ブログやるなら記事アップはスピードと量か、質かどっちが優先?

ロガーやアフィリエイター、企業のインハウスのWeb担当者など、これらホームページの運用に携わる人にとって、更新する記事はスピードと量を重視するのか、あるいは質を重視するのか、どちらが良いのか迷ったことがある人は多いのではないでしょうか。

ある有名なwebマーケターは、このように言っています。

まずはとにかく量をこなしなさい。スピーディーに記事を更新して毎日休まず3記事投稿しなさい。と言っています。

一方で、ある有名なWebマーケターの方はこのように言っています。

とにかく、記事の質にこだわることです。質の低い記事は、サイト全体の信頼性を下げ、検索結果で上位表示しにくくなる原因となります。なぜなら、質の低い記事のせいでドメインの評価が下がるからです。

完全に2分する相反する意見

同じように、成果を上げていて知名度の高いWebマーケッターなのに、相反する意見を言っているのです。

現に、スピードと量を重視するマーケットの方は、たくさん記事を更新してたくさんのユーザーにみられて大きな収益を得ています。

一方で質を重視するマーケターの方は、少ない記事でたくさんのページビューを集めて大きな収益を得ています。

この相反する2つの意見は、どちらが正しいのでしょうか。これはWebの運営に関わる人にとって非常に重要なテーマだと思います。

今日は私が、最終的に論議される論争である、記事はスピードと量なのか質なのかについて、その答えをまとめたいと思います。

私の記事作成について

ちなみに、基本的に私が記事を作成するのにかける時間は通常の記事であれば概ね3時間です。

もっと早く終わることもあれば数日かかることもあります。それは記事のテーマやキーワードの深さ、競合の強さによって変わってきます。

1記事が長くなる場合とその理由

例えば、「お金を稼ぐ方法」と言うキーワードで記事を書いたとすれば相当範囲が広いので、 長い記事になってしまうことが想定されます。長い記事は当然、作成に時間がかかります。なぜなら「お金を稼ぐ方法」というのは無数にあり、守備範囲の広いキーワードとなるからです。

また、お金を稼ぐという事は、どんな業界で、どんな職業に就くのか、どういう心構えで仕事をするのか、どんなノウハウで取り組むのか、働き方や技術など、さまざまな視点が関係してきます。当然このキーワードで検索活動しているすべての人に役立つようにしようと思えば、ものすごくたくさんのことを書かないといけないことになると思います。

なぜなら、サイトを訪れてくれるユーザーは、さまざまなニーズや技能や経験値があり、バックグラウンドは大きく違うからです。

例えばきわめて極端な例ですが、お医者さんの資格を持っていて、今仕事をしていない人が「どうやったらお金を稼ぐことができるんだろう」と、考えて検索してきたとします。お金のことだけ考えれば、医師として就職することが1番効果的です。でもそんな事はお医者さん自身わかってるはずです。医師として働くこと以外に、お金を稼げる方法ないかと探してる可能性があります。

なので、そのことを想定するのであれば、例えば医療関係の記事を医師として実名で書くと言う仕事が良いかもしれません。なぜなら現在の検索エンジンにおいては医療関係の記事、健康系の記事はお医者さんのような専門家が書いた記事でないと評価されないため、健康系のweb運営者の方にとって、医師が書いた記事というのはものすごく価値が高いからです。なので当然一般の人が書く記事に比べてお医者さんが書く記事というのは付加価値がものすごく高くて、そのぶん報酬が大きくなる、と言うことになります。つまり、医師ではない仕事で、大きく稼げる可能性があるということです。

一方で、これはあくまでも医師に向けたアドバイスであって、ユーザーは大学生のような経験値の低い方かもしれませんし、特筆すべき技術を持たない人かもしれません。

このようにお金を稼ぐとゆうキーワードは、ものすごく範囲が広くて深いので、たくさん書くことがあります。当然、この世の場合は3時間で私は記事を書くことができません。数時間あるいは数日かけて書くことになるでしょう。

1記事が短くてもよい場合とその理由

一方で、例えば、「ペンギンアップデート」というキーワードで記事を書こうとした場合、おそらく3時間で記事を書くことができます。なぜならペンギアップデートについて書けば良いだけだからです。これは、SEO業界における一つの出来事にすぎず書くべきことは限定的です。

もちろんペンギンアップデートに引っかかった場合はどうするか、とかその後どうなっているのか、などペンギンアップデートにまつわる周辺の知識についても書かなくてはいけないと思いますが、そんなに多く書く必要はありません。

このように、基本的にはキーワードによって書く量が変わってくるので当然1記事にかかる時間はキーワードによって変わってくることになります。

で、結論はどうなの?

少し話がずれました。

結局、私がお伝えした事は、第1点目としては質が低い記事を書いてはいけないということです。つまり質が高い記事を書くのは絶対条件だということです。

ではスピードや量はなくてもいいのかというとそんなことありません。

Googleはサイトの更新頻度見ています。当然、サイトの更新が頻繁に行われているサイトほどGoogleのクローラーがやってくることになりますので、有利に働きます。たくさん記事がGoogleに登録されることになり、サイトの評価が高まるからです。

一方で、たくさん記事がアップしたとしても、記事の質が低ければ、せっかくGoogleのクローラーがやってきても、1記事1記事の評価が低いわけなのでサイト全体の評価があがりません。なので、質が高い記事を書くということが前提になるわけです。

したがって、身も蓋もない答えになってしまいますが、結論はこういうことになります。

サイト運営において記事は量と質、どちらが重要かというと、どちらも重要だということです。

二者択一から、両立へ

先にお伝えしたWebマーケッターのお二方の意見は、相反しているのではなくて、どちらも正しかったのです。ただし、どちらか一方しか選べないとするならば、質ということになります。なぜなら先ほどもお伝えしたように、質の低い記事はいくら書いても評価されないので結果につながらないからです。

しかし、ここで1つお伝えしたいことがあります。

もしあなたがweb担当者だとして、質か量かどちらかしか選べないとするならば、非常に残念なことだということです。なぜなら、本気で頑張るんであれば質も量も選ぶことができるからです。やろうと思えば、質の高い記事を大量に書くことができるはずなんです。工夫すればいいんです。スピードは、やっているうちに上げていくことができます。経験値が高くなれば当然慣れてきますので早くなります。

Web担当者として最初のうちはスピードが遅いのは当たり前です、経験値が少ないからです。だから、大量に行動する必要があります。人より長い時間働かないといけないかもしれません。でも、労働としての質が高まってくれば同じ仕事も短時間でできるようになります。そして、スピードが速くなれば、量はこなせます。だから質を保ちつつ、量をこなすことは可能ということになります。

質の高い記事をたくさんアップするには?

では、作業速度が遅い時は、どうやって質の高い記事をアップすればよいのでしょうか。それは先の例で見たように、範囲が広すぎるキーワードではなく、ある程度短い時間で完成することができる記事をたくさん書くということです。

私も時間があるときはそのとき書く必要があることを選んで書きます。でも時間がないときは、更新頻度を保つために、できるだけ簡単に書けるキーワードについて記事を書きます。

2万文字の記事と2,000文字の記事では10倍の差があります。また。記事が長くなればなるほど編集も大変になりますので、実際の所要時間は10倍以上かかることになるでしょう。

なので、更新頻度保つためには短くても質が高く保つことができるキーワードについて記事を書き、時間のあるときは長文になってしまう気がどについて記事を書けば良いと思うのです。

例えば、私は2019年1月13日から旅行に出かけます。3泊4日の旅行です。この間、家族のために時間を使いますので、仕事はできません。パソコンは持っていかないつもりです。でも、記事の更新頻度は落としません。今、毎日更新すると決めているからです。じゃあ、どうするかというと、旅行に出発する前に記事を書いておいて、WordPressで予約投稿するわけです。そうすれば、記事の更新頻度を落とすことなく心おきなく遊ぶことができます。

このような場合も、記事の質は決して落としません。しかし、ある程度短い文章で済むようなキーワードを選んで投稿するようにします。そうしないと準備時間がかかりすぎて更新頻度を保てないからです。

結論:両方とれるWeb担当者になれ!

このように、記事の質を追求しながら、記事作成のスピードと量を追い求めてることができるということが結論です。

特にWebの立ち上げ当初は、なかなかGoogleのクローラがやってきませんので評価も上がらず、アクセスも生まれません。

だからこそ、スピードと量はものすごく重要です。たくさん記事を書く事は、サイトの評価を高めるために極めて重要な役割を果たします。だからといってここまでお話ししたように、記事の質を落とすことは決していけません。高い質の記事を大量にスピーディに書き上げていくしかないのです。

あなたが初心者のWeb担当者やブロガー、アフィリエイターなのであれば、時間を使うしかありません。なんとか時間を工面してたくさん記事を書いてください。慣れてきたら時間は半分になりますから、ゆとりを持つことができ、楽になります。生みの苦しみはつきものです。スタートアップは特に頑張ってください。

今日は記事は、スピードと量をとるか、質をとるべきかについて、私の私見を書かせていただきました。少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。