アンチ投機の私が仮想通貨を買った

然ですが、私、仮想通貨買っちゃいました!!久しく流行っていて、みんながすでに買い終わって値段が暴落している仮想通貨です。

正直、仮想通貨は買うまいと思っていましたが、あまりにもいろいろと情報が氾濫していて、いろいろとあって買ってしまったのです。

ここでは、私がどうして買うまいと決めていた仮想通貨を今回買ったのか、その前提となる哲学から深掘りしてみて頂くことで、正しいお金の使い方について見識を深めて頂けたらと思います。

仮想通貨を買わなかった理由

仮想通貨を買わなかった理由

お金は価値ある物やサービス、情報に対して正当な対価として支払うと、私は決めています。支出には、投資と消費と浪費があると考えています。

  1. 自分の人生にとって長期的にみて有益な支出=投資
  2. やむを得ない支出=消費
  3. 無駄な支出=浪費

以上の3種類を支出と考えていて、基本的には、投資と消費だけで生活をしようと意図して生きています。

もちろん、投資だと思ってお金を支払ったら、全然的外れで浪費になるようなことは、たくさんありますが、最初から浪費だというようなことにはお金を支払わないようにしています。例えば、パチンコや賭け事、目先の儲け話などです。

投資と消費、浪費の違い

旅行に行ったり、息抜きしたりして、自分や家族をリフレッシュするお金については、私は投資と考えています。浪費は、お金を支払っても意味がないようなことを指していますが、同じ行為でも意図によって、浪費にもなれば、投資にもなります。

例えば、単にゲームセンターでクレーンゲームをしてお金をたくさん使うのは、浪費です。仮に、ぬいぐるみが取れたとしても、本当に欲しいぬいぐるみでなければ、単なる無駄使いにしかなりません。

一方で、同じクレーゲームをするとしても、その人がクレーンゲームをすることが純粋に楽しくて、クレーンゲームをする場合、他の方法よりも効果的に欲求を充足できるとすれば、予算を決めて予算内でクレーンゲームをすることは投資になります。クレーンゲームすることで、自分を満たすことができるからです。自分を満たすことは、自分の人生にとって長期的にみてよい行動なので、投資ということになるのです。

また、消費も同様です。例えば、食費は消費です。食事を摂らないと人は死んでしまうから、絶対に必要なものだからです。なので、ホウレンソウを買うことは通常は消費です。ところが、健康のために無肥料無農薬のホウレンソウを買うのは、自分の身体をよりよくするための投資になります。

少し話がずれてしまいました。

投機しちゃいました

投機しちゃいました

このように、私は支出に関して、ものすごくシビアに考えていて、できるだけ浪費はしたくないと思っています。そして、できるだけ投資の比重を増やして、消費も最低限にしていこうと思って生きています。

ところが、この度、私はこの厳しい掟をやぶった行動をしました。

仮想通貨を買ってしまったのです。

正直、私は仮想通貨について詳しくありません。

仮想通貨は、法定通貨ではない通貨で、誰かの支配ではなくて、公=誰もが観られるという抑止力によって公正に運営される未来の通貨とのことですが、詳細は不明です。

ただ言えることは、世界中に何千もの仮想通貨があり、通貨としてほとんど機能しない状態で、上場して取引されている状況は、正直単なるマネーゲームに近いものがあると思います。

仮想通貨は良いものか???

仮想通貨はよいものか

確かに、仮想通貨自体の思想であったり、技術であったりは、世の中の発展にとって役立つものであるのは間違いないと思います。

これからの未来を考えたら、貨幣の時代からデジタル通貨の時代になるのは必然の流れでしょうし、少なくとも仮想通貨自体は、価値のあるものというか、価値のある技術だと思います。

一方で、仮想通貨に価値があることと、今の状態の中で、仮想通貨を購入することでは意味が全く違います。今仮想通貨を購入するのは、単に儲けたいからのことがほとんどだからです(ちなみに私もそうです)。

仮想通貨が今後、主流な通貨になる可能性は高いにせよ、どういう形で交換の手段になるのかわかりません。また、正直これだけたくさんの種類の仮想通貨があることにも、意味があるのかどうかわかりませんし、それぞれの通貨がどれほどの価値を持つようになるかわかりません。

仮想通貨で皆が儲ける理由

一方で、仮想通貨は株と違って、値上がり率、値下がり率に上限下限はありませんし、価値自体が抽象的なものなので、値動きもものすごく激しいです。

なので、2017年に仮想通貨を買っていた人の中には、かなりのお金を得した人がたくさんいたようです。その話を聞いて、昨年から今年にかけて、たくさんの人が仮想通貨を購入して、得したり、逆に大きく損したりしている状況です。

つまり、値動きのダイナミックさと激しさに投資がされているだけなのです(少なくとも大半の人がそうしているように、私には見えます。)

仮想通貨取引=投機?

仮想通貨は投機

少なくとも現状ほとんどの人にとっては、仮想通貨は、投資でもなければ、通貨としての価値があるものでもなく、投機でしかないということができると思います。

投機とは、コントロールできない何かに左右される儲け話にお金を支払うことで、私は浪費と位置づけていて、過去基本的にはしないことに決めいました。

そんな私が、仮想通貨を買ったのです。

ノアコインという仮想通貨で、おおよそ478,990ノアコイン、日本円にしておおよそ5万円ほどです。

たった、5万円ですが、私としては投機にお金を出すのは、正直抵抗がありました。しかし、いろいろな理由もあっての購入だったので、現状は満足していますし、今後どうなるか、楽しみだなぁとも思っています。

一方で、購入したノアコインが暴落しても、それはそれでよいかなと思って、0円になっても全く痛くない範囲で購入したところです。

ノアコインを買った理由

どうしてノアコインを購入したかというと、一番は、今後大きく値を上げるのではないか、といろいろなソースをみて勝手に思ったからです。

はい、完全に「投機」目的です。笑

ただ、ノアコインを購入したことで、仮想通貨の購入の仕方がわかりましたし、現状の相場感を知ることもできました。全体的に相場が下がっている状況ですが、過去のチャートなんかを見ると、本当に夢があるようなチャートになっています。

ただ同然で購入した仮想通貨が、数百倍になったものもあります。今後どうなるかはわかりませんが、のんびり見守りたいと思います。

ちなみに、ノアコインは日本円で取引できる取引所には上場していません。なので、私はGMOでビットコインを購入して、それをヨービットという外国の仮想通貨取引所にビットコインを送り、そこでノアコインを購入して、現在ノアコインは、iPhoneのアプリの中に入っている状況です。

このような仮想通貨の購入から保管の流れがつかめたのはとてもよかったと思いました。これはやってみないとわからないことだと思います。

また、ビットコインのチャートを見ながらビットコインを購入して、今度は、ノアコインのビットコインでの取引価格のチャートを見て購入しているので、二重で取引されるので、その難しさを感じることもできました。

最後になりますが、ノアコインがいわゆる爆上げしますように!笑

※投機は、余剰資金で楽しみの一環として取り組むようにしましょう。決して、生活資金やビジネス資金で取り組んではいけません。ましてや借金をして投機するなんてのは、絶対に避けたほうがよいです。