182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイトする商材の選び方

フィリエイトプログラムがマーケティング手法のひとつとして認知度が上がってきて、上場企業をはじめとした大企業もこぞってアフィリエイト広告を出稿していることから、現状アフィリエイト商材は非常に多岐にわたりアフィリエイターとしては、商材が選び放題なのが現状です。

さすがに、こういった商材がアフィリエイトしたい!と思ってもすべての商材が揃うことはありませんが、類似品をふくめればほぼどんな商材もアフィリエイトできるのが現状です。アフィリエイトする商材、広告プログラムの選び方は、10倍の利益を増すキャッシュポイント≒プログラム選定の方法をしっかりとご覧頂きたいですが、商材の選び方の基本として、あなたが運営するメディアに合わせた商材選びという観点から、ここではアフィリエイター必須のASPについてより具体的に解説していきます。
その上で、あなたのサイトにあった商材を選定する方法までを言及します。


以上のプロセスを経ることで、あなたは自分の好きな分野でアフィリエイターとしての立ち位置を定め、楽しく自分らしく生きながら高額な報酬を取れるトップアフィリエイターとなることができるようになるでしょう。一字一句飛ばさずに、最後までご確認ください。

スポンサードリンク


ASPの種類

ASPとは、アフィリエイターと広告主の仲立ちをしてくれる業者のことを指します。基本的に私たちアフィリエイターはASPに登録をして、各ASPが提携する企業のアフィリエイト商材を紹介することで報酬を得ることができます。現在アフィリエイトASPは、さまざまな企業があり、各ASPによって商材の特徴が分かれているのが現状です。ここでは、代表的なアフィリエイトASPを紹介しますので、一通り登録されてプログラム選定の一助として頂けたら幸いです。

※ちなみに、ASPは、アフィリエイターにとってキャッシュポイントの番人となる業者です。どれだけあなたがアクセスを流して成果を上げられたとしても、アフィリエイトリンクの不備などで計算がしっかりとできなかったり、業者が倒産するなどしてアフィリエイト報酬が支払われなかったりすると思わぬ痛手を被る可能性がありますので、ASP選びは慎重にされることをオススメします。
ここで私が紹介しているASPは、倒産リスク、不正リスクが極めて少ないアフィリエイトASPですので、ここで紹介するASP以外のアフィリエイトASPに比べると間違いなく優良な業者なので、ぜひご活用ください。

また、アフィリエイトの種類2|商材による違いでも記載していますが、各ASPによって扱う商材の種類が異なりますので、ご注意ください。あるASPでは扱っていなかったものも、別のASPで扱っていたりもします。また、情報商材ASPや物販系ASPなどさまざまな分野がありますので、分野問わずよりよい商材を見つけるために、最初はできるだけたくさん登録するとよいでしょう。しかし、最終的にはメインとなるASPをしぼったほうがお得になります。なぜなら、各ASPがアフィリエイト報酬に報じてボーナスなどを準備していることが多いからです。


代表的なASPと特徴

総合的なアフィリエイトASP

総合的なアフィリエイトASPとしては、次の3つのASPが有名で、安心して利用できます。

そのうちもっとも大きなASPは、A8ネットで運営母体はファンコミュニケーションズという一部上場会社です。

もっともプログラム数が多く、私もメインで活用させて頂いております。

A8ネットはこちら→http://www.a8.net/


次に日本のアフィリエイトASPとしてはもっとも古いバリューコマースをオススメします。

歴史がある分、今で一定のシェアを誇っています。※バリューコマースも東証一部上場企業です。

バリューコマースはこちら→https://www.valuecommerce.ne.jp/


次に楽天が運営するリンクシェアです。

独自の基準で広告主を選定しているので、アメックスカードなどリンクシェアだけしか扱っていない商材もあります。

しかし、なんとなくサイトが英語調で扱いにくい上に、情報商材がサイト内に紹介してあると提携できなくなったりすることから私はあまり使っていません。ここは日本なんだし楽天は日本資本だから日本語で登録させろよといった個人的な嗜好で活用していないだけなので、そういったことが気にならない方にはオススメできます。※個人的にオススメしたくはないですが。笑

リンクシェアはこちら→http://www.linkshare.ne.jp/


最後に、アフィリエイトBなども有名で安心だと思いますので、紹介します。

ほぼ使ったことはありませんが、アフィリエイトBのアフィリエイトリンクを載せているアフィリエイトサイトも多く見ますので、好んで使う方も多いようです。

アフィリエイトBはこちら→https://www.affiliate-b.com/


私は、基本的にずっとA8ネットで、担当者さんにもよくして頂いたので、他はほとんど使っていません。※A8ネットの場合、毎月のアフィリエイト報酬に応じてランクがあり、私は最上位のブラックランクなので、担当者がつく、いろいろ電話や面談でさまざまな情報がもらえたりしました。

しかし、ここで掲載したASPはどこも信頼できるので、とりあえず登録してみてプログラムをご覧になられることをオススメします。



物販系アフィリエイトASP

物販アフィリエイトで言えば、楽天やアマゾン、ドロップシッピングがオススメです。

楽天やアマゾンは、A8ネットでも扱えますので、A8ネットを利用されている方は、A8ネットの中のアフィリエイトリンクを活用すればよいですが、そうでない方は楽天やアマゾンのアフィリエイトプログラムを活用するとよいでしょう。

楽天やアマゾンは、アフィリエイト報酬は安いですが取り扱っている商品をすべてアフィリエイトできるので非常に使い勝手がよいです。ぜひ積極的に活用してみてください。

楽天アフィリエイトはこちら→http://affiliate.rakuten.co.jp/

アマゾンアフィリエイトはこちら→https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/join/landing/main.html


ドロップシッピングというのは、アフィリエイトと違って商品を販売者に変わって販売し、受注発送を業者がするシステムです。私は活用したことはないですが、商品は仕入れ値が決まっているだけで、販売価格はアフィリエイターが決められますので利幅を自由に設計できるのが利点です。残念ながら、ドロップシッピングを活用したことはないので詳細はわかりませんが、ドロップシッピングで富を得た人もいますので、興味ある方は、ご活用ください。

もしもドロップシッピングはこちら→http://www.moshimo.com/


情報商材系ASP

情報商材というのは、その名の通り、情報を商品として取り扱う商材です。お金の稼ぎ方やさまざまな悩みを解決する方法を紹介しています。日本では怪しいイメージがつきまとうジャンルになりますが、アメリカでは確立されたカテゴリになります。実際に詐欺のような商材もありますが、本当に役立つ商材もあるので、あなたが何かしらのノウハウ系のサイトを立ち上げる際に活用するとよいでしょう。

ちなみに、サイトで提供しているさまざまな情報を集めると最終的に情報商材の販売者となることもできます。情報商材は、商品を生産するコストがないので販売者となれば非常に粗利率の高いビジネスとなります。※アメリカでは、インフォマーケットは非常に大きなマーケットなので、今後も日本で認知度が上がってくることが期待できます。

インフォトップはこちら→http://www.infotop.jp/

※情報商材ASPの最大手はインフォトップで、他にもいくつかASPはありますが、とりあえず私はインフォトップ以外はあまりオススメしたくないので、インフォトップだけを紹介しておきます。


アダルト情報系ASP

アフィリエイトで忘れてはいけないジャンルがアダルトです。さまざまなアダルトジャンルがありますが、私は扱ったことがないので、詳しいことはわかりません。ただし、人間の根源的にものすごく強い欲求を満たす分野ですし、実際にマーケットも大きい分野になりますが、非アダルトジャンルと相容れない部分があるので、サーバー選定など含め、ある面特殊な能力が必要になります。

アダルトジャンルについては、このサイトであまり詳しく言及するとSEO上Googleから嫌われる可能性がありますので、また別途メルマガ等でお知らせしたいと思います。


大切なことは、あなたのサイトのプログラムを合わせること

以上、アフィリエイトASPや商材について解説しましたが、もっとも大切なことはあなたのサイトに合わせてアフィリエイト商材を選ぶことです。アフィリエイト商材に合わせてサイトを作っていくとあなたのニーズや見込み客のニーズとずれが出てきて、結果的に続かなかったり、成約率が低下する可能性があります。

また、さまざまなアフィリエイターと競合する可能性もでてきます。


なので、必ずあなたの好みや特性に合わせた情報発信サイトを作り、その記事内容に合わせてアフィリエイトリンクを張っていってください。そうすることで、あなた独自のアフィリエイトサイトができあがり、あなた独自の切り口から商材を紹介できます。結果最終的には成約率も上がり、あなたも楽しみながらお金儲けをできることになり、利用者の満足度も高くなって世のため人のため役立つことになるでしょう。

関連ページ

スポンサードリンク