月末給料前の金欠で家計がキツい時の対処法

公開: 更新:2019-03-22 by

月末給料前の金欠対策は

と1週間で給料日!お財布の中には、お札はたった1,000円だけ!銀行口座は、数百円しか残高がない。どう生活して乗り切ろう?家計がキツい!当然、目の前の支払わないといけないお金も足りない!

 

生きていたら、月末や給料日前に、激しい金欠に陥ってにっちもさっちもいかなくなるときってありますよね?

 

ここでは、そんな究極の金欠状態の時を乗り切るための具体的かつすぐに取り組める方法について解説しました。

 

金欠なんて当たりまえ

金欠なんて当たり前

大学生では7割以上が金欠経験あり

 大学生を対象とした調査では、金欠を経験したことのある人は約70%(「よくある」が38.2%、「たまにある」が31.8%)となっています。更に、一割近くの人は、生活費が足りなくて借金をした経験があるようです。

 

金欠でピンチになったことのある社会人女性は約3割

 毎月計画的にお金を使っていたり、貯金をしているなど堅実な社会人女性が大半な中、28・3%の女性が給料前で金欠を経験したことがあるとのことです。意外と多くの女性が金欠を経験しているんですね。

 

 社会人男性の場合の調査結果はありませんが、男性の方が堅実な人は少ないと思われますから、女性よりも多くの人が金欠を経験していると予想されます。

 

先ずは冷静になりましょう

 金欠状態になると頭の中が混乱し、突拍子もない金策に走る人がいます。クレジットカードを使ったり、友人や消費者金融に借金をするなど、急場しのぎの行動は絶対に止めましょう。後で必ず後悔することになります。

 

カードの利用や借金は癖になりますし、しっかり返済していると借入限度額が広がり、気が付けば自分の給料では返済出来ない金額になってしまう場合もあります。また、友人からの借金は関係を悪化させてしまいます。

 

まずは冷静になって、金欠状態でも出来る節約について考えてみましょう。

 

スポンサードリンク

 

金欠時の節約方法

金欠時の節約法
では、金欠時には、どうやって対処したよいでしょうか。

 

ここでは、もう金欠になってしまっている時にできる、節約法について紹介していきます。具体的な方法論になりますので、しっかりとご覧下さい。

 

※金欠時以外でも使える節約については、当カテゴリ内にいろいろな観点からアイデアをちりばめていますので、合わせてご覧下さい。→お金を節約する方法

 

食費を節約する

外食をしない、コンビニを利用しない

 外食をしたりコンビニを利用したりすると、明らかに割高になります。スーパーを利用するようにしましょう。

 

スーパーの閉店間際のお惣菜を狙う

 この方法は一人暮らしの方におすすめです。スーパーのお惣菜は閉店間際の時間帯になると30%~50%の値引きをします。このお惣菜で食事を賄うと、一食100~200円程度で済ますことが出来ます。まとめ買いして冷凍庫に保存しておくのも手です。

 

出来るだけ今ある食材を使って自炊をする

 買い物を控え、冷蔵庫の中にあるものだけで食事を作るようにしましょう。スーパーで購入するのは、自炊をするのにどうしても必要なものだけにしましょう。このため給料前の金欠期間に同じものばかり食べるようになったとしても、我慢するしかありませんね。

 

会社には弁当を持っていく

 金欠の時にはランチのお誘いは断りましょう。外食は徹底的に我慢しましょう。家にあるものを組み合わせて、お弁当を持っていくようにします。

 

外出しないようにする

 仕事に行くなど、どうしても外に出る必要のある場合は別ですが、友達に誘われた飲み会に行くなど、お金のかかることは全て断りましょう。また、「お金がないから買わないけど、ウインドウ・ショッピングならいいだろう」と思いがちですが、色々と店舗を見て回ると目的以外の商品が目に留まって購入意欲をそそられてしまい、余計な出費の原因になります。金欠状態の時は、なるべく自宅で過すようにしましょう。

 

歩いて交通費を浮かす

 どうしても外出する必要がある場合、出来る範囲内でいいので、歩いて交通費を浮かすようにしましょう。出社のための定期券を購入している場合、それを利用できるルートで行くようにしましょう。

 

部屋の中を掃除する

 部屋の掃除をすると思わぬものが出てくることがあります。クオカードやスーツのポケットに入ったままの千円札など、意外とお金やお金に代わるものを発見する場合があります。

 

 実際にあった例ですが、自宅の押し入れに眠っていたトレーディングカード、記念コインなどを見つけ、オークションや専門の買取店の出したところ、20~30万もの値をつけたそうです。

 

 普段は面倒で手付かずのままになっている押し入れや引き出し、実家住まいの方は倉庫や納戸の中を整理し、お宝を探してみるのもいいでしょう。

 

バザーや質屋を利用して、家にあるものを売る

 本当に金欠で、明日にもライフラインが止まってしまうという緊急事態の場合は、フリマや質屋で家にあるものを現金に変えましょう。

 

 アマゾンやヤフオクの方がものは高く売れますが、売れるまでに時間がかかりますし、入金までに更に時間がかかります。従って、即座に現金に変えられる質屋やフリマを利用しましょう。フリマは都心だけではなく地方でも開催されていますので、是非出かけてみましょう。

 

全国のフリーマーケット開催情報『フリマガイド』http://sp.fmfm.jp/

 

 

高値で取引されているアイテム例

・中古のスマートフォン  5千円~最高3万円くらい
・高級時計        1万円~最高60万円くらい
・コミック全巻セット   3千円~1万円前後
・ゴルフセット      3~5万円(メーカーにより変動)
・アパレルブランドの服やバッグ  1万円~最高50万円(メーカーにより変動)
・ゲーム機器       6千円~2万円
・PC           1万円~最高8万円くらい

 

休日に日雇いのバイトをする

 「一日だけ働く」「土日だけ働く」など、自分のニーズに合わせることが出来るのが日雇いアルバイトです。丸一日働けば一万円に近いお金になりますし、色々探せば一日で一万五千円になるものもあるようです。
 おすすめはド短期バイトだけを扱ったショットワークスです。 http://shotworks.jp/
他にバイトルでも探すことが出来ます。 http://www.baitoru.com/

 

会社へ前借をお願いする

 友達や同僚からお金を借りるよりは、会社へ前借を頼んでみましょう。
 会社側が「何かあったのか?」と心配するケースもありますが、友人や同僚に頼むよりはずっと良いです。
 最近は会社の方から「前借OK」と告知しているところもありますから、企業側もある程度理解があるのだと思います。勿論断られる場合もありますが、駄目で元々というスタンスでお願いしてみましょう。

 

親族にお金を借りる

 前述したことを全て実行したうえで、それでもお金が足りない場合は、親や兄弟に「お金を貸して欲しい」とお願いしてみましょう。
 友人や同僚、消費者金融から借金したり、クレジットカードに頼るくらいなら、親族に頼ったほうがいいです。しかし、癖がついたら絶対にダメです。最後の最後、どうにもならない場合にだけ親族に頼るようにして下さい。

 

スポンサードリンク

 

金欠原因と対策

金欠の原因と対策
いくら節約をして急場の金欠を凌いだとしても、同じようなライフスタイルを選択している限り、再び同じようなことが起こります。なので、金欠の原因と対策をしっかりと講じて、今後同じような事態に陥らないようにすることが重要です。

 

※合わせてご確認ください※
当サイトで一番ダントツで見られている記事となります。
本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法

 

金欠の原因とは?

 傾向として、男性は収入への興味が大きく、支出に対しては豪快な人が多いようです。特に20代はその傾向が強いようです。そして、自転車操業になり、毎月苦しいやり繰りをしているパターンに陥ってしまいます。 男性に限らず、給料前に金欠状態になる人は、翌月も翌々月も同じような状態になることが多いようです。

 

では、なぜそうなるのでしょうか?

 

 給料前に金欠になるということは、毎日の生活におけるお金の使い方に問題があった可能性が高いのです。自分をしっかりと見つめなおすことが、継続的な金欠状態から抜け出すための唯一の方法です。※お金がない原因・理由は何か?には、より根源的な理由を書いていますので、ご参照下さい。

 

 ここからは、毎月金欠状態にならないためにやるべきことをいくつか紹介させて頂きます。

 

先ずは家計簿をつける

 もしあなたが毎月毎月自転車操業のようにお金をやり繰りしているのであれば、家計簿をつけることをお勧めします。
 金欠になるのは、収入と支出のバランスが崩れているからです。家計簿をつけることで、どこに無駄使いしているのか、今月はいくらまでお金を使えるのかが一目で分かるようになります。

 

 最近は家計簿の無料アプリがたくさんありますから、スマートフォンにダウンロードして、毎日いつでも見られるようにするといいでしょう。

 

無駄使いをやめ、地道な節約をする

 家計簿をつけるようになったら、自分の無駄使いが分かるようになります。何に無駄使いしているのかが分かったら、その部分をカットするようにしていきましょう。
 当然ですが、節約は金欠状態から抜け出す効果的な方法です。前項で述べた食費の節約は毎日でもしていきましょう。ただ、給料前の金欠状態の時のように、毎日同じ食材を食べるというのは良くありません。給料の後に、業務用スーパーやコストコを利用して、食材のまとめ買いをし、冷凍保存して少しずつ使っていくといいでしょう。(参考:コストコ公式サイト http://www.costco.co.jp/)
 外食は出来るだけ我慢し、自炊をする方が健康にも良いです。どうしても行けなければならない飲み会など、断れないお誘いがあった場合だけ応じるようにしましょう。

 

支出を見直し、余計な支出は貯金に回す

携帯電話の通信費の見直しをしましょう。使っていないオプション料金や無駄な通話料などはありませんか。毎月かかる費用ですので、累積されると大きい金額になります。無駄な料金をカットして、少しでも貯金に回しましょう。

 

また同様に、電気代やガス代などの公共料金の見直しも行いましょう。
洋服やアクサセリーなどの欲しいものの衝動買いはやめましょう。どうしても買いたい場合は、貯金が継続的に出来るようになってからにします。貯金が一銭もない状態での余計な買い物は、全て我慢すべきです。
家計見直しの第一歩を考えてみるも合わせてご確認ください。

 

収入を増やす

今の給料でどうしても足りないなら、前項でも触れましたが、土日に時間があるときは日雇いのバイトをするのもいいかもしれません。但し、働き過ぎてへとへとになり、本業に支障が出ない範囲内にしなければなりません。

 

また、金利の低い預貯金はそこそこにして、無理のない範囲で投資に力を入れている人もいるようです。この場合、投資のリスクなど様々なことを学んで、細心の注意を忘れないようにしましょう。

 

実績のない人が副業で結果を作る唯一の方法も合わせてご覧下さい。

 

自分磨きをする

今の職場で給料アップになる資格を取る勉強をしたり、前からやりたかったことにチャレンジするための勉強をしたりと、自分を磨いて自分の強みを伸ばしていきましょう。この場合、情報収集に力を入れて、長期的な展望で動く必要があります。

 

時間の使い方は、人生の質を分ける

時間の使い方は、人生の質を分ける
今度は、時間の使い方についてみてみましょう。タイムイズマネーという言葉がありますが、まさに人生はお金そのものということもできます。

 

私はこれまでさまざまな学びをしてきましたが、お金にゆとりのある人ほど自分の時間を大切にしています。また、お金は自分の時間を貯める行為だと思っている方が多いみたいです。

 

なぜなら、人生は一度きりで、「今」という時間の総和だからです。少し哲学チックになってしまいましたね。でも、それくらい時間は大切なもので、よく言われることで、「お金はまた稼げば増えるけれど、過ぎた時間は取り戻せない」というものがあります。

 

なので、どう有効に時間を使うかは、お金のあるなしを左右する非常に重要なテーマになるわけです。

 

有効な時間の使い方

時間がお金よりも大事で、お金のために時間を有効に使うことが重要なのは、わかった。じゃあ、今現在生活に困っているあなたが何をすればよいのでしょう?

 

分かりました。詳しく解説しましょう。

 

お金を使わないようにするのに、一番良いのは何もしないでじっとしているのが良いのですが、そういうわけにはいきません。私たちは最大で120年しか生きることができませんので、お金がないからといって何もしないのでは、時間がもったいないです。

 

何も用がないけれど、時間を持て余していて、暇な時にすべきことは、ずばり「読書」です。

 

本は、買っても1,000円程度の投資で、さまざまな情報を得ることができますし、中古だったら数百円で買えます。また、図書館に行けば無料で借りることもできます。

 

文字の発明は人類のもっとも大きな功績

私たち人類は、言語と文字の発明によって飛躍的に文明を発達させることができました。情報や知恵を後世に伝えることができるようになったため、累積効果を活用できるようになったためです。本は、よい情報を得るために最もよい方法です。

 

あなたが直面しているあらゆる問題は、すでに乗り越えた人が世界を探せばいるはずです。

 

本は、あなたの抱える問題を解決したり、あなたの夢や目標をかなえる手段を教えたり、あなたの生きる道しるべとなる情報をもたらしたりしてくれるのです。

 

※もちろん、読む本は何でも大丈夫です。楽しみのための随筆や完成を高めるための小説、実生活に役立つ実用書、何でも構いません。あなたが「求めるもの」を満たす目的に「効果的なもの」を選びましょう。

 

お金をかけずに余暇を過ごす方法

お金をかけずに余暇を過ごす方法
読書以外でオススメなのが、掃除と運動です。家の近所をジョギングしたりウォーキングしたり、雨なら腹筋したり、腕立て伏せやスクワット、掃除をするのです。

 

ジョギングやウォーキング、掃除いずれも、お金は一切必要ありません。お金はかからない上に、健康になるし、家が片付けば心が整うので、こんなに良いことはありません。

 

読書以外では、運動と掃除がオススメ!

 

運動は、あなたの好みに合わせて選んでよいと思います。ただ辛いだけでは続かないし、モチベーションも下がるので、「楽しみの要素」を入れてみましょう。例えば子どもさんがいれば、競争したり、縄跳び対決をしたりしてもよいですね。

 

お金の支払いを先送りして今使う方法

次に、使える現金を増やす裏技を紹介します。それはこういうことです。

 

割り勘での支払いをクレジットカードで全額立替支払いをして、現金で回収する

 

簡単に解説します。

 

まず、クレジットカードを持っているのなら、友人たちと食事に行って、その代金を「あなたがまず一括して」クレジットカードで支払います。その時は現金は必要ありませんし、立て替えた友人たちの食事代を現金で回収すれば、友人の食事代の割り勘分を現金で手に入れることができます。

 

そのお金は、あなたがおおよそ1ヶ月後くらいに引き落としで支払うことになりますが、無金利です。単に金欠の先送りでしかないのは間違いありませんが、目の前の現金不足には重宝するやり方です。

 

もちろん、キャッシングするのもひとつの方法でしょう。ただしキャッシングすると高金利を取られるのでできるだけ避けたほうがよいです。→お金がない時の対処法も併せて参照ください。

 

容易なキャッシングはやめよう

定職についているんだし、キャッシングでお金を借りたら良いやと思っている人もいるかもしれませんが、お金がない時に借金をしてはいけません。(フリーターの人やアルバイトの人、無職の人や専業主婦の人ならなおさら安易に借りてはいけません。借りるのは非常に簡単ですが、返すのはその何十倍も大変だからです。)

 

借りる時は簡単にお金を貸してくれますが、しっかり利息が取られます。今のところ、消費者金融の利息は安くなったとは言っても18%はあります。10万円借りたとして、毎月1万円ずつ返済するとしたら利息は約9,000円となりかなりの額を支払わなければなりません。

 

利息の支払いは意外とキツい!

 

消費者金融は利息が高そうだから銀行のカードローンにするとしても、14~15%前後の利息になるのでそれほど大差はありません。

 

1万円近くの利息を支払うなんて、もったいないです。それに、お金が足りなくて10万円借りているのに、これから収入が劇的に増える見込みがない場合、返済していくのは現実的に難しいからです。たまたま今月は出費が重なったからお金が足らない、だからいいんだと思われる方もあるかもしれませんが、これからも「たまたま」出費が重なることは多いのです。

 

そうすると一度借りてしまえば、容易に借りる癖がついてしまうため、あと10万円ならいいや、あと5万円ならいいやといつの間にか借金が雪だるま式に増えていくことになり、多額の借金を背負うことになってしまい最終的に多重債務に苦しむ可能性があります。

 

足りないから借りよう!は早計

最近ではキャッシングも簡単にできるようになったので、すぐ借りれば良いと思うのかもしれませんが、ついつい借り過ぎて結局返済できなくなり、破産することになったという人はたくさんいます。

 

破産してしまったら、借金は無しになりますが信用がなくなってしまい、しばらくの間はクレジットカードが作れなかったりローンが組めなかったりします。

 

一度失った信用は取り戻すのは難しいと思われますので、このような事態になるのは避けたいものです。

 

※債務整理するとどうなるか知りたいですか?私の体験談をご覧ください。参照記事:【体験記】債務整理で人生を向上させるには

 

根本的な解決には収入を増やすこと

根本的な解決には収入を増やすこと
このように、一時的にお金がない状態なら何とか過ごせるものですが、慢性的にお金がない場合はどうすれば良いでしょう。

 

一番大切なのは、やはり稼ぎを増やすことです。ただ働けば良いというものでもなく、働き方も考えなければいけません。フリーターでずっと過ごすか、正社員になり定年まで勤めるかでは収入は大きく違います。
アルバイトの場合、収入に波があります。仕事がたくさんある時ならそれなりの収入が得られますが、仕事がなければ収入になりません。正社員になれば決まった給料が支給されるわけですし、安定した収入が得られます。

 

アルバイトは一見よく稼げるように思いますが、それは常に仕事がある場合で、毎月決まった給料が支給されるわけではありません。ある資料によると、フリーターと正社員の生涯賃金は、約3倍もの差で正社員の方が多いとあります。

 

結論はできるだけ収入が安定する働き方を選びましょうということです。

 

お金がないならつべこべ言わず働こう

お金がない状態に陥るのは、人それぞれいろんな事情があります。お金に困った時はまず稼ぎを増やすことを考えましょう。

 

とにかく仕事をする、収入を増やすのを一番に考え、稼ぐようにしましょう。

 

楽をしてお金が入ってくることはほぼないと考えてください。今、たくさんお金を稼いで優雅に暮らしている人は、ずっと優雅な生活を送っていたわけではありません。必ず苦労してどん底の生活を経験したことがあるはずです。

 

とにかく働いて稼ぐ。

 

これが一番の解決方法です。安易にお金を借りれば良いと考えるのはやめてください。働ける元気な体があるのなら働いて稼ぐ。これが一番です。

 

仕事は転職、副業含めて検討してください。詳しくは副業をはじめて今より豊かな人生を歩む方法こちらのカテゴリをご覧ください。

 

 

 

 

給料前の金欠対策・まとめ

まとめ
社会人になるとお給料は貰えますが、支払いも多いので、なかなかお金に余裕が出来ない人が多いと思います。
また、計画的にお金を使っている人でも、友人の結婚式が重なるなど、急な出費がかさんで金欠になってしまう場合もあります。普段から堅実にお金を使っている人も、ピンチになってしまった場合の乗り切り方を覚えておくといいかもしれません。

 

金欠の解消方法はたくさんあります。給料前の金欠状態を乗り越えたら、根本的な金欠病の解決にとりかかりましょう。そして、二度と金欠のループに引き戻されないように心掛けましょう。良い循環を作って、安心して生活出来るように努力していきましょうね。

関連ページ