お金持ちとそうでない人の違いは何?

公開: by

お金持ちとそうでない人の違いは何?
金持ちとお金持ちでない人には大きな違いがあります。同様に、お金がない貧乏人とそうでない人にも明確な違いがあります。

 

なぜそういえるのかというと、世の中には原理原則というものが働いているからです。

 

ボールを上に投げれば必ず、下に落ちてきます。これまで地球上で、物を上に投げて下に落ちてこなかったことはありません。また、夜が明けたら必ず朝が来て、東の空から太陽が上がってきます。また、西の空に日が沈めば、夜になります。

 

これらは、すべて原理原則であり、変えられないことです。

 

原理原則、原因と結果の法則

原理原則、原因と結果の法則
そして、どのようなこともずべて、原因があるから結果があります。これもひとつの原則です。ひまわりの種を蒔くから、ひまわりの種子が出て花を咲かせます。これまで、朝顔の種を蒔いて、ひまわりの花が咲いたことはありません。

 

ものごとは原因となることをするから、それに対応した結果を得るというのが、この原理原則です。

 

ここでは、お金持ちとそうでない人の違いについて論理的に解説していきます。みな貧乏人を脱して、普通の人になりたいとは思いません。貧乏人を脱してお金持ちになりたいと思うはずなので、みんながお金持ちになれるように、普通の人とお金持ちの違いについてメインに書いていきます。

 

お金持ちがお金持ちである理由

お金持ちがお金持ちである理由
先の原因と結果の法則というう原理原則からすれば、お金持ちの人はお金持ちになれる行動をするからお金持ちになれるということができます。つまり、お金持ちは、お金持ちになる原因を作っているからお金持ちなのです。あまりにも当たり前のことすぎますが、間違いのない事実です。

 

逆にいうと、そうでない人は「お金持ちになる原因」を実行していなから、お金持ちでないということができます。

 

この社会には、比較的豊かな人が全体の20%くらいいて、さらにその20%、上位5%くらいが豊かな人といえます。さらに、その20%つまり全体の1%くらいがお金持ちなのだと思って良いと思います。では、上位1%の人はどれくらいの年収かというと、年収1,270万円とのことです。

 

えっ、たった年収1,270万円でお金持ちって言えるの?って思えるかもしれません。私も調べてみてビックリしました。でも、100人に1人くらいなら、まぁまぁ、お金持ちといってもよいかもしれないので、ここでは年収1,270万円以上の人をお金持ちということにします。

 

ちなみに、同じ調査によると、トップ0.1%の人は年収3,200万円以上、トップ0.01%は8,000万円以上とのことです。(一橋大学の森口千晶教授の調査によるみたいです。)参照記事:http://socius101.com/post-35233/

 

とりあえず、ここでは一旦この定義を採用して、年収1,270万円以上の人をお金持ちというとして(意義は認めます!)、これらの人はそうでない人の違いは何かを考えたいと思います。もちろん、年収1,000万円の人と1億円の人、10億円の人では違いがあるはずですが、一旦ここはひとまとめにしておきます。

 

お金持ちは普通ではない

まず言えることは、お金持ちは100人に1人しかいないということは、非常に数・割合が少ないということができると思います。つまり、普通ではないということです。普通というのは、他の人と同じということで、一般常識のようなものだと思います。周りにいるお金持ちでない人と同調するようなことを意味します。

 

基本的に、普通の人の回りにいるのは普通の人です。なぜなら、そんなにお金があるわけではないので生活が異なるからです。また、普通の人がいる場所で、働いたり生活していてはお金持ちになれないので、普通の人の集う場所にはいないからです。あるいは普通の人と関わる人でも、例えば会社の社長さんとか、取引先の役員とかには、お金持ちもいるかもしれませんが、そんなに一緒に過ごす時間は持てないはずです。

 

なので、お金持ちと普通の人は、あまり一緒にいないということができます。また、普通の生活をして、普通に生きていたら、お金持ちになれないということができます。なぜなら、普通の場所で普通に生活している人はお金持ちではないわけなので、普通の場所で普通に生活しているということは、お金持ちにならないということになります。

 

だから、一般常識や世間の目を気にせず、「今いる場所」から飛び出して、「普通と違うこと」をしないとお金持ちになれない、ということができます。

 

お金持ちは変わっている人が多い

お金持ちは変わっている人が多い
お金持ちは、普通と違うことをするからお金持ちをするのです。なので、お金持ちの人には、変わった人が多いということになります。普通ではないことをしようと思うと、普通ではない考えを持っていないとできません。普通でない考えをしている人は、変わっています。だから、変わっている人がお金持ちになるです。

 

だからといって、変わっているから皆お金持ちになるかというと、そうでもありません。

 

例えば、先にお金持ちを定義する際に参照したサイトを詳しくみると、年収300万円未満の収入の人が全体の40%を締めていて、そのうち年収が100万円未満の人は9.1%、100~200万円の人が15%いるということになります。これらの人の中にも、当然変わった人もいますので、変わっているから年収が高いというわけではありません。

 

では、どういうふうに変わっている人がお金持ちなのでしょうか。私が実際にさまざまなお金持ちの人とあって話したり、いろいろな本やセミナーなどに参加してわかったのは次のような7つの特徴です。

 

  1. 前向きでポジティブ
  2. 長期的な目線を持っている
  3. 自分の意見を持っていてそれを通せるパワーがある
  4. 自己責任の範囲が広い
  5. 時間を大切にしている
  6. 人を大切にしている
  7. お金を投資に使う

 

それぞれ、超簡単にですが解決していきます。

 

ただし、すべてのお金持ちがこれらの特徴をすべて持っているわけではないですが、これらの傾向性の複数を持っていることが多いです。一方で、普通の人はこれらの特性のうちの一部を持っていることは多いですが、多く持っていることは極めて少ないです。

 

なので、あくまでも傾向性であることは理解した上で考えてみてください。

 

前向きでポジティブ

基本的にお金持ちは、前向きでポジティブです。ネガティブな思考に支配されて、立ち止まって行動しなくなることはありません。

 

失敗の数が成功を作るともいわれるくらい、お金持ちになるためには多く行動しないといけません。多く行動するためには、前向きでポジティブでないと不可能です。

 

もちろん、前向きでポジティブだからといって慎重さがないわけではありません。慎重なお金持ちもいますが、慎重さとポジティブさは、同時に成り立つことだと私は思います。

 

長期的な目線を持っている

お金持ちの人たちは、目の前のことだけを見ていきていません。常に、長期的な目線を持っていきています。従って、ちょっとうまくいかないことがあってもフラットにいられますし、逆にうまくいくことがあっても、天狗になって足下をすくわれたりしません。

 

長期的な目線を持つことで、日々のメンタル的な変動を最小限に抑えて、安定して目標に向かって行動できることになります。

 

自分の意見を持っていてそれを通せるパワーがある

成功者といわれる人たちは、自分に自信を持っています。当然、考え方に芯を持っていて、自分の意見を大切にしています。

 

自分で間違ったと思うことはきちんと改めますが、自分が信じていることについては、どんな逆境にあっても、突き通して現実のものとする強さを持っています。

 

つまり、信念を持っていて、信念を通すことでまだ実現していないことを現実のものとすることができるということです。

 

自己責任の範囲が広い

責任能力は収入の差と言われるくらい大切なことですが、稼ぐ人ほど、自分が責任を持つ範囲が広くなります。

 

つまり、言い訳をしたり人のせいにしたりせず、常に自分の人生に起こることに対して責任を持って生きています。だから、どんなことが起こっても、改善することが容易ですし、愚痴を言ったり、陰口をいったり無駄な時間を過ごすことなく、自分の定めた目標に向かって行動を取ることができるということになります。

 

時間を大切にしている

時は金なりという言葉があるとおり、お金持ちの人たちは自分の時間を大切にします。なぜなら、唯一自分の時間だけは、取り替えがきかない有限な資産だと知っているからです。

 

従って、自分にとって有益なことや自分が楽しいと思えるようなことにしか時間を使おうとしません。無駄な時間を嫌うわけです。だから、他人の時間も大切にすることができます。

 

人を大切にしている

お金は人を通してもたらされるという言葉があります。確かに今は、ATMでお金を引き出したり、オンライン上でやりとりしたりする機会が多いと思いますが、ATMのお金だって、もともとは誰かがATMに入れたものです。そしてそのお金は、誰かが銀行に持ってきた物です。

 

このように、物質的な話ではありますが、お金は人から人へと手渡されて、あなたの元に回ってくるものです。だから、人を大切にしていないとお金はあなたのところにきません。だからお金持ちの人は、人のことを大切にしています。

 

お金を投資に使う

お金は手元においていては絶対に増えません。むしろ、経済は変動していて、お金の価値も変わるので、手元においておくと目減りすることさえ有ります。

 

また、先の「人を大切にする」という観点からも、お金は人から人へと渡っていくという性質を持っているので、手元にお金を持っていてはその流れを止めることになります。

 

従って、お金をきちんと社会に返さないと自分に返ってこないので、お金持ちはしっかりとお金を使います。

 

でも無駄な物にはお金を使いません。価値あるものにお金を投資します。投資とは、金額以上の価値を得られることを指します。

 

お金の悩みから解放されるために

もしあなたがいま、お金についての悩みを持っていて、そこから解放されたいと思うなら、上にあげたお金持ちの特徴をしっかりと読んでひとつずつ実行できるようにしてみてください。

 

お金持ちは、普通の人と違うからお金持ちになりました。だから、これからは人の目を気にして回りにあわせる人生をやめて、自分らしい自由で豊かで幸せに生きて、経済的に豊かになるようにしましょう。

 

182日目の景色は、そんなあなたを応援しています。

 

関連ページ