182日目の景色
スポンサードリンク

まず、願望を明確にすることからはじめましょう

願望を明確化せよ
なたは、人生に何を求めていますか?
あなたは、どんな人生を歩んで生きたいですか?
あなたは、どのような人間になりたいですか?

 

私はキリスト教徒ではありませんが、聖書によい言葉があります。
求めよ、さらば与えられん。
引き寄せの法則にしても同じことで、スピリチャルなことのように感じるかもしれませんが、先人たちの知恵と経験が実証した、真実の言葉です。
私たちは、意識的か無意識かを問わず、人生に「求めたこと」のみを体験したり、手に入れたりすることができます。
逆に求めなければ、すべてのことが偶然の産物になってしまいます。
つまり、自分が無意識に求めるもの=過去の不自由感や欠乏感などを引き起こす出来事が繰り返し起こることになります。

 

自分の人生を自分に取り戻してください。
自分の人生の舵を自分で握ってください。
自分の人生という大海原を行く船を、偶然の風や波にに行き先を任せるのではなく、自分の手でコントロールして行きたいところへ行ってください。
あなたは、あなたの人生に責任があります。
あなたは、あなたの人生を自分らしく自由に生きる責任があります。
あなたは、あなたがなりたいような人間になる責任があります。
それは、あなたに与えられた最大の権利であり、義務なのです。

 

だから、あなたが求めているものを明確にして、自分の人生の目的や目標を定めてください。

 

スポンサードリンク

 

どうやって願望を明確にしたらよいか?

そうは言っても今までそんなこと意識して生きていないから、急には無理だとおっしゃる方が多いでしょう。
そんなあなたの願望を明確にするための5つのステップを準備させてもらいました。
この5つのステップであなたは自分の願望を明確にするためにすべきことがわかるようになるでしょう。
これは非常にシンプルで簡単、誰でもどこでどんな状況下でも実践することができます。
しかし、ほとんどの人が知らないために、誰もできるけれど誰もやっていないことです。
そして、これは最新の心理学に基づいて考案された由緒ある、科学的に効果が証明された方法です。
あまりにも簡単なことなので、なんだそんなことかと思ってしまうかもしれませんが、百聞は一見にしかず、まずは実践で試してみてください。
毎日毎日実践することで、あなたは必ず自分の目的を明確にすることができます。

 

まずは、願望を明確にするための基礎知識を知ってください。

そこでまずは、選択理論を知ることが必要になります。
選択理論とは、アメリカの心理学者ウィリアムグラッサー博士によって提唱されたもので、人間が行動を選択するメカニズムについて解いたものです。(詳しくは、選択理論心理学の基礎をご覧ください。)
選択理論によると人間にはうまれながらにして持つ基本的欲求があり、その基本的な欲求を満たすと思われる「上質世界」という人やものや状況を手に入れるために「効果的」と思われる行動をとっていく、というものです。
つまり、あなたの願望を知るためには、あなたが生まれながらにして持っている遺伝子に組み込まれた基本的な欲求を知ることが大切だということです。(そして、それが明確になったら、あなたの思っている上質世界が本当にあなたの欲求を満たすものなのか、だとしたらそれを手に入れるために「効果的な方法」は何なのかを検証していくことが必要になります。)

 

選択理論に示される人間の基本的な5つの欲求

人間に備わっている基本的な欲求というのは、次の5つを指します。

  1. 生存の欲求
  2. 愛と所属の欲求
  3. 力の欲求
  4. 自由の欲求
  5. 楽しみの欲求

このいずれもをバランスよく満たしていくことで、人は幸せな人生を歩んでいくことができます。
しかし、人によってそれぞれの欲求の強さが違うのです。
人によっては、生存の欲求が強いという人もあれば、力の欲求が強いという人もあり、すべてがものすごく強いという人もあれば、どれも欲求が小さいという人もあります。
なので、あなたがどの欲求が一番強いのかを知ることが必要ですし、それぞれの欲求についてどのように求めているか知る必要があります。

選択理論を前提にあなたの願望を知る方法

上の選択理論に則って、次の質問を自分にしてください。
それぞれ5つの基本的な欲求に対して行っていきます。

  1. あなたは何を求めているのか?
  2. あなたにとって一番大切なものは何か?
  3. あなたが本当に求めているのは何か?

これをそれぞれの欲求に対して、毎日一分ずつ考えてみてください。
そうすることで、あなたの願望はどんどん明確になっていきます。
例えば、私の場合次のような感じになります。

生存の欲求
私の求めているものは何か?
⇒病に苦しむことなく健康で毎日を笑顔で過ごしたい。
私にとって一番大切なものは何か?
⇒健康に長く生きること(大切な存在を大切にできるために)。
あなたが本当に求めているものは何か?
⇒私は、過度のストレスを抱えることなく、毎日を健康に生きて、使命を全うするために長生きすることを求めている。

 

愛と所属の欲求
私はは何を求めているのか?
⇒お互いを思いやれる人間関係のある家族、会社を作ること。
私にとって一番大切なものは何か?
⇒息子、彼女、両親、従業員
私が本当に求めているのは何か?
⇒愛によってつながった、本当にお互いを思いやれる人間関係を作っていくことで、家族や会社の仲間を満たし幸せにすることで、自分が幸せになること。

というふうに、力の欲求、自由の欲求、楽しみの欲求についても自分に問いかけていきます。
そして、毎日毎日それを実践していくと、少しずつ考えが深化したり、広がったりして、いろいろなことが見えてくるようになります。
最終的にそれを求めていく過程で、あなたの本当の願望が見えてくるようになるのです。
ここでは、5つの基本的な欲求ごとに細かく聞いていきますが、ある程度自分の願望が明確になってきたら、欲求ごとでなくてよいです。
ただ、自分に向かって、先ほどの問いかけをすればそれでよいです。
※ここで、5つの基本的な欲求ごとに問いかけることをおススメしているのは、自分の願望がよくわからないという方へ考える枠をつけることで、少しでも考えやすくするためです。
当然人生ですから、生存の欲求を考えているときに、愛と所属の欲求に属する事柄が思い浮かんだり、力と自由の欲求にまたがる願望が思いついたり、いろいろと連鎖していくようになります。
そうすることで、深く、広く、自分の願望を探っていって頂きたいのです。

 

願望を明確にする5つのステップまとめ

  1. 選択理論の5つの基本的な欲求を知る
  2. あなたは何を求めているのか?と自分に問いかける
  3. あなたにとって一番大切なものは何か?と自分に問いかける
  4. あなたが本当に求めているのは何か?と自分に問いかける
  5. 上の3つのステップを各欲求ごとに毎日1分ずつ計5分習慣化する

 

関連ページ

スポンサードリンク