182日目の景色

女性転職

 

性が仕事を見つけるときに、「妊娠や出産をしても仕事を続けたい」「子育てと仕事を両立したい」と考える人も多いのではないでしょうか。

 

男性とは違い女性の場合、結婚や出産といったライフイベントによって働き方の条件が大きく変わることがあります。ただ、そういった中でも職場の第一線で活躍している女性はたくさんいるのです。

 

それでは、どのようにして自分が活躍できる職場を見つければ良いのでしょうか?

 

そこで、ここでは女性が自分にとって最適な職場を見つけるための転職のポイントについて解説していきます。

 

女性の働き方の現状

 

男女雇用機会均等法により、企業は求人の募集や採用において男女で差をつけることを禁じられています。たとえば、営業職の求人において男性だけを募集するというようなことはできないのです。

 

このように、法律によって男女の均等が定められてはいますが、実際の職場では男性が有利な状況が続いている企業がほとんどでした。

 

しかし、このような状況を見直す動きが高まり、近年では女性の活躍を推進するための活動が普及してきています。たとえば、女性管理職を増やすために雇用均等法の一部を改定したり、企業によっては育児後に職場に戻ってきやすい制度を作ったりしています。

 

女性が転職しやすい職種は?

 

このような現状の中で、女性が新しい職場を見つけるときは、どのようなポイントがあるのでしょうか。ここからは、女性の転職市場の現状について話をしていきます。

 

転職の求人には、女性が転職しやすい仕事や女性に有利な転職先がありますので、これらを頭に入れながら進めるのが大きなポイントになります。

 

そして、女性向きの求人として多いのがやはり事務系の仕事です。

 

データ入力や受発注業務などの事務処理のお仕事は、どのような業界であっても常に一定の求人があります。また、営業アシスタントなどの事務スタッフも募集の数は多く、女性の転職先としては非常に人気があります。

 

また、これら事務系の仕事は高度な専門スキルを必要としないため、転職先としてのハードルもそれほど高くなりません。たとえば、ExcelやWordなどのパソコンの基礎スキルさえあれば、多くの求人の条件を満たすことができます。

 

そのため、「一般事務」や「営業事務」などのオフィス事務は、女性にとって転職しやすい職種と言うことができるでしょう。

 

女性ならではの転職先とは

 

また、男性が就くことができない女性限定の仕事といえば、やはり「秘書」や「フロア受付スタッフ」でしょう。実際に求人情報を見てみると、女性限定で多くの求人が出されています。

 

たとえば、秘書であれば「社長秘書」や「役員秘書」などの求人が多く、一般事務と比べると給料が高い傾向にあります。また、社長や役員というように役職の高い人と仕事ができますので、その分やりがいも大きいです。

 

秘書の仕事に就くためには、一般事務のスキルからビジネス文書の作成能力、高度なビジネスマナーなどが求められます。

 

これらの能力を証明するための「秘書検定」というビジネス検定がありますので、秘書の仕事に興味があるならチェックしてみてください。

 

秘書検定

 

「ビジネス系検定 秘書検定」

 

また、フロア受付スタッフも女性ならではの求人であり、転職先としてはとても人気が高いです。一般企業のオフィスの受付から、デパート・販売店の受付スタッフの仕事は、常に一定の求人数があります。

 

求人数の多い女性に有利な転職先

 

そして、「一般事務」に次いで女性に有利な転職先としてあげられるのが「販売員」の求人です。たとえば、アパレルショップやコスメ、雑貨や携帯電話の店舗の販売スタッフです。

 

これらは未経験者でも採用してくれる企業も多く、女性にとっては内定が取りやすい転職先です。

 

また、アパレルショップやコスメなどの女性スタッフがメインになる職場には、女性のための就業規則が設けられている企業も多いです。たとえば、出産・育児休暇の制度や時短勤務の仕組みなどです。

 

数年のうちに結婚や出産の予定をしているのであれば、このような制度がきちんとした転職先を探すのも、女性にとっては大切なポイントになります。

 

正社員以外の働き方もある

 

また、正社員以外として働くことも視野に入れましょう。たとえば、契約社員や派遣社員、業務委託というような雇用形態もあります。

 

たとえば、男女雇用機会均等法は派遣社員にも適用されますので、働く環境は変わりません。つまり、正社員として働くことにこだわる必要もないのです。

 

ですので、正社員以外の雇用形態での転職も是非、考えてみてください。最適な職場が見つかる可能性が大きく高まるはずです。

 

女性の転職活動の進め方

 

さて、ここまで女性の転職市場の現状について話をしてきました。女性の転職について全体像が見えてきたところで、ここからは具体的な転職の進め方について話をしていきます。

 

基本的に転職活動は、現在の職場で働きながら進めていくものです。そのため、職務経歴書や転職先探しなどに多くの時間をかけることができません。

 

そこで、おすすめするのが「転職サイト」や「転職エージェント」を活用することです。

 

転職サイトとは、数々の企業の求人情報をまとめたサイトのことです。職種毎に求人がまとまっていますので、効率的に自分が探している求人を見つけることができます。

 

一方で、転職エージェントとは専任のアドバイザーがついてくれて、転職活動に関するアドバイスを受けることができるのです。

 

たとえば、あなたの希望にあった求人を厳選して紹介してくれたり、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスをくれたりします。しかも、これらのサービスを無料で受けることができるのです。

 

そのため、「転職サイト」や「転職エージェント」を有効に活用することは、女性の転職を成功させるための大きなポイントです。

 

そこで、ここからは女性の転職におすすめの転職サイトや転職エージェントを紹介していきます。

 

DODA(デューダ)女性転職

 

デューダ

 

「DODA(デューダ)女性転職」

 

最初に紹介するのが、求人情報・転職サイトDODA(デューダ)です。

 

転職業界の大手企業であり、女性専門の求人や女性が長期的に活躍できる求人が豊富に揃っているのが特徴です。

 

また、専任のキャリアアドバイザーも女性のスタッフが多いため、転職を考えている女性の方には必ず利用してもらいたいのがDODA(デューダ)です。

 

マイナビ転職 Woman

 

マイナビ転職

 

「マイナビ転職 Woman」

 

次に紹介するのも、業界最大手であるマイナビグループが運営する「マイナビ転職 Woman」です。

 

何と言っても、求人情報が多いのが特徴です。大手企業の求人情報から、語学力を活かした海外でのお仕事まで幅広い求人情報が揃っています。

 

もちろん、マイナビ転職Womanの利用は無料ですので、転職活動を行うときはぜひ、有効に活用しましょう。

 

エン転職 WOMAN

 

エン転職

 

「エン転職 WOMAN」

 

続いて紹介するのが、転職サイト「【en】エンジャパン」を提供しているエン・ジャパンが運営する転職サイト「エン転職 WOMAN」です。

 

全国エリアの女性限定の転職・求人情報が非常に多く掲載されています。

 

また、「エン転職 WOMAN」は、女性が活躍する社会の実現にも積極的に取り組んでおり、専任スタッフによる女性の転職のサポートやサービスも充実しているのが大きな特徴です。

 

PASONA ウーマンキャリア

 

 ウーマンキャリア

 

「女の転職@type」

 

次に紹介するのが、転職サイト・転職エージェントの「PASONA ウーマンキャリア」です。

 

業界大手のPASONAグループですので安心して利用できる転職エージェント。第二新卒から管理職限定のお仕事などの幅広い求人を抱えています。

 

経験豊富な女性キャリアアドバイザーが数多く在籍しており、丁寧なカウンセリングで女性の転職活動をサポートしてくれます。

 

女の転職@type

 

女の転職@type

 

「女の転職@type」

 

さて、最後に紹介するのが、人材紹介として有名な「type」を運営するキャリアデザインセンター社の転職サイト「女の転職@type」です。

 

営業職から、アパレル・コスメなど女性が活躍するお仕事の求人情報が豊富。

 

また、「残業なし」「育児と両立できる」というような条件で絞り込んで転職先を探すこともできるので便利なサービスです。

 

女性ならではのキャリアプランを考えること

 

また、女性ならではのキャリアプランを考えておくことも大切です。「女性ならでは」というのは、結婚や出産などで生活が大きく変わることを想定して、自分のキャリア形成を考えておくということです。

 

たとえば、出産をして子供が生まれたため、現在の勤め先を辞めたとします。そして、子供が大きくなったときに再就職を考えたとき、やはりブランクが長いと不利になってしまいます。

 

ただ、専門スキルが身についていれば、仕事の幅は大きく広がります。

 

つまり、長期的に仕事から離れたとしても、いつでも再就職ができるようにスキルを磨いたり、キャリアアップを考えたりしておくのです。

 

そうすることで、女性の転職が成功する確率は大きく高まるのです。若いうちから、長期的な視点にたって自分の働き方を考えるようにしましょう。

 

会社勤めだけが仕事ではない

 

また、会社に勤めて働くことが仕事ではありません。転職によって正社員としての仕事を見つけるのではなく、在宅勤務で収入を得ることも頭に入れておきましょう。

 

たとえば、クラウドソーシングを活用すれば、自分のスキルにあった在宅勤務の仕事を見つけることも難しくはありません。

 

実際にクラウドソーシングには、女性に有利な仕事である「一般事務」や「秘書業務」の求人が膨大にあります。そして、これらの求人は個人として請け負うことができるのです。

 

そのため、このクラウドソーシングの仕事だけで生計を立てているフリーランス(個人)は数多く存在します。

 

このように現在は、正社員として企業で働く以外にも、ネットを活用して個人で働く方法もあるのです。

 

女性の転職活動のポイント まとめ

 

さて、ここでは女性が転職によって新しい職場を見つけるためのポイントを解説してきました。

 

女性の求人が多い職種や女性に有利な転職先がありますので、それらを頭に入れながら上手に転職活動を進めてみてください。

 

また、転職サイトや転職エージェントをうまく活用することで、効率的に転職先を見つけることができます。ここで解説した内容を参考にして、是非あなたの理想の職場を見つけてください。

関連ページ