自宅でネットの固定回線で通信費を最安値に抑える方法

なたは自宅にインターネット回線を引いていますか?

固定のインターネット回線といえば、元々はフレッツ光がほとんどでしたが、今は、電力系やケーブルテレビなど複数の会社がフレッツとは全く別の形で光通信サービスを提供しています。

さらに、同じフレッツ光の回線を利用するのですが、各プロバイダーがフレッツ光の利用料も込み(転用)でサービスを提供する商品も出てきました。

いわゆる光コラボと呼ばれるもので、これまでは【NTTフレッツとの契約+プロバイダー】だったものが、【プロバイダーとの契約のみ】でひかり回線を利用できるようになっています。

さらには、WiMAXや格安SIMのデータ通信のような、モバイルWi-Fiの無線通信で使い放題のサービス、SoftBankAirのような固定型の携帯通信も出ており、自宅で利用する固定通信回線も選択肢が非常に多くなっているのが現状です。

ここでは、使用用途や目的別で、あなたにあった最適なサービスが利用できるようにまとめました。

通信サービスの場合は、単に安ければよいというものではありません。
安くても、一定以上の速度が出ないと意味がないことも多いからです。また、ただ通信ができればよいだけでなく、固定電話もセットで利用したいケースもあると思います。
また逆に、とにかく安くしたいケースもあると思いますので、さまざまなニーズに合わせて検討していきたいと思います。

現在考えられる固定通信手段

現在考えられる固定通信手段
まず、現在考えられる固定通信手段について考えてみたいと思います。

パッと考えただけでも、以下の通りたくさんあります。もちろん、お住まいのエリアによって、対応しているもの対応していないものありますが、どこに住んでいても複数の利用方法が検討できます。

しかも、これらの方法はそれぞれに複数の業者が参入しているので、選択肢はものすごく多いことになります。

  1. フレッツ光+プロバイダ
  2. ADSL
  3. 独自で光回線提供業者
  4. ひかりコラボ
  5. WiMAX
  6. 携帯通信の固定通信
  7. データ専用通信の格安SIM
  8. iPhone等でデザリング

当サイトは、通信手段を専門に扱ったサイトではありません。

お金がない人が、少しでも効果的にお金を節約したり、稼いだりできりようにすることが目的です。

なので、これらのサービスについては、以下簡単に解説するにとどめます。

また、もしかしたら、私が知らない範囲で、他にもサービスがある可能性もありますが、同じ理由ではご了承ください。

フレッツ光+プロバイダ

固定回線の光通信としては、もっともポピュラーな契約方式になります。

通信回線は、NTTでフレッツ光を契約して、ネットにつなげるプロバイダーを別で契約するものです。

原則、プロバイダーは自由に選べますが、通信とプロバイダーが別なので、割高になります。最大で1GBの高速通信が利用できます。

ADSL

Yahoo! BBとNTTが提供しているもので、電話回線の使われていない周波帯を使うブロードバンドの先駆けです。

非常に安価ですが、通信速度が最大で50GBになりますので、あまり選ばれません。

独自で光回線提供業者

eoひかり、コミュファ光、Pikara、BBIQ、メガエッグなどの電力会社が提供する光回線や、ケーブルテレビ会社が提供するもの、また別途で個別の会社が独自で、KDDIが提供するauやSo-netが提供するnuro光など、NTTの光回線を使わず自社で通信網を準備している業者です。

それぞれ特徴がありますので、比較検討の対象となります。

ただ、フレッツと比べると提供エリアが限定的なので、比較の際はまず、あなたのお住まいがサービス提供エリア内かを調べることが必要になります。

ひかりコラボ

各プロバイダーがフレッツ光と組んで提供するものです。(SoftBank光やdocomo光、ビッグローブ光などたくさんあります。)

通常のフレッツ+プロバイダのパターンとは異なり、プロバイダーとだけ契約すれば、通信回線もパックで付いてくることになります。

通信回線は、従来のフレッツひかりを使うのですが、プロバイダーがNTTと契約しているので、通常より割安で契約できることが多いです。

それぞれのプロバイダーが、携帯料金とセットにすることで割安プランを作るなど、選択肢が豊富です。

また、すでにフレッツを導入している方は、乗り換える際に、別途工事がいらないなどもメリットになります。

WiMAX

携帯とは違う周波帯の無線による高速インターネット通信になります。

WiMAXもさまざまな会社が提供しています。auやGMO、UQWiMAXなど、選択肢は豊富です。

使い放題で比較的高速な上に、持ち運びができる点で有益で利用者が多いです。

ただし、電波は通常の携帯電話の電波の方がよいです。(広い範囲で使えるという意味においてです。)

携帯通信の固定通信

SoftBankAirのように、携帯の電波を自宅で固定Wi-Fiとして利用できるようなものです。

工事などの初期費用は一切かからず、ただコンセントに差し込むだけで利用できるので、非常に気軽に利用することができます。

ただし、あまりメリットは感じないことが多いです。

データ専用通信の格安SIM

携帯電話の電波をデータ通信として利用するものです。Wi-Fiルーターを購入して、各通信会社が提供しているSIMを契約して差し込むことで利用できます。

基本的には、大手通信会社(docomo、au、softbank)の回線を格安SIM業者が借りてユーザーに提供します。

非常に安価に利用できますが、使い放題でないことが多いです。一部、低速で使い放題のSIMもありますが、使い勝手は悪いと思いますので、オススメしません。

iPhone等でデザリング

携帯の電波を利用してインターネットをする方法です。

格安SIMでも利用できますし、大手携帯会社の契約でも利用できます。

特に、SoftBankなどで50GBプランなどを利用している方は、一考の余地があるものとなります。

あなたに合う回線はどれか?

あなたに合う回線はどれか?
それではいよいよ、あなたのニーズにあった固定回線は、どれか解説していきたいと思います。

次のニーズの単体あるいは、複数の組合せがあなたのニーズだと思いますので、それぞれあなたのニーズに合うものをご覧になられてください。

  1. とにかく安く済ましたい
  2. 固定電話が必要な場合
  3. 家族で使っている
  4. 一人暮らしで在宅時間が短い
  5. 利用量がそんなに多くない

それぞれ簡単に解説した上で、もっとも適したプランを紹介していきたいと思います。

とにかく安く済ませたい場合

お金がない方にとって、インターネットは生活に必要とまではいわないけれど、ないと不便なものなので、考え方が非常に厄介なものになります。

確かに、インターネットが使えないとますます経済的に困窮していく可能性があります。

しかし、今後インターネットを活用してお金を稼いでいこうという考えがないのであれば、できるだけ通信費は下げることが望ましいです。

現在は、スマホでもかなりスムースに通信することができます。

なので、固定回線とスマホとトータルで価格を見ていくことが重要になります。インターネットを主に、家の外で利用するか、

それとも家の中で主に利用するかで、どうすればよいかが変わってきます。

あるいは、あまり利用しない方などの場合は、通信速度は遅くてもよいかもしれません。これらをトータルで考えた、さらに以下のように場合わけしてみました。

全体的にあまり利用しない

固定回線かスマホか、どちらか一方を利用することをオススメします。

家で使うことが多くて、外ではあまり使わないということでしたら、外ではネットを使わないようにして、家で固定回線でネットをするとよいと思います。

通信速度によって変わってきますので、この後のニーズも参照ください。

逆に、家ではあまり使わずに、外で使うことが多い場合は、固定回線は引く必要はありません。スマホで対応してください。

通信速度は遅くても構わない

速度が遅くて構わない場合の固定回線のオススメは、固定電話を持っているならYahoo!BBのADSLがオススメです。

月額1,300円くらいで12Mのスピードのプランが利用できます。ただし、速度は遅いので、動画閲覧などは厳しいと思います

また、格安SIMで200Kbpsの速度でしたら、通信速度が遅くても構わないから安く済ましたい場合は、ロケットモバイルという会社のSIMが、データ通信で298円、通話プランで948円で利用できます。

スマホを持っているなら、通話プランにMNPしてもよいでしょうし、Wi-Fiルーターを購入してデータプランを試してもよいですが、とにかく低速なので、通常のネットとしては使い物にならないレベルと思われます。

固定回線でスピードが速くて安価なもの

固定回線で速度が安定していて、なおかつ安価なサービスとしては、一戸建てで4,200円くらい、マンションタイプで3,200円くらいになります。

さらに、あなたが利用している携帯電話会社が大手通信会社の場合は、それぞれの会社とのセット割で、携帯回線の数だけ割引きが効く可能性があるので、同一キャリアで2台以上携帯を家族で使っている場合は、下のキャリア別固定回線をご覧ください。

ちなみに、エリアによって違いはあると思いますが、全国どこでも対応している低価格固定回線のオススメは、次のものです。

@スマート光

@スマート光は、ひかりコラボの固定回線です。

価格は、マンションタイプが3,300円で、戸建てタイプが4,300円です。

しかも、初期工事費が、キャンペーンで実質無料で回線を導入できるというメリットがあります。

ひかりコラボなので、回線自体はフレッツになるので、品質は問題ありません。

その他、en光も同等金額ですが、工事費がかかるだけ@スマートに劣ります。

また、nuro光や電力会社系の回線も、同等レベルで安いので、あとは好みで決めて頂くのがよいと思います。

各キャリア別オススメ固定回線

携帯各キャリアを家族で複数台以上所有している場合は、各キャリアと提携している固定回線を利用することで格安になる可能性があります。

例えば、通信料が5,000円で、携帯1台あたり1,000円携帯代が安くなる場合は、3人利用していれば、実質2,000円で固定回線を使えることになるからです。

以下、各キャリアの固定回線を紹介していきます。

固定電話が必要な場合

固定電話が必要な場合は、無線系の回線ではなくて、ひかり回線を利用することが必要です。

どの会社も光電話などを準備していますので、どこの回線を利用しても問題なく固定電話は利用することが可能です。

その中で安価なものは、先にお伝えした、各キャリア別回線か、@スマート、enひかり、nuroひかり、電力会社系の回線になります。

家族で使っている

自宅では家族で複数台のWi-Fiやパソコンをつないでネットを利用している場合、こちらも固定回線でひかり回線を利用することが必要です。

オススメは、固定回線でオススメしたもので、各キャリア別回線か、@スマート、enひかり、nuroひかり、電力会社系の回線になります。

一人暮らしで在宅時間が短い

一人暮らしで在宅時間が短い場合は、固定回線を契約しても利用する機会が少ないので、お金の無駄になる可能性があります。

あまり通信を使わないようでしたら、スマホだけで十分で、iPhoneのデザリング等で事足りると思います。

もし、通信を多く活用するような場合は、WiMAXを契約して、携帯を格安プランにすれば、常にWiMAXを持ち歩いて利用できるので、一番コストを抑えることができます。

WiMAXはいろいろな会社がありますが、一番安いのは、カシモWiMAXになり、3,380円で使いたい放題になります。

au利用者でしたら、3WiMAXを利用することで、auの利用料金が安くなり、一番お得になります。

利用量がそんなに多くない

利用量がそんなに多くない方は、スマホの通信やiPhoneのデザリングを利用するか、格安SIMのデータプランを利用することがお勧めです。

格安SIMのデータプランは各社いろいろありますが、スピード重視ならUQモバイルがオススメです。

価格でいけば、楽天モバイルが3GBで972円から提供しています、。

一人暮らしの方で、ある程度しか通信しない方は、SoftBankの50GBプランにして、iPhoneでデザリングしてiPhoneをWi-Fi代わりに使うのが一番安上がりだと思います。

またYouTubeなど特定のサイトはデータ使いたい放題ですし、どこでも場所を気にしないので、相当利用しても問題ないレベルでしょう。

SoftBankはこちら

 

おすすめ関連記事⇨低所得でも年100万円貯金できる究極の節約術

関連キーワード
  • プロパンガス(LP)会社を変え、月2,615円節約した方法
  • 節約について本気で考えてみた
  • 食費を節約しすぎて健康を害するのは本末転倒!お金がなくても栄養は摂るべし
  • 節約のための献立をアプリを使って効率化する方法
  • Amazonの商品をいつでも10%安く買って得する裏技
  • 通信費を劇的に安くする方法
  • ガリバーってぶっちゃけどう?高い?安い?中古車の購入プランの提案と買い取り査定をしてもらった本音
  • 大学生のための楽にできる実践的節約術
おすすめの記事
お金がないけど結婚したい。できますか?
お金の問題の解決方法
この人こそ一生のパートナーであるとわかったら、すぐにでも結婚したいと思いませんか。 それがとてもステキな女性で、このチャンスを逃したらこれ以...
自己破産手続きの流れとリスク
債務整理のガチ体験談
自己破産の手続き(破産手続き)とは、債務者(お金を借りている人)が支払い不能になったときに、生活に必要最低限の資産を除いた財産を現金化し、債...
節約について本気で考えてみた
お金を節約する方法
無駄なお金を使わないようにするために、無駄に地球資源を浪費しないように、無駄に時間を過ごさないように、、、私たちは人生をよりよく生きるために...