182日目の景色
スポンサードリンク

ドメインってそもそも何?

メインとは、当サイトで言えばhttp://182th.com/ で、インターネット上の住所を表すものです。このドメインにアクセスした際に、「このサーバーの情報」を見に行きなさいと指示されています。このドメインは、世界にひとつしかないものです。.comや.net、.jpの部分をトップレベルドメインと呼び、国や地域、属性などによって取得が制限されるものと、そうでないものとがあります。.comや.netなどは、どの国のどんな人でも取得できますが、.jpは、基本的に日本でしか取得できず、.co.jpは日本の法人しか基本的に取得できないという制限があります。

このように、地域によって取得が制限されるものが、世界に250種類ほどあり、そうでないもの(.net.com.co.biz.orgなど)は全部で50くらいあり、現状どんどん新しいものが増えています。


これら、各トップレベルドメイン毎に、レジストリと呼ばれる管理会社が異なります。たとえば、.comはアメリカのベリサインという会社が管理していますし、.jpは、日本レジストリサービスという会社が管理しています。さらに、それらのレジストリ全体を「アイキャン」という組織団体が管理しています。アイキャン(ICANN)は、ドメインだけでなくIPアドレスなどインターネット上のさまざまな情報を一元的に管理している世界的な団体となっています。

基本的に、トップレベルドメインによってSEO上有利も不利もなく、どのドメインであっても、問題はありません。

スポンサードリンク


ユーザーがドメインを取得する方法

これら、各ドメインを管理しているレジストリから、私たちのような一般ユーザーがドメインを取得するには、代理店を通して購入することが必要になります。お名前ドメインやムームードメインなどは、この代理店に当たります。代理店は、レジストリとオンラインで接続していて、代理権限があるドメインをユーザーに取得させることができることになります。

基本的に、どの代理店で取得しても問題ないので、すでにどこかでドメインを取得している方は、その代理店を通して今後も取得していくとよいでしょう。

ただし、ドメイン管理手数料が代理店によって異なるため、たくさんドメインを取得することになるアフィリエイターとして、少しでも年間コストが安いところを選ぶようにしたらよいと思います。各社そんなに大きく価格は変わりませんが、初回取得時の価格がもっとも安いのは、お名前ドットコムだと思います。

お名前ドットコムは、東証一部上場会社のGMOインターネットが運営するドメイン会社で、世界でもっともたくさんのドメインを管理していることで有名です。その強みを活かすために、たびたびキャンペーンをするので、ドメイン取得費用は他の代理店に比べてもっとも安くなりがちです。

以上のことから、コストを最重視する場合、お名前ドメインでドメインを取得されることをオススメします。※ちなみに私は、お名前ドメインです。一度登録すると代理店を変更するのは面倒なので、最初に確定させておくことをオススメします。※お名前ドメインは、電話サポートがあるのもアドバンテージです。

ドメイン取得はお名前ドットコムで手続きすることができます。


レンタルサーバー会社と同じ会社にすると手続きが楽

また、手続きをより簡略化したい場合は、レンタルサーバーを運営するドメイン会社でドメイン取得すると設定が楽です。ドメインを取得すると、DNSコードを設定する必要があります。これは、どのドメインを入力した時にどのサーバーの情報を見ればよいかを指示したものです。

各ドメイン会社が自社あるいは関連会社でレンタルサーバーを運営していることが多いため、あなたが使う予定のレンタルサーバー業者が運営するドメイン管理会社でドメインを選択するとDNSコードの設定が非常に楽になります。

たとえば、ロリポップならムームードメイン、XサーバーならXドメイン、GMOサーバーならお名前ドメインといった具合です。


当サイトでは、Xサーバーをオススメしているので、Xドメインを活用するのもひとつの手です。Xドメインも今ドメイン代理店の中でシェアを拡大しようとがんばっているので取得価格もそんなに高くないので、Xサーバーを選択する場合は、Xドメインを選ぶとよいでしょう。

ただし、バックリンクサイトを構築するなどたくさんドメインを取得する予定のある方は、一番安いお名前ドメインにしたほうがよいでしょう。DNS設定手続きはそんなに難しいものではないからです。ドメインはどこで取得しても、基本的にクオリティに差がないので、一番安い会社にするのが鉄板だと思うからです。

Xサーバーを選択される方で、ドメインをたくさんは取得しない方は、Xドメインから手続きすることをオススメします。

※レンタルサーバーについては、トップアフィリエイターが使っているレンタルサーバーはどこ?ご確認ください。

関連ページ

スポンサードリンク