で、どこからお金借りたらよい?

お金が足らない時の簡単な解決策

お金が足らない
みでお金をたくさん使いすぎて、給料日まであと1,000円しかない!欲しいものを買ってお金が足らない!後輩におごってあげたら小遣いが足らなくなった!など、現代社会はお金を使うことで、さまざまなサービスを受けられたり、何でもものを購入出来たりすることが出来るので、ついつい使いすぎて、給料日前にお金が足らなくなることは、よくあります。


世界有数の豊かな国である日本では、餓死することはほとんどありません。そのため、お金の問題は、ほとんどが考え方の問題であり、多くの人が抱えている不安は、現実にならないことが多いです。


そのため、むしろ「欲しいもの」や「得たい経験」をお金が足らなくなる不安から我慢して、貴重な体験を逃すよりは、積極的にお金を使って、その分がんばって働いて稼いで返したほうがよいと私は思っています。


※もちろん、普段の生活が華美になりすぎて毎月収支がマイナスで、借金しないと生活できない状態なのは問題ですが、たまにお金が足らなくて、借りないといけないというような状態が起こるのは、決して悪いことではないと思うわけです。


このページでは、給料日前にお金が足らなくて、急場を凌ぐためのお金を借りるという一番簡単で手っ取り早い解決策を選択する場合、誰(どこ)に借りればよいかという点についてまとめました。


 


3大お金を借りる先

  1. 親や兄弟などの肉親
  2. 友人や同僚などの知人
  3. クレジット会社などの業者

お金を借りる場合、通常「利息」を支払う必要があります。あなたの信用力にもよりますが、クレジットカードのキャッシングにしても、銀行のカードローンにしても、消費者金融にしても、お金を借りる場合は、比較的高額な利息を支払うことになります。


ネット銀行系のカードローンで一番安いところでも、年利10%程度は普通に取られますし、消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは、だいたい年利18%程度とられます。


ただし、年利18%の場合、100万円を1年間借りた場合利息が18万円かかるというもので、一ヶ月だったら、その12分の1なので、100万円借りて、1万5千円ということになります。つまり、10万円を1ヶ月借りても利息はたった1,500円しかかからず、消費者金融でよい条件のところを選べば、初回は利息が無料のところもあるので、簡単に手軽に急場を凌ぎたい場合は、業者に借りるのが一番のオススメです。逆にいうと、わずか1,500円で親類や知人からお金を借りる煩わしさや、ストレスを軽減することができるわけです。


親や兄弟などの肉親は、あなたの味方なので、お金を貸してくれないことはありませんが、お願いしたり、返したり、説明したり、小言を言われたり、やっかいなので、あまりオススメはできません。


また、友人や同僚などの知人の場合、お金の貸し借りはタブーという人も多く、友情や関係性を損ねる可能性もあるので、これまた気軽にお願いするべきではないと思います。


※ここでいうお金を借りるケースは、あくまでも急場を凌ぐためのもので、慢性的な金銭難の場合は、全く別であることに注意してください。毎月の収支がマイナスの場合で、業者から借金をすると、利息でどんどん借金がふくれて返済しきれなくなるので、他の方法で解決することが求められます。

困った時にどうする?


お金を借りる際にオススメの金融会社

では、業者からお金を借りる場合、どこに借りたら良いのでしょう。私がいろいろなところにお金を借りた経験からオススメを紹介します。


一番利息を小さくして、最短でお金をなんとかする場合は、プロミスがオススメです。プロミスを運営しているSMBCコンシューマーファイナンスはSMBCグループの大手消費者金融で、初月金利無料なので、無駄なお金をかけることなく、最短30分で審査結果が出て、24時間いつでも超便利にお金を借りることができます。詳しくは、お金借りるならプロミスがよいと言われる5つの理由をご覧下さい。


給料日まで1週間以上間があって、今後もお金を借りる可能性のある場合、ネット銀行系のカードローンがオススメです。例えば、次の住信SBIネット銀行などは、金利も安くて、コンビニで借りたり返したり簡単にできるので、私は重宝しました。住信SBIネット銀行の公式ペーシはこちらです。


一方で、そんなに借りることはないという場合で、クレジットカードにキャッシング機能がついている場合は、お持ちのクレジットカードを使ってコンビニATMでキャッシングするのがオススメです。金利は、消費者金融と同等程度ですが、何も手続きをする必要がないので、手間がかからず便利です。また、金額も限度額が当初小さく設定されていることが多く、返済日がいつものクレジットカードの支払いと同じなのも安心です。


いずれにせよ、お金を借りる場合は、使い方が非常に大切です。多く借りると利息の支払いも大変になります。あくまでも、お金を借りるのは、急場を凌ぐためで、できれば、次の給料日やボーナスで返済できる範囲内で借りるようにしましょう。

関連ページ