コピーライティング|HPを最強の営業マンにする魔術

コピーライティングとは、ウェブ上の営業術

コピーライティングイメージ
れだけHPにアクセスがあったとしても、どれだけメルマガへの配信数があったとしても、どれだけSNSでシェアされたとしても、アフィリエイトリンクがクリックされて、広告主サイトで成約しなければ、アフィリエイトでお金を稼ぐことはできません。
その際に重要になってくるのが、HPやメールを書く技術=コピーライティングです。

 

コピーライティングとは

一般的には、コピーライティングというと糸井重里さんのような、いわゆるキャッチコピーを書くことを思い浮かべるかもしれませんが、基本的にはコピーライティングとは、Webや紙面で物を売ったり、問い合わせをとったりするための営業活動を言います。
基本的には、文章で書くことが原則ですが、現在は写真や動画なども頻繁に使われています。

 

 

コピーライティングを育んだダイレクトレスポンスマーケティング

コピーライティングは、アメリカで発達しているダイレクトレスポンスマーケティングというマーケティングで発展してきました。
ダイレクトレスポンスマーケティングとは、顧客にメールやDM、Webやテレビなどの広告を使って直接ものを売ったり、問い合わせをもらったりするマーケティングのことを言います。
日本では、ジャパネットタカタやドモホルンリンクルの再春館製薬所、やずや、などがダイレクトレスポンスマーケティングの理論を取り入れて業績を上げている有名な業者になります。
広告を打ち直接的なレスポンスをとることで、広告の費用対効果が一目瞭然となる非常に効率的な手法になります。(逆にテレビCMなどはイメージ広告といわれ、効果検証が難しい広告になります)
アメリカでは古くからこのダイレクトレスポンスマーケティングの手法が発達しており、日本では神田昌則さんなどが紹介しています。
そういう意味では、コピーライティングを学ぶことは、ダイレクトレスポンスマーケティングについても学ぶ必要が出てくるといえるでしょう。
なぜなら、高い成約率のコピーライティングするためには、マーケティングすることが前提にあるからです。

 

コピーライティング=Webや紙の営業マン

コピーライティングは一言で言えば何なのかというと、営業マンがする一切のことをWebや紙上で表現することといえると思います。
あるコピーライティングの大御所は、コピーとは印刷された営業マンだといっているくらいです。

では、一体どんなことを書けばよいコピーができるのでしょうか?

それは、優れた営業マンがする一連の行為を文章や写真、動画を作って表現すればよいのです。
具体的にはまたこのカテゴリの記事内で紹介しますが、端的に言えば、お客さんのニーズに共感してラポールを築き、解決策として商品を提示して、断り文句をつぶして購入に至らせることになります。
もちろん、どれだけ優れたコピーライターであったとしても、100%の成約率を出せるわけではなく、商品やターゲットによって、テストしながら改善して成約率を上げていくことが大切になります。

 

コピーライティングを学ぶにはどうすればいいのか

では、どうやってコピーライティングを学べばよいでしょか?
GoogleやYahoo!で検索するとコピーライティングに関する教材や本は、いくらでも出てきます。
でも、基本的にはコピーライティングは誰でもできることであるので、あまり成果を作れない人でも教材や本を出すことができたりします。
やはり、売れるコピーライターになるためには、売れているコピーライターから学ぶ必要があります。
このカテゴリでは、アフィリエイトで成約率を高めるために必要になるコピーライティングの基本をお伝えするとともに、学ぶべきコピーライターや教材、本なども紹介できたらと思います。

コピーライティング|HPを最強の営業マンにする魔術記事一覧

関連ページ