FXは、何時まで取引できるの?

FXは何時まで?
FXの取引ができる時間は何時から何時までなのでしょうか。あるいは曜日や祝日はどんな扱いになるのでしょう。

 

平日の日中は仕事していてFXなんてできないので、できれば平日夜間や土日祝日などに取引したい方も多いと思いますので、まとめました。

 

FXの取引時間

 

一般的には、冬時間の場合、月曜日の午前7時から土曜日午前6時50分まで開かれています。火曜日から金曜日は24時間、いつでも為替取引ができます。冬時間?という人に説明しますと、開始時間では夏時間と冬時間にわかれています。

 

夏時間とは、米国での日照時間に合わせて時計を標準時間より1時間ほど早く進めるように決められているのです。米国だけでなく、欧州やオセアニアもこのようなサマータイム制度を導入しています。期間は、3月の第2日曜日の午前2時~11月第1日曜日の午前2時までが夏時間です。

 

為替市場は世界中で行われている取引なので、このサマータイム制度に合わせることとなっているため、開始時間が変わります。

 

というわけで、

 

・夏時間…月曜日の午前6時から土曜日午前5時50分
・冬時間…月曜日の午前7時から土曜日午前6時50分

 

というように、夏時間の場合は1時間早く始まります。口座を開設している人であれば、夏時間と冬時間が切り替わる時はFX業者の方で知らせてくれるので安心してください。

 

また、業者によっても若干違いがでてきます。開始時間が冬時間で6時50分から開始できたり、サクソバンク証券という業者では月曜日の開始時間が午前3時からというところもあります。(冬時間)

 

祝日の扱いはどうなる?

祝日の扱いはどうなる?
FXは、土曜日と日曜日の週末は休みで取引はできませんが、祝日はできます。正確には、日本が祝日でも世界中のどこかの国が平日であれば取引は可能です。

 

為替市場はインターバンク市場と呼ばれており、銀行間同士で注文を出し合っています。これは日本同士の銀行だけでなく、世界中の銀行と取引をしているのです。そのため、銀行が休みでない限りは為替市場は開いています。

 

例えば、日本の祝日である4月28日からのゴールデンウィーク時でも取引はできます。反対に海外の代表的な祝日はクリスマスです。日本は祝日ではないので、クリスマスも取引はできます。

 

つまり、祝日は各国の事情によって違うので、ほとんどの祝日は取引可能です。しかし、1月1日といった元旦は、どこの国も休みになるため取引はできません。これはFXの口座開設をしているのであれば、ホームページやメールで告知されます。

 

注意点としては、祝日でも為替取引はできますが、取引の量が少なくなります。特に米国や欧州が祝日の時には、大きな金額が動かなくなるため、値動きがない状態になります。このような時には、値幅狙いのトレードができなくなるで注意が必要です。

 

基本は24時間取引可能

基本は24時間取引可能
常に世界中の銀行が開いているため、24時間の取引が可能です。24時間といっても、1つの市場が24時間開いているわけではありません。世界中の為替市場が、入れ替わり立ち替わり開催しているからです。為替市場の1日の動きを見ていきましょう。

 

〇午前5時頃~午前8時

 

為替市場で最も早くに開くのが、ニュージーランドのウェリントン市場です。早ければ、夏時間の午前4時から開かれます。次にオーストラリアのシドニー市場が開かれます。市場規模が小さいため、価格が大きく動くことはありません。ただし、月曜日で最も早く開かれる市場なので、週末の突発的なニュースでは大きく動く市場でもあります。

 

〇午前8時~午後15時

 

この時間帯から東京市場が開かれます。3大為替市場と呼ばれているほど大きな市場です。午前10時には、顧客に提示する為替レートの仲値が発表されます。その時間までは激しい動きを見せますが、それ以降は比較的に大きな値動きをみせることは少ないのが特徴です。午前10時頃になると、シンガポールや香港市場が開かれていきます。

 

〇午後15時~午後21時

 

ドイツをはじめとするユーロ圏の銀行やイギリスの銀行が参戦してきます。午後15時頃から16時にかけては、東京市場とも重なるので、最も参加者が多い時間帯でもあります。値動きも粗くなります。

 

〇午後21時~午前5時

 

ここからは米国も加わってくるので、大きな金額が動きます。また、基軸通貨であるドルの金融政策などの発表があるので重要な時間帯といえます。午前5時になると、少しづつ値動きがおとなしくなり、再びウェリントン市場に引き継がれます。

 

このようにそれぞれの時間帯によって、各国の銀行が参戦してくるので、24時間休む暇がなく開催されているのが為替市場です。例え、日本が祝日であったとしても、香港やシンガポールの市場があるので、取引が行えます。

 

24時間取引できるとよい理由

24時間取引できるとよい理由
FXの最大のメリットは24時間取引ができるので、様々なライフスタイルに合わせた取引ができます。午前9時から午後17時まで仕事の人であれば夜から取引に参戦する、夜勤の仕事で朝に帰宅される人は朝方から昼にかけて取引をする、といったように自由な時間に取引ができます。

 

時間がない状態で投資判断をすると、ついつい誤った分析をしたり、注文を誤って出してしまうことが多いです。慌てて注文を出してしまい損失を出してしまった…。なんていう話はよく聞きます。

 

ですが、24時間取引ができることで心にゆとりができて、余裕をもった分析や注文が行えるようになります。誤った取引が減るため、損失が確実に減っていくでしょう。損が減ってくると、資産も上手に増えていきやすくなるのです。

 

例えば、株式市場の場合は午前9時から午後15時までしか取引できません。多くの人は会社にいる時間帯です。そのため、取引に参加はできません。取引をするためには無理やりスマートフォンを利用して、取引をすることになります。みんなの前で取引はできないので、トイレでこっそり取引をする、といったことになるでしょう。

 

しかし、ずっとトイレで取引をしているわけにはいきませんね。途中で仕事をやりながら取引をするでしょう。仕事の最中に売買をしていると、価格が気になって仕事が手につかなくなります。何度もスマートフォンで値段を確認したりするので、仕事は集中できずにミスが増えていき、挙句の果てには怒られてしまう…。というような悪循環になってしまうのです。

 

その反面、FXのように24時間取引ができるとなると、じっくり帰宅してからパソコンの前に座り取引に集中できます。時間に追われることもなく、焦らずに取引ができるので冷静な判断ができ、的確な売買ができるようになるのです。

 

このように、他の金融商品と違い24時間取引できるので、様々な人のライフスタイルに合わせた取引ができるのがFXの大きなメリットです。

 

24時間取引ができる業者一覧

日本国内の主要なFX業者をまとめました。こちらに記載してある業者であれば、24時間取引ができます。

 

〇FX専業業者一覧

  • アヴェトレードジャパン
  • アリーナ・エフエックス
  • 上田ハーローAFT
  • SBI FXトレード
  • FXトレード・フィナンシャル
  • FXプライム
  • OANDA japan
  • デューカスコピー・J
  • 外為どっとコム
  • 外為ファイネスト
  • ゲインキャピタル・ジャパン
  • JFX
  • セントラル短資FX
  • ヒロセ通商
  • マネースクウェアジャパン
  • ワイジェイFX
  • DMM.com証券
  • サクソバンク証券
  • 楽天FX

 

〇くりっく365

  • FXブロードネット
  • 外為オンライン
  • インヴァスト証券
  • カブドットコム証券
  • GMOクリック証券
  • 岡三オンライン証券
  • カネツFX証券
  • 岩井コスモ証券

 

各業者の取引可能時間一覧

各業者の取引可能時間一覧
取引可能時間別に一覧でまとめました。注目すべきはサクソバンク証券の朝3時からの取引ができるということ。いち早く週末に起きたニュースをもとに取引ができます。

 

〇FX専業業者一覧

  • アヴェトレードジャパン
  • アリーナ・エフエックス
  • 上田ハーローAFT
  • SBI FXトレード
  • FXトレード・フィナンシャル
  • FXプライム
  • OANDA japan
  • デューカスコピー・J
  • 外為どっとコム
  • 外為ファイネスト
  • ゲインキャピタル・ジャパン
  • JFX
  • セントラル短資FX
  • ヒロセ通商
  • マネースクウェアジャパン
  • ワイジェイFX
  • DMM.com証券
  • サクソバンク証券
  • 楽天FX

 

業者名 営業時間
アヴェトレードジャパン 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
アリーナ・エフエックス 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
上田ハーロー 月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:45
AFT 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
SBI FXトレード 月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:30
FXトレード・フィナンシャル 月曜日 午前7:05~土曜日 午前6:50
FXプライム by GMO 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
OANDA japan 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
デューカスコピー・J 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
外為どっとコム 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
ゲインキャピタル・ジャパン 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
外為ファイネスト 月曜日 午前7:05~土曜日 午前6:55
JFX 月曜日 午前7:00~土曜日 午前7:00
セントラル短資FX 月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:40
ヒロセ通商 月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:00
マネースクウェアジャパン 月曜日 午前7:20~土曜日 午前6:50
ワイジェイFX 月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:50
DMM.com証券 月曜日 午前7:00~土曜日 午前6:50
楽天FX 月曜日 午前7:10~土曜日 午前6:55
サクソバンク証券 月曜日 午前3:00~土曜日 午前7:00

 

〇くりっく365 対円取引

業者名 取引時間
外為オンライン 月曜日 :午前7:10~翌午前6:00

インヴァスト証券
カブドットコム証券
GMOクリック証券
岡三オンライン証券
カネツFX証券
岩井コスモ証券
FXブロードネット

月曜日   :午前7:10~翌午前6:55
火~木曜日 :午前6:55~翌午前5:55
金曜日   :午前6:55~翌午前5:00

 

FXの取引時間まとめ

FXの取引時間まとめ
FX業者であれば、ほとんどが24時間取引できます。注意すべきは、月曜日の始まる時間と土曜日の終了時間に若干の違いがあるということです。

 

・夏時間…月曜日の午前6時から土曜日午前5時50分
・冬時間…月曜日の午前7時から土曜日午前6時50分

 

多くの業者はこれぐらいの時間帯での取引が可能になっています。

 

また、土日は銀行が休みのため、取引はできません。しかし、祝日であれば問題なく取引ができます。値動きが少ない点には注意して取引しましょう。FXは24時間自由に取引できるので、時間がない人にはピッタリの投資方法です。

関連ページ