お金のストレスを一瞬で解消して、苦しさから解放される方法

公開: by

お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法

 

お金がなくて苦しい。毎月毎月収支がギリギリでストレスが溜まりまくる。もうこんな生活うんざりだ。お金の不安がいらない自由な生活をしたい!!


京や大阪、名古屋や京都や仙台や福岡など、都市部に住んでお金の苦しさと戦っているあなたへ。


今日は、お金の苦しさから簡単に解放されて、家族や回りの人と幸せにある程度ノンビリと生きられる方法、後半ではストレスを解消する方法について紹介していきます。


もちろん、今のように、物質にあふれて、利便性にあふれた生活を継続するわけではありません。何かを得たら何かを失うという言葉があるように、今と全く同じ状況でお金の苦しさから解放される訳ではないので、ご注意下さい。


ですが、この方法を実行することで少なくても、お金がなくなって生活に困ってしまう不安を解消することができるようになります。


お金がなくて苦しい理由

お金がなくて苦しい理由


それでは具体的な解決策について入る前に、お金がなくて苦しい理由を簡単に解説しておきます。
実際のところは、この根本的な原因・理由を退治しない限り、本当の心の平安は訪れません。


はっきりいって、ここで紹介する「お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法」も、結局はこの根本的な原因を解消するものではありません。自分の環境を変えることで、直接原因にアプローチしないものです。


ただし、この方法が、直接的な原因を、時間をかけて癒やしていきます。(最後に詳述します。)


なので、一旦ここでは、しっかりとお金がなくて苦しい理由を明確にした上で、本題である「お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法」を解説していきたいと思います。


必ず、この順番に読んでいってください。


お金の本質と機能

お金の本質と機能
お金は実のところ単なる紙切れだったり、金属の塊でしかありません。紙幣は和紙で出来ていて、貨幣は、アルミや銅、ニッケルなどから出来ています。ただそれだけで、それ以上でも以下でもありません。


しかし、お金には単なる物としてではなくて、機能として社会的に付与された価値があります。それは、交換の手段となるということです。


社会を統治している国家=政府によって、価値が保証され、安心して物やサービスと「価値」として交換される機能を持たされているのです。


少し抽象的で難しくなってきたので、ここら辺にしますが、簡単に言うと、こういうことです。


国から、物やサービス同士を直接交換しなくてもよいように、交換の仲立ちをする機能を与えられているということです。


お金の魔力

お金の魔力
つまり、お金は単なる紙切れであり、金属の塊であるに過ぎないのに、さまざまな物やサービスと交換できるという機能(=国から価値を保証されているということ)から、特別な意味を持つことになります。


人は生きていくために、さまざまな物やサービスを必要とします。


また、より快適に、より幸せに生きていくためには、もっともっとたくさんの物やサービスが必要だと感じています。その背景には、小さい時から体験する、親やそのまた親から伝わるお金に関するさまざまなドラマがあります。


ある人は、お金がなくて苦しむ親の姿を見て、お金を怖いものと思ってしまうでしょう。ある人は、お金は汚いよという親の話を聞いて、お金は汚い物だと思うようになるでしょう。また別の人は、お金に翻弄される親をみて、自分はこうなりたくないなとお金と距離を置くようになるでしょう。逆に、健全にお金とつきあっていて、お金を上手に活用して幸せになる親の子は、お金は素晴らしいものだと思うでしょう。


このように、人は、これかでの人生で、お金を使うことで生きることができて、お金を使うことで満たされる経験をできて、ものすごく大きな影響を受けて育ちます。それらのさまざまなドラマは、魔物のように、その人の人生を支配することになるのです。


現状は過去の経験が作っている

現像は過去の経験が作っている
従いまして、基本的には現状あなたにお金がない状態が訪れているとしたなれば、過去あなたが生まれ、育ち、現在に至る間で、あなたが受けたお金に関する考え方や体験による影響を見ないといけません。そして、あなたが心の奥底でお金に対して、どういうイメージを持っているのか分析して、そこにアプローチすることが重要です。


現状あなたが、お金がなくて困っているのでしたら、おそらく、過去お金に関して傷ついたり嫌な思いをした経験があることでしょう。誤った知識や感情を持っているので、あなたにお金がやってきていない可能性が高いのです。


なので、しっかりとお金に関する感情や記憶をいやして、正常に戻すことで、豊かになることができます。


簡単には癒やせない

しかし、あなたはこれまで生きてきた年齢の期間をかけて、今の「お金に関する知識や感情」を育んできました。


従って、それらの記憶や考え方を変えようとしても、決して簡単なことではありません。なぜなら、仮に今あなたが30歳だとすれば、30年という時間経験を通して積み上げてきたものを修正しようとするわけなので、相当のエネルギーと時間が必要になるからです。


だから、根本的な対策をしようと思ってもなかなか難しいのが現実なのです。


また、方法論はある程度ありますが、取り組むにあたり、そこそこ投資が必要になります。癒やすための取り組みを、専門家の時間をたっぷり使って行うことが必要だからです。※お金についての根本的な対策をご覧ください。


なので、一旦ここでは、根本治療については、脇に置いて、今回の「お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法」へ移っていきます。


「お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法」では、とにかくまず。「現状をお金の不安のない安全なものに変革する」ことで、環境=外的要因から、あなたの内面的な本来的な原因論へとアプローチしていきたいと思います。


状況が変わって、経験が変わればあなたの記憶が変わって、考え方や知識、感情が変革していくことになるからです。


お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法

それでは、前置きというか本質的な内容が長くなりましたが、いよいよ、「お金がない苦しさから簡単に解放される超リアルな方法」の具体的な内容をお伝えします。それは、こうです。


「田舎に引っ越す」

  • えっ、そんなことできない!
  • なんだそりゃ、嘘でしょ!
  • 全然リアルな方法じゃない!

そう思われ方、ちょっと待ってください。
どうして、田舎に引っ越すと、お金の苦しさから解放されるかその根拠をお伝えします。根拠は次の5つです。

  1. 田舎にホームレスはいない
  2. 田舎は仕事時間が短い
  3. 田舎は生活コストが圧倒的に安い
  4. 田舎は自給自足しやすい
  5. 田舎では助け合いがある

根拠

根拠
まず、私が住んでいる島根県には、ホームレスはいません。


どんな人も、ちゃんと家を借りるか所有して、生活できています。これは、田舎では万が一お金がなくてもどうにかなっている証拠です。家をなくすようなことはありません。


また、私の回りで、過去私が生きてきて30数年の間で、餓死した人はいません。つまり、誰もがなんとか生きて来れたということです。
じゃあなぜ、田舎にはホームレスがいなくて、餓死者がいないかというと、次のようなことからです。


理由

まず、仕事がある人は仕事時間が短いから、余った時間で、いろいろなことができるからです。


例えば、畑や田んぼをしたり、漁をしたりして、自給自足に近いことができます。そもそも土地や家が余っているので安価で、耕作するのもお金がかかりません。自然は豊富で水も湧きますから、自然から食べ物を得るのも容易です。生活コストが極めて安くて、自然が豊富だから、自給自足しやすいわけです。例えば、落ち葉や枯れ木だって、燃料として使えます。
そして極めつけは、田舎はコミュニティが発達しているので、隣近所の方と顔見知りになって、助け合って生きていくことになります。ある面はプライベートが侵されて息苦しさを感じるシーンもあるかもしれませんが、助け合いの力は協力です。


コミュニティ
私たちの場合は、隣近所の方から、ありがたいことにさまざまなものを頂いて生きてきました。


松葉ガニ、旬の魚介、さまざまな野菜、作りすぎたといってさまざまな料理を頂くこともしばしばでした。当然私たちも、旅行に行ったらおみやげを買っていったり、何か獲物をたくさん捕ったらお裾分けしたりします。
そうやって、助け合うから、なんとか生きていくことができるのです。


だから、地方にはホームレスもいないし、餓死者もないのです。


だから、地方に、少なくとも島根に移住してくれば、「お金がない苦しさから簡単に解放される」第一歩を踏み出すことができます。もちろん、移住することはスタートです。そこから、お金がなくても生きていける実感を感じることで、あなたの記憶と感情が癒やされ、経験が蓄積されて、お金の不安から解消されることになります。
なかなか簡単にはできない取り組みですが、ぜひ、検討してみてください。ちなみに、島根県へのUIターン情報は、島根県のふるさと島根定住財団が運営しているくらしまねっとをご参照ください。

お金がないストレスを解消するには?

お金がないストレスを解消する方法
金がないというストレスは、ものすごく強烈な苦しみです。味わった人しかわからないと思いますが、日々どうお金を工面して生活したらよいだろうか、ちょっとした出費で迷ったり、お金が財布から出ていく度に不安が強くなったり。夜いきなり、これからどうなるんだろうと眠れなくなったり、ちゃんと支払えるのか先が見えずに憂鬱になったり。


お金がないことにより生じるストレスは、生活している限りずっと付き合っていかなくてはいけない大問題です。
ここでは、人生において非常に重要となるであろう、お金がないことによって生じるストレスを魔法のように一瞬で消す方法を紹介します。


どうしてストレスになるのか?

どうしてストレスになるか
私も過去、お金がなくてとても苦しんだことがあります。その時のストレスは、非常に強いもので、感情が掻きむしられ、いろいろな場面で正常な判断ができなくなって、行動の選択を誤ることが多くありました。


どうしてお金がないことは強いストレスを引き起こすかということを考える前に、そもそもストレスって何なのか、その正体を探ってみたいと思います。


ストレスとは?

ストレスとは何かを紐解いてみると、次のように表現されるようです。



生体に、外傷・中毒・寒冷・伝染病・精神的緊張などの刺激が加わったとき、生体の示す反応。俗に、精神的緊張。

Googleで「ストレスとは?」で検索した結果より


つまり、ストレスとは外的な状況が引き起こす精神的な緊張のことを指すということです。


お金がないからストレスが生じるということは、「お金がない」という状況が精神的な緊張を引き起こしているということです。


お金がないことがなぜ精神的緊張を引き起こすのか

ではなぜ、お金がないと精神的に緊張するのかというと、私たちが「不安」を感じるからです。


どうして「不安」を感じるかというと、過去のさまざまな経験からお金についてのさまざまなイメージを持っていて、それに支配されているからです。


例えば、お金がないとまともに生活していけない、とか、お金がなくなったら生きていけないとか、支払いができないと恥ずかしい思いをするとか。お金がないことで、さまざまなことを自動的に「想像」してしまって、その時に起こるであろう最悪の状況を疑似体験することで、一種の不快感を覚えることです。


そうすることで、未来が不安になり、精神的に緊張するということになります。


ほとんどの人が持っている不安感

不安はみんなが持っている
一方で、これらの不安感は、誰しもが持っているものでもあります。確かに、お金のストレスや不安感を強く持っている人は、一部の人ですべての人ではありません。


でも、不安感を持ったり、ストレスを抱えたりするというのは、人間として普通のことであり、すべての人が持っているものです。従って、必ずしも不安感やストレスがあるから悪いということはありません。


むしろ、私が通っている自費診療の病院での定期検診では、「ストレスがなさすぎて交感神経が有利になりすぎているので、日中にもっと激しく活動して少しはストレスを自分に与えるように」と指導を受けたことがあるくらいです。
※私と妻が受けている自費診療の病院は、自分の免疫力を高めて維持向上することで、未然に病気を防ぐ予防医学的な取り組みになります。


不安とストレスはすべて悪いわけではない

このように私は、「不安とストレスなく生活すると、健康的によくない」と先進的なお医者さんに言われて、「もう少し自分の身体にストレスをかけなさい」と指導されました。


つまり、ストレスはある面人間にとって必要なことであり、生きていると必ず持っていないといけないことだということです。


もちろん、私には、一切の不安感やストレスがないというわけではありません。私にも悩みもあれば、将来に不安を抱くことだって在ります。毎日の生活の中で、完全にストレスフリーなわけでもなく、ストレスに苛まれることもあります。


ただし、その度合は、おそらくほとんどの人と比べて非常に少ないのだと思います。だから血液検査の結果が、交感神経が優位になってデータとして出てしまったということなのでしょう。


だからといって、私はあえて自分に苦しい状況を作ろうとしてはおらず、日中運動に時間を費やしたり、いろいろな人とふれ合う時間を増やすなどして対応しています。


悪いストレスと良いストレス

これまでお伝えしたように、人間生きていると必ずストレスは感じるものです。また、ストレスがないと返って身体に悪いということができます。


一方で、ストレスは万病の元であるとも言われますし、ストレスが溜まった状態って、はっきり言って不快で嫌ですよね。


なので、ストレスの全てが良いものでもないし、全てが悪いものでもないということができます。


じゃあ、どうしたらよいかというと、やはりバランスを取ることが必要だということですね。


ストレスと適度に付き合う

ストレスがかかったら、そのストレスを解消して、できるだけため込まないようにする。基本的に私のように、家で仕事していて、一日に取り組む仕事量が極めて少なくて、好きな時に作業すればよい状況にある人は少ないと思います。


なので、多くの人がストレスが足らないということはないと思いますが、ストレスが足らない人は、運動や社交で、自分にストレスを適度にかけていくことも必要になります。


じゃあ、どうやってストレスを解消すればよいのでしょうか。お金がない不安を解消すればよいのでしょうか。
過去、お金がなくて四苦八苦してストレスを抱えたこと、現在交感神経優位でもっと身体にストレスをかけなさいと病院で言われた経験から、具体的な方法をまとめたいと思います。


ストレスを解消する方法

ストレス解消の方法
まず、ストレスを解消する方法をいくつかまとめます。その上で、現実的にすぐに取り組める方法として、まとめていきたいと思います。

  1. ストレス因子を除去
  2. 何かに集中して取り組む
  3. 激しい運動をする
  4. 旅行などの楽しいことをする
  5. 瞑想をする
  6. 正しい考え方を手に入れる

この6つが、ストレスや不安を解消する方法となります。まずは簡単にそれぞれ解説します。


1.ストレス因子を除去

まず、一番難しいけれど単純なことは、これです。


あなたがストレスに感じていること、あるいは不安になっていること、この原因を排除することです。


例えば、お金がないことでストレスを抱えているのなら、お金をたくさん稼いで支出を減らして借金を全額返済することです。こうすることで、返済のことややりくりのことでストレスを感じることはなくなります。
ただし、お金は非常に扱いが難しくてデリケートな側面があり、実際にはお金があっても不安を抱くこともたくさんあります。(詳しいことについては、お金がない時の対処法でまとめていますので、ご参照ください。)


また、簡単にお金を稼ぐ、節約する、借金を返すと書きましたが、すぐには難しいことが多いです。当サイトで各方法論はまとめていますが、すぐの解決策にはなりずらいので、現実的には別の対策を先に取り組む必要があります。


2.何かに集中して取り組む

何かに不安を持っていたり、ストレスを感じている時は、そのストレス因子にフォーカスがいっています。つまり、あなたが不安に思うことやあなたにストレスをかけることについて、ずっと考えてしまっているということです。


この状態では、完全にそのストレス因子に支配されることになります。


なので、全く別のことに取り組むことで、あなたのフォーカスをストレス因子からずらすことで、ほんの少しですが、ストレスや不安から解放されることができます。


例えば、お金がない不安を抱いている時に、工作をしたりゲームをしたり、熱中できる何かをすることで、集中する先が他に移って、その間だけの短時間ですがストレスから解放されることになります。


3.激しい運動をする

これは、非常に簡単です。
激しいスポーツや体操などをすることで、身体を疲れさせて、精神的な悩みから解放されるものです。身体が疲れると、精神的な悩みを抱いている余裕がなくなるので、悩みから解放されます。


また、精神的なストレスは、身体を動かすことで(身体にストレスをかけることで)解消されることが分かっています。
運動でしたら、何でも構いませんが、一番簡単なのは走ることです。走るためには、靴以外の何もいらないので、どこでも取り組むことができます。雨の日やどこかに行けない日は、スクワットも有効です。


非常に簡単なことですので、ぜひ運動を取り入れて下さい。


4.旅行などの楽しいことをする

楽しいことをすると、人は感情が高ぶってよい気分になります。よい気分の時は、不安やストレスを感じることが少ないです。また考え方も肯定的になり、悲観的にものごとを捉えることがなくなります。


なので、旅行など楽しいことや趣味に興じることで、ストレスは軽減することになります。


ただし、注意点として楽しいことをすると「肯定的な感情」が高ぶる反面、楽しいことが終わると感情の振り子が振れて、元に戻ろうとします。そのとき、楽しいほうに大きく振れた分だけ、マイナスのほうにも大きく振れる可能性があります。


マイナスのほうふれるということは、不安感が大きくなって、より大きなストレスを感じるようになる可能性が高くなるということです。


ましてやお金がない悩みを持っているのに、旅行等で大きな出費をしたとなると、当然負荷は増すことになります。


5.瞑想をする

瞑想をすることで、ストレスを軽減したり、不安感を削減したりすることができます。やり方は簡単で、姿勢を正して座り、10分とか20分、目を閉じて心を「無」にするようにします。


ただ、目をつぶって何も考えずにいるだけです。


そうすると、いろいろなことが頭に浮かび上がってきます。
明日の支払いのことややらなければいけない仕事のタスク、し忘れていたことや、掃除や整理のことなど、本当にいろいろなことが頭の中をぐるぐる巡ってきます。


これらの雑音に惑わされないように「無であることに集中すること」が重要です。


私は瞑想のプロではありませんので、ここまでしか書けません。詳しく知りたい方は、瞑想の本などをお求め頂けたらと思います。※瞑想用の音楽なども併用すると集中しやすくなります。


6.正しい考え方を手に入れる

これは、なんとなく漠然に感じる不安感を除去するために有効な方法です。


例えば、お金がない不安感を持っている人は、実はほとんど根拠のない不安です。なぜなら、日本国に住んでいる以上、真っ当に生活していれば、真っ当に生きることができるからです。


日本の国が憲法で、国民に対して人間として最低限の生活を保障してくれています。従って、いろいろな手段を講じれば、餓死することは絶対になく、人間として幸せに生きることは可能です。それはどれだけお金がなくてもです。


つまり、こういうことです。


大丈夫。

これが正しい物事の捉え方になります。


また私たちは、いつでもどこでもどんな状況からでも、「自分が願い実現できると心から信じることができるどんな人生」でも、実現することができます。
つまり、私たちは自分で自分の人生を自由に設計できるということです。


いますぐストレスを解消するには

いますぐストレスを解消する
これまでお伝えした6つの「ストレスを除去する方法」は、それぞれが効果的で、それぞれの状況に応じて、実行しやすいものを選んで取り組んで頂けたらと思います。


ただし、これらの方法は簡単に取り組めるものもあれば、そうでないものもあります。また6つもあれば、どれに取り組めばよいか分からないと思います。
なので、いますぐストレスを解消したい方は、ぜひ、3.激しい運動をするに取り組んでみてください。そして、悩みが和らいで不安感が減って、ストレスにならなくなるまで、走ってみてください。


ポイントは何分走ると決めて走るのではなくて、「効果がでるまで」走るということです。そうすることで、必ずストレスが軽減します。そして夜ゆっくり眠れて、心身ともに回復します。


あとは、私のサイトを時間をかけてゆっくりと読んでみてください。そして1.ストレス因子を除去する、これを実行できるようにしてください。これが、根本的な対策となります。


そして、根治のためのプロセスで不安になったら、また走る。ストレスが軽減して不安感が減るまで、とことん走る。これが正解です。


当サイトには、さまざまなあなたの問題を解決する方法が紹介されています。ぜひじっくり読んでみて下さい。

関連ページ