ネットスーパーを上手に活用して節約する方法

ネットスーパー
にいながらでも、外出先からでも、どこにいても簡単に買い物ができるネットスーパー。利用者はどんどん増えているものの、上手に活用して節約に利用している人はまだごくわずかです。
ここでは、ネットスーパーを活用して節約する高等な技術と、その理由、ネットスーパーのデメリットまでも解説しました。



ネットスーパーが節約になるわけ

なぜネットスーパーを上手に利用することで家計の節約になるのでしょうか?その理由を詳しく分析していきたいと思います。


外食、コンビニ行くことが減ることで自然に節約につながる


「今日は雨だから買い物がおっくう…」、「今日は仕事が忙しくてスーパーによる暇がないわ…」そして買い物をしないで外食で済ませたり、コンビニでお惣菜を買ったりすることはありませんか?外食やコンビニ総菜は当然「高い」ですよね?ネットスーパーなら、雨の日でも自宅まで宅配してくれますし、仕事場からでも注文することが可能です。ですから、自然に家計の節約につながります。


買い物を計画的にすることができる


ネットスーパーでは新聞をとっていなくても、ネットでチラシを見ることができます。ネットスーパー各社のチラシを丹念にチェックして1番安いネットスーパーで買い物をすることができます。事前に入念に価格を比較チェックするため、買い物も計画的に安い商品を買うことができます。


不要な衝動買いが減る


スーパーに行くと「ついつい」いらないものを買ってしまうことはありませんか?試食品を食べたついでに、試食品を買ってしまったりしますよね?また、新商品などと新しいお菓子が出ると「ついつい」買ってしまう方も多いと思います。当然スーパーも慈善事業ではありませんから、商品を買わせようと綺麗にディスプレイしたりしています。そして誘惑に負けてしまうこともありますよね?この点ネットスーパーなら、落ち着いた環境でお茶でも飲みながらゆっくりと欲しい商品だけを物色できますので、不要な衝動買いが減って、自然と家計の節約につながります。


まとめ買いをしなくて済む


スーパーに買い物に行くと「ついつい」まとめ買いをしてしまいませんか?例えば特売の商品があると「あら、安いわぁ」と買いすぎて腐らせてしまったりした経験はありませんか?また、「しばらくお買い物に来れないから」などというときに「ついつい」買いすぎてしまうということもよくありますよね?この点ネットスーパーなら、毎日注文・毎日配達してくれますので、「ついつい」やってしまうまとめ買いの必要がなくなります。まとめ買いをすることがなくなって冷蔵庫がすっきりすれば、電気代の節約にもなります。




ネットスーパーと普通のスーパーの使い分けでさらに節約度アップ


ネットスーパーでのお買い物も当然家計にとって節約になりますが、スーパーのイベント日を利用することで更に家計の節約をすることができます。例えばイトーヨーカドーのハッピーデーをご存知でしょうか?イトーヨーカドーでは毎月8のつく日は「ハッピーデー」になっています。ハッピーデーにナナコカード・ジュニアナナコカード・セブンカード・プラスを提示すると店頭の商品を5%オフで購入することができます。そのほかにもナナコポイントが2倍もらえて大変お得にお買い物をすることができます。残念なことにイトーヨーカドーのネットスーパーではこのハッピーデーの対象外になってしまいますので、イトーヨーカドーのハッピーデーだけはスーパーに行ってお買い物をしたほうが家計の節約になるでしょう。このように上手くネットスーパーとスーパーのお買い物を使い分けて、家計の節約に励みたいものですよね?


時間と労力の節約も「節約」になります


ネットスーパーを利用することで買い物に行く時間や重い荷物を運ぶといった労力も節約することができます。時間を節約することで簡単な内職ができたり、労力を節約することで残業時間を増やせたりと家計にとってプラスの作用があります。


労力の手間が省けるとは?

労力の節約

ネットスーパーは配送をしてくれるので荷物を運ぶ手間が省けます


ネットスーパーは自宅まで荷物を配送してくれます。ですからミネラルウォーターなどの重い商品やすいかやミカン箱などの大きな商品でも配送してくれるので大変便利です。このような荷物を自分で運ぶのは大変ですよね。


天候に左右されないで買い物をすることができる


雨が降ったり、雪が降ったりすると、買い物がおっくうになりますよね?その点ネットスーパーなら、自宅で注文するだけで自宅まで商品を配送してくれるので天候に左右されることなく買い物をすることができます。


「うちに○○あったっけ?」とつい二重に買ってしまうことがなくなる


スーパーに買い物に行って「あれ?ピーマンあったっけ?」…ないと困るから用心して買ったら、うちにはちゃんとピーマンがあるという経験はありませんか?スーパーで買い物するときに自宅の冷蔵庫が見えたら便利ですよね?余計な買い物をしなくて済みます。その点ネットスーパーなら、自宅で冷蔵庫を見ながら注文することができますので、買い物全体量を常に管理できます。また二重買いもなくなり家計の節約につながります。


スポンサードリンク


小さいお子さん連れの買い物は大変です


小さいお子さんを連れて買い物に行くのは一苦労ですよね?「ママ、これ買って~」と駄々をこねられた経験は誰しもあるのではないでしょうか?その点ネットスーパーなら、自宅で注文するだけなのでお子さんの面倒を見ながらの大変な買い物からも解放されます。またねだられて無駄なお菓子やおもちゃを買うこともなくなるので、家計の節約につながります。


賞味期限が長いものを優先してくれる


ネットスーパーでは配送するという時間ラグができるため、優先的に賞味期限の長いものを買うことができます。お店にいっていちいち賞味期限をチェックする手間が省けて便利です。


時間の手間が省けるとは?

時間の節約

買い物の時間を節約することができる


買い物にかかる時間を考えてみましょう。まずスーパーへの行きかえりの移動時間がかかります。そのほかにも店内を歩いて必要な商品を探すという時間がかかります。それだけではなくセール時などはレジも混雑しますから、レジに並ぶ時間もバカになりません。ちょっとスーパーにお買い物に行くだけでも1時間はかかることなんてざらにあります。この時間がネットスーパーなら、節約することができます。


魚をさばいてくれる


一部のネットスーパーなら、なんとお魚をさばいてくれるサービスもあります。お魚をさばくのも大変ですが、さばいた後の台所の掃除も大変ですよね?ネットスーパーなら、お魚の三枚おろしのサービスもあるので料理の時間も短縮できますし、台所の掃除の時間短縮にもなって大変便利です。


家計簿で支出を管理できる


通常スーパーのレジではレジを通した順番でレシートに商品と値段が記載されていきます。この点ネットスーパーのお買い物はカテゴリー別に分かれていますので、家計簿をつけるときに簡単に記帳することができます。


ネットスーパーのデメリット

デメリット
ネットスーパーは大変便利で家計の節約にもなる存在だということがわかりました。でも何にでもデメリットはつきものです。便利なネットスーパーのデメリットは何か分析していきたいと思います。


半額シールの商品が買えない


家計の救世主であるダンピング商品はネットスーパーでは取り扱いがありません。通常のお買い物からダンピング商品を多く買うご家庭の場合、ネットスーパーを利用すると割高になってしまう恐れがあります。


ポイントが貯まらない


この点に関してはネットスーパー各社でばらつきが出ます。ネットスーパーでお買い物をしてもポイントが貯まるところもありますし、ネットスーパーでのお買い物はポイント対象外になっているところもあります。


スポンサードリンク


全体的な価格は割高?


ネットスーパーの商品は配送料の関係でやはり全体的に割高になっているのでは?と思われがちです。しかし、これもネットスーパー各社で異なりますが、チラシの商品を買えたり、お店の値段と変わらない値段で商品を買うことができるところもありますので一概に割高であるとは言えません。


配送料がかかる


ネットスーパーは当然自宅まで商品を運んでくれるので配送料がかかります。ですから、少額しか買わない場合は配送料金分割高になることは否めません。ただし、大手のネットスーパーの場合、5,000円以上買い物をした場合は配送料が無料になるところが多いです。ですから、買い物量を上手くコントロールして5,000円に合わせれば、配送料のデメリットはなくなります。


この記事のまとめ

ネットスーパ-まとめ
今回はネットスーパーは家計の節約の強い味方になるのかを検証してきました。上手に買い物をコントロールすることができるといった点でネットスーパーは家計の節約に貢献するといえるでしょう。うまくネットスーパーと付き合うことで家計を節約していきたいものです。

関連ページ