FXの正しい始め方

FXの正しい始め方
FXを始めたいけれど、何からどう取り組めばよいかわからない。そんな人は多くいると思います。また、ギャンブルみたいで、損が膨らむようなイメージを持っている人もいるかもしれませんし、ちょっとした取引で大もうけするようなイメージを持っている人もいるかもしれません。

 

そして、残酷な真実ですが、FXに取り組む人のほとんどの人が儲けることはできません。FXで儲けるには、一定のマインド、スキルやノウハウが必要になるからです。

 

ということで、ここではほとんどの人が知らないFXの正しい始め方について、専門のライターが解説します。

 

FXに必要な口座と資金だけ

FXに必要な口座と資金だけ
実はFXで取引するために必要なのは、FX口座と資金だけなのです。ただし、FX口座は銀行の口座や、株用の口座とは別に、開設する必要があります。

 

そして初心者におすすめなのは、1回の取引単位が少ない口座です。目安としては1,000通貨以下の口座が良いです(日本円の取引なら、1,000円以上の金額なら取引できるという意味です)。なぜなら、単位が大きいほど、リスクが高くなるからです。

 

また、スプレッドと呼ばれる手数料が少ないか、金利が高いか、取引しやすい環境作りが成されているか、も判断基準となります。

どのFX会社がよいかは、現在検証中です。しっかりと比較検討した上で、オススメがあればご紹介します。

 

FXで勝つために必要なもの

FXで勝つために必要なもの

  1. ノウハウ
  2. メンタル
  3. スキル
  4. 投資資金

 

この4つだけです。

 

まず、何もわからなければFXを始めることは出来ません。もちろんお金も必要ですよね。そして、どのようにすればお金を増やせるか、知識をつけておく必要があります。最後に、お金を稼ぐという強い意志、心構えが必要です。

 

ノウハウには、チャートの見方やトレードの基本などが含まれますが、すでにさまざまなものがたくさん出回っています。それらのノウハウを元に、取引を実行するスキルも重要ですし、損切りしたり、会を入れたりする際の決断力などメンタル面での能力も培わないと絶対に勝てません。

 

少額から始めるべし

一発逆転で大きな利益を得ようとしたり、自分の勘を絶対視して確実に勝てると誤認したりして、いきなりたくさん取引をしていませんか?実は、それは大きな間違いです。

 

取引に「確実」ということはありません。また、1回の取引でたくさんの利益を出すのではなくて、小さな利益をたくさん積み上げて、損失をできるだけ小さくするのがFXで儲ける基本です。

 

相場は、上り坂、下り坂の他に、「まさか」という坂もあります。たくさんの資金を1回の取引に投じるのは、大きなリスクになりますので、絶対に避けるようにしてください。はじめは少額から取引していくことで、リスク回避が出来ることになりますし、練習になります。そして、どうすればいいのか、スキルを伸ばしていくことになります。

 

FXするなら知っておかなければならない基礎知識

FXするなら知っておかなければならない基礎知識

レバレッジ

天秤の「てこ」の働きをするものです。小さな資金を担保に大きな金額を投資することです。資金にレバレッジをかけることで、大きな額面の取引をすることが出来ます。運用した資金から得られる利益を得ることができる一方で、運用して被る損失も運用額分の損失になりますので、利益もリスクもレバレッジ倍数分だけ増します。レバレッジ何倍という使い方をします。「レバ」とも呼ばれます。

 

エントリー

買い注文を出す、売り注文を出すなどの取引に参加することです。取引金額を指定して、その金額で売買が成立するのを待つ指値と、その時の相場の金額で売買を確定させる成行という2つの方法があります。

 

スプレッド

スプレッドには、2つの意味があります。

 

まず、売値と買値の差額という意味です。このスプレッドの数値が変動することによって、利益や損益が発生します。また、FX会社の取引手数料のことも意味します。スプレッドが低い会社を選ぶと、手元に残る額が大きくなります。

 

スワップポイント

2つの国で取引する際の(例えば円とドル)金利の差を表したものです。日本の金利は低いので、日本よりも金利が高い国の通貨を買うことで、金利の差額分(スワップポイント)のお金を多く手にすることが出来ます。

 

デモトレード

FX初心者のために、FX会社が無料で取引の練習ができるシステムを作っています。このシステムをデモトレードと呼びます。もちろん練習なので、金銭の損得は発生しません。

 

強制ロスカット

たくさんのレバリッジを賭けて取引をする際に、損失が手持ち資金=証拠金よりも大きくなった場合に、起こる現象です。強制的に売買が為されて、損失が確定して、あなたの資金が0になります。

 

これは、資金がマイナスにならないための仕組みで、このおかげで相場の上下によって借金を抱えることがなくなるようになっています。

 

FXとは?FXの意味・基礎知識も併せてご覧下さい。

 

FXトレードスタイルの基本

FXトレードスタイルの基本
1が一番取引期間が短く、4になるにつれて売買までの期間が長くなっていきます。

 

スキャルピング

簡単に言うと、すぐ買ってすぐ売ることです。買ったものを、数秒〜数分後には売却しています。数値があまり変動していないうちに売るので、一回あたりの利益は少なくなります。しかし、すばやい取引をすることが出来ます。

 

デイトレード

一日で、買ったものを売るなどして、損益を確定させる方法です。その日の内に取引を終了するので、数値の変動が読みやすいという利点があります。また、その日に得た金額を基準として、翌日以降、取引に運用することもできます。

 

スイングトレード

数日から数週間(数か月)かけて取引を終了することです。取引回数を少なくすることが出来るので、手数料(スプレッド)が少ないことや、期間を空けることで大きな利益を生む可能性があるという利点があります。

 

中長期トレード

スイングトレードよりも長い期間(半年以上)、取引をすることです。取引先を間違えると、大きな損失があるというデメリットがあります。しかし、毎日、価格の変動を気にする必要がなく楽という利点もあります。

 

3種類の注文パターン

成行

表示されている金額(レート)のまま買うことです。迅速な取引をすることが出来ます。

 

指値

売買の金額を決めることが出来る方法です。レートよりも高く売る、安く買うことができます。しかし、あまりにレートとかけ離れた金額の場合は取引が成立しない可能性もあります。○円以下になったら買い、○円以上になったら売ると決めることが重要になります。

 

逆指値

指定額よりも高くなったら買い、安くなったら売る方法です。売る金額を決めておくことで、大きな損失を出す可能性がなくなります。つきっきりにならないで取引をすることが出来るので、忙しい人にもおすすめです。○円以上になったら買い、○円以下になったら売ると決めることです。

 

FXの運用方法

裁量取引

自分が考えて、買うか売るか決めるやり方です。自分の分析や感情によって取引を決めるので、得するか損するかは自分次第です。

 

システム取引

統計やデータに基づいて自動的に売買する方法。一切の感情を排除していることが特徴です。自分が思ったように、動いてくれないというデメリットがあります。

 

相場分析手法

ファンダメンタル

失業率やGDPなどの経済の状態や、国の財政状態を基準として、取引をする方法。デメリットとしては、ニュースなどで経済状態を知ってからの取引になるので、取引までの時間がかかることがあります。

 

テクニカル

取引する通貨の歴史(どのように金額が変動してきたか)などの、過去のデータ(主に取引価格の推移をグラフにしたチャート)を基に、これからどのようになるか予測する方法です。デメリットとしては、分析するのに時間がかかることが挙げられます。

 

2つの分析手法を書きましたが、基本的にはどちらか一方のロジックで取引するのではなく、複眼的に情報を仕入れて判断することが重要となります。

 

FX取引のメンタル

FX取引のメンタル
FXをしていくにあたって、重要なのはメンタルを一定に保つことです。

 

損失が出て、気分が落ち込み、利益が出て、テンションが上がる…このように感情の波を持たないことです。また、情報に左右されないことも大事です。やっぱり、売った方がよかった、買った方がよかったかな…などと考えすぎてしまうことは良くありません。

 

ノウハウやスキルは重要ですが、もっとも大切なのは、以下にメンタルをコントロールしていくかという点です。損する恐怖から損切りできなかったり、欲をかいて利益を得られなかったり。人間は感情の生き物なので、メンタルは極めて重要となります。

 

正しい知識を学んでから始める

メンタルを一定に保つためにも、しっかりと正しい知識を学ぶことから始めましょう。そのためには、正しい情は何かを知ることが必要です。正しい情報を知るためには、その情報を実践して正しいかどうかを検証しないといけません。

 

私は、FX取引のさまざまなノウハウを学んで実践して、本当に正しいノウハウを見いだそうと思います。

 

まとめ

FXの正しい始め方まとめ

 

初めてだから、不安という人も多いことでしょう。言葉を見るだけで、なんとなく難しいイメージがありますよね。でも、実際に知ってみれば、思ったよりも簡単だということも多くあります。最初は誰でも初心者です。まずは、勉強して、正しいマインドで正しいノウハウとスキルを持って、FXに取り掛かりましょう。

 

関連ページ