今すぐお金が必要な場合の状況別の対処法

今すぐお金が必要な場合の状況別の対処法
なたは、「今すぐお金が必要だけれど、財布にも口座にもお金がない!」そんな絶望的な状況で、困り果ててこのページをご覧になられていると思います。

 

もう大丈夫です、安心してください。

 

必要なお金がなくて困った経験のある人は、本当にたくさんいます。私もそうですし、私のお客さんでも、取引先の方でも、先輩でも、偉人と呼ばれる方でも、お金がなくて困ったことがある人はいくらでもいます。むしろ、そんな経験をしたことがないっていうほうが少ないくらいだと思います。

 

なので、もしかしたらあなたは今、目の前の必要なお金がなくて、不安だったり、惨めだったり、恥ずかしかったり、嫌な気持に支配されているかもしれませんが、大丈夫です。

 

どんな人でも一度は通る道です。

 

これから先、今の状況をクリアした暁には、お金に困らない自分らしい自分らしい自由で豊かで幸せな人生を構築していきましょう。今豊かな人たちも最初から豊かだったわけではありません。今すぐ必要なお金を支払えずに、どうしてよいかわからず絶望した体験を乗り越えて、いつしか豊かな人生を歩んでいる人がほとんどです。

 

だから今はどうしてよいかわからなくても必ず、対処することはできますので、安心してください。

 

この記事ではまず、あなたの状況に合わせて、今すぐ必要なお金の工面の仕方を解説します。お金の工面の仕方は無数にありますが、状況が変われば、当然方法論が変わります。なので、あなたの状況によって、あなたにマッチする工面の方法を見つけてほしいと思います。

 

あなたの状況はどれ?

あなたの状況はどれ?
まず前提として確認しておきたいのは、「今すぐ必要なお金がない」という状態は、次のいずれかだということです。

 

  1. 預貯金や株式など含めて支払うだけのお金がない
  2. そのお金を支払ったら別の支払いができなくなる

 

つまり、預貯金や財布の中のお金、すぐに現金化できる株券や外貨などの「流動性資産」が、「支払うベきお金よりも少ない状態」ということです。簡単にいうと、あなたのお金がスッカラカンの状態だということですね。

 

問題はここからです。

 

同じスッカラカンの状態でも、無職の人、サラリーマン、専業主婦、10代の学生、自己破産している人、借金まみれの人、これらの人では状況は全然違ってきます。

 

同じ状況でも属性によって対処法は違う

例えば、サラリーマンの方で借金が特にない人でクレジットカードを持っている人の場合、多少の緊急的な出費であれば、クレジットカードのキャッシングをすれば、比較的簡単にお金を工面できます。しかし、それが借金まみれだと業者から借りられなかったりするので、工夫が必要になります。

 

このように同じスッカラカン状態でも、その人の状況によって対処方法が変わってくるわけです。

 

また、「サラリーマン」でかつ「借金まみれ」といった具合に、これから紹介する状況は、「属性」と「借り入れ状況」とで、2面から検討することになります。どれかひとつだけといったことはないということも注意してください。つまり、2つの側面のいずれの状況もトータルで判断しないといけない、ということです。

 

ということで、まずは、あなたがどの状況にあるか、以下当てはまるものをチェックしてください。

 

※基本的に、このいずれかに当てはまると思いますが、該当するものがない方は、問い合わせフォームからお問い合わせください。個別には対応できないこともありますが、随時この記事で追記にて補填させて頂こうと思います。

 

属性

  • 無職(長期)
  • 無職(最近)
  • サラリーマン
  • パートタイマー・アルバイト
  • 自営業者
  • 専業主婦
  • 年金受給者

 

まずは、あなたの属性は以上のいずれにあたるでしょうか。公務員や団体職員の方はサラリーマンを選択してください。基本的な職業的な属性としては、上記が主になりますが、万が一他にある場合は、問い合わせフォームよりお知らせください。

 

借り入れ状況

  • 借金なし
  • 借金少額あり(支払い苦しくない程度)
  • 借金高額(支払い苦しい)
  • 借金猛烈(もう首が回らない)
  • 債務整理中
  • 債務整理完了後7年以内
  • 債務整理完了後7年以上経過

 

※厳密に言えば、借金についは、「銀行からのお金の借り入れ」「銀行以外からのお金の借り入れ」「個品割賦といって物品の分割支払いやリボ払い」などに分かれてますが、これらをまとめて借金としています。

 

次に借り入れ状況については、上記に分類されると思います。各状況につき、対処方法は変わってくることになりますので、あなたがどこに分類されるか考えてください。

 

借り入れがある場合で、あなたが「少額」なのか「高額」なのか、「猛烈」なのか、いずれに該当するかわかり兼ねる場合は、次の判断基準を参考にしてください。

 

借金の金額の程度を計る方法

一般的に、借入額が「高額なのかどうなのか」という尺度は存在します。例えば、貸金業法で定める「総量規制」では、年収の3分の1以上の借金はできないように規定されています(銀行からの借り入れを除く)。なので、その基準から照らせば、年収の3分の1以上が高額な借金といえます。

 

ところが、総量規制の対象は銀行以外の業者からの「金銭」の借り入れだけ、です。車のローンや住宅ローン、クレジットカードのリボ払いなどは対象になりません。従って、総量規制では全然余裕な人でも、支払いが厳しい人や破産する人もいます。

 

総量規制だけでは計れない

また、総量規制に近い額の借金があっても返済は余裕だという人もいます。考えてみればあたりまえで、他の借り入れや他の出費がなければ、仮に総量規制を上回り借り入れがあっても、余裕を持って支払うことができるのは当然だからです。

 

従って、結局借金が高額かそうでないかは、単に借金の金額だけでなく、生活コストも含めた、支出トータルのバランスの問題になります。

 

従って、個々に大きく異なりますので、あなたが実際に生活する上で支払いが「厳しいかどうか」ということが、借金が「高額」か「少額」かの基準になると思います。ちなみに、ここで「猛烈」とカテゴリしたケースについては、普通に生活していると借金が返せない状態にあることを言います。これは、感覚的な問題というよりは、リアルに「赤字状態」を指しますので、わかりやすいです。

 

属性に応じた対処法の基本

属性に応じた対処法の基本
まずは、属性に応じた対処法の基本をお伝えします。あなたが以下の属性の場合、基本的にどう考えるかについてまとめてあります。

 

それぞれの属性で、有利な点、不利な点がありますので、その概要を理解して頂いて、さらに下でお伝えする借り入れ状況に応じた対処法や借り入れに頼らない対象法と合わせて解決策を見いだしてください。なお、属性に応じた対処法の基本は、概念で抽象的になっていて、具体的な対処法は、この基本に応じて、状況や借り入れに頼らない方法で最終的に選択していくようにしていくことになります。

 

無職(長期)

無職の方は、基本的には金融サービスを提供してもらうことはできません。なぜなら、返済能力がないと見なされるからです。特に長期間無職の期間が続いたとなると、失業手当も終わる可能性もありますし、再就職もだんだん難しくなってくると見なされます。信用情報的には、前職のまま履歴が更新されないと思いますが、長期間金融サービスの利用もなかった場合は、電話確認等で無職がバレる可能性は高くなります。

 

無職の方でも、消費者金融であれば、借金等なくて個人情報がキレイであれば、借り入れを起こすことが出来るケースがあります。ただし、金利も高く、返済の見通しが立ちにくいと思いますので、できれば借り入れ以外の方法を選択することをオススメします。

 

無職(最近)

無職になったのが最近のことで、まだ短期間の場合は、過去の個人信用情報機関の情報から、前職に在籍していると誤認してもらえて、金融サービスを受けられる可能性があります。また、失業保険などももらえると思うので、借り入れを起こしても少額であれば返済もできると思いますので、借り入れを起こすのはひとつの手です。

 

また、消費者金融では、無職申告でも借り入れを起こせる可能性があります。カードローンと消費者金融では、金利はほとんど変わりませんので、借り入れを起こすなら、何度も手間をかけたくない場合、消費者金融で借りるのもひとつです。

 

ただし、失業保険がしっかりともらえる間に返済できたり、再就職の当てがあるなど、返済できる確証がある人だけが借り入れを起こしてください。それ以外の方は、借り入れ以外の方法で対処する方法をお選びください。

 

サラリーマン

サラリーマンの方は、一番金融サービスを利用しやすい属性です。もちろん、お勤め企業の信用度やあなたの勤続年数、年収など複数の要因はありますが、それでも他の属性に比べるとローンは通りやすいです。

 

もちろん、借り入れ以外の対処法も実行していただけますし、銀行系の比較的金利の安いローンなども利用できます。また公務員の方でしたら、共済からの借り入れや退職金の前借り、大手企業にお勤めの方なら、労金などで天引きのローンなどもある可能性があるので、会社の福利厚生を調べみてください。

 

中小企業のサラリーマンであっても、ローンは通り安いですので、借り入れを選ぶならローン会社を複数比べてよい業者を選んでみて下さい。【参照】で、どこからお金借りたらよい?をご覧ください。

 

パートタイマー・アルバイト

パートタイマーやアルバイトの方も、勤続年数がしっかりしていたり、属性がよかったりすれば、常勤のサラリーマンほどの金額や金利ではないですが、ローンを利用できます。

 

各金融業者が、「パート・アルバイトOK」と表現していれば、パートやアルバイトだからといってローンが利用できないなんてことはありません。ただし、年収が少ない可能性がありますので、借り入れできる額が少ない可能性があります。また、その分当然返済が苦しくなると思いますので、できたら、借り入れ以外の対処法を選んで資金繰りしてみてください。

 

自営業者

自営業の方は、金融サービスを受けにくい属性のひとつです。業績が不安定とみられたり、事業性の借り入れが個人情報的には、消費性のものか事業性のものか区別がつけられないことなどが理由です。

 

ただし、現在は自営業者だからといって、借り入れができないわけではありません。また、自営業者だからこそできる借り入れもあります(オリックスなどが提供している事業性資金の貸し出しなど)。

 

さらには、自営業者の方は借り入れ以外でも自由度が高いので、対処法がいろいろと考えれると思いますので、トータルで検討して自由度を逆手に対策して頂けたらと思います。※文末にも自営業者ならではの資金繰り方法を紹介しています。

 

専業主婦

専業主婦の方も基本的にはローンが通りにくい属性とされていましたが、現在は、パートアルバイトの方と同じレベルで借り入れできるようになっています。

 

専業主婦の場合は、基本的に家計のやりくりの中での支出という意味合いになってくると思いますので、借り入れを利用される場合は、返済の目処をしっかりと立てて、計画的に利用されてください。

 

日々の生活が厳しい場合は、借り入れに頼らないほうが無難です。一旦借り入れ以外の対処法を検討してから、どうしようもない場合だけ借り入れを活用してください。

 

年金受給者

年金受給者の方の借り入れは、現役世代に比べると若干厳しい側面もありますが、無理ではありません。

 

年齢的な面から短期間だったり、少額の借り入れしかできない可能性もありますが。きちんと借り入れはすることができます。

 

ただ、これから先のことを考えると収入が増える可能性は少なくなる一方なので、できるだけ借り入れをせずに乗り切れたほうがよいと思いますので、まずは、借り入れを起こさない対処法を検討して頂けたらと思います。

 

借り入れ状況に応じた対処方法

借り入れ状況に応じた対処方法
次に、借り入れ状況に応じた対処方法をまとめていきます。

 

ここでは、借り入れの状況に応じて、どう借り入れを起こせばよいかを中心にまとめます。借金せずに取り組む方法については、このあとに書きますので、基本的には借り入れを起こさずに取り組む方法も必ず目を通してから、あなたにとって、もっともよいと思うものを選択してください。

 

※下には、クレジットカードのキャッシングについて言及はあえてしませんでした。基本的にクレジットカードのキャッシングは、すでに枠が用意されているものなので、他の工面方法を取り組んでダメだった場合に利用するようにしてください。キャッシングは、消費商金融と変わらないくらい金利も高いですし、枠を優先するという意味で、下に書いていませんので、ご承知おきください。

 

  1. 借金なし
  2. 借金少額あり(支払い苦しくない程度)
  3. 借金高額(支払い苦しい)
  4. 借金猛烈(もう首が回らない)
  5. 債務整理中
  6. 債務整理完了後7年以内
  7. 債務整理完了後7年以上経過

 

以下、詳しく解説していきます。

 

借金なし

借金がない人は、基本的にどこでも借り入れを起こしやすくなります。

 

なので、借り入れ起こすなら、金利ができるだけ安いほうがよいですので、次の順番で借り入れ先を探してください。

 

ろうきんなどあなたにとって有利な銀行のローン→銀行の目的ローン(利用用途が決まっているもの)→銀行のカードローン(ネット系銀行がオススメ)→信販会社のカードローン→消費者金融

 

※※当初記載あるローンがダメなら、→に従って、次のローンを検討していく流れです。

 

借金少額あり(支払い苦しくない程度)

借金が少額ある場合でも、あまり審査には影響しないことが多いです。

 

ただし、銀行以外からお金の借り入れがある場合は、総量規制の対象となりますので、年収の3分の1以上は借り入れが起こせません。そうなると、銀行からしか借り入れができませんが、そもそも銀行は総量規制の対象となる人に貸し出しはしてくれないことが多いです。

 

いずれにせよ、とりあえず借金がない場合と同じように、金利の低いところから順番に申し込みをしていってください。

ろうきんなどあなたにとって有利な銀行のローン→銀行の目的ローン(利用用途が決まっているもの)→銀行のカードローン(ネット系銀行がオススメ)→信販会社のカードローン→消費者金融

 

借金高額(支払い苦しい)

毎月の返済が苦しいくらいの借金が膨らんでいる場合は、これ以上借金をしないほうがよいという合図です。今後、収支が劇的に改善する可能性がある人以外は、このタイミングで借り入れを増やすのは懸命ではありません。

 

収支が改善する可能性がない人は、債務整理を検討することが必要になるでしょう。また、収支が改善する可能性がある人は、とりあえず、なんとか目先の資金繰りをしてください。

 

この場合、新規で借り入れを起こすよりは、今借りている金融業者に追加で借り入れして、できるだけ毎月の返済が増えないようにしてください。

 

借金猛烈(もう首が回らない)

毎月の返済ができない、毎月赤字になってしまう。こんな状態になったら、もうこれ以上借り入れを起こしてはいけません。また、そもそも借り入れを申し込んでも、断られる可能性が高くなります。

 

ここは一旦債務整理をして、再起を計りましょう。【参照】【体験記】債務整理で人生を向上させるにはこちらのカテゴリでさまざまな債務整理の情報を掲載しています。

 

債務整理中

債務整理中は、新規で借り入れは起こせません。

 

借り入れ以外の方法で乗り越えられるようにしましょう。

 

債務整理完了後7年以内

債務整理完了後、7年経過するまでは、個人信用情報に異動情報が載るので、新規で借り入れは起こせません。

 

借り入れ以外の方法で乗り越えられるようにしましょう。

 

債務整理完了後7年以上経過

債務整理が完了して、7年以上経過した場合、異動情報が削除されている可能性があります。

 

この場合は、新規で借り入れをできるようになりますが、個人信用情報がない状態になっているので、審査の際に不審がられます。以下の順序で取り組むことをオススメします。

ろうきんなどあなたにとって有利な銀行のローン→銀行のカードローン(ネット系銀行がオススメ)→信販会社のカードローン→消費者金融

 

借り入れに頼らない解決方法

借り入れに頼らない解決方法
それでは、借り入れに頼らない、今すぐ必要なお金の入手方法を紹介します。

 

以下、ランダムに載せます。のちほど、簡単な解説していきます。ぱっと見では、どれがよいかわからないかもしれませんので、ぜひ最後までご覧になって、実現可能か検討してみてください。

 

  • 支払い期日の延期交渉
  • 契約者貸し付け
  • 入らないものを売る
  • 親類友人知人に借りる
  • 親類友人知人にサービスを売る
  • 日雇いのバイトに出る
  • 売掛金を売る

 

それぞれ簡単に解説していきます。

 

支払い期日の延期交渉

これは、解決方法かどうか、??に思われるかもしれませんが、非常に簡潔な方法です。

 

つまり、いますぐ必要なお金の支払いを、「待ってもらう」のです。そして、次お金が入ってきた際に、支払いを確実に実行します。(ここで支払わないと詐欺になります。)

 

そうすると当然、次回の収入で支払う予定だったお金が足らなくなります。なので、支払い期日を延長してから、次の別の支払いが発生するまでに、あなたの支払いについて分析するのです。

 

支払いを延ばしたり、減らしたり、なくしたりすることができるものはないか。

 

例えば、携帯代金を安くしたり、ガソリン代をなくしたり、いろいろとあると思います。とことん頭に汗をかいて検討してください。支払い時期をずらすだけで、対策の選択肢がグンと広がります。

 

これらの支出を削減する方法については、以下のカテゴリにいろいろとヒントがありますので、ご覧下さい。【参照記事】お金を節約する方法

 

契約者貸し付け

契約者貸し付けとは積み立て型の保険のすでに支払い済みの金額の中から一定額を限度に、保険会社が貸し出ししてくれるものです。

 

自分が積み立てて、将来自分に返ってくるはずのお金なので、普通の借金とは違いますので、安心して利用できます。

 

また、審査等もなく、手続きだけで簡単に借りられますし、金利もかなり低いです。

 

ただし、保険を解約した際の解約返戻金が減ることになるのと、借り入れは複利で回っていくので、余力ができた際には返済することが重要です。

 

入らないものを売る

家の中にある入らない物を売りましょう。売り方はいろいろあります。一番簡単なのは、近くのbookオフやオフハウス、質屋などにもっていくことです。少し時間があれば、メルカリやヤフオクなどでもよいでしょう。オンラインの買取業者もあります。

 

貴金属やブランド品はもちろん、洋服や靴、鞄、本やCDやDVDなど、売れる物は思ったよりもたくさんあります。

 

私の知人は、アフィリエイトで独立する前に、コレクションしていた帽子やズボンやTシャツを売って、10万円以上お金を得ました。比較的レアなものを持っていたらしくて高額になった事例ですが、あなたも何かお金になるものがあるかもしれません。

 

ぜひ調べてみてください。

 

親類友人知人に借りる

次に、親戚や友人や知人にお金を借りることです。

 

業者と違って審査はありません。あなたに対してどれだけ信頼があるか試されます。また、情や関係性でつながっている分、文句を言われたり叱られたいする可能性もあります。

 

いろいろと覚悟の上で借り入れを申し入れてください。

 

親類友人知人にサービスを売る

これは、知っている人にお金を借りるのではなくて、相手が得するようなサービスを提供して、お金をもらう方法です。

 

例えば、庭の草刈りをしてあげるから1,000円もらうとか、その人が嫌がっていることを代わりにしてあげるからお金をもらうなどです。業者に頼んだ場合の費用の半分以下の価格で取り組んであげると相手にとってもよいので、WinWinの取引になります。

 

ただし、ちゃんと理解していもらえるように、事情を説明した上で、申し出てください。

 

日雇いのバイトに出る

次に、日雇いのバイトに出ることもひとつです。

 

日雇いのバイトといっても、給料が日払いでないと意味が無いので気をつけてください。

 

バイト情報紙やフリーペーパー、情報サイトで調べることができます。

 

売掛金を売る

最後に、自営業者の方限定となりますが、売掛金を買い取ってくれる業者がいます。

 

通常、売掛金は支払期日が来るまでお金になりませんが、売掛金を受け取る権利を額面の90%などで買い取って、即日あなたに支払ってくれるサービスがあるのです。

 

ファクタリングと言います。興味のある方は、ネットで検索してみてください。

 

以上、必要なお金の工面の仕方についてまとめました。さらに詳しいことは、本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法にもまとめてありますので、ご参照ください。

関連ページ