サミュエル・スマイルズ著「新・完訳・自助論」にみるビジネスを成功させる6つの原則

公開: by

ビジネスで成功する6つの原則

 

サミュエル・スマイルズの著書で、世界的な名著と名高い「自助論」には、人生をより幸せに生きるためのさまざまな考え方が詰まっています。

私も非常に共感する内容で、強い影響を受けました。


曰く、「自分の人生は、自分の手でしか拓けない。勤勉と努力によって人格を形成することで、成功を勝ち得るんだ。」


一言で言うとこういった内容になっていて、さまざまな人の事例を出しつつ、現代にも通じる「在り方」を示してくれています。


その中の一節にビジネスを成功させる6つの原則というのがあったので、今日はこれを簡単に紹介したいと思います。


ビジネスで成功したければ精励勤勉に勤めよ!

ビジネスで成功したければ精励勤勉に勤めよ!
スマイルズが提唱するビジネスにおける6つの原則とは、次のものです。

  1. 注意力
  2. 勤勉
  3. 正確さ
  4. 手際のよさ
  5. 時間厳守
  6. 迅速さ

何事にも注意深く観察し、誰よりも「一生懸命学び実践する」という勤勉に励み、丁寧に一個一個の仕事を一個ずつ正確にこなしていく。

そして、それはもっとも効率よく遂行することで時間を短く、効果的に達成する。

また、時間を守ることで、人の信頼を得られるからビジネスは進展するし、ひとつひとつの仕事先延ばしせずに、すぐに片付けるから、タスクも溜まらず滞らない。


簡単に言うとこういうことになります。(詳しく知りたい方は、自助論をお読みください。先日、アチーブメント出版から完訳版が出たばかりです。新・完訳・自助論が最新の翻訳版となります。)


6つの原則にプラスα2つの事項

6つの原則にプラスα2つの事項
そして、さらに上を目指そうとすると、6つの原則に付して、すばやい直感力計画を断固やり抜く強い意志の2つが必要と言っています。


  • すばやい直感力
  • 計画を断固やり抜く強い意志

つまり、一流のビジネスマンになるには、6つの原則を生きる必要があり、超一流となるとさらに2つ追加で8つの原則を身につける必要があるということになります。


確かに、ビジネスで成功するには、的確ですばやい判断がものすごく重要になります。チャンスの後ろ髪は短いと言われるように、即座に判断しないとチャンスは逃げて言ってしまうのですよね。


そして、チャンスを掴んでも、チャンスをチャンスとして活かすために、計画してどんなことがあっても計画を成し遂げることができなければ、チャンスを物にして成功することは難しいです。


なので、この2つを追記したということでしょう。


100年以上も前からの原則

サミュエル・スマイルズは、1,812年生まれで1,904年に亡くなった方です。時代でいうと日露戦争くらいのころなので、100年以上も昔の話です。


いまと100年前とでは、比べるべくもなく時代背景も社会もまったく異なります。そんな時代に書かれた本にもかかわらず、決して古さを感じない、非常に新しい内容として読める本なのですが、このように原則というのは時代を超越して、適用される強さを持っているものなのです。


時代を超越して適用できるということはもちろん、どうしても抽象的になる傾向がありますが、それでも十分に現代社会に適用することができます。

そして、驚くことに、100年以上も前も、今も、求められることはいっしょなのに、ほとんどの人が出来ていないということです。そして、それにも関わらず、社会はよりよく発展し続けているという事実です。


100年前から「原則を実行する人」は少ない

すなわち、これらの原則は、いつの時代も実行するのは2割の人で、残りの8割の人はこういった原則を知らないか、知っていても実行しようとしていないということであり、原則を実行している2割の人が世の中の発展を支えているということです。


不思議ですよね。


これらの原則は、ビジネスマンとして当たり前のことといえば、当たり前のことだと思います。でも、これらすべてを実際に行動に落とし込めている人が、今の時代にどれだけいるかというと、おおよそ2割くらいしかいないんです。そしhてそれは、今も昔も変わらないというのです。


先日の記事、仕事は何をするのか?はどの道で自分の命を輝かせるかとうことに書いたことにもつながるのですが、現代に生きるビジネスマンの8割の人は、先人達が気づいた豊かさを与えられて生きており、残りの2割の人たちが、後世の人たちに与える生き方をしているということになります。


私がお伝えしたいこと

私がお伝えしたいこと
「おいおい、何が言いたいんだ?」と思いますよね。結論をお伝えしたいと思います。

サミュエル・スマイルズが言う6つ(8つ)の原則は、テクニックではなくて、日々生きる上で私たちが基準として持つべき規範であると思います。私たちの在り方であると思うわけです。


自助論の中にも、毎日15分自己啓発を学び実行することで、人生は劇的に変わると書かれています。

テクニックではなく、原理原則をしっかりと学び、どんな人間として生きたいかを明確化して、なりたい理想の自分として日々丁寧に生きていくことが、真の成功だと思います。


そうすれば、必然的にお金は入ってくると思いますし、家族関係は良好になるし、本当の意味での幸せを得られると思うわけです。


だから、自己の成長にフォーカスして、共に学び、共に社会に価値を与える人間になりましょうということをお伝えしたいです。


きれい事でお金を稼げないのは本当?

「なんだなんだ、こんな細かいことを実行したってお金なんて稼げないよ。きれい事いうな。」という反論があるのもわかっています。「お前は何様なんだ、そんなに原則をしっかりと生きているのか?」そう言われる方もあるかもしれません。

あえて私は、言いたいと思います。


きれい事に見える原則を、丁寧に生ききることで、必ず豊かになることができる。

そういう反論をいう人に限って、これらの規範はできてません。そもそも重要視しないので「やろうとしない」か、あるいは少しだけやってみたけれど挫けてしまって続いていないかのどちらかであることがほとんどです。


ぜひ、まずは3日、次に3週間、そして3ヶ月。学びの時間をとってみようじゃありませんか。そのために、自助論を購入するでもよし、図書館で借りるでもよし。1,000円くらいで人生変わるわけなので、安いものだと思います。ぜひ、読んで実行してみてください。

関連ページ