【必見】住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」のススメ

公開: by

【必見】住宅ローンマッチングサービス「モゲチェック」のススメ
れのマイホームを所有している人のほとんどの方が、住宅ローンを組んで家を建てたり、マンションを購入したりします。

 

住宅ローンは、金額が大きくて長期の支払いになるため、金利の差がほんの少しでもトータルでの支払い額は大きく変わってきます。

 

住宅ローンを組んで家を所有している人やこれからマンションを購入したり一戸建てを建てたりする人にとって、どこで住宅ローンを組んだら一番得なのかということは非常に大きな関心事だと思います。

 

これから家を購入する人は、不動産業者やディベロッパーに相談してよいところを探せますが、すでにローンを組んでいる人には、相談するところは限られます。

 

まさか、今住宅ローンを組んでいる銀行に、「他によい住宅ローンありますか?」と聞くわけにはいきませんし(笑)、ネットで調べるとあまりにも住宅ローン商品の数があまりにもたくさんありますし、仕組も複雑化していて、「何を基準」に「どう」判断すればよいかわからないのが、実情だと思います。

 

社会情勢で最適な住宅ローンは変わる

住宅を購入してから数年も経過すれば、経済の状況、社会の状況は大きく変わってきますし、あなたにあった住宅ローンも変わってきます。従って、その都度よりよいプランを選択するのは、全体の支払いコストを軽減するために、非常に重要なポイントとなります。

 

一方で、ローンを組むときには、手数料や抵当権の設定のための司法書士費用などの諸費用もかかってきますので、あまりにもちょくちょくローンを組み替えるわけにはいきませんし、そういった支払う諸費用も含めてどちらが得かを検討する必要があります。

 

よく「今が金利の底だから、固定金利で組んだ方が良い」という人もいます。確かに、現状公定歩合がマイナス金利であることを考えると、これ以上金利が下がることは少ないと言えるでしょう。しかし一方で、「金利の安い今だからこそ、同じ支払いをするなら元金を減らしておいた方が良いから、一番金利の安い変動金利にして、元金を減らして金利が上昇しそうなタイミングで固定に切り替えたら良いのではないか」と、いう人もいます。

 

  • 金利が安い今だから固定?
  • 金利の安い今だから変動で元金減らす?

 

金利の水準

固定金利 > 変動金利

 

住宅ローンの支払額=元金の返済+金利

 

確かに、毎月の住宅ローンの返済額の中には、元金と金利が含まれています。そして、固定金利は変動金利より大分金利が高いので、支払い額が変わらない安心感がある一方で、元金の減りが少なく金利の支払いが大きいということができます。

 

金利の違いで変わる支払い額

例えば、以下のシミュレーションをご覧下さい。

 

ローン金額3,000万円を組んだ場合の返済総額と毎月の支払い金額の概算を場合わけでシミュレーションします。

 

固定2.5%で35年ローンの場合

毎月の支払い金額は、107.248円で、総支払額は45,044,199円です。

 

変動0.8%で35年ローンの場合

毎月の支払い額は、81,918円で、総支払額は34,405,447円です。

 

変動0.8%のローンで返済額が26年ローンの場合

毎月の返済額は106,532円で、総支払額は、33,237,884円です。

 

以上のように、固定と変動どちらかを選ぶだけで、35年間で1,000万円以上支払い額が変わってくることになります。もちろん、シミュレーションでは変動金利の場合も、金利が変動しないということを前提に計算していますので、一概にはいえませんが、同じ支払いをするのであれば、金利が安いほうが大きく元金を減らせるので、組み替えても得になるケースも多々出てきます。

 

例えば、上記の例で、元金の減り方がどう変わるか、プラン1とプラン3で比較してみましょう。つまり、金利2.5%で107,248円ずつ35年支払う計画と、金利0.8%で毎月106,532円ずつ26年支払う計画の場合です。

 

金利2.5%で107,248円ずつ35年支払う計画と、金利0.8%で毎月106,532円ずつ26年支払う計画比較

 

この表を見てわかると思いますが、同じ10万円程度の支払いでも、当初の返済額における元金の割合は、4万円以上違います。1年で50万円近く元金の減り方が違うということになります。その違いが10年で470万円、20年で860万円にも及びます。

 

このように考えれば、金利の支払い額を少しでも減らそうと思えば、できるだけ金利の安いローンで当初組んでおいて、元金を減らしておいて、金利が上がりそうなタイミングで固定に切り替えれば、かなりお得になると言えます。

 

例えば、上記の場合で当初0.8%の金利で住宅ローンを組んでおいて10年後にローンを切り替える場合、その時の元金は19,193,190円となります。一方で、固定金利で組んでいたら10年後でも元金は23,849,061円も残っていることになるのです。

 

今も未来もずっと提案してくれるモゲチェック

このように、どのように住宅ローンを組んだら良いかを判断するのに適しているのが、今回ご紹介するモゲチェックです。

 

モゲチェックは、株式会社MFSという資本金8.8億円の会社が運営しているサイトです。

 

株式会社MFSは、ヤフージャパンやゴールドマンサックス、電通やマネックスなどから資金を調達して2009年に設立されてベンチャー企業です。

 

ベンチャー企業なのですが、モゲチェックを通して社会に新しい住宅ローンの選び方を提案して、ユーザーにとって常にベストな選択をということでスタートしてる会社で、多額の出資を得ているので相当な実力を有した会社とみることができます。

 

住宅ローンをFPや一括見積もりサイトなどで見直そうと思ったら、限られた提携先の中で選ばざるを得ませんが、モゲチェックの場合は、全国700金融機関うち120銀行の中からあなたに最適なプランを提案します。

 

相談やシミュレーションは無料で、住宅ローンを切り替えた場合に支払い額の下がった部分の10%を成功報酬として支払う形でサービスを受けることができます。

 

つまり、完全出来高性のサービスで、ユーザーからフィーをもらうから、700金融機関120銀行もの選択肢を有することができるわけです。

 

なので、あなたは全国の「あなたがサービスを受けられるすべての銀行の住宅ローンのすべてを比較しなくても」すべてモゲチェックが手続きを代行してくれて、住宅ローンの返済シミュレーションをしてくれるわけです。しかも、かなり精度の高い長期にわたる金利予測に基づいて最適なプランを提供してくれます。また、契約や借り換えの手続きもほぼ代行してくれるのであなたの手間はありません。さらに契約後もずっとあなたの住宅ローン情報はモゲチェックに登録されていますので、最適な組み替えや固定金利への変更タイミングを知らせてくれます。また、成功報酬もローンの中に諸費用と一緒に組み込めますので、一時金の支払いが発生することもありません。

 

このようにこれでもかっていうくらい、住宅ローンの金利を下げたいユーザーの心を掴んだサービスをしています。

 

他の住宅ローン見積もりサービスとの違い

でも、住宅ローンの見直しを提供しているサイトはたくさんあるし、対面で診断してくれるFPもたくさんいるけど、何がどう違うのって思われる方もあると思います。

 

確かに、住宅ローンの見直しの会社や一括見積もりの会社、一括審査申し込みのサイトもあれば、FPが個別に診断してくれるところもあります。

 

中には、無料で比較してくれるサイトもあるので、成果報酬とはいえ報酬を支払うのであれば、無料のサイトに依頼したほうがよいのではないかと、思われる方もいるでしょう。

 

しかし、断言します。モゲチェックに頼むのが、「ベスト」です。なぜ、そういえるかというと、次の点からです。

 

  1. 無料診断にみられる金融機関700社(うち銀行120行)という圧倒的な選択肢
  2. 住宅ローンの借り換え専用で手続きも代行するので現場の知識や経験値が違う
  3. 借り換え後も最適な金利で住宅ローンを組み続けられるように無料サポートつき
  4. 成果報酬型なので、成果がでなければ完全無料
  5. 未来の金利まで予測してアドバイスしてくれるので単なる金利比較とはレベルが違う
  6. 審査が通る通らないの予測もあるので安心して申し込める
  7. 成果報酬もローンに組み込めるので支払いの心配無用
  8. 各種メディアでもとりあげられている安心感

 

以上が、モゲチェックが優れている理由です。この中で、まだ解説していない点としては、5、審査が通るか通らないか予測が付くというのは、「日本初!住宅ローンクレジットスコア【モゲスコア】」というサービスで、住宅ローンがいくら借りられるか借り入れ可能額と適用金利の目安がわかるサービスを提供していることです。また、メディアで取り上げられた履歴については、以下を参照ください。

 

  • 日本経済新聞 「眠る1700兆円放つ 個人の金融資産に転機」にてモゲチェック・プラザを紹介17年1月1日
  • 日本経済新聞 「住宅ローンに迷ったら…ネットで手軽に複数比較、仮審査、同時申し込みも可能」17年7月1日
  • 日本経済新聞 「ミドル世代の転職時に注意すべき住宅ローン借り換え」17年9月9日
  • 産経新聞 「住宅ローンを賢く見直し 専門家に相談」にてモゲチェック・プラザを紹介17年2月22日
  • NHK「ニュース7」 マイナス金利下の新サービスとしてモゲチェック・プラザを紹介16年5月16日
  • NHK「クローズアップ現代」 「徹底検証 マイナス金利政策」にてモゲチェック・プラザを特集16年6月16日
  • 東洋経済 「すごいベンチャー100」に選出16年6月号
  • プレジデント 「平均400万円減額! 住宅ローン借り換えのラストチャンス」17年1月16日号
  • 日経ビジネス 「銀行と消費者の間に立ち、最も有利なローンを提案」17年2月13日

 

モゲチェックの利用方法

次にモゲチェックの利用方法について解説します。

 

まずは、このページ一番下の「公式サイトはこちら」をクリックします。そうすると、モゲチェックの公式サイトが表示されます。

 

「無料・土日祝日も対応!電話診断を予約する」というボタンを押してください。
無料・土日祝日も対応!電話診断を予約する

 

電話相談ができる日時が表示されます。この中で、あなたが対応可能な時間を選んで必要事項をご記入下さい。
電話相談ができる日時

コンサルタントに必要な事項

 

そうすると、指定の時間に担当のコンサルタントから電話がかかってきますので、コンサルタントに必要な事項をお伝えして、あなたの聞きたいことを聞いてください。

 

後日、あなたの状況に合わせて最適なプランを提案書として提出してくれます。あなたの希望に合えば申し込みをして、ローンの契約に進んでください。借り換えに必要な書類収集の代行含めて、ほぼすべてのことをモゲチェックが対応します。複雑で面倒な準備もあなたは最小限の労力で済みます。(逆に、あなたにメリットがないと思えば、申し込みしなくて構いません。他の比較サイトと相見積もりとって比較しても構いません。

 

そして、契約して借り換え実行から完済まで、最大35年間金利の見直しチャンスや固定金利への切り替えアドバイスをサポートしてくれます。なので、あなたは今回の案件だけでなく、将来に渡って最適な住宅ローンを組み続けることができることになります。

 

住宅ローンの支払いは、来月も確実に来ます。借り換えに多少なりとも時間がかかることを考えると、少しでも早く見直す手続きをするのが大切です。支払う金利は時間が最大の敵だからです。いますぐモゲチェックの公式ページから電話診断予約を入れて下さい。(電話が不安な方は問い合わせフォームに記入するだけでも不安が解消されると思います。)

 

モゲチェック公式サイトはこちら

関連ページ