今でも通じるものもあります。

 

例えば、メタキーワードは、上位表示したいキーワードを3個まで記述しなさいとか、
メタディスクリプションに上位表示したいキーワードを入れることなど、あげたらキリがありません。
→ちなみに、Googleのアルゴリズムでは、メタキーワードは完全に検索順位を決める要素としては無視ですし、
メタディスクリプションもクリック率には影響を及ぼしますが、順位決定には影響しません。

 

このように、出版されている本にさえも間違った情報が出ているくらい、
「本当に正しい情報は何か」ということがわかりにくい性質を持っているのです。

 

スポンサードリンク

 

検索順位を決めるアルゴリズムは非公開

それは、グーグルが検索順位を決定するアルゴリズムの内容を非公開にしていることが原因として挙げられます。

 

明確な答えが、見えないようになっているために、間違った情報が、
あたかも正しい情報のように流布されており、SEOを学ぼうとする人を惑わせているのです。

 

そうなると、どうやってSEOを学べばよいか、情報のソースを見極めることが何より大切になることがわかると思います。

 

なぜなら、間違った情報を元に施策してしまうと、検索順位をあげるどころか、
ペナルティを受けたり、フィルターにかかったりして、大目玉を食らうことさえ考えられるからです。

 

SEO対策に関しての情報は、正しい情報源のものを選びましょう。

 

まずは、Googleの公式ガイドラインを熟読してください。

SEO対策のスキルを身につけたいのであれば、まずは検索順位を決定するための
アルゴリズムを作っているグーグルが言っていることを学ぶことがベストでしょう。

 

なぜなら、グーグルがグーグルの基準で検索順位を決定しているからです。

 

ある面、当たり前のことですよね。
もちろん、それだけでは不十分ですが、それでも前提として知っておくことは重要です。

 

これが、基本中の基本になるからです。

 

現にグーグルは、Webマスター(私たちのようなWebサイトを作成して運用している人)へ向けて、
検索エンジン最適化スターターガイドというものを公式に発表しています。

 

これは、SEO上基本になるような項目をわかりやすくまとめたもので、
基本中の基本といいながらも、非常に役立つ原理原則が記載しています。

 

これからSEO対策を学んでいくのであれば、まず最初に読むべきものということができるでしょう。

 

【公式】Google検索エンジン最適化スターターガイド

 

プラスアルファはどうやって学ぶか?

この基本を学び、その通りにやっていれば、狙ったキーワードで上位表示を実現することができるか、
と問われれば、それは非常に難しいといわざるを得ません。

 

世の中には、たくさんのSEO会社があります。

 

もし、このスターターガイドだけみて誰でも上位表示できるのであれば、
SEO会社なんていらなくなってしまうでしょう。

 

そこからさらにいろいろな詳しい情報を収集することが必要になります。

 

SEOの世界には、グーグルのガイドラインに則った、いわゆるホワイトハットといわれる手法と、
主に人工リンクを活用して上位表示させるいわゆるブラックハットSEOと呼ばれるものがあります。

 

ブラックハットSEOというのは、お金をかけて上位表示することができる反面、
ペンギンアップデートなどグーグルのスパム対策によってペナルティを受ける可能性が高まります。

 

いずれにせよ、ブラックハットSEOは、原則からは外れる手法なので、
やるやらないは別にしても、ホワイトハットSEOの原則を理解したうえで、
必要があれば、取り入れることをおススメします。

 

SEOの基本はこの本で抑える!あとはWeb上で学ぶこと
基礎的なSEO情報は、「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」を読まれることをおススメします。

 

この本は、数あるSEO情報の中でも、もっとも信頼に値する良書で、
基礎的な情報はこの一冊ですべてを抑えることができるといっても過言ではありません。

 

著者の渡辺隆広氏は、日本におけるSEO界の第一人者であり、
この本は、2008年発行されて時代遅れになりながら、原理原則を書いていることから、
内容的には色あせない、SEOのバイブルともいうべき本となっています。

 

この一冊を読んだら、移り変わりの激しいSEO情報については、
信頼できるSEOブログの運営者の情報を取得するようにしましょう。

 

ちなみに、私がSEOの情報源として信頼しているブログは以下になります。
その他以外にも、信頼できるソースはあると思いますが、ある程度慣れるまでは、
以下のサイトに紹介されている情報のみを信じたほうが無難といってよいでしょう。

 

私のSEOコンサルタントがまとめてくれた信頼できるSEOブログ一覧。

関連ページ

スポンサードリンク