本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法

公開: 更新:2018-12-19 by

お金がない時の対処法

当にお金がない!今すぐ、なんとかしなくちゃいけないけどどうしたらよい?

い、わかりました。私があなたに、お金の問題について、今すぐ悩みを解決します。少し長いですが、あなたにあった解決策=「お金がない時の乗り切り方」をお渡しするので、最後までご確認下さい。


※※※注目情報※※※

CMで有名なプロミスなら、三井住友銀行グループが運営しているSMBCコンシューマーファイナンスのブランドで安心ですし、いまならなんと30日間利息がゼロなので、安心して利用できます。おまとめでも使えますし、郵送物なしで誰にもバレずに、完全Web完結でも対応可能(OK)です。おまとめだけでなく、借り入れするなら断然オススメです。詳しくはこちら→キャッシング・消費者金融のプロミス♪ 審査は最短30分!24時間申込OK!


このページの目次
  1. お金がない?大丈夫、なんとかなる!(概要)
  2. お金の悩みは必ず乗り越えられる!
  3. 緊急かつ本気で困っている場合の対処法(体験談)
  4. お金がない状況打破のための具体的な方法
  5. 短期資金で生活を切り盛りしながら、中・長期的な資金を調達する
  6. 応急措置しながら同時に対策が必要
  7. そもそもお金がない原因は何か
  8. 「今」お金がない時の4つの応急処置
  9. 家に眠る不要品を売却してお金に換える
  10. MNPしてキャッシュバックを得る
  11. 親、兄弟、親戚、友人、知人などから借りられないか?
  12. 業者から借りられないか?
  13. 支払いをなくす(減らす、スキップする)
  14. 中期的なお金に対する解決策は
  15. 節約して支出を減らす
  16. 短期的な収入を増やす
  17. 長期的なお金に対する解決策は
  18. お金とのつきあい方「感情」を学ぶ
  19. お金の稼ぎ方を学ぶ
  20. お金の使い方を学ぶ
  21. お金の増やし方を学ぶ

お金がない?大丈夫、なんとかなる!(概要)

お金がなくてもなんとかなる

生長く生きていてたら、本当にお金に困るのは、必ずといってよいほど一度や二度はあると思います。私も何度も経験しましたし、もっとも大変だった時期は、もうどこからもお金を借りることができない状態で、給料よりも借金の返済が大きくなった時がありました。

お金の悩みは必ず乗り越えられる!

ただ、信じて頂きたいのは、仮にいまあなたがどれだけ困窮していてお金がないとしても、信じて誠実に取り組めば必ず乗り越えらるということ、必ず苦しさから解放されるということです。


どれだけお金に困っていても、必ず乗り越えられる!

そして、さらに知って頂きたいのは、どれだけお金がなくても、あなたの価値に変わりはない、ということです。


実際に私も、お金がなくてどうしようもないときに、自分の価値を一瞬疑いそうになりましたし、他の人と比べて、自分は劣っているのではないかと思ったりしたものです。そして、どうやっても今の私には、乗り越えられないのではないかと絶望しそうにもなりました。

でも私は苦しくても、自分信じて副業に取り組み、当時の苦しさを乗り越えて、いまは豊かに幸せに生きています。


お金の「ある」「なし」と「あなたそのものの価値」は無関係

あなたにはあなたのままで価値がある


このページでは、お金がなくて困っているすべての人が、いまの状況を「乗り越えるための解決策」を差し上げますので、少し長いですが、最後までしっかりとご覧下さい。


緊急かつ本気で困っている場合の対処法(体験談)

このページでは、私の体験談を元に、本当にお金がない状態で困っている時に、どう対処したらよいかを書いています。方法論的には他にもいろいろあると思いますし、そもそも一言でお金がないといっても、状態が人によって異なります。


私のように、借り入れもできない、現金も貯金もなくて、カードの与信枠もいっぱいという状態だという場合もあるでしょうし、貯金が500万円あるけれど、毎月の収支が少しマイナスでお金がないと思っている場合もあるでしょう。


この記事では、さまざまな状態に合わせて対策をお伝えしていますが、とりあえずここでは、最初にお伝えしたように、あらゆるケースに対応して解決方法を説明しています。非常に長いので、目次を見ながら、あなたに当てはまる箇所を読んで頂けたらと思います。なお、目次はお好きな題目をタップあるいはクリックして頂けると該当箇所に飛びます。また、定期的に「目次へ戻るボタンを設定していますので、適宜活用ください。


私が本当にお金がなかった時(状況)

当時、私は離婚して息子と一緒に、田舎隠岐の島にUターンしてきたばかりで、月収は14万円、借金600万円、毎月の返済額は10万円で貯蓄0円でした。当然、すぐに資金ショートして、もうどこからもお金が借りられない状態で、困ったことになった経験があります。


収入が増える見込みもなかったので、自己破産を視野に入れながら、どうにかお金を稼げるようにならないかを検討しました。


※すでにこの時点で、破産以外のあらゆる資金調達方法(以下に紹介すること)を実施した上で、もうどうにもこうにも首が回らない状態だったのです。


私の簡単な自己紹介を動画にしましたので、よろしければご覧ください。


当時私が取り組んだこと

副業に取り組みはじめて、司法書士に依頼して金融会社に「受任通知」を送ってもらい、督促(取り立て)をストップしてもらいました。


「受任通知」とは、借金をした人が「返済不可能だから弁護士や司法書士に債務整理を依頼した」ということを、弁護士や司法書士が金融会社に通知することです。金融会社は、受任通知を受け取ることで、借り手に対して一切の返済要求をしたり、接触をしたりできなくなります。

【参考】債務整理では、受任通知で督促ストップ


一方で、受任通知を出してもらったら、どういった法的な措置をするのか、半年以内に決めなくてはならなくなります。なぜなら、それ以降になると受任通知の効力が切れて債権者が差押えをしてきて、裁判所に訴えられたりするからです。

法的整理には、おおむね次の4つの種類があります。(個人の場合)


債務整理の4つの種類

  1. 自己破産
  2. 個人民事再生
  3. 特定調停(あまり使わない)
  4. 任意整理

自己破産

借金も資産も0にして振り出しに戻すことです。※人生の終わりだと思われる方もあるかもしれませんが、市場価値のない車などの財産は処分されませんし、最低限の現金は手元に残せます。生活はほとんどかわりませんので、自己破産すると一番手っ取り早く借金を整理できます。そして、ほとんどの場合、同居の人間以外にはばれることはありません。


個人民事再生

自宅や車など必要な財産を除き処分されるが、借金が3分の1程度まで圧縮できる方法で、裁判所で手続きします。自宅を残して借金を圧縮したい人向けです。


任意整理

借金額は変わらないけれど、利息は今後支払わなくてよいよう金融会社と交渉して返済計画をリスケジュールすることです。返済はあまり楽にはなりませんが、私のような投資不動産を持っていて処分したくない人や、借金を踏み倒すのが嫌だという方にはオススメです。またのちほど解説しますが、古くからの借金がある場合、過払い金請求をすることができて結果支払い額が減る可能性はあります。

※いずれの方法も、いわゆる金融ブラックになりますので、それぞれの手続きが完了してから7年間はクレジットカードを作ったり、新規借り入れしたりできなくなります。※ただし、例外もあります。
【参照】債務整理した金融ブラックでもクレジットカードが作られた体験談も併せてご覧ください。


過払い金の返還請求とは

受任通知を送ってもらってから、法的整理に入るまでの間に、これまでの返済履歴などから過払い分がないかなどを調べてもらい、もし過払いがあるようでしたら、実質的に返済額が縮小されることになります。


※私の場合は、過払いはありませんでしたが、古くから借り入れがある場合は、法で定める必要以上の金利を支払っていることがあり、その分が戻ってくることになります。この過払い金の調査は、弁護士や司法書士がすべてやってくれます。

※債務整理に興味がある方は、【体験記】債務整理で人生を向上させるにはのカテゴリをしっかりとご覧ください。債務整理は、お金がない人の味方です。決して人生が終わるのではありません。重い荷物を下ろして新しい人生を歩む行為といえます。



私がとった選択と動機

受任通知送ってもらって副業で稼いだ

私は、投資用マンションを所有していて、賃貸に出して家賃収入を得ていました。前の職場の社長で大恩ある方から買ったものだったのもあって、自己破産したくありませんでした(投資不動産が競売にかかり恩人に迷惑がかかるためです)。


また、個人民事再生は自宅不動産は守れますが、投資用不動産は守れないので、選択する意味がありませんでした。結果、選択肢は任意整理しかありませんでした。しかし、任意整理しても毎月の返済は、10万円、もし受任通知の効力がある半年の間で収入が増えなければ支払うことができないので、自動的に自己破産となることが確定します。仮に収入が増えて返済の見込みが立つなら、任意整理で話が済むけれど毎月10万円返済しないといけない。そんな状況になりました。


半年でなんとかしないといけない


なので、半年の間で月収10万円以上の副業収入を得られるように、イチかバチか取り組みはじめました。


半年の猶予の間にがんばった結果

半年間死に物狂いでがんばって、月10万円以上の余剰資金を稼げるようになるという目標を達成しました。そして、任意整理を済まして2013年から5年程度で全額返済する計画がスタートしました。今では、お金がない状態を脱して、年収は1,000万円を越えて金銭的なゆとりを感じながら自由に生きていくことができるようになりました。


これらの経験を通して、本当にお金がない状態にあっても、どうにかなることを知りました。そして、皆さんにその事実を知って欲しいと思います。対処法はいろいろあるので、下記の方法を参考にしていただき、あなたができる方法に取り組んで頂けたらと思います。


お金がない状況打破のための具体的な方法

それではいよいよここから、「お金がない状況を打破するための具体的な対策」について解説していきます。


この記事で繰り返しお伝えしているとおり、あなたの状況、あなたの願望によって、選択肢は大きく変わってきます。「今すぐのお金が必要なのか」「中期的な問題を解決していくのか」「長期的に取り組むべき問題なのか」あるいは「すべて」なのか。問題が代われば当然、対策も変わります。


あなたの状況、あなたの願望によって、選択肢は大きく変わる


ここでは、「あなたの状況」に応じた「具体的な対策」を紹介していきます。


※具体的とは、あなたの状況に合わせて、「いますぐ」実行できるレベルになった対策のことを指します。抽象的な知識も大切ですが、一番大切なのはあなたが行動に落とし込んで実行し、実際に問題を解決することです。


ここからは、以下の通りの順に方法論を紹介していきます。


  1. 今すぐお金が必要な場合の対処法
  2. 中期的なお金の対策
  3. 長期的にお金の悩みから解放される方法

これらを順に解説していきたいと思います。


短期資金で生活を切り盛りしながら、中・長期的な資金を調達する

まずお伝えすることは、あくまでも「本当にお金がない状態で緊急時の対処法」です。つまり、目先のお金をなんとかするということです。なので、基本的には、急場をしのぐ感覚で取り組むべきことであり、それ以上でも以下でもありません。「今」お金がない時の4つの応急処置でご確認ください。


原因を突き止め、対策することが長い人生をよりよく生きるために大切


そもそも、こういった「お金がない状態」に陥ったのには、それ相応の事情があるはずで、しっかりとその原因を突き止め、対策することが長い人生をよりよく生きるために大切になります。なので、目先のお金をなんとかしたら、長期的な観点で、今後お金がない状態に陥らなくても済むよう、また真に豊かに生きることができるように、当サイトの記事をしっかりと読んで、本質的な対処をされることをオススメします。


応急措置しながら同時に対策が必要

中長期的な資金については、準備するのに一定の時間が必要です。来年お金に困らないようにするためには、きちんと原因を分析して、今のお金をなんとかするのと同時に、来年のお金のための対策をすることが必要なわけです。


私が、債務整理をしたのが、短期的な資金対策だとしたら、中期的な対策は臨時職員として働くことであり、長期的にはアフィリエイトに取り組んだことだったと思います。


このように、短期的な目先の取り組みをしながら、少し大変ですが同時進行で、中長期に対策を考えていきましょう。ここでは、長期的な資金対策としてできることを少しだけ紹介しています。詳細は、長期的なお金に対する解決策はで書いていきますが、概要を知って欲しいと思います。


そもそもお金がない原因は何か

そもそもお金がない本当の理由は何かというと、実際にいろいろとあるでしょう。※詳しくはこちらをご参照ください。→お金がない原因・理由は何か?


しかし、根本的に突き詰めて考えていくと、お金に対して真剣に取り組んで来なかったということがあげられると思います。実際に、お金についてしっかりと勉強している人は、本当にごく一部の人です。


多くの人はお金に関しては、「貯金していればよいとか、目先のお金があればよいとか、きちんとした会社で働くとか、一つのところに長く勤めるとか、賭け事をしないとか」、その程度の知識しかありません。


あなたのお金がない理由


簿記の資格を持っている人や経済の勉強をしている人もいますが、そもそもお金とは何か、どうしたら経済的に豊かになれるのか、お金のつきあい方といったことを教えてくれる機会がいまの日本にはないからです。


なので、あなたが現在お金がないとしても、それはあなたのせいではありません(厳密にはあなたの責任ではあるのですが、ある面仕方ないことといえるのです)。教育のせいであり、実は仕組まれたことなのです。この当たりのことは、歴史の問題なので別の機会に書きたいと思います。
※詳しくは、182日目の景色ブログで綴っていますのでご覧ください。



「今」お金がない時の4つの応急処置

それではいよいよ、目先の短期的な資金を確保する対処法から解説していきます。下記対処法は、上から順番に優先的に取り組むことが望まれるように並んでいます。
順に、参考にしてください。

  1. 家にある不要品をお金に換える
  2. MNPしてキャッシュバックを得る
  3. 親、兄弟、親戚、友人、知人に借りる
  4. 業者に借りる(国や保険会社含む)
  5. 支払いをなくす(減らす、スキップする)

とにかく、まずは目先のお金をどうにかしないといけません。きちんと冷静になって対処をして、本当にあなたが求める人生を歩めるように準備するために、目の前の生活資金を確保するのです。

その上で「次のステップ」として、根本的な問題に取り組んでいく必要があります。それが、一番最後に紹介する長期的なお金の調達になります。

貧すれば鈍するという言葉があるように、精神的にゆとりがないと正しい選択をできないのが人間です。まずは、なんとしてでも当面のお金を確保する必要があるでしょう。


まずは、目先のお金をなんとかしよう!
次に、中長期的なお金に取り組もう!
目の前のお金がなきゃ正しい選択ができないよ!

家に眠る不要品を売却してお金に換える

不用品を売却しよう

まず、一番最初に取り組むべきは、家にあるさまざまな物品をヤフーオークションメルカリなどで売ることです。貴金属やブランド品、本やCD、DVDなどオークションなら何でも売ることができます。しかもヤフオクは、出品するだけなら手数料を取られることがなく、落札された場合のも手数料を取られるので、リスクなく出品することができます。しかも、すぐにお金が入ってくるので、本当にお金がない、困った状態の時は大助かりすると思います。


自宅の押し入れなどを見てみると、そんな財産なんてないよって思ったのに、意外といろいろなものがあるのに驚くと思います。私も、指輪や昔来ていたブランド用品、財布などを出品して、なんとか急場をしのいだことがあります。


また、私の友人は昔来ていた洋服を売ってある程度のお金を得ていました。人気のブランド品でなくても、たとえばスケーターが好むような洋服といった「あるカテゴリ」に属する人が喜ぶような商品は比較的人気があり高値で取引されるようです。あと、使わないパソコンなんかは、分解して「メモリ」だけとか、「HDD」だけとかを販売したり、PCモニタだけでも売れたりします。パソコンの分解方法などは、GoogleやYahoo!で検索すればいくらでも出てきますよ。


意外と売れる物あたくさんあるよ


すでに使えないものでも、分解すると売れたり、製品としてでなく素材として売れたりすることもあるので、検討してみましょう。ヤフオクを見ながら、家の中に売れないものはないかをくまなく見ていくのです。


※オークションかぁ、めんどくさいなぁと思われた方、パソコン苦手で出品できないという方は、ヤフオクが出品代行をしてくれるサービスがあるみたいです。普通にあなたの代わりにオークション出して、手数料差し引きしてあなたに振り込んでくれます。あなたは指示に従って郵送するだけです。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

もちろん、まったく売れるものがない場合もありますが、心配無用です。

他にもたくさん方法はありますので、引き続き下の方法をご確認ください。



MNPしてキャッシュバックを得る

あなたが利用している携帯電話を会社を変える(=MNP)ことが可能でしたら、今使っている通信会社から別の大手通信会社へ変更することで、たくさんのキャッシュバックを得ることができます。(2018年現在・今後減っていく可能性もありますが、構造上いきなりなくなりはしません。)


私の場合は、2018年11月にMNPして10万円以上の利益を得た上で、iPhone7plus128GBからiPhoneX256GBにすることができました。


ここでいう大手通信キャリアとは、docomo、au、SoftBankのことを指します。また、MNPで得する方法については、SoftBankからauへMNPして113,760円儲けた話参照ください。


親、兄弟、親戚、友人、知人などから借りられないか?

自分で対処ができない状態になったら、今度は誰かにお金を借りるしかありません。借りる先としてアプローチするのは、まずは近しい人になります。


簡単に言うと、まずは親や兄弟などの肉親にあたる。その上で、この人のためなら死ねるっていうくらい仲のよい友人に当たるということです。(それ以上、関係性が希薄な人にアプローチするとおそらく嫌われて終わりになると思います。)

私たち日本人は、お金の貸し借りについてタブーに考えている人が多いですが、あなたを本当に思ってくれている方なら、あなたにお金を貸してくれるでしょう。たとえば、親、兄弟、親戚などは、我が身を削ってでも助けてくれるでしょう。友人、知人などは、場合によってはお金を貸してくれと言っただけで、交友関係が断絶してしまう可能性もありますが、友達が本当に困った時に助けてくれるかは、本当の友達かどうかを知るよい機会だと思います。


そして、お金を借りる場合は、必ず金利を支払うようにし、返済期日や利率などを書面にして交わすようにします。それが、貸してくれる方への礼儀と言えるでしょう。書面の書式などは何でも構いません。いくら借りて、いつどうやっていくら返すのかが明確になるように記載してお互いサインするようにします。


ただし、もしあなたが返済できない状態に陥ってしまえば、いずれにしても約束を守ることができないので、今お金を借りても今後確実に返せる場合のみ、この方法を使うようにしましょう。要するに返せるあてがない場合は、借りるべきではないということです。


※万が一自己破産する場合は、知人などからの借り入れについても申告することで免責にすることは可能です。しかし、免責対処の借り入れから除外して返済を継続することもできます。


もし、あなたの周りにあなたにお金を貸してくれる人がいない場合や、確実に返済できるかどうかわからない場合は、次のステップに進みます。


業者から借りられないか?

縁故ある人から借りられない場合は、業者からお金を借りる方法を検討することになります。気軽なのは、クレジットカードのキャッシングや消費者金融などですが、これらは金利が非常に高いので、長期的に見ると返済に苦慮することになります。なので、取り組む順番としては次の通りになります。


  1. 積み立て型の生命保険で契約者貸し付けは利用できないか
  2. 銀行の融資や銀行カードローンを利用
  3. オリコなどのノンバンクから借りられないか?
  4. クレジットカードのキャッシングを利用する
  5. アコム、プロミスなどの消費者金融から借りられないか?
  6. 借り入れを一本化して月額支払い額を減らす
  7. どうにもならなくなったら社会福祉協議会

それぞれ調べればどんどん情報が出てきますが、オススメなのは次の通りです。


1.生命保険の契約者貸し付けを利用する

まずは、いま入っている保険内容を見てみましょう。
保険は、いろいろなタイプのものがありますが、養老保険や終身保険などで積み立て型の生命保険の場合は、解約返戻金(保険を解約した際に戻ってくるお金のことを指します)の80%くらいの範囲内で、お金を低利で貸してくれます。

状況や会社にもよりますが、申し込み後すぐに振り込まれることになります。そもそも自分が支払って貯めているものなので、リスクもありません。しかも3%程度~5%程度の低金利で借りられますので、とても重宝します。

契約者貸し付けのメリットとデメリット


しかも、万が一返さなくても、保険を解約した際に解約返戻金で相殺されたり、万が一保険の支払い対象となってしまった場合に相殺されたりするだけです。ただし、契約者貸し付けで借りたお金は、複利で運用されるので、返さずに放っておくとかなり金額が大きくなっていきます。


※複利というのは、元金によって生じた利息に対しても、利息が付くことを指します。なので、年数が経過するほど、高倍率で借金が増えていくことになります。たとえば、100万円借りた場合で年利3%の場合、1年目は利息は3万円です。2年目は、103万円に対して利息がかかるので、利息が30,300円になり、3年目は、1,060,300円に対して利息がかかる。という風にどんどん利息が大きくなる形式をいいます。下の図参照ください。ただし、高金利で借りるよりは「マシ」だということも申し添えます。


複利を解説した図


2.銀行の融資や銀行カードローンを利用

ここから先でお伝えするお金の借りる先についても、さきほど示した上から順番に検討して頂けたらと思います。

業者へ借りる場合で、一番最初に検討したいのは、銀行への借り入れです。銀行は、個人がお金を借りる先としては、もっとも安い金利でお金を貸してくれる可能性があります。

特に、教育ローンとか、車のローン、結婚のローン、リフォームローンなど、使い道が限定されるローンについてはかなり安価に借り入れできる可能性があります。

一方で、カードローンなどは消費者金融が保証会社として入るケースが多くなっているので、ほとんど消費者金融と金利は変わらなくなります。


詳しくは、以下のページを参照ください。

3.オリコなどのノンバンクから借りられないか?

銀行からの借り入れが無理だったら、次はノンバンクの金融会社からお金を借りることになります。


ノンバンクといえば、例えばオリコとかジャックスとかセディナなどの信販会社が中心になります。

信販系はあまりお金自体を貸すことに積極的ではないので、業者を探したり、手続きしたりするのが大変です。金利的にも消費者金融とあまり変わりません。


ただ、消費者金融よりは信販で借りたほうが、その後の金融審査での心象がよい可能性があるので銀行の次点でノンバンクとさせてもらいました。


金利はほとんど変わらない


4.クレジットカードのキャッシングを利用する

信販の次は、クレジットカードについているキャッシングが該当します。金利は、法定金利くらいで高いですが、審査もなくATMで簡単に利用できるので気軽なことがよい点です。

一方で、キャッシングの枠は、すでにあなたが持っている「借り入れできる枠」になります。今後さらにお金に困った時の安心材料としてもっていたほうがよいので、信販会社の次に位置づけをさせました。消費者金融より上に置いたのは、先にも書いた心象の問題です。


基本的には、さきほどもお伝えしたとおり、3~5は、金利はほとんど変わりませんので、ちょっとした違い程度と思って頂きたいと思います。



5.アコム、プロミスなどの消費者金融から借りられないか?

5番目は、消費者金融です。
消費者金融は、町中にたくさんATMがありますし、ネットでも簡単に借り入れすることが可能です。金利は比較的高額ですが、銀行カードローンや信販のローン、クレジットカードカードのキャッシングと変わりません。むしろ、上手にキャンペーンを活用すれば、他よりも有利に借り入れできることもしばしばです。


また、他の業態よりも審査面で有利になることもあります。


CMで有名なプロミスなら、三井住友銀行グループが運営しているSMBCコンシューマーファイナンスのブランドで安心ですし、いまならなんと30日間利息がゼロなので、安心して利用できます。おまとめでも使えますし、郵送物なしで誰にもバレずに、完全Web完結でも対応可能(OK)です。おまとめだけでなく、借り入れするなら断然オススメです。詳しくはこちら→お金借りるならプロミスがよいと言われる5つの理由

※※女性の方は、プロミスレディースがより安心です。詳しくは、女性がお金を借りるとしたらどうする?をご覧下さい。※※

プロミス

※30日間無利息にするにはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。


※よく借金は悪いことという先入観が強い人がいますが、生活に困窮してゆとりをなくして、打開策を見いだせないくらいなら、借金してゆとりを作って、それから豊かさを追求するほうがいくらもましです。おまとめ目的の人も、気軽にキャッシュフローをよくしたい人も、他に簡単な方法がないのでしたら、お金を借りるのはひとつの手段として、私は有益と思います。

6.借り入れを一本化して月額支払い額を減らす

また、万が一すでに多くの借り入れをしていて、返済額が高額な場合は、すべての借り入れを一本化して、できるだけ長期化することで、月の返済額を減らすことができます。

複数の契約を一本化することで、返済額を圧縮しようというわけです。


まとめもひとつ


知人の場合6社から借り入れしていて、月12万円返済だったのが、まとめることで半分くらいに減った事例もあります。もちろん、審査がありますので、まずはローンの申し込みをしてみることをオススメします。

また、怪しい町金融などからは絶対に借りないようにしましょう。公衆電話や壁などに貼ってあるチラシなどです。


怪しい金融会社は、法で規制されていても、法を破ることさえあるので、のちのち苦労することになるからです。消費者金融は、有名なところのみを選択するようにしましょう。

7.社会福祉協議会や市役所に行こう

最後に、上記のいずれに方法にしても対処できなくなったら、全国の都道府県にある社会福祉協議会やハローワーク、市役所の福祉課に行ってみてください。生活保障ということで、「生活福祉資金貸付制度]」といって、一時金を即貸してくれることもあります。いろいろと条件がありますので、条件については別のページでまとめることにしますが、いますぐどうにかしたいという方もあると思いますので、以下詳細がわかるリンクを貼っておきます。


担当の社会福祉協議会についてはこちら。各都道府県毎の社会協議会の一覧になっています。

https://www.shakyo.or.jp/network/kenshakyo/index.html

ハローワークについてはこちら

https://www.hellowork.go.jp/member/unemp_question02.html

生活福祉資金貸付制度の厚生労働省による解説はこちら

厚生労働省ホームページ


この他にも、市役所の福祉課や社会福祉協議会、ハローワークで手続きできるものには、以下のようなものがあります。これらは、受給するにあたり、必ずしもあなたの条件が合致するとは限りません。なので、しっかりと確認して頂いて、あなたに合致する物を見つけて頂けたらと思います。

  • 失業保険
  • 生活保護
  • 教育訓練給付金
  • 住まい給付金
  • 子育て世帯臨時特例給付金
  • 育児休業給付金
  • 児童扶養手当
  • 母子家庭に関連する手当
  • 高齢者再就職給付金
  • 高額療養費
国民の基本的な人権のひとつである生存権を守るため、国はさまざまな制度を準備しています。生存権とは、人間が人間らしく生きる権利のことで、いろいろとセーフティサポートがあります。知らなきゃ損というものもありますので、市役所や社会福祉協議会、ハローワークはぜひ行ってみてください。

支払いをなくす(減らす、スキップする)

ここまで取り組んでみて、どうにもならない場合は、そもそもの支払いをなくしたり、減らしたり、スキップしたりすることを考えましょう。例えば、電気代、水道代、などは毎月のことなので、こういった毎月の定期的な支払いについては、後に残さないほうがよいですが、支払い期日を交渉してみたり、大きな支払いの支払期限や支払い方法を交渉してみるのも手です。つまり、支払い期日を延ばして、問題を先送りしようということです。



後リボとは?

まずは、何もデメリットのない後リボという手法。これは、クレジットカードで一括払いで決済したものを、あとからリボルビング支払いにすることで、翌々月の支払いまで支払いを先送りできるものです。どのクレジット会社でも大体Web上で簡単に手続きできるので試してみてください。


あとリボという裏技


業者に交渉して支払いをリスケする

次に、クレジットカードを含む金融サービスの支払いについて、業者に相談して、支払い回数を増やして月額を下げるなど調整を依頼してみることをオススメします。基本的には金融業者さんは、約束した支払い方法については、見直ししてくれませんが、良心的な業者だと「例えば、一括払いを3回払いでよいよ」といった具合に支払い方法をリスケ(リスケジュールの略で支払い方法の変更を意味します)に応じてくれることもあります。ただし、個人信用情報に悪い情報が載ることを覚悟しないといけません。


債務整理をする

いずれの方法もだめだった場合は、すぐに弁護士か司法書士に連絡して、法的整理に踏み切りましょう。


債務整理は出発点


債務整理には、自己破産、個人民事再生、特定調停、任意整理があります。冒頭でも書いた通りです。ただし、このような法的整理をしたとしても、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなるくらいで、そんなに大きなデメリットはありません。自宅や車を失いたくない人は、自己破産をさければ、あとは問題ないので、まずは気軽に相談してみることをオススメします。


※債務整理については、いろいろなやり方がありますが、誤解されている方が多いです。本当は国民を守るために用意されたとてもよい方法なのに、です。以下の記事で詳しく書いたのでご確認ください。


中期的なお金に対する解決策は

とりあえず、目先のお金をなんとかしたら、来月、再来月くらいまでの中期的な資金を確保するようにしましょう。その上で、本当の本質的な長期的な対策に移っていきます。


中期的な資金対策としては以下のようなものがあります。というか、この2つしかありません。

  1. 節約して支出を減らす
  2. 短期的な収入を増やす

それぞれ簡単に詳しく解説していきます。

節約して支出を減らす

まず、節約する方法です。これについては、詳しく解説した節約カテゴリを当サイト内に準備していますので、詳細についてそちらでご確認ください。ここでは全体象だけ述べるにとどめます。

【参照】お金を節約する方法


お金を節約する方法は以下の取り組みを断続的に行うことが重要です。


まず、固定費と変動費を分けて考えて、それぞれを減らす努力をしていくことです。そのためには、生活を整えることが必要になりますし、何にいくらお金をかけているのかを知ることが重要なので、家計簿は必須になります。


また、以下のようなアイデアをぜひ実践してみてください。

  • さまざまなポイントをしっかりと集めて有効に使う
  • ペイペイやLINEペイなどお得な支払い方法を使う
  • 図書館を有効活用する
  • 自炊して外食費を減らす
  • 交際費を下げるために「おごらない」「飲みにいかない」
  • 公営住宅やビレッジハウスのような安い家賃の賃貸に引っ越す
  • 車を売る
  • 無駄使いをやめる

さらに、無駄使いをやめるためには、次のようなアイデアも活用ください。

  • めんどうくさがらない
  • 禁煙する
  • 禁酒する
  • ギャンブルをやめる
  • 浪費をやめる
  • 細かい出費をチェックして減らす
  • コンビニでは買い物しない
  • ATMはあまり使わない
  • ソーシャルゲームの課金をしない
  • ストレスをためない

短期的な収入を増やす

短期的な収入を増やすのは容易ではありません。成長して稼げるようになるには時間がないので、いまあるあなたというリソースを使って稼ぐしかないからです。


基本的には、本業からの収入を増やすか、副業からの収入を作るしかありません。詳しいことは以下のカテゴリに記載していますので、ここでは概要を簡単にまとめます。

【参照】副業をはじめて今より豊かな人生を歩む方法

  • 副業で時間を切り売りする仕事をする
  • 本業のインセンティブを増やすためにトコトン専念する
  • 高額なアルバイトを本業意外の時間にする
  • ポイントサイトで小遣い稼ぎする
  • 高給の会社へ転職する
  • 専業主婦(夫)と共働き制にする

スポンサードリンク


長期的なお金に対する解決策は

じゃあ、どうしたらよいかというと次のことを学ぶ必要があります。

  1. お金についての感情を学ぶ
  2. お金の稼ぎ方を学ぶ
  3. お金の使い方を学ぶ
  4. お金の増やし方を学ぶ

以下に詳しく内容を解説していきます。
その前にまず、お金のゆとりを作る公式をご覧ください。

収入-支出=貯蓄

つまり、長期的にお金に困らない生活をするためには、収入を増やし、支出を減らすことで貯蓄を作り、貯蓄を運用して殖やすこといえるわけです。なぜなら、常に収入より支出の少ない状態で生活していれば、お金には困らないのですが、人生生きていたらいろいろなことがあり、一時的に多くのお金が出てしまうことがあるからです。そうなると、一気に収支のバランスが崩れて、経済環境が悪化、資金繰りに追われる生活になります。そこで借り入れすると地味に利息の支払いに追いやられて、ストレスをためて、無駄なお金を使うようになり、キャッシュフローがますます悪化。本格的にお金がなくて困るのも時間の問題となります。

また、貯蓄はただ銀行に寝かしていても、何にもなりません。預金利息は、多くても0.1%未満だからです。どうせ使わないお金であるならば、当然のことながら増やしたほうがよいに決まっています。投資は危ない、貯金が安心というのは、もう過去の話です。現在では、貯金していれば、物価の変動で相対的にお金の価値が減って実質的に貯金が減ると言うことさえありえます。

なので、収入を増やす(=稼ぎ方)、支出を減らす(使い方)、お金を増やす(増やし方)これを学ぶことで長期的にお金に困らないようになるということになるのです。しかし、実はそれだけでうまくいかないのが人生です。人生は、いろいろなことが起こるので、理論的な正解だけではうまくいかないのです。そこで登場する学びがあります。

お金がない根本的な原因に対処する方法も参考にしてください。なぜかいつもお金に苦しんでいる方には非常に役立つと思います。


お金とのつきあい方「感情」を学ぶ

そうです、ここで大切になるのが、お金とのつきあい方を学ぶことです。つまり、あなたのお金に対する考え方や感情について学ぶということです。
もしかしたら、あなたもうすうす気づいているかもしれませんが、お金には大きな力があります。お金は、人の人生を狂わしたり、人を幸せにしたり、不幸にしたり、人生を大きく変えることがあります。お金は人の欲求をかき立て、時には犯罪さえ起こさせてしまうのです。

しかし、お金は単なる紙幣であり、硬貨でしかありません。
お金の物質そのものには、ほとんど価値はなく、あるのは、政府によって与えら得た信用だけです。
にも関わらず、お金はものすごいチカラを持ちます。

このお金のもつ独特のパワーと、お金によってどれだけ私たちが大きく影響を受けているか、あなたが「どのようにお金を捉えているか」これらのことを深く知る必要があります。つまり、ものすごいパワーを持つお金とどう付き合うか、あなたがどういう感情を抱いているかを学ぶ必要があるわけです。お金の本質は、そこにあります。

お金と感情については、「お金が欲しい」が抱えている3つの問題点から詳しく見ていってください。


お金の稼ぎ方を学ぶ

現代社会は、インターネットの普及で過去ありえないくらいにお金を稼ぐことが簡単になっています。
昔みたいに起業するのに最低1,000万円とか資本金を集める必要もないですし、ビジネスをはじめるのに店舗や工場などの資産を持つ必要はありません。また、サラリーマンでも副業であいた時間を使ってお金を稼ぐ方法だっていくらでも方法はあります。
実際に私は、サラリーマンをやりながら古くておんぼろなパソコンを使って、インターネットビジネスに取り組んで実績を出し、サラリーマンをやるのが馬鹿らしくなって独立しました。

方法はいくらでもあります。例えば、私がやったようなアフィリエイトであったりだとか、せどりや転売やオークションなどでもよいでしょうし、あなたの専門性を活かしてプロダクトローンチで起業してもよいでしょう。※私はアフィリエイトかプロダクトローンチをおすすめしています。→プロダクトローンチフォーミュラを使って最速で結果を出す方法を参照ください。

一方で、簡単だからといって、楽だとは思わないで下さい。簡単と楽とはまったく違います。コピペで月収100万円なんて稼げません。そもそも、ビジネスは価値と価値の交換であり、世の中に価値を提供できないとお金は儲からないのです。
お金を稼ぐことが簡単だという真意は、世の中に価値を提供しやすくなったということです。また、消費者のニーズがわかりやすくなったので、価値を作りやすくもなっていて、あなたにはあまり価値を感じられないことでも、他の人には価値のあることがあれば、それでビジネスが成立するようになったということです。

ただし、そんな世の中のニーズを受けて詐欺まがいの情報も多く出ているので、注意してください。世の中にあふれている一攫千金のおいしい話は、99.9%が嘘です。情報を売って販売者が利益を得るために売られているのが現状です。私も何人も情報商材の販売者と会ってきましたが、多くの人がお金のことだけを見ています。販売者がお金を稼ぐために、あなたの夢や希望を代弁して、簡単に解決しますよとささやいて、あなたからお金をむしり取るのです。
先ほどもお伝えしましたとおり、インターネットの恩恵でお金を稼ぐことは簡単になりましたが、楽になったわけではありません。
最低1ヶ月~半年は無報酬で地道に作業することは必要になってきます。※ただし、お金があれば一気にビジネスは大きくすることができます。


お金の使い方を学ぶ

いくらお金を稼いでも、稼いだら全部使っていたら、当然お金は貯まらないので、いつまで経ってもお金がない状態が続きます。実際に私も、観光協会の臨時職員時代月給14万円の時もお金がなかったですが、年収が1,000万円になってもお金がないと感じていました。

本当にお金がないと思わなくなったのは、月収で200万円超して、かつ、お金の使い方を徹底するようになってからです。

お金というのは価値の表現にすぎません。

あなたにとっても、1円の価値を定義する必要があります。
また、あなたにとっての1時間の価値も定義しないといけません。

そうすることで、「そのものがいったいいくらの価値があるのか」を常に計る癖がつき、浪費をしなくなります。正しいお金の使い方ができるようになるのです。いまだから私が言えることは、お金についてもっとも難しいのは、稼ぐことでも増やすことでもなく、この「使うこと」だということです。当然、お金に対する感情が大きく影響していきます。

ある程度のビジネスで成功している人たちを見ても、本当によいお金の使い方をしている人はあまりいないと思います。しっかりとあなたにとっての1円の価値基準、あなたの1時間の価値基準を時間をかけて経験の中で定義していき、正しいお金の使い方をしてください。
お金の使い方に、投資と消費と浪費があることを知ってください。詳しくは、また別の項で触れたいと思います。


お金の増やし方を学ぶ

ある程度お金を稼げるようになって、上手に使えるようになると自然と貯金や貯蓄が増えて、お金にゆとりが出てくるようになります。そしたら、次はお金を守り、増やすことが必要になります。お金の増やし方もしっかりと勉強しないといけません。

まずは、次のことを明記してください。


お金を投資する先の優先順位
  1. 自分の能力に対して投資する
  2. 自分のビジネスに対して投資する
  3. 金融商品に投資する

この優先順位を知る必要があります。つまり、一定以上の資産ができるまでは、金融投資は必要ないということです。あなたのビジネスが拡大して安定して、事業資金の中で十分な投資ができるようになれば、お金を金融商品に投資してお金を増やせばよいでしょう。

でも、それまでの間は、まずは自分の能力に投資をして、ビジネスにも投資をして、余剰資金をより多く生み出すことができる人間になり、ビジネスを持つ必要があります。どれだけ利回りの高い金融商品であっても、自分の能力やビジネス以上のリターンを得られるものはないからです。

よくよく考えてみてください。

株は他の会社への投資ですよね。FXは他の貨幣への投資ですよね。投資信託はそれらの組み合わせです。

あらゆる投資が、何かしら他者の取り組みに対してお金を出して、他者が儲けた残りをリターンとして得るわけなので、自分の能力やビジネスに投資をしたら、100%自分で利益を取れることになるので、他者に投資するよりは自分に投資するほうが利回りが高くなるのは当然だということが理解できるでしょう。

ただし、サラリーマンの場合は、自分の能力への投資はしたほうがよいですが(昇級や出世にも関わるので)、ビジネスに対する投資はないので、金融商品に対して投資するとよいでしょう。サラリーマンがビジネスを起こす以外で、将来のリスクヘッジをするには、投資することが必要だからです。※金融投資については、金融商品に投資してお金を増やす入門をご覧下さい。


関連ページ