彼氏にするならお金がない人で大丈夫?結婚はやめるべき?別れるべき??

公開: 更新:2019-03-27 by

彼氏にするならお金がない人で大丈夫?結婚はやめるべき?別れるべき??

差社会が広がっていて、お金持ちの男性とお金がない男性の差はどんどん広がっています。

 

彼氏がお金があれば、リッチな食事に行けたり、お金のかかるさまざまな体験をさせてもらえるかもしれません。
彼氏にお金がなければ、お金を使って得られるさまざまな経験ができない可能性があります。

 

一方で、いくらお金があっても、あなたに対して優しくしてくれない人は彼氏として失格ということができるでしょうし、お金がなくてもあなたの究極の幸せに導いてくれるなら、そのほうがよいかもしれません。

 

また、あなたが経済的に豊かであれば、彼氏の豊かさははどうだってよいと思うかもしれません。

 

さらに、彼氏としてどうかという点に加えて、結婚ということが頭をよぎるとさらに考えることは増えるでしょう。

 

ここでは、お金がない彼氏を選ぶことの是非、結婚をどう考えるのかについてまとめました。

 

あなたはどっち?お金がない彼氏と、お金がある彼氏

あなたはどっち?お金がない彼氏と、お金がある彼氏
あなたが彼氏にするなら、お金のある人とない人、どちらがよいですか?この場合、一般的に多くの人は(お金がない彼女編)のときとは違い、大半の人が「お金がある人」を選びますよね。

 

何故なら、お金があるんだから!

 

そうなんです。お金があるというのは、すべてを正に変えてしまうぐらいに魅力的な条件なんですよね。

 

というのも、人が人らしく生きるためには「お金」が必要だからです。つまり、「お金がない」というのは人らしく生きることができなくなるということと同義だからです。

 

極端な話、生活レベルを落としたり、自然の中で生活すれば、そんなにたくさんのお金は必要ありません。しかしそれはすべての「利便性」を捨てることになりますし、資本主義経済の元で生きるにはある程度のお金は必須になります。

 

利便性を維持するためにお金がいる

例えば「肉を食べたいとき」を考えてみてください。

 

山で猪や鹿を狩って食べれば、お金はいりません。

 

でも、普通は、そんなことできないですよね。スーパーにいって「食べやすく、美味しい肉や部位を選定し、加工した物」を買って食べることがほとんどですよね。

 

このことからわかる通り、人は「利便性」を維持するために「お金を必要としている」わけですね。

 

つまり、「便利に生きるために」お金が必要となるわけです。当然の願望であり、それ自体は批判することでも、恥ずかしがるようなことでもありません。

 

便利に生きるためにはお金がいる!

 

さらに言えば、お金があるといろいろな「物」や「サービス」を買うことができるので、お金がない場合ではできないような経験をすることができます。

 

例えば、高級車に乗って人にうらやましがられたり、ブランドバッグを持つことができたり、高級ホテルでよいサービスを受けたり、できることは枚挙にいとまがありません。

 

 

次に、本題「彼氏にするなら、お金がない人で大丈夫かどうか」を見ていきましょう。先に見た、利便性とより多くの経験をするためにお金が必要というテーマは、本題にも、関わってきます。

 

では、順番に見ていきましょう。

 

お金持ちの彼氏の欠点

お金持ちの彼氏の欠点
まずはお金持ちの彼氏にありがちな欠点をみていきましょう。多かった意見を下記にまとめてみましたので、参考にしてみてください。(※これはあくまでも傾向性やイメージであって、すべての人に当てはまるものではありませんので、ご留意ください。)

 

  • 性格に難がある(自己中、傲慢、冷たいなど)
  • 外では羽振りがいいのに、家の中では結構ケチ
  • 家事を中心に細かいところまでうるさい
  • 家のことは何もしない
  • 上から目線、偉そう
  • 女遊びが激しい
  • 金遣いが荒い、無駄遣いが多い
  • 財布の紐を触らせてもくれない
  • 彼女をセックスができる家政婦と勘違いしている
  • 常に捨てられるような恐怖に怯えている
  • お小遣いが少ない、生活費が少ない
  • 束縛が激しい、外に遊びに行けない
  • 思い通りにいかないことに耐性が低い

 

キリがないのでこの辺りにしていきましょうか。中には過激な意見も混じっていますが、概ねが男性の内面へ向けての不満のようです。また、それと同じぐらいに多かったのが金銭感覚に関してです。

 

この2点を主軸にしてみていきましょう。

 

お金持ちの男性の性格

基本的には絶対的な自信を持っていることが多いでしょう。その自信が人(彼女や妻)を好きなようにできると思い込んでいる原因となっていそうです。亭主関白のようなもので、やはりお金を持っている、大きく稼ぐことができるというのは自信に繋がるのでしょう。

 

「人らしく生きる」権利を自在に操ることができるともとれますよね。そう考えると、お金持ちの男性に自信過剰な方が多いのも納得できます。

 

故に、横柄な態度や性格となってしまうのでしょう。良い意味で仕事とプライベートきっちりと分けられる方もいますし、仕事以外では謙虚な姿勢をとるお金持ちの男性もいるでしょう。しかしそんなのはごく少数だと言えます。

 

「飲み会でも腰が低い社長」というのは、全国を探せばいることはいるでしょうが、それが一般的だとは思えませんよね。もちろん起業したてで社長業に慣れていない人は別ですが。

 

お金持ちとなるぐらい稼ぐ仕事に就くには、ときには人と同じではダメですよね。二番煎じをコツコツやっていくことで儲かっている人もいるでしょう。

 

それと比べて次々と新しい企画や分野に挑戦していくスタイルの方が、会社の収益としては目覚ましいことが多いと思います。いわゆる新興企業は、特にこれに該当すると言えるでしょう。

 

そんな会社をやっていく上で、自信がない臆病な性格や不安になりがちな人ではやっていけないということがわかると思います。そう考えると、お金持ちで横柄な性格の男性は、仕事で成功したための産物とも言えるかもしれませんね。

 

本当に成功している人は、決して傲慢でもなく人としても優れていますが、ほとんど一般的な人には出会う機会がありません。

 

お金持ちの男性の金銭感覚

次は金銭感覚について見てみましょう。

 

彼女編でも触れましたが、お金持ちの人というのは一般人と金銭感覚にズレがあります。一般人同士ですら、同じ商品でも高いと感じたり、安いと感じたりする人がいると思います。

 

それをもっと大きくしたものだと思えば理解しやすいでしょう。

 

また、お金持ちとなると自分の手でお金を生み出すことができるわけですから、自信がある人であれば、がんばっただけお金が入ってくると思っています。だから使うことに対して躊躇いがないわけですね。

 

たとえば一般人でも月収がどんどんあがっていき、100万や1000万となった場合、使い方はそれまでと変わらないでしょうか?安定して同額以上が来月も入ってくるなら、大半の人は使い方が荒くなりますよね。

 

これが金銭感覚がズレ始める初期段階だと言えるでしょう。お金持ちの男性に浪費家が多いのは、こういった理由が一番大きいと考えられます。

 

家ではケチな場合もある

それと比べて、「家ではケチ」といったパターンはまた違います。

 

これは外で使うお金、つまり部下や取引先、周囲にバラまく行為を仕事の一環として考えていることが多いでしょう。仕事が発生させるには、取引先などに良い印象を与える必要があります。

 

発生した仕事を満足のいく結果で終わらせるには、部下のモチベーションをあげなければいけません。仕事の一環として浪費するというのは、そういった意味になります。

 

とはいえ、外で使う分どこかで節約を心がけなければいけません。だから家の中ではケチになってしまう可能性があると言えます。

 

これらはいずれも、金銭感覚のズレを好意的に見た場合です。

 

浪費家となるお金持ちもいる

悪い見方をすれば、単に計画性がなかったり、浪費家だったりということになってしまいます。こういった男性は、性格的に破綻しやすいので注意しておきましょう。

 

お金持ちとなっているのも周囲に支えられているだけだという場合や、運が良かっただけだという見方もできます。

 

そもそも計画性がない人物が会社の今後を見ているとは思えませんし、浪費家の人物が会社の採算を正確に見ることができているとも思えません。たまたま良い結果に転がっているだけだと考えるべきです。

 

お金持ちでも何らかの違反で逮捕されてしまった人は、こういった特徴がある人である可能性が強いですね。

 

お金持ちが彼氏としてふさわしくないその他の傾向性

さて、性格と金銭感覚という2つの切り口でお金持ちの男性を見てみました。しかし欠点の中には、これらのどちらにも分類されないものも混じっていますよね。かなり深刻な問題でもあるので、ここでも取り扱っておきましょう。

 

「人」として破綻してしまっている男性に泣かされないためには、既に挙げた欠点の中で、以下のものに注意ください。

 

  • 女遊びが激しい
  • セックスができる家政婦と勘違いしている
  • 常に捨てられるような恐怖におびえている
  • お小遣いが少ない、生活費が少ない
  • 思い通りにいかないことに耐性が低い

 

まずは「性」について見てみましょう。確かに、中には結婚した途端、付き合った途端に相手を売春婦のような扱いをする男性がいます。愛人なども同じような分類になるのですが、互いに了承し合っている関係の場合は問題ではないでしょう。

 

もしあなたが上記のような不満を感じているなら、そのことを口に出してみるべきでしょう。と言いたいところですが、これらの中にも言い出せないと思われる理由が混じっていますね。「思い通りにいかないことに耐性が低い」とは、具体的には、以下のようなことです。

 

・言葉や肉体的な暴力を振るう
・非合法のことに手を染めている

 

付き合う、付き合わない以前の問題

もしこれらが該当してしまっているのであれば、それはもう対等な立場でもありませんし、男女の交際や結婚の範疇を超えてしまいます。信頼のおける周囲の誰かや、警察などの公の場所へ相談してみるのもいいでしょう。

 

・常に捨てられるような恐怖におびえている

 

というのも、通常の男女関係からは逸脱していますね。

 

あなた自身が自分を持つことで改善できることもある

この場合、あなたがパートナーに完全に見下されていることが考えられるでしょう。相手に「自分がいないと何もできない」と思われているのです。

 

これを改善するには、まずはあなた自身が強くなる必要があります。自分の力で生きようとしてみることが大切なのです。あなたが自立することに慣れてくると、自然に自信も付いてくるでしょう。そうすると相手の態度もガラっと変わるのではないかと思います。

 

総じて軽視できない欠点が目に付きましたね。全体的に、あまりまっとうでない手法でお金を稼いでいる人物をイメージしてしまいますが、お金を稼ぐというのはリスクも負いますし、企業イメージほどクリーンなことばかりではありません。

 

くれぐれもお金に目が眩んで、悪い人間に騙されないようにしましょう。待っているのは、富豪の妻としてのバラ色の人生ではなく、これ以上ないぐらい落ち込んだ暗闇のような人生になるかもしれませんよ。

 

お金持ちの彼氏の利点

お金持ちの彼氏の利点
それでは「お金持ちの彼氏」の利点を見ていきましょう。

 

もちろん一番は「お金がある」ですよね。彼女編でも記載しましたが、経済面で安定している、潤いがあるというのは、その後の人生に大きく影響しますし、かなりの魅力であると言えます。

 

利点としての意見が特に多かったのは、以下の通りです。

 

  • 頭が良い
  • 品がある
  • 余裕があって大らか
  • 落ち着いている
  • 顔が広い
  • 周囲に自慢できる
  • 家政婦がいるので、何もしなくていい
  • 自分も偉そうにできる(夫の部下は私の部下だ)
  • ファッションや化粧品に高価な物が使える
  • 高価な貴金属類を買ってもらえる

 

いかにも女性らしいと感じる意見が目立ちますね。また欠点に挙げた人物とは、別人なだけで「お金持ち」はあまり関係ないのでは?と思うようなものもありますね。

 

どうして欠点と利点で、こうも別人だと思えるような意見が出るのでしょうか?どちらもお金持ちであることには変わりないはずです。

 

そこでさらに分析してみました。

 

仕事が重要

原因は「仕事」の種類にありました。

 

お金持ちといっても、仕事は様々ですよね。その中でも、上記に挙げた利点に繋がりそうな仕事と言えば、医者や官僚などの高学歴職、スポーツ選手、アーティストなどといったものであれば、納得できそうですね。
そしていずれも「会社勤めではない」ことが共通しています。

 

やはり会社勤めとなると、世間のしがらみがモロに影響する分、ストレスを抱えることが多くなるのではないかと思います。その結果、多少性格に難があったり、そうでないとやっていけない役(会社)を担わされているのかもしれませんね。

 

もちろん仕事である以上、どちらも大変ではあります。しかし「会社勤めではない」仕事を選ばれた方は、会社勤めに魅力がない、嫌気をさしている、などの不満点を持った上で選んでいるはずです。(※二世、三世ということもありますが、今回は除外します)

 

そう考えると、「会社勤めは大変だ」ということがよくわかりますよね。会社勤めでお金持ちとなった人は、ある意味お金を得る代わりに、「自分」を犠牲にしたとも言えるかもしれません。

 

色々とお金持ちの彼氏の利点を挙げましたが、やはり「お金がある」というだけで大きな魅力となります。ある程度の欠点なら、だいたいは目を瞑れるのではないでしょうか。むしろ嫌われないように注意するべきだとも言えますね。彼の心はガッチリと掴んでおきましょう。

 

貧乏な彼氏の欠点

貧乏な彼氏の欠点
お次は貧乏な彼氏の欠点です。

 

色々と考えすぎてしまって、意見をまとめるのが怖いぐらいです。そもそも貧乏かどうかという判断基準も、今回のケースだと女性側のさじ加減ですからね。自分では中流ぐらいだと思っていても……。

 

  • ケチ
  • 服装がださい(いつも同じような服ばかり着ている)
  • 全体的に貧乏臭がする
  • 車がない(ガソリン代がない)
  • 華がない
  • 頭が悪そう
  • いじめられてそう
  • 彼の家に行くと夏は暑くて冬は寒い(外の方が快適)
  • 外食がマックかファミレス
  • 1杯のお酒をチビチビ飲んでいる
  • 髪型か寝癖か判断がつかない
  • いつもだいたいどこかが悪い(通院費用もない)
  • デート代は私(女)持ち(ホテル代ぐらいは出して欲しい)
  • 働かない、仕事が嫌い
  • 交友関係が狭い、社交性がない、友達が少ない
  • 保守的で女々しい
  • 意気地がない
  • どこにも連れて行ってくれない

 

おそろしいことに、これは「街で聞いた貧乏そうな男性の特徴」ではないんです。あくまで「付き合っている彼氏」や「夫」についてなんです。

 

ただの悪口を集めましたという感じすらしますが、そもそも「欠点について」でアンケートをとっているので悪口が集まるのは仕方ありません。それにしても、日頃からこんな不満を抱えているのだと思うと……なんだか貧乏に便乗したイジメみたいな印象すら受けてしまいます。

 

おわかりいただけた通り、「お金がないことへの不満」と「お金がない人になってしまう主な性格についての不満」という2種類に大別できますよね。1つずつみていきましょう。

 

お金がないことへの不満

「オゴってくれない」とかそういった類のものですね。女性視点で言うと「それぐらい男が出してよ」ってことだと思います。

 

確かに、それぐらいは出してあげられる度量は持っていて欲しいというのは正論だと思います。言い換えれば包容力のようなものですよね。

 

女子はいつまで経っても女子なんだと思いますし、守ってもらったり、お姫様扱いされると、つい嬉しくなってしまうという人は多いと思います。英国紳士は、そういったところを考慮して言動することを心がけていますが、日本男児はどうでしょうか。てやんでい、べらぼうめって感じですかね。

 

江戸っ子と、はき違えている気がしないでもないですが、日本男児の男らしいは「女は数歩遅れて後ろを歩け」という感じだったような気がします。大和撫子と同じぐらいに絶滅危惧種ですね。

 

それはともかく、今の男性方にそういった男らしさを求めるのは難しいと思います。大和撫子が絶滅危惧種なのと同じように、「男らしさ」はもう死語だとも考えられますよね。「草食系男子」なんて言葉が流行っちゃうぐらいですから、肉食系自体が希少種なんでしょう。

 

お金がない人になってしまう主な性格についての不満

既に挙げたような「草食系男子」的なところについての不満だと考えられます。

 

確かに必要以上にナヨナヨしてたり、過度な優柔不断なところや、目立つぐらいのケチなところというのは、同性でも付き合いにくいところだと言えるでしょう。彼氏となるとこれほどに頼りがいのない、一緒に生活しにくいタイプは存在しないでしょう。

 

しかし「お金がない」故に、自分に自信がなくなってしまうとも考えられますね。お金がないにも関わらず、自信満々でポジティブに生きていっている人もいますが、そういう人は「お金がない」以上のものを持っているため、「お金がない」という点が目立ちません。

 

むしろ「お金がない」ことすらも自分の武器にしてしまったりすることもありますので、周囲からは可愛がられたり、何かと援助して(オゴって)もらったりしてそうですね。

 

やはり「お金がない」ことで、落ち込んでしまったり、自信なさげにしてしまったりしているところが、周囲から見ても欠点に見えてしまうのではないでしょうか。

 

以上のことから、「貧乏な彼氏の欠点」はお金がないことへだけではなく、本人の内面にまで及んでいることがわかります。

 

悪いところばかり見えてしまうでしょうが、そういった男性に自信を持つように叱咤することができるのも、魅力的な女性と言えるのではないでしょうか。「付き合っている」または「結婚している」のですから、日々鬱憤を溜めているだけでなく、尻の1つでも叩いて羽ばたかせてあげてください。

 

貧乏な彼氏の利点

貧乏な彼氏の利点
結構キツイ欠点が挙がっていた貧乏な彼氏編ですが、それではどんな利点があるのでしょうか。欠点の項目では「お金がない」という直接の理由以外に、主に草食的な性格に対する不満がありましたね。

 

……。
…………。
………………。

 

そうなんです。貧乏な彼氏への利点はありませんでした。

 

というのも、利点へ挙げられた意見で一番多かったのが「なし」だったのです。

 

付き合ってたり、結婚してるんですよ?いや、だからなのでしょうか。やや感情的に「なし!」と言っているのが聞こえてくる気がします。
ただ利点がまったくなかったわけではないのです。

 

次のような条件付きの利点も幾つかありました。

 

・自分のお金で生活しているので、イケメンだけど逃げられる心配がない

 

という、家畜のような扱いをしているものでした。本人はそのつもりはないのかも知れませんが……確かに、男性でもカワイイ彼女を完全に支配下におくと安心できるという想いはあるかもしれませんね。

 

意見を私なりにまとめてみると、今回も2種類に大別できました。それぞれ分析してみましょう。

 

ネガティブな男性

特に利点がないとされるのは、貧乏な彼氏の中でもネガティブな性格の人です。後ろ向きで、自信がなく、これからの伸び代も期待できないということですね。「お金がない」生活を余儀なくされてきたので、そんな性格になってしまうのもわからなくはありませんが、パートナーからするとたまったもんじゃありませんよね。

 

あまりにも項目数が多かったため、あえて記載しませんでしたが、借金を背負っているのもこのタイプでしょう。一緒にいると破滅真っしぐらという気がしますが、それでも別れられないのは同情か愛か……。

 

ポジティブな男性

利点のところでも記載しましたが、ポジティブというのは貧乏な生活をしていても、強力な武器となります。お金がなくて満足な生活を送れることができていないのに、前向きで明るい性格は周囲を元気にすることすらあるでしょう。

 

それだけ逆境に強いということは、パートナーにとっても心強く、魅力的に映るのではないかと思います。なんとなく、このまま終わらない感じがして期待してしまいますよね。
同性でも応援したくなるようなタイプだと言えるでしょう。

 

このように貧乏だということが、必ずしも即欠点に繋がるわけではないということがよくわかったと思います。

 

明るく振る舞うだけで逆転できる可能性は十分にあります!

 

中流家庭の男性とは?

ここで中流家庭の男性にはどんな特徴があるのかを見てみましょう。彼女編では、一番手厳しくなるのがこの層だとお伝えしましたが、男性になるとどうでしょうか。利点と欠点を合わせてみていきましょう。

 

  • 金銭感覚がしっかりしている(ややケチ?)
  • 草食系気味
  • 庶民的で萎える
  • 地味
  • コレといったものがない
  • リアクションがいちいち大衆的
  • 明らかに虚勢を張っていて痛々しい
  • やたらに偉そう
  • 器が小さい
  • 小心者
  • イザというとき、自分だけ逃げそう
  • 過去の栄光や武勇伝を語り出す(何回も聞いた)
  • なんか小動物っぽい

 

といったところでした。極端な意見は折衷しました。また、お金持ちや貧乏の項目で出なかったものを優先して挙げています。

 

面白いことに、ほとんどが相手の性格への不満に集中しているという点です。経済面や将来性については、そこまで問題視していないようですね。ということは、その分、他の部分が目立ってきたということでしょうか。
中流家庭の男性特有の意見として、下記のようなものがありました。

 

・リアクションがいちいち大衆的
・庶民的で萎える

 

庶民ではない女性からの意見なのでしょうか。それとも、比較して「より庶民さが目立つ」ということなのかもしれませんね。また、リアクションが大衆的というのは、そのとき流行っている言葉や仕草を、安易に多用してくるという点が気になっているようです。

 

彼女は観客ではないので、そう思ってしまうのも無理はないかもしれません。しかし男性側の心理としては、楽しませようと道化を演じているということもありますので、女性は温かく見守ってあげるのが望ましいでしょう。

 

もし我慢できないようであれば、傷つかないように工夫した上で指摘してあげましょう。

 

中流家庭ということは、富豪でも貧民でもないのですから「一般大衆」に分類される一番多い庶民だと言えます。そのため、言動が庶民的になってしまうのは当たり前だと考えられますよね。思い当たる節のある男性は、気をつけた方がいいと言えるでしょう。

 

このように、中流家庭の男性に対しては性格面への不満が目立つようです。
もちろん人によっては、さらに上の生活レベルを望む声もありましたが、意外と少数に収まっていました。
これは女性側が分をわきまえているのか、それともお金持ちの男性自体を危険視しているのかもしれませんね。

 

女性の本能がそうさせるのかもしれません。

 

結論:お金がない彼氏とお金のある彼氏のどっち?

さて、ここまで読んだあなた。

 

彼氏にするなら、どっちにしますか?

 

お金がある人?
お金がない人?

 

おそらく大多数の人がこう口にするのではないでしょうか。

 

相手による!

 

そうなんです。

 

お金があるないは、ひとつの特性でしかありません。現にここまで見てきてわかるとおり、「お金持ちの彼氏」を持っている人はそれなりに、「メリット」と「デメリット」を得ているわけで、お金がない彼氏を持っている人についても同じです。

 

大切な点はあなたの願望を満たすかどうか

結局一番大切になるのは、あなたの彼氏があなたを満たしてくれるかどうかという点です。

 

あなたがお金を消費することで得られることを求めているのか、そうでもないかによって、彼氏がお金持ちであったほうがよいかそうでないかが決まります。

 

なぜなら、お金を使って消費することで満たされる願望を持っているのであれば、お金があるほうが欲求を満たすのに効果的だからです。非常にわかりやすい話ですよね。

 

それ以外についていえば、彼氏にお金があろうとなかろうとあまり関係ありません。あなたが彼氏に求める要素を彼氏が満たしていればそれでよいということになります。

 

※ここまでは、私にはあまりアイデアがなかったので、外部のライターさんにアンケートを基にして記事にしてもらいました。最後のまとめは、私の意見です。また、ここから下は、私が直接書いています。

結婚すべきか、それとも別れるべきか?

お金がない彼氏と結婚?
状お金がない彼氏と付き合っているのですが、その彼から先日プロポーズされました。彼氏として付き合うだけなら、問題なかったのですが、結婚となるとお金がないことが気になります。彼の言うとおり、結婚してもよいのでしょうか。それとも分かれた方が良いのでしょうか。
とあるユーザーの方から相談を頂きましたので、共有させて頂こうと思います。私がお答えしたのは以下の通りです。

お金がないと一言で言っても全然違う

まず最初に抑えておいて頂きたいことは、一言で「お金がない彼氏」と言っても、状況によって全然違うということです。
例えば、「浪費癖があっていつまでたってもお金がない彼氏」「将来の夢に向かって奨学金を借りて大学を卒業して、自己研鑽のために就職してからもスキルアップにお金を使っており、貯蓄が少なく収入がまだ増えていない彼氏」「過去の失敗による借金を抱えている彼氏」。
これらは、いずれも同じお金がない状況であることは間違いないのですが、「意味」が全く異なります。どういった原因で現状お金に困っているのかを分類していく必要があるわけです。
その他にも、原因はともかく金銭的に困窮している状況ではあるが、「非常に強い後悔をしてくよくよしている」「失敗をバネにどうにか経済的な豊かさを得ようと効果的な努力をしている」「なんとか状況を打開したいけれどどうしてよいかわからず意気消沈している」「気にせずこれまでどおりのライフスタイルを継続している」。
このように、お金がない原因が同じであったとしても、「今どうしているのか」によって、結婚すべきかどうかも変わります。彼氏が経済的に困窮しているとしても、状況をしっかりと判断しないと何とも言えないのが現状なのです。
では、どういう彼氏なら結婚してもよくて、どういう彼氏なら結婚すべきではないか。これについては、またのちほどまとめますが、その前に、一旦そもそもどうしてあなたが「その彼氏」と結婚したいのか、あるいは、お金も結婚のひとつの要素ですが、そもそもどういう人と結婚すべきなのか、少しひもときたいと思います。

結婚においてもっとも大切にしないといけないこと

どういう彼と結婚したいか
まず考えて頂きたいのは、結婚っていったい何なのかということです。そして、あなたがどのような結婚生活を求めているのかということです。
例えば、あなたがバリバリのキャリアウーマンだとして、将来に渡ってキャリアアップしていき、家庭においても経済的な支柱でありたいと願っているのであれば、極端な話お金がない彼氏でも全く構わないことになります。それよりは、あなたがキャリアップすることを支えてくれるような価値観とライフスタイルを望んでいる人であることが重要になります。
あるいは、あなたが仮に専業主婦として、子供を作り、子供との時間をできるだけたくさん共有していきたいと考えているのであれば、経済力がない男性とは結婚しないほうがよいことになります。なぜなら、夫の経済力がなければ、生活するために、あなたが働きにでないといけなくなるからです。

ポイント

※お金がない男性ではなくて、経済力がない男性と書いたのは理由があります。経済力がないのと、「現状お金がない」とは、イコールではないからです。例えば、38歳のヘンリーフォードは、お金がない人だったはずです。なぜなら、最初に作った会社を倒産させて破産した直後にあるからです。じゃあ、フォードは経済力がない人でしょうか。世界の自動車の歴史を塗り替えるような人なのに、です。決してそうではないですよね。その後1908年にフォードT型の量産に成功するや、1代でものすごい財産を築くことになるのですから。つまり、経済力の有無と現状のお金のあるなしは、関係性はあるのにしても別の問題ということになります。

どんな結婚を望むかですべて決まる

話が少しそれてしまいましたが、このように、あなたがどういう結婚生活を望んでいるかによって、どんな人と結婚するべきかが決まります。もっというと、あなたが求める結婚生活、結婚後のライフスタイルと、夫となる人の求める結婚生活、結婚後のライフスタイルが合致しないと、結婚後トラブルを招くことになります。
従って、彼氏のお金があるかないか、経済力が云々という前に、そもそも、あなたが「どんな結婚生活を望んでいるのか」を明確にして、彼氏が「どんな結婚生活を望んでいるのか」すりあわせる必要があるということになります。
あなたの望む結婚生活と彼氏が望む結婚生活が仮に合致しているのであって、現実的に実現可能な可能性があれば、それは結婚すべきということができるでしょう。しかし、逆にあなたの求める結婚生活と彼氏が求める結婚生活が食い違っているのであれば、それは避けるべき結婚ということができるでしょう。
※もちろん、結婚生活に対する意見、結婚後のライフスタイルに求めるものが異なるからといって、すぐに別れる必要はありません。結婚はしないまでも、交際関係を継続していくだけであれば、望む結婚生活にギャップがあったとしても、それは全く支障にないことだからです。

あなたの求めるものと彼氏の求めるものが合致するかどうか

以上のように、結婚するか否かは、あなたと彼氏さんの求める結婚生活(もっと言うと求める人生そのもの)が合致するかどうかが重要だということになりますが、一方で、お金のあるなしは全く関係がないかというと、そうでもありません。
なぜなら、私たちは資本主義経済の下で生きているのであって、どう生きるにしても、多かれ少なかれ、生きていくためにお金が必要であり、より幸せに生きるためにはお金があったほうが絶対に有利だからです。
じゃあ、同じお金がない彼氏で、結婚後のライフスタイルが合致する場合に、結婚すべき彼氏と結婚すべきでない彼氏とはどう判断したらよいのでしょうか。以下まとめていきます。

結婚すべきお金のない彼氏

まず、結婚すべきお金のない彼氏の3つの条件です。

  1. どんなにお金がなくても一生を寄り添いたいとあなたが思う彼氏
  2. 現実的な目標を掲げて現在がその目標へのプロセスであり、将来目標達成できるだろう彼氏
  3. あなたに経済力があって浪費家ではない彼氏

この3つの条件のいずれかを満たす場合は、彼氏にお金がなくても問題ないと判断してよいと思います。なぜなら、お金がないことが結婚を辞める理由にならないからです。

将来性をどう見抜くか

一番難しいのは、2番目の目標のプロセスにある場合です。先の事例で出したヘンリーフォードみたいなタイプですね。例えば、ロック歌手としてメジャーデビューを目指して頑張っている人や、将来起業すべくアルバイトしながら一生懸命何かを勉強しているなどですね。
これらの人は、確かに将来目標を達成するかもしれませんが、目標達成しない可能性もあります。
なぜなら歌手になりたくて頑張る人や起業したくて頑張る人は五万といて、実際に結果を出すのはほんの一握りだからです。
ただ、実際に目標達成する人は、目標に向かって「効果的に」努力をしており、日々目標に近づいているものです。また、非常に強いモチベーションとメンタルを持っているので、ちょっとやそっとの苦難をなんなく乗り越える人間性を持っています。
なので、鋼のような強いメンタルを持っていて、明確で具体的な目標を掲げており、現在地を理解して一歩ずつ目標へ近づいている、というのが、2の将来性を見る判断基準になると思います。

結婚すべきではないお金のない彼氏

次に、結婚すべきではない、お金のない彼氏についてです。
上記の結婚してよいお金のない彼氏の3つの条件のいずれも満たさない彼氏は、あなたが結婚すべきではありません。思いとどまることをオススメします。
もし、3つのいずれの条件も満たさない彼氏と結婚してしまったら、近い将来経済的に困窮してしまい、経済的な困窮が元で、離婚してしまうリスクを抱えます。
もっとも、私も離婚経験があるので、離婚=人生の終わりというわけではありませんが、基本的に離婚はしなければしないほうがよいものだと思います。
なので、しっかりと上記の3つの条件を踏まえて、彼氏さんを客観的に判断してもらえたらと思います。

最終的にはあなた次第

ただ、最終的にあなたが彼氏さんと結婚するかどうかは、あなたが決めることです。そして、お金がなくても幸せな家庭を築くことは決して不可能なことではありません。(大変ですが)
単なる恋心、惚れた腫れたは、3年もすれば冷めてしまいますでしょうが、心からの愛を彼氏に捧げる覚悟があれば、結婚するのも一つでしょう。
また、結婚しないからと言ってすぐに別れる必要もありませんので、交際を続ける中で、しっかりと見極めてもよいと思います。この記事をしっかりと読んで、あなたなりの判断をして頂けたら幸いです。
※ただし、結婚を急いでいる等事情があれば、それを優先して別れるのもまた一つです。そして、最重要課題として結婚を前提としない交際の場合は確実に避妊をされることを強くオススメします。

関連ページ