どうしたらお金が楽になる?お金の悩みから解放される方法

公開: by

どうしたらお金が楽になる?お金の悩みから解放される方法
お金がなくて苦しい状況にある方なら、どうにかこの状態を抜け出して豊かに暮らしたいと思っていることでしょう。私も経済的に苦しい時には、そうでした。そして、どうしたら経済的に楽になるの?お金の悩みから解放されるにはどうしたらよいの?そればかり考えていました。

 

お金の「ある・なし」は、他の記事でも何度も書いていますが、収入と支出の差で決まります。収入が多くても支出が多くてはゆとりはできません。一方で、収入が少なくても支出も少なければゆとりが生まれます。このように、収入から支出を引いた余力の大きさが、経済的なゆとり、資金繰りの楽さということができます。

 

経済的なゆとり=収入と支出の差の大きさ

 

つまり、この収入と支出の差が小さいか、あるいは支出のほうが収入より大きいことが、お金の悩みの原因だとういうことができます。ということは、収入を増やすか、支出を減らすかすれば、お金の悩みは少しずつ減っていくことになります。

 

ただし、私たちが現代社会で生きていくためには、一定の支出は必要になります。衣食住に最低限のお金がかかるからです。もちろん、人里離れた山の中で、自給自足生活をすれば、お金の呪縛から解放されて生きることはできますが、多くの人にとっては、非現実的な話です。

 

従って、普通の人がお金の悩みから解放されていこうと思えば、一般的には収入を増やすことが必須の事項ということになります。

 

ここでは、どうやって収入を増やしてお金の悩みを解消していくかについて解説しました。※ただし、実はお金の実相について言えば、さらに深い精神的なところに根本的な原因があることもあります。その点については、お金がない根本的な原因に対処する方法をご覧ください。ここで書いている内容とは全く別のアプローチで、お金の悩みから解放される方法についてまとめました。

 

収入を増やすにはどうしたらよい?

では、「今より収入を増やす」にはどうしたらよいのでしょうか。副業をがんばって、本業とは別の収入を増やしていくか、あるいは本業に注力して出世して収入を増やすがよいか(転職含む)、あるいは独立してしまうのがよいか、どの方法がよいでしょうか。

 

  • 副業で収入を増やす
  • 今の本業をさらに頑張る
  • 転職する
  • 独立して開業する

 

それぞれ一長一短があるので一概に「どれが効果的」とは言えない側面もありますし、あなたの適正やあなたの置かれた状況によっても変わってきます。

 

現状の社会情勢としては、副業を容認させることを政府も奨励しており、二足のわらじを履くサラリーマンを増やそうと誘導されているように思います。ですが、やはり基本的には一点集中して、自分の時間とエネルギーを一所に集めて、積み上げていくことが、時間は多少かかりますが、長期的に見て豊かになり、お金の悩みから解放されるために有効なことです。※※【不都合な真実】収入を増やすための最適ルートも併せてご覧ください。

 

収入が増えるカラクリ

収入が増えるカラクリ
何度かこのサイト内でお伝えしていることですが、収入を得る=お金を稼ぐということは、社会に何かしらの価値を提供して対価を得ることです。従って、基本的に、自分の時間を労働力として差し出したり、誰かに何かしらのサービスを提供したり、物や情報やお金を提供して価値を提供したりすることが必要になります。

 

  1. 自分の時間をお金にする=サラリーマン
  2. 自分でサービスを提供する=自営業者
  3. 物や情報や組織や仕組みで、価値を提供する=事業家
  4. お金でお金を作る=投資家

 

私たちの人生は、生まれてから死ぬまでの時間の総和で表すことができます。なので、私たちにとってもっとも重要な資源は時間です。従って、自分の時間を労働力として差し出したり、サービスを提供したりすることが、自分の時間を直接お金に換えることになるので、一番効率の悪い働き方になります。

 

一方で、物や情報やお金を使って価値を提供すれば、自分の時間を使うのは準備期間だけなので、効率のよい稼ぎ方になります。

 

じゃあ、物や情報やお金を使う仕事をすればよいかというと、そう簡単にもいきません。物や情報や組織やお金を使ってお金を得る仕事をするには、社会が欲するような物や情報や、ある程度まとまったお金を持っていることが必須になります。

 

効率の良いお金稼ぎには能力が必要

効率の良いお金稼ぎには能力が必要
従って、こういった仕事(上記の3~4)をできるようになるためには、ある程度スキルが必要になるということです。そして、そのスキルを得るまでの間は、そのスキルはお金を稼ぎながら身につけることが必要になります。また、多くの人が簡単にはできないことをやってお金を稼ぐわけなので、スキルを積むのもそう簡単なことではありません。ある程度の時間を投じて積み上げることが必要になります。一朝一夕にはいかないということです。

 

一方で、自分の時間を労働力として差し出すことやサービスを提供してお金を得ることでは、大きく稼ぐことができないかというとそういうわけでもありません。

 

例えば、キーエンスの社員さんなどでは年収1,000万円は簡単に超えられますし、生命保険の外交員さんでは、億を超える額を稼げる人もいます。また、自営のサービス業でも、開業医などは数千万円年収で稼げますし、私の知っている方で整体関連業で一人で年収3,000万円以上稼いでいる人もいます。

 

このように、サラリーマンだから稼げないとか、自営業だから大きく稼げないということはありません。また、物や情報やお金を活用すれば、自分の時間を直接お金に変えるよりは効率的に稼げるようになりますが、そうなるためには自分のスキルを上げたり、お金をたくさん所有して運用し有しないといけません。

 

結論:どうしたらたくさん稼げるようになるのか?

結論:どうしたらたくさん稼げるようになるのか?
ここまで書いてくると、なんとなくどうしたらお金が稼げるようになるか、少し分かってきたかもあるかもしれません。

 

この社会では、より多くの価値を与えることで、より多くの稼ぎを得ることができるということは、あなたが収入を増やすためには、より多くの価値を提供できるようなっていくことが必要になると言うことです。

 

つまり、あなたが選んだ職業における技術、スキルを磨いて、より多くの価値を与えることができるようになればよいということです。

 

より多くの価値を提供することができれば、自営業であればそのまま収入に反映しますし、サラリーマンの方でも当然会社を儲けさせるので歩合やボーナスが増えたり、出世が早まったりするでしょう。自営業者に比べれば、サラリーマンのほうは収入の増え幅は小さいし、タイミングも遅いことが多いですが、それは働き方の違いとして仕方ないと思います。自営業者は自分でリスクを持って働いている分、成果がダイレクトの報酬となって返ってくるわけです。

 

そして、そのスキルがより向上していけば、そのスキルを自分ではなくて、物や情報や組織に転換して、物や情報(組織も含み)が価値を作られるようになります。そうしたら、自分が時間を使って働かなくても社会に価値が提供され、収入が生まれることになります。もっとたくさん収入を得ることができるようになるので、今度は貯まったお金を使って、収入を増やせるようになるということです。

 

少し抽象的なので、具体的な例にしてみますね。

 

稼ぎを増やしていく具体例

車の整備士の事例
あなたの職業が車の整備士だったとしましょう。

 

あなたは、車を整備することで、社会に価値を与えて、報酬を得ます。あなたの技術が高くなれば、当然レベルの高いこともこなしていけるようになるので、他の人ではできない仕事をできるようになります。

 

他では直せないような車のキズを治せるのであれば、普通の修理よりも高い代金を提示してもお客さんは集まってきます。そうやって報酬は拡大していきます。

 

しかし、一人で対応するには限度があるので、あなたができる特殊な修理方法を他の人や機械ができるようにします。そうしたら、他の人やその機械があなたの代わりに修理をしてくれますので、あなたは働かなくても、機械や人が働いて報酬を得ることができるようになります。

 

そうなると、お金がどんどん増えますので、そのお金を株や不動産、事業などに投資して、お金を得るようにする、ということになります。

 

収入を増やしてお金の悩みをなくすためにできること

ここまでご覧頂いたように、収入を増やしていく一番の近道は、あなたが選んだ職業の技術を磨いて、より高い報酬を得られるようにすることです。技術が高くなったら、それをいかに自分の時間を使わずに提供できるかを考えて実行するのです。そして、最後は、得たお金に働いてもらってお金を稼げるようになる。

 

これが、お金の悩みから解放される遠回りのようで一番の近道で、効率の良い方法となります。

 

もちろん、当初は節約することも大切でしょう。必要となる自己投資にお金が回せないもどかしさを感じることもあるでしょう。本当にうまくいくのか不安に苛まれることもあるでしょう。

 

でも、ひとつひとつ積み重ねるしかありません。積み重ねて、自分を世の中の役に立てる人間に成長させていくこと。これが、遠回りようで一番の近道となるのです。

関連ページ