FXのデモ口座とは?役割と使い方

FXのデモ口座とは?役割と使い方
FXのデモ口座って聞いたことある人は多いと思います。

 

いったいデモ口座はどんなものなのか。

 

FXをこれからはじめる人、なんとなく取り組んだことはあって、FX会社のサイトでデモ口座っていう言葉を聞いた人、これからどの会社に口座を開設しようか迷っている人など、それぞれの状況に応じた役割と使い方についてまとめました。

 

FXのデモ口座とは何か?

FXのデモ口座とは何か?
FXのデモ口座とは、本番トレードさながらの環境でトレーニングとしてトレード可能な無料で利用できる口座のことで、簡単に言うと、実際のトレードの前にFXトレードや売買システムに慣れるための練習の場と考えるとよいでしょう。

 

「習うよりも慣れろ」とはよく言いますが、FXトレードとは証拠金取引のことで、他の投資商品である株式や先物取引などとは若干異なるトレードです。

 

証拠金取引とは、少ない証拠金にレバレッジをかけることで大きな額のトレードを行うというハイリスクハイリターンのトレードとなります。

 

このレバレッジが、国内FXの個人トレードの場合に25倍まで認められており、例えば10万円の資金でも25倍の250万円までのトレードが可能となるわけです。

 

10万円を元でにレバレッジをかけて250万円の運用をすると、250万円を運用するのと全く同じだけの利益と損失を受けることになります。例えば、1ドル100円の時に、25,000ドル購入したとします。その後1ドル101円になったとすると、2,525,000円になるので、25,000円得することになります。一方で、1ドルが99円になったとすると、2,475,000円になるので25,000円損することになります。

10万円の投資が、為替がたった1円変動しただけで、25,000円も利益や損失につながる!!

 

株式の信用取引でも3倍までですので、25倍のレバレッジに慣れている投資家はほとんど存在しておらず、FXトレードの場合には、事前にしっかりとデモ口座で練習することが重要だといわれているのです。

 

まずはデモトレードをしよう

まずはデモトレードをしよう
はじめてFXトレードにチャレンジするという場合には、まず、FXトレードの仕組みを十分に理解する必要があります。

 

トレードというと、相場に勝つこと、つまり相場の方向性を予想できれば勝ちにつながると考えている人がほとんどですが、FXで勝利を得るためにより重要なのはFXトレードの仕組みやルールを理解することなのです。【参照】FXの正しい始め方

 

株式トレードの熟練者がFXトレードではなかなか勝てないという傾向があるのですが、これは株式では有効な逆張りトレードが、証拠金取引であるFXでは株式ほどの有効性を発揮できないということに起因します。

 

つまり、FXと株式とは似て非なるもので、仕組みが違うためにそれぞれのルールに適したトレードをする必要があるということです。

 

予想できても利益が出ないこともある

FXトレードもルールを知らなかったら、単に相場の方向性を予想できても利益につながらない可能性が高いことを知っておく必要があります。

 

FXトレードに少し慣れてくると、より大きな利益を目指そうとして失敗する人が多いのも、ルールを逸脱してハイリスクハイリターンであることを忘れてしまっているからです。実際に、何年のFXで食ってきた人が、ある晩一気に全財産を失ってしまうことは、よくあることです。

 

このようなケースでも、初心を忘れることのないようにデモトレードで練習することは非常に有効です。

 

FXのデモトレードの役割

FXのデモトレードの役割
デモトレード口座のメリットとして、前述したように本番さながらの環境で実戦練習ができるというポイントがあります。デモ口座を開設すると仮想の資金が入金されますので、この資金を証拠金としてデモトレードを行います。

 

仮想資金ですから、実際の損益とは関係ありませんが、しっかりとしたトレードプランを作って練習するには非常に有効な練習方法となります。

 

また、FX会社に口座開設する場合には、約定力・スプレッドの狭さ・スワップポイント・情報力などと共に重要なポイントとして売買システムの使いやすさという問題があります。

 

ほとんどのFX会社のデモ口座では、本番のトレード環境と同じ環境で練習することができるようになっており、証拠金取引に慣れるというメリットと共に、自分に合った売買システムのFX会社を事前に知ることができます。

 

デモトレード口座を利用することで、口座開設したもののトレードシステムが合わずに別のFX会社に口座開設するという二度手間を防ぐことも可能です。

 

FX会社のデモ口座の使い方

FX会社のデモ口座の使い方
デモ口座の使い方には5つの重要なポイントがあります。以下詳しく解説していきます。

 

デモトレードの始め方

多くのFX会社では、口座開設前にデモトレードを体験することが可能ですが、デモ口座を開くためには申込登録する必要があり、簡単な入力事項だけでデモ口座を開くことが可能です。

 

申込登録するとログイン情報がメールにて送られてきますので、これでデモトレードが始められます。

 

基本操作を覚える

デモ口座を開設したら、マーケット情報・チャート分析・ポジション情報などの見方を覚え、トレードの基本操作を覚えます。

 

トレードしたい通貨ペアが取り扱われているか否か、チャート分析の種類などを確認し、操作方法が自分に合っているかどうかを知ります。

 

短期売買かスワップトレードか

FXトレードというと、ハイリスクハイリターンの短期売買というイメージがありますが、極力リスクを抑えたスワップ金利狙いのトレードもあります。

 

スワップ金利とはFX会社により異なり、毎日発生するものですからデモトレードでしっかり確認してどのくらいの収益性があるのかを知っておきましょう。

 

また、実際にトレードすることで短期売買があっているか、スワップトレードがあっているかも分かれば理想的です。

 

エントリーのタイミングを知る

デイトレードなどの短期売買では、エントリーのタイミングが非常に重要となりますが、デモ口座でのトレードで最も慣れておきたいのがエントリーのタイミングを知ることです。

 

もちろん、エグジットも重要ですが、エントリーのタイミング次第で余裕を持ったトレードが可能となり、このことは収益に近付くことになりますので大変重要です。

 

テクニカル分析

基本操作のところでも指摘していますが、短期売買の場合には多くのトレーダーが行うテクニカル分析ですが、実際の相場でテクニカル分析をトレードに活かせるようになる必要があります。

 

テクニカルトレードなどの教科書では用語の解説や後講釈は多くありますが、リアルタイムでテクニカルチャートを活かすには実際の相場でトレードするしかありません。

 

ここで何度も何度も練習することで自分の勝ちパターンまで作ることができるのが理想となります。

 

 

FXデモ口座のある証券会社一覧

デモ口座はすべてのFX会社で提供されているわけではなく、また口座の中身もFX会社により異なります。事前に確認しておきたいポイントとしては、スマホ対応かどうか、仮想資金額、デモトレードの期限などとなります。

 

以下に主なFX会社の一覧を載せて比較しました。また、FX会社は他にもいくつもありますが、私自身もまだあまり活用していないので、いろいろと活用してオススメの会社を別途お伝えしたいと思います。ここでは、表面的な内容にとどめさせて頂きます。

 

主なFX会社8社のデモトレード比較

FX会社 トレード期限 仮想資金額 スマホ対応
GMOクリック証券 1か月間 1000万円
DMMFX 3か月間 500万円
ヒロセ通商 30日間 300万円
インヴァスト証券 30日間 10万円~100億円 ×
外為オンライン 無期限 300万円
YJFX! 1か月間 10万円~1億円
IG 無期限 6000万円 ×
FXプライム 1か月間 500万円 ×

 

近年人気のSBIFXでは、デモ口座は提供されていませんが、1通貨単位での売買が可能ですので、事実上はデモ口座を持つFX会社と考えてもよいでしょう。

 

FX会社のデモ口座を利用する注意点

FX会社のデモ口座を利用する注意点
デモトレードを行うことは非常に重要な意味を持ちますが、同時に忘れてはならない注意点もいくつかあります。

 

まず、あくまでもデモトレードとはバーチャルリアリティーの世界でのトレードで、勝っても利益が出ませんし負けても損失が発生することはありません。重要なポイントは、実際のトレードで多くの投資家が苦しむのは儲けたいという欲望を管理できないからなのですが、デモトレードはこの欲望を管理することには不向きなトレードとなります。

 

つまり、いくらデモトレードで練習しても、欲望を管理するという練習は難しいということになり、デモトレードでいくら勝てるようになっても、実際のトレードで勝てるようになるにはこの欲望を管理する必要があるということになります。メンタルは鍛えられないということですね。

 

デモトレードでできるのは、売買システムが自分に合っているかどうかを確認したり、チャート分析を実践で役立たせるようなトレーニング、エントリーのタイミングなどのトレーニングとなります。

 

もちろん、これらでもFXトレードの仕組みやルールを知るのには十分役に立ちますので、やらない人と比べればデモトレードで練習してから実践する人のほうが早く利益を上げられるトレーダーになる可能性は高いと考えられます。

 

この記事のまとめ

FXのデモ口座とは?役割と使い方まとめ
FXのデモ口座とは、多くのFX会社で提供されている無料のFXトレー二ング用の口座のことで、申込登録することで一定期間利用できたり、中には無期限で利用可能なものもあります。

 

デモ口座とは言っても、ほとんどのデモ口座が本番の売買システムとほぼ同じ環境を提供しており、実戦さながらのトレーニングを行うことが可能です。各社のデモトレードでは、仮想資金が提供されすべてなくなってもまた新たに仮想資金が提供される仕組みとなっています。

 

あくまでデモトレードはバーチャルリアリティーな世界でのトレードですから、利益も損失も発生することはりませんが、そのことから実際のトレードのように欲望を管理する必要がなく、実戦にはそれほど役に立たないという考え方もあります。

 

とは言え、FXトレードの仕組みを理解したり、ルールを確認するには最適な練習方法であり、また、売買システムの使いやすさなどから口座を作るべきFX会社を選別するという観点でも役に立ちます。

 

上手にデモトレードを活用して、取引のトレーニングをしたり、感覚を養ったり、よいFX会社を見極めたりしましょう。

関連ページ