々ギリギリのお金をやりくりして生活する人にとって、余剰資金を貯めておくのは非常に困難です。給料に対して、最低限必要な出費がほとんどを締める場合、ほとんど貯金をすることはできません。

貯金ができなくて、毎月の収支がギリギリであれば、突然起こる出費に対応するのが困難になります。

例えば、冠婚葬祭でお祝い金や香典を包まなくてはいけない場合とか、家族の入院などでお金がかかる場合、あるいは車をぶつけて窓ガラスを交換しないといけない場合など、想像できない出費が発生した場合です。

冠婚葬祭費用については、近しい間柄でなければ、そんなに高額なお金を包む必要はないかもしれませんし、入院費用については入院保険がおりることもあるでしょうし、高額療養費は所得に応じて支払い上限が決まっているので、おそらくなんとかなります。

しかし、例えば冠婚葬祭が単発では乗り越えられたとしても、同じ月の間に複数回重なったりとか、車の修理や家の補修など思いも寄らない高額な出費が生まれると、誰でも「どうしよう!!」とパニックに陥るものです。

※本題の緊急でお金を稼ぐ方法はのちほど出てきますが、的確に対応して頂けるように、順を追って読んで頂くことをオススメします。

緊急でお金が必要になった際の対応策

緊急でお金が必要になった時の対応策

私自身も過去ギリギリのお金をやりくりしていた時に、立体駐車場で車のバックガラスを前妻が割ってしまって10万円以上のお金がかかって困ったり、運用しているマンションが空室になってしまってローンを10万円支払う必要が出たり、マンションの浴室の換気扇が完全に壊れてしまったり、さまざまな緊急でお金がかかることがありました。

そんな緊急でお金が必要になった時には、基本的な対応策としては、次の4つの方法があります。(※前提はこれまでお伝えしたとおり、日々ギリギリの生活をしていて、支払うお金がないこと。お金があれば、それで支払えばよいです。)

  1. 支払いに分割払いが使えるなら分割支払いにしてもらう
  2. 支払いにクレジットカードが使える場合はクレジットカードで支払う
  3. カードローンが使えるならカードローンでお金を借りて支払う
  4. 誰かに一時的にお金を借りて支払う

基本的に、手元に余分なお金がない時に急な出費をする場合、この4つのどれかしか方法はありません。

優先順位を守ることが重要

この4つの方法を活用するには、上から順番に優先順位を高くすべきです。つまり、1がダメなら2、2がダメなら3、という具合で上から順に取り組んでダメなら次に行くと言うことです。逆に、優先順位を無視して、2とか3とか途中から取り組まないほうがよいです。

なぜなら、今後の生活を考えたときに、さらなる資金繰りが必要になった際に不利になる可能性があるからです。どうして、資金繰りで順番を守らないと不利になるかというと、次の理由からです。

金融審査における優先順位

基本的には、物品等の分割支払いは、お金を借りているよりも、個人信用情報上、有利に働きます。

ポイント1

個品割賦やクレジット支払い > キャッシングやカードローンなどのお金自体を借りる行為

 

また、同じ物品の分割支払いをするのであれば、クレジットカードで使うとクレジットカードの枠を減らしてしまうので、今後何かしらクレジットカードを使わないといけない場合が出た時に困る可能性があるので、個品割賦という分割支払いが利用できるならそうしたほうがよいです。

ポイント2

個品割賦 > クレジットカード支払い

親などものすごい近親者でない方からお金を借りるのは、人間関係を破壊する可能性があるので、優先順位を一番下にしました。

ポイント3

キャッシングやカードローン > 知人からお金を借りる

改めまして、優先順位をまとめると、次のようになります。

  1. 分割支払い・個品割賦
  2. クレジットカード支払い
  3. カードローンやキャッシング
  4. 知人からの借金

繰り返しになりますが、上から順番に取り組むことが重要です。

返済計画を立てるべし

返済計画を立てよう

そして忘れてはいけないのが、これら4つの解決策はどれも「緊急のお金がないことへの対策」であり、お金を借りることに変わりはないから、返済計画を立てるということです。

日々の収支がギリギリなのであれば、当然、緊急で足りないお金を借り入れを通して工面したとしても(キャッシングなのか、個品割賦なのかを問わず)、返済するのも大変になります。

毎月貯蓄できないくらいにお金がない状態であれば、基本的には、何も対策をしなければ「借りたお金を返すお金がないこと」が容易に想像できるからです。

返済資金を工面する方法

じゃあ、どうしたらよいかというと、次の3つのうちのどちらかをするしかないことになります。

  1. 収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 収入を増やし、支出を減らす

基本的に、日々の生活のゆとりを計るのは、次の公式です。

ポイント

収入 − 支出 = 貯蓄(ゆとり)

日々の生活がギリギリの人は、この「ゆとり」を増やすことが必要になるので、「収入を増やす」か「支出を減らす」か、「収入を増やして支出も減らす」か、この3つのいずれかを実行するしかないことになります。

注意

具体的な事例でみるどうしたらよいか

※例えば、1万円の余力を作るためには、1万円収入を増やすか、1万円の支出を減らすか、あるいは5,000円収入を増やして、5,000円支出を減らすか、いずれかをしないといけません。

基本的には収入を増やすのと支出を減らすのとでは、完全に同じ効果がありますので、難易度の簡単な支出を減らすことを先に取り組むのが吉だと思います。

ただし、このゆとりを数万円以上大きくしたい場合は、支出を減らすには限度があるので、収入を増やすことを検討しないといけません。この時必要になるのが、緊急でお金を稼ぐ方法は何があるかという点で、今回の記事のテーマになります。

これらの具体的な戦略については、私のメインサイトで解説していますので、それぞれ以下をご覧ください。

本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法

※とにかく、この記事が、当サイトのメインになりますので、これさえ読めば概要を理解することができます。

お金を工面できない場合どうする?

お金を工面できなかったらどうする?

ここで、問題になるのが、これら4つの方法どれも利用できなかったらどうするか、ということです。

つまり、割賦ローンも通らないしクレジットカードの枠もないし、キャッシングもこれ以上できない状態の際にどうするかということです。

ただし、場合によってはあなたが1度や2度、カードローンやキャッシングの申し込みをしたけれど、審査を通らないことがあり、それだけで自分はローン通らないと思っているとしたら、誤解の可能性があります。

カードローン会社によって審査基準は異なりますので、1社か2社しか申し込んだことがない人は、以下のページから他の複数の会社にダメ元で申し込んでみてください。

借り入れと上手に付き合う方法

※ただし、ヤミ金だけは絶対に利用しないでください。

合法な会社以外からお金を借りると、あなたは法律に守ってもらえなくなる可能性が高くなるからです。

借金返済のための借金は、基本はNG

また、もしあなたが緊急でお金を稼ぎたい場合で、「借金を返済するために、お金を必要としている場合」は、借金を返すのに借金を増やすのはオススメできません。

つまり、借金を返すために借金をするということです。これは、ただ借金が増えるだけで、問題の先送りでしかないので、基本的にはNGです。なぜなら、返済する目処が立たないためです。

ただし、もし収入を増やしたり、支出を減らしたりするのを「これから取り組む状態」で、一時しのぎのために「短期的に足らない借金やローンの返済資金を借りる」のは、「返済の繰り延べ」という意味で、問題ないので実行してみるとよいと思います。

この場合は、返済するための方法を開拓するまでの間に返済資金を工面するものだから、借金返済を本質から行うための施策につながるからOKなわけです。

緊急でお金を稼ぐ方法

緊急でお金を稼ぐ方法

緊急でお金を稼げる方法といのは、なかなか選択肢が多くはありません。なぜなら、お金を稼ぐということは、誰かに価値を提供してリターンとして報酬をもらうものなのだからです。

お金を稼ごうと思ったら、誰かに「価値を与えること」が必要で、そのためには一定のスキルや能力をアップしないといけないからです。

一方で、緊急でお金を稼ごうと思ったら、「今のままのあなたで」見返りとしてお金を頂くことができるようになることが必要です。「緊急」で能力をアップさせる時間的ゆとりがないからです。

なので、もし今あなたが何かしらのお金を稼ぐ能力を持っているのであれば、そのままその能力を活用すればよいだけになります。

けれど、その場合は今あなたが緊急に稼ぐ能力をすでに持っているということになるので、おそらくはこの記事を読んでいないということになります。

誰かに価値を与えるスキルが現在ない方へ

ということは、今あなたはこの記事を読んで緊急でお金を稼ぐ方法を探しているわけなので、基本的にあなたは現在、いますぐ他者に価値を与える能力を持っていない状態にあるということができます。

であれば、誰でもできる作業を誰かに提供してお金を得ることになります。誰でもできる仕事というのは、誰でもできるわけなので、仕事を得るほうの競争が激しくなります。従って、賃金は安くなりますし、支払いサイトも長くなるので、すぐにもらえるお金にならない可能性があります。

なので、緊急でお金を稼ぎたい場合は、だれでもできる仕事であって、多くの人が「したくない仕事」をすることが必要です。多くの人がしたくない仕事であれば、仕事としての競争率が低くなり、誰でもできる仕事であっても、仕事をする側のほうが有意に立てるからです。

どれだけ多くの人がしたくないと仕事だと思っているかの度合、競争力にもよりますが、その度合が高いほど、賃金が高かったり、お金の支払いが早かったりします。

※他に能力を高めることで、できる人が少なくなって、仕事を提供する側の競争力があげることも可能です。例えば、医者、弁護士、会計士などはその典型ですが、他の能力でも同じです。

多くの人が嫌がるだれでもできる仕事とは

多くの人が嫌がる仕事としては、次のようなことがあります。

いわゆる、3Kと呼ばれるもので特徴として、きつい、汚い、危険、が上げられます。それぞれの度合によって、報酬が高くなったり、即時支払いがあったりします。

例えば、屋外の現場作業員のような日雇い労働だったり、女性であれば風俗店であったり、ある程度限られてくることになります。

これらの具体的な仕事をいますぐ見つけるには、タウンワークやフロムエーなど求人情報サイトで、「日払い」などのキーワードで検索してみてください。

※それでもよい仕事が見つからなければ、Google検索エンジンなどで、「日雇い バイト」などのキーワードで検索してみてください。

【オススメ】長期的な解決策を探る

次に、そんな「人が嫌がる仕事」や「目先のお金に振り回されるのが嫌だ」という方は、目先の数ヶ月の支払いは借り入れなどを利用して工面したり、場合によっては債務整理して支払いをストップしたり(←私はこれをしました)、支払いの先延べをして、時間を稼いでいる間に、本当の意味でお金を稼げるようにしましょう。

そのための方法は、私のサイトで紹介していますが、基本的にはこの2つの方法です。

  • 本業で今以上に圧倒的な努力をして収入を増やす
  • 副業をして収入を増やす

以上、緊急でお金を稼ぐ方法をまとめていきました。

真っ当に生きて真っ当に緊急的にお金を稼ぐにはこれらの方法しかないと思います。

参考にして頂いて、あなたが自分らしい自由で豊かで幸せな人生を歩めることを心から祈念しています。

※繰り返しになりますが、お金がない!この記事が、当サイトのメインになりますので、これさえ読めば概要を理解することができます。