182日目の景色
スポンサードリンク

アフィリエイトで卓越したいなら、己を変え続けること

自分を変えよ
は、成長するために、これまでの自分を投げ捨てて、新しい自分に変えなければなりません。

 

なぜなら、成長とは、「現状」という居心地のよい状態を突破して、
新しい境地に達するための努力のことを指しているからです。

 

例えば、プロ野球選手になるとしている高校野球選手を考えてみましょう。

 

まずは地方大会で優勝するために、自分の体力と技術を高めることが必要になります。

 

仮に何もしなくても野球が上手な生徒であったとしても、
地方大会を突破して甲子園に出るくらいのチームの選手になるためには、
体力、技術、メンタルとあらゆるところで、「そのまま」であってはいけないことになります。

 

これまでの自分を投げ捨て、「地方大会で優勝する野球選手」としての自分になるために、
人よりも多く練習することになり、そこまでしてはじめて、地方大会で優勝することができるようになります。

 

地方大会で優勝したら、次は甲子園で優勝することを狙います。

 

当然、甲子園大会は、各地方の大会を優勝したチームとの戦いになるので、
これまでの自分=地方大会で優勝する野球チームの選手では、
甲子園で優勝することはできなくなるでしょう。

 

皆、地方大会で優勝した野球チームなのですから。

 

ということは、地方大会で優勝した野球チームたちの戦いで優勝できる野球チームの選手になる必要が出てきます。

 

当然、これまでとは練習の質や量が違ってくるはずです。

 

当たり前のことを考えてみてください。

 

確かに、甲子園常連チームや甲子園優勝するチームは、名門高校であることが多いので、
えりすぐりの優れた才能ある選手たちが多いのは間違いないです。

 

でも、まれにそうではないチームが勝ったり、優勝したりすることがありますよね?

 

これは、一体何が違うのでしょうか?

 

才能ではないですよね?

 

だって、才能ある人たちを集めたチームに勝ってしまうのですから。

 

そうです。練習内容が違うのです。

 

才能ではなく、トレーニングが違うから、甲子園で優勝するチームになれるわけです。

 

つまり、甲子園で優勝するチームになるだけの練習を着実にこなして、
自分を変え続けて、そして、優勝チームの選手となることができたわけです。

 

そして、今度はプロ野球に入るわけです。

 

さらに、そこには甲子園優勝経験があるような人たちが集まった集団です。

 

そこで、そんな一流選手たちの中にはいって、レギュラー争いをしなくてはいけなくなるわけです。

 

甲子園優勝チームの選手レベルでは、当然レギュラーになんてなれないでしょう。

 

プロ野球でレギュラーを獲得できるだけの自分に成長しないといけないわけです。

 

つまり、甲子園優勝チームの選手という誇りを投げ捨てて、
新たにプロ野球チームのレギュラー選手としての自分に自分を変えなくてはいけなくなるわけです。

 

スポンサードリンク

 

アフィリエイターとして卓越したいのなら

野球選手の例えは、非常にわかりやすかったのではないでしょうか?

 

では、アフィリエイターとして卓越するにはどうしたらよいでしょうか?

 

そうです、一流アフィリエイターとしての自分に変わらないといけないということです。

 

学び、トレーニングを積んで、一流アフィリエイターになる必要があるわけです。

 

これまでの自分、現状の自分を打破しなくてはいけません。

 

たまにいませんか?いつまでたっても甲子園優勝したことを誇りとして、
現状に不満を抱いて何もしていない大人たちです。

 

彼らは甲子園優勝した自分を頂点に成長をとめてしまったわけです。

 

そこから変わろうとしなかったのです。

 

なぜだかわかりますか?

 

人は変わることが怖いからです。

 

変わった自分になろうとすることが怖いからです。

 

どれだけ不幸であっても、現状にいるほうがマシなのです。

 

現状は、不幸であっても、変わるともっと不幸になるかもしれないから怖いのです。

 

脳は変化を受け入れにくい性質を持っています。

 

だから、変わるのは難しいのです。

 

でも、もしいまあなたが、アフィリエイターとして成果を出したことがない初心者の方だとしたら、
自分を変えることなくアフィリエイトで成果を出し卓越することは難しいでしょう。

 

アフィリエイトで成果を出している人がどんな人なのか、どんな考え方で、どんな行動をしているのかを
しっかりと見て、模倣することで、まずはこれまでの自分を投げ捨てて、新しい自分になってください。

 

変わらないことは、衰退を意味します。

時代は、ものすごい速さで進化しています。

 

ガラケーが小さくて薄くて、デジカメ並みのカメラを搭載したと思っていたのはついこの間。

 

今は小さなパソコンかというくらい高機能になっています。

 

時代はどんどん変化していっています。

 

そうなると、仮に自分が変わらないのであれば、
時代がどんどん変わっていくわけなので、相対的に衰退していることになります。

 

また、人は成長しなければ衰退する生き物でもあります。

 

もし、過去の栄光にすがっていたり、変わることに抵抗があるのでしたら、
変わらないことは衰退だという認識を持ってください。

 

もし、今、望むような成果を手に入れていないのであれば、
望むような成果を手に入れることのできる人間に変わろうとしてください。

 

変わらなければ決して、願望を成就することはできないでしょう。

 

なぜなら、今は過去の自分の行動の結果であり、
未来は今の自分の行動の結果できるからです。

 

ということは、過去の自分と今の自分が変わらない同じ人間なのだとしたら、
過去の自分が作った現在と、今の自分が作る未来は、まったく同じものになるだろうからです。

 

小さな一歩を踏み出しましょう。

 

182日目の景色は、自分を変え続けた先に見える絶景なのです。

 

※人生を変える習慣の作り方については、モチベーションを継続するコツ|よい行動を習慣化すること

関連ページ

スポンサードリンク