節約して生活苦から抜け出す方法

生活苦から抜け出す方法
金が足りない!貯まらない!あなたは今どんな状況で生活苦に陥っていますか?

 

  • 懸命に働いているのに収入が見合わず、少ない生活費で過ごさなければならない毎日がみじめで辛い…。
  • 稼ぎはそこそこあるはずなのに、なぜか毎月給料日前には財布が空っぽになってしまい、貯金は0。お金が全然貯まらない…。
  • 働けど働けど、借金返済などに追われる日々で生活にも心にも全然余裕を持てない…。

 

このように「お金がない」理由は様々でしょう。

 

お金は決して一番ではありませんが、「居・食・住」生活していくうえではお金がないと困ってしまうのも、やはり事実です。また、お金は生活のためだけではなく、人間の様々な欲求(趣味・娯楽など)を満たすためにも必要であり、日々のストレス解消においても欠かせないものであるとも言えます。

 

ではお金がない貧乏な生活苦から抜け出すためにはどうすれば良いのでしょう。

 

こちらでは、「お金がない」原因をしっかりと分析し、適切な対処と節約をすることで今の生活苦を乗り越えることができる、「楽生活」への道しるべを分かりやすくまとめています。これまでの後ろめたかった人生を前向きな人生へと切り替えるために、ここでしっかりとヒントを掴み、あなたの新たな第一歩を踏み出しましょう。

 

生活苦の原因は何?

生活苦の原因
あなたが現在感じている生活苦。「お金がない」と感じてしまう一番の原因は一体何なのでしょう。

  1. 収入が低い
  2. 支出が多い
  3. 借金がある
  4. その他外部要因

原因がどれになるのかをはっきりさせることで、きちんとした分析、適切な対応をとることができます。

 

スポンサードリンク

 

原因分析と対処

人生には全てにおいて「因果の法則」が成り立っています。つまり、「どんなことでも結果には必ず原因が存在し、原因を改善することで必然的に結果も改善される」ということなのです。今回のお金がない貧乏な生活苦の状態でも焦らずに、まずは原因をしっかりと把握して分析していくことが先決です。そのうえで、原因を断つために「節約」などの適切な対処(良い原因を作る)をとれば、必ず良い結果に結びつけることができるのです。

 

お金がない時の対処法

お金がない時にはどうすれば良いのか。まず、一番安全で手っ取り早いのは、身の回りの不用品をお金に替えるという方法です。以下の記事には、実際にお金がないという生活苦を体験された方がどのような状況でどんな対処を実践したのかが分かりやすく載せられています。また、これから同じ失敗を繰り返さないための、お金の本質を見い出した様々な内容が非常に分かりやすく尚且つ興味深く記されています。ぜひこちらもご参照下さい。
【参照】本当にお金がない状態で、緊急を要するときの状況別対処法

 

1.収入が低い場合

収入が少ない場合、第一に検討すべき対策は「なるべく支出を減らす」ことです。つまり、収入に見合った節約生活をするということです。ですが、現時点で頑張って節約生活を実行している場合、「これ以上支出を減らすことはできない」ということになるでしょう。その場合には今より給料の良い仕事を探すか、副業を始めるかして「収入を増やす」ことが重要な対策となってきます。
【参照】:副業をはじめて今より豊かな人生を歩む方法

 

2.借金がある場合

借金がある場合、精神的な負担を軽くするためにも、まずは「借金を返済してしまう」ことが重要です。しかし、借金が多額であった場合には、すぐに全ての借金を整理することは難しいでしょう。ですが、諦めてはいけません。おまとめするか債務整理するか、あるいは借り換えかして、「返済額をできるだけ軽くする」という方法があります。
【参照】:借金はどこに相談したらよい?

 

3.支出が多い場合

稼いでいるにもかかわらず収入よりもなぜか支出が多い場合、どんぶり勘定になってしまっているため、「何にどれだけのお金を費やしているのか」家計簿をつけるなどして過剰な支出の原因をしっかりと分析することから始める必要があります。あまり意識せずに使い過ぎている余分な出費を減らしていくことが重要でしょう。

 

4.外的要因がある場合

夫のギャンブルや離婚などの外的な要因によって生活が苦しくなっている場合、それぞれのケースに応じた適切な措置をとることが必要となります。福祉課に相談してみたり、女性のための離婚相談所などを利用してみましょう。まずは一人で問題を抱え込まなくてよくなるため、気持ちが軽くなります。そのうえで適切な対処法をアドバイスしてもらい、一つ一つクリアにしていくことが大切です。

 

今からはじめる節約術

今から始める節約術
「生活苦」という状況は様々な理由から引き起こされますが、すべてにおいて「お金がない」という心理状態であることは明らかです。お金がなければ生活の基本となる「衣・食・住」の土台自体が不安定なものになってしまうため、追い込まれるほどに心のバランスを崩してしまうことにもなるでしょう。

 

そうなる前に!まず自分で実践できる取り組みはといえば…そう!「節約」です。節約はおおおまかに3つに分類することができます。

 

  1. 家計簿を付ける
  2. 固定費を削減する 
  3. 変動費を削減する 

 

「これ以上お金を削って生活するのは無理…」そんなふうに思っている方でも、生活苦である以上、今の生活を見直すことは必須です。これからご紹介する節約術は決して難しいものでもなければ、あなたを苦しめるものでもありません。これまで見落としていた無駄を削り、あなたの生活を少しでも楽に、そして生活力に自信を付け明るい未来を切り開いていくための一つの対策です。「これならできそうだな」という自分に合った節約術を見つけ、実践してみることをお勧めします。
【参照】:生活費を節約して家計を毎月5万円楽にする方法

 

1.家計簿を付ける

節約するための第一歩はまず家計簿を付けることです。毎月の収支内訳、あなたはきちんと把握することができていますか?節約しようにも「何にお金を使い過ぎているのか分からない」という状態では、生活を改めることも難しいですよね。

 

家計簿を付けるということはお金の行き来が「見える」状態になることで、「どこで浪費しているのか」をしっかりと把握することができるということ。自分の生活実態を目に見えるかたちで知ることができるということなのです。

  • 従来の市販家計簿
  • 手作り家計簿
  • 家計簿アプリ
  • パソコンでソフトやエクセルを利用して作成する家計簿

このように、ひとえに家計簿といってもその種類は様々にあります。あなたが収支を一番管理しやすい方法で家計簿を付けてみましょう。そして、ただ単に収支を記すだけでなく、「いかに貯金を増やすか」を意識することを心掛けるようにしましょう。

 

2.固定費を削減する

固定費は生活するうえで毎月必ず支払いが必要となるお金です。家賃、通信費、保険代などがこれに含まれます。固定費のメリットは費用に大きな変動がないということ。つまり、かかりすぎている固定費を減らすことができれば、毎月の節約に繋がるということです。

 

例えば家賃について見直してみましょう。

 

家賃はだいたい収入の2割以上3割未満であることが無理なく生活していける数字とされています。(もしも借金などがある場合はさらに予算を減らす必要があるでしょう。)この数値に当てはめて、もしも家賃がかかりすぎているというのであれば、しかるべき家賃の物件を探して引っ越しを検討した方が良いでしょう。

 

通信費を抑える

次に通信費ですが、通信費には固定電話、携帯電話、テレビ、インターネットなどが含まれています。この中でまず削ることができるといえば固定電話とテレビではないでしょうか。どちらも携帯電話やインターネットで代用することが可能です。

 

また、長年携帯電話の契約を見直していないという場合は早急に見直しをすることをお勧めします。格安携帯やキャンペーン価格での契約に切り替えることができれば通信費は大幅な費用の削減となるでしょう。

 

保険代を抑える

そして保険代ですが、これには見直す際に便利で心強いものとなるファイナンシャルプランナーの無料相談サービスをぜひ活用しましょう。

 

無駄なオプションを省いたり、条件はあまり変わらずとも今より安い保険に切り替えたりすることで、安心感はそのままに、保険料を抑えることができるかもしれません。

 

このように、固定費の節約は見直し・実行に少し労力を要するかもしれませんが、上手く節約することができればかなりの節約に繋がることは間違いないでしょう。
【参照】:生命保険を節約して固定費を1万円削減する方法

 

スポンサードリンク

 

3.変動費を削減する 

変動費は生活の仕方、お金の使い方によって毎月支出額が変わるお金です。食費、水道光熱費、交際費、被服費などがこれに含まれます。

 

変動費のメリットは自分の意識・お金の使い方次第で簡単に節約に繋げることができるということです。まずは全ての項目において予算を決めることから始めましょう。そして「予算内に必ず抑える!」という意識で節約に励みましょう。

 

食費を抑える

食費の場合、まずは外食・嗜好品をなるべく減らして自炊することを心掛けましょう。安いスーパーの広告やチラシをチェックして安い食材を中心に献立を決めることができれば、日々の食費を抑えることができます。

 

この時に注意したいのが特売品などを買い過ぎないこと。「安いから」と献立にない食材を買っていては、すぐに予算はオーバーしてしまいますし、消費しきれずに腐らせてしまうと食材を無駄にしてしまうことにも繋がりかねません。予算内の食材でお腹を満たすことは「食べ物のありがたみ」を改めて感じる良い機会にもなるでしょう。
【参照】:食材で節約する技術のすべて

 

水道光熱費を抑える

水道光熱費の場合、まずは「出しっぱなし」「付けっぱなし」を止めることを心掛けましょう。食事はワンプレートにすることで洗い物が減り、お風呂はシャワーのみで済ませることで、水道代を節約することができます。電気は使わない時には小まめに消すことが大切です。

 

家電製品、パソコン、携帯の充電器などは、使用後にコンセントプラグを抜くようにしましょう。一箇所の部屋にみんなが集う時間を長くすることで、使用する電気やエアコンも一つで済みます。そして生活リズムを「朝早く起床し、夜早めに就寝する」というパターンに切り替えてみましょう。必然と電気を使う時間が少なくなります。

 

交際費・被服費を抑える

交際費、被服費の場合、まずは衝動に駆られない自制心を保つことを心掛けましょう。本当に大切な予定、必要な被服のみに出費するようにすることで、自分と向き合う時間が増え、服も今あるものだけで充分着回しができる「これまでの無駄」に気付くことができます。

 

このように、変動費は自分の意識次第でいくらでも節約につなげることが可能です。ですがその反面、自分でコントロールしなければならないため「欲、甘え」などの気持ちに負けてしまうと、これまでの生活にズルズルと戻ってしまいがちです。ブレない節約意識を確立させるためには節約の中にオリジナリティを生み出し、「節約する楽しさ」を見い出すことが鍵となるでしょう。

 

生活苦から抜け出す具体的な方法のまとめ

生活苦から抜け出す具体的な方法のまとめ
様々な状況で生じるお金がない生活苦。心はついつい焦ってしまいますが、お金がないからこそ、これまで以上に生活について真剣に考え、働き、知恵を絞り、対処していこうと努力します。

 

決して簡単に生活が楽になるということはないと思いますが、大切なのは諦めずに明るい未来を思い描いて努力し続けることです。そしてその努力は生活苦を脱するための意義ある努力でなくてはなりません。だからこそ、お金がない原因をしっかりと分析し、しかるべき対処と持続的な節約で生活苦を乗り切ることが重要なのです。

 

継続するためにモチベーションが大切

また、生活苦で一番気を付けて欲しいことは「モチベーション(=心の持ち方)」です。

 

生活苦で辛い思いをしている人はあなただけではありません。「生活が苦しいから自分を追い込まないといけない」そんなふうに思い過ごすよりも、「生活は苦しいけど様々な経験や勉強ができて、結果として自身の向上に繋がっている」と生活苦を味方に自信を付けるような意識で過ごす方がきっと前向きに様々な対処や節約に臨むことができるでしょう。

 

生活苦はあなたがどれほど本気で対処に取り組み、いつから節約にやる気を出すのかにかかっています。明るい未来を掴むために、今ここから取り組

関連ページ