お金が勝手に貯まる家計簿のつけ方

お金が勝手に貯まる家計簿のつけ方
金がないなら、まずは家計簿をつけて、あなたの家の収支を確認するようにお勧めしています。なぜなら、そもそも、現状自分の家計がどのようになっているかわからなければ、どう対処してよいかも決められないからです。

 

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」ということわざがあるように、まずは何よりも自分の状況を知ったうえで、どう節約していくか考えること。これが、節約という敵を打ち破り、お金がない状況を克服する最大の秘訣なのです。

 

なので、とにかくしのごの言わずに、まずは家計簿をつけましょう。※家計簿をつける必要性についての詳しい内容は、お金がない人が最初に取り組むべきことをご参照ください。

 

家計簿の種類

家計簿の種類
では、家計簿はどのようにつければよいでしょうか。

 

過去、私は何度も家計簿をつけてきました。時には、書店でいわゆる家計簿と題されたノートを買ってきて、細かく分類して記録したり、手帳のデイリー欄で支出を記録するスペースを作ったり、エクセルで表を作ったり、はたまたアプリを使ったり、本当にさまざま試しました。

 

それぞれの方法に、良い点悪い点がありました。

 

私が今回、家計簿をつけるようにお勧めした理由は、「現状を把握するため」です。したがって、現状が把握できれば、どういう家計簿をつけたってかまいません。また、家計簿をつける期間についても、2~3カ月も計測すれば十分で、その家計簿を分析して、対策をすればよいことになります。

 

最終的に、あなたの家計を改善して、「お金がない状態を改善すること」これが目的になるので、家計簿自体も正確である必要はありませんし、3カ月以上継続する必要性もないわけです。

 

ただ、どういう種類の出費をしているかを判断しやすくするように、基本的にはエクセルをベースにした集計しやすい形を推奨していました。しかしそれも、ただ集計しやすいからという理由なだけなので、エクセルが全然使えない人や、手書きが好きな人は手書きでよいでしょうし、パソコンがない人もいるので、アプリでも大丈夫ですよと、お伝えしていたところです。

 

家計簿のつけ方

家計簿のつけ方
次に家計簿のつけ方ですが、基本的には、支出したすべてのお金を記載するようにしてください。細目は書く必要はありませんので、簡単に、項目別に記載してください。

 

例えば、にんじん120円、玉子216円と書く必要はありませんので、食費336円と書いて頂いて構いません。要するに、どういう出費を支払っているのかを知れたらそれでよいわけなので、項目で書けば良いことになります。

 

項目は、次のようなまとめ方で十分です。

 

固定費
  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 生命保険代
  • 損害保険代
  • ローン返済

 

変動費
  • 食費・・・食材や調味料など、食に関する支出で、外食を除きます。
  • 日用品費・・・食費以外の日常的に発生する出費です。
  • 医療費・・・病院代や薬代、鍼灸費などです。
  • 車両・交通費・・・ガソリン代や車検代、電車代などです。
  • 教育・習い事・子ども費・・・学校費用や塾、習い事の費用です。
  • 被服・美容費・・・洋服やアクセサリー、理美容院代です。
  • 交際費・・・香典やご祝儀、誰かと飲みに行った際の費用などです。
  • 外食費・・・家族で外食したお金です。
  • 自己成長費・・・ご自身が成長するために使った、本やセミナー代、それに関する一切の費用です。
  • 趣味・・・好きなことをするために使ったお金です。本や映画代、さまざまな趣味に関する一切の費用です。

 

ざっくりとでよいので、支出を記録していくことを重点に記載していってください。そして、各項目毎にいくら使っているのか、各出費は、浪費消費投資のどれにあたるかを検討していって、最終的に削減するところを決めていきます。

 

家計簿のつけ方アドバンス

家計簿のつけ方アドバンス
さて、ここまで私流の家計簿のつけ方についてまとめてきました。

 

はっきりいって、これはものすごく楽につけることができるし、削減ポイントがわかるので、非常に効果の高い取り組み方であるのは間違いありません。私が実際に取り組んだ方法ですし、効果を出した手法です。ずっと続ける必要はなく、分析したいタイミングで取り組めばよいだけのものです。

 

なので、ある面ドライな家計簿のつけ方といえるでしょう。しかし、この方法も完璧ではありません。私は常に書店やブログ等でよりよい「お金がないことを解消する方法」について、見聞を深めています。そして、実践してよいものを取り入れています。今の家計簿の使い方も過去のさまざまな情報を元にまとめたものです。

 

そんな中、最近の書店をみてまわると、「書くだけでお金が貯まる家計簿」「書きたくなるお金ノート」などさまざまな手法が増えてきました。

 

書くたくなるお金ノート

最近私が心を大きく動かされた家計簿術があります。

 

それは、「書きたくなるお金のノート」という本に書いてあったものです。これは、鹿児島出身で島根在住のInstagramから本を出版したづんさんという方の本です。完全手書きで、家計簿をつけるもので、家計を中心として、ご自身のご家庭の足跡を記録するために使っているものです。

 

そして、何よりもこれを活用することで、おそらく家計は節約できることになります。

 

私が解説する節約術は、お金の使途を見極めて、節減する場所を発見して、具体的に取り組んで行くということがメインです。

 

一方で、この方法だと、キレイな家計簿を付ける中で無意識的に無駄な出費を頭が考え出して、自動的に削減していくような仕様になっています。

 

従って、これから実践してみようと思いますが、単に2~3ヶ月家計簿をつけるのではなくて、ずっと記録し続けることになります。そして、無駄使いが自動的に減ります。

 

このように、単に分析するだけでなく、しっかりと目的を持てば、長期に渡って利益を得られる家計簿の利用法があるということになります。

 

もし興味があればあなたもぜひ、試してみてください。

 

※この手法は、私がこれから実践しようとしている内容であり、私が確立したノウハウではありません。従って、詳しいノウハウを知りたい場合は、づん著「書きたくなるお金ノート」(ひあ株式会社発行)をご覧ください。

関連ページ